1.奈良県 2.大和国

金村神社 (奈良県葛城市大屋)

社号 金村神社
読み かなむら
通称
旧呼称
鎮座地 奈良県葛城市大屋
旧国郡 大和国葛下郡大屋村
御祭神 大伴金村
社格 式内社、旧村社
例祭 10月12日

 

金村神社の概要

奈良県葛城市大屋に鎮座する式内社です。『延喜式』神名帳には大社に列せられており、古くは有力な神社だったようです。

社伝によれば、「大伴金村」の霊を安閑天皇二年に勧請したとされています。

軍事氏族だった大伴氏は物部氏と共に、古代において大王を補佐する重要な役職である大連に就いた極めて有力な氏族でした。

特に五世紀以降は外交政策において重要な役割を果たし、大伴金村の頃には権勢を振るい全盛期を築いたと言われています。

しかし大伴金村は任那が新羅に併合されるなど朝鮮半島の経営に失敗し、物部氏による糾弾を受けて失脚、晩年は摂津国住吉郡に住みその地で亡くなったとされています。

その大伴金村を祀るとされる当社ですが、当地に大伴氏が居住していた痕跡は無く、また特に大伴金村ゆかりの地であるとも言えないので、大伴金村を祀る神社が当地にある理由は全くの不明です。

さらに社伝では安閑天皇の御代に創建としていますが、その時代には大伴金村は存命であり、彼の霊を祀る神社がその時代に創建されたとするのは不可解です。

こうしたことから、当社は大伴金村とは無関係で、偶々「金村」の社名が被ったに過ぎないとする可能性も十分考えられます。

ただ、その場合は当社の祭神・神格・祭祀氏族など全くの不明であり、他に当社の様子を知る資料も特に無いため、当社について明らかにするのは極めて困難と言えるでしょう。

往時は数十ヶ村をも氏神としていたとされる広大な神社だったとも伝えられていますが、現在は森の中に祠が建つのみの極めて小さな神社となっています。

 

境内の様子

金村神社

金村神社

大屋地区の南端に狭い範囲ながら非常に鬱蒼とした森があり、そこが当社の境内となっています。

この一画の石段上に鳥居が南向きに建っています。鳥居は比較的最近に建て替えられたようです。

 

鳥居をくぐった様子。左側(西側)に境内社が並び(後述)、正面の石段上のブロック塀に囲まれた空間に本社社殿が南向きに建っています。

 

金村神社

金村神社

当社に拝殿などの施設は無く、銅板葺・一間社春日造の小さな本殿があるのみです。

 

鳥居をくぐって左側の境内社。二棟が東向きに並んでいます。

左側(南側)が「厳島神社」で右側(北側)が「稲荷神社」です。

 

タマヨリ姫
小さな神社だね!大伴金村って人が祀られてるって聞いたけど。
そうね。でも特に大伴金村ゆかりの地でもないし、創建年代も不可解だから、本当に大伴金村を祀っていたかは疑問の余地があるわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「金村神社」

+ 開く

金村神社

鎮座地

奈良県葛城市大屋二一三

祭神

大伴金村

由緒

社伝では、安閑天皇二年十一月十二日に大伴金村公の御霊を勧請したと伝えられ、延喜式神名帳に記される式内社です。

大伴金村公は、武烈天皇から欽明天皇に至る間大連として大和朝廷に仕え活躍した。

大正四年の神社明細帳には、往古は数十ヶ村の氏神として尊敬され、境界も八丁(約八百メートル)四方に及んでいたと記されています。

年中行事(祭日)

秋祭 十月十二日
新嘗祭 十二月十二日

境内社 二社

稲荷神社 初午
厳島神社

◆金村神社(「奈良県の地名」より抜粋)

大伴金村を祀る。旧村社。『延喜式』式内社金村神社は、安閑天皇二年(五三五)十一月十二日勧請と伝えられる。貞観元年(八五九)正月二十七日、従五位下より従五位上を授けられ(『三代実録』)、延喜の制では大社に列し、月次新嘗の幣帛にあずかった(『延喜式』)。

◆大伴金村

五世紀から六世紀前半にかけての大和朝廷の有力者。武烈・継体・安閑・宣化朝の大連。大伴談の子。仁賢天皇の死後、平群氏を滅ぼし、武烈天皇を即位させた。武烈の死後、越前より継体天皇を迎え即位させたという。安閑期には皇后や妃のために屯倉を設け、屯倉の増設に功があった。

◆神社明細書(口語訳) 由緒ならびに沿革

安閑天皇二年(五三五)十一月十二日勧請と申し伝わる。延喜式神名帳に「大月次新嘗」とある。(大伴金村は)高魂命より出た大伴連談の子である。貞観元年(八五九)正月二十七日に従五位上を授かった。以来の沿革は不詳である。

大字大屋

 

地図

奈良県葛城市大屋

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.奈良県, 2.大和国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.