1.奈良県 2.大和国

葛城一言主神社 (奈良県御所市森脇)

社号 葛城一言主神社
読み かつらぎひとことぬし
通称 いちごんさん 等
旧呼称
鎮座地 奈良県御所市森脇
旧国郡 大和国葛上郡森脇村
御祭神 葛城之一言主大神、幼武尊
社格 式内社、旧県社
例祭 4月5日、9月15日

 

葛城一言主神社の概要

奈良県御所市森脇に鎮座する式内社です。『延喜式』神名帳に名神大社に列せられ、古くから非常に有力な神社でした。

当社の御祭神は「葛城之一言主大神」「幼武尊(雄略天皇)」の二柱です。『延喜式』神名帳には二座と記されていないため本来は前者のみを祀っていたと考えられます。

当社の神「一言主神」は記紀には系譜が記されていませんが物部系の史書である『先代旧事本紀』には素戔嗚尊の子であると記しています。これは恐らく後世に組み込まれたものと思われ、本来は葛城地方の土着の神、特に金剛山や葛城山といった葛城地方の山に降臨する神と考えられます。

また「一言主」の神名から託宣の神であるとも考えられます。

この神の事蹟は記紀の雄略天皇の記事に記されています。両者の間で若干の違いがあるので、まずは『古事記』の方を見てみましょう。

『古事記』(大意)

雄略天皇が百官を従えて葛城山を訪れたとき、天皇らと同じ衣装をした人がいた。天皇が「この倭国において私の他に王はいないのに、今同じ格好をしているのは何者か」と問うと、同じ答えが返ってきた。天皇は大いに怒り百官ともども矢をつがえると、相手もみな矢をつがえた。ここで天皇が「まずはそちらの名を告げよ。お互いに名を告げてから矢を放とう」と問うと、相手は「吾は悪事(まがごと)も一言、善事(よごと)も一言で言い放つ神、葛城の一言主大神である」と答えた。天皇は恐れ畏み、「畏れ多いことです。ウツシミ(現身)をお持ちだとは思いませんでした」と言い、刀と弓矢をはじめ百官の衣装を脱がせ献上し拝献した。一言主大神は手を打ってその捧げものを受け取り、天皇の還幸の際は大神は長谷の山口まで見送った。

一方の『日本書紀』雄略天皇四年春二月の条には次のように記されています。

『日本書紀』(大意)

雄略天皇が葛城山で狩猟をしているとき、長身の人と出会った。その人は姿が天皇とよく似ていた。天皇はこれを神であると知ったが、あえて「あなたはどちらですか」と問うと、その人は「現人神である。先にそなたが名乗れば私も名乗ろう」と答えた。天皇は「私は幼武尊である」と答えるとその人は「私は一事主神である」と答えた。二人は共に狩猟を楽しみ、神は来目水(久米川)まで見送った。

両者も似たような記事ですが、読み比べてみると『古事記』では神が優位にあり天皇は畏まって武器や衣服を献上しているのに対し、『日本書紀』では神と天皇は対等の関係で描かれていることがわかります。

これは神を上位の存在として見る『古事記』の方が原初的なもので、次第にこれが零落し対等の存在になったのが『日本書紀』の記述であると考えられます。

当初は当地を拠点としていた葛城氏が皇室の外戚氏族として権勢をふるい、葛城の土着の神である一言主神を畏怖すべき存在として『古事記』に反映された一方、葛城氏は次第に権力が衰えたため一言主神も神威を落とした様子が『日本書紀』に反映された、とする見方もあります。

 

さらに時代が下って鎌倉時代末期の日本書紀の注釈書である『釈日本紀』の一言主神の記事に、天皇と神が獲物を競いあった際に神に不遜の言葉があったため天皇が大いに怒り、神を土佐に流し、天平宝字八年(764年)に賀茂朝臣田守等が葛城山東麓の高宮岡に迎え、和魂は土佐国に留まって今も祭祀しているとあります。

『続日本紀』天平宝字八年十一月七日の条でこの件について触れられていますが、ここでは土佐に流された神は当社の神でなく「高鴨神」(鴨神地区に鎮座する「高鴨神社」の神)とあります。

一方、この神の流された先とされる高知県高知市一宮に鎮座する「土佐神社」では高鴨神社の御祭神である「味鋤高彦根神」と当社の御祭神である「一言主神」の両方を祀っています。

また『土佐国風土記』逸文は土佐の高賀茂の大社(土佐神社)の神の名をヒトコトヌシといい、また一説にアジスキタカヒコネというともあります。

この件については当社の神なのか高鴨神社の神なのか非常に錯綜しており、『風土記』逸文のように同一の神とする資料もありますが、記紀の雄略天皇の記事を前提とすれば一言主神がさらに零落し天皇よりも遥かに劣位の存在にまで落ちぶれてしまったことが窺えます。

 

また金剛山・葛城山は役小角によって修験道の舞台となっていくにあたり、当社の神も必然的に修験道と深く関わることになるのですが、そこではさらに零落しきってしまった神として描かれています。

平安時代初期の説話集『日本霊異記』や平安時代末期の説話集『今昔物語』では、役行者が鬼神を集めて葛城山と金峰山の間にの間に橋を架けさせようとしたところ、これを見かねた一言主神がある人に憑依して「役行者が天皇を滅ぼそうとしている」と讒言したため、一言主神は役行者に呪縛されてしまったことが記されています。

金剛山・葛城山を拠点とする新たな山岳信仰である修験道の隆盛に伴い、当地の在来の神である一言主神は修験道の祖である役行者に呪縛されてしまうほどに神威が失墜してしまったことを示す説話です。

 

当社の神は古代において当地を拠点とした葛城氏の信仰した威厳ある神だったはずですが、その後は見てきたように零落と失墜の歴史だったと言わざるを得ません。

しかし当社は人々に「いちごんさん」として親しまれ、現在は「一言の願いであれば何でも叶えてくれる」とも言われ、近隣の風光明媚な景色も相まって遠方から参拝する人々が絶えません。

零落してもなお信仰が途絶えることなく、現在も葛城地方における代表的な神の一柱として親しまれているのは、むしろ喜ばしいことと言えるかもしれません。

 

境内の様子

当社の一の鳥居は境内の約450mほど東方、森脇の集落の西端に東向きに建っています。

 

葛城一言主神社

一の鳥居から西へまっすぐ進むと杉などの木の並ぶ道となり、その途中に二の鳥居が東向きに建っています。

二の鳥居から境内へはさらに150mほどあり、参道が山際まで長く続いています。

 

さらに進むとこんもりとした森があり、社号標が建っています。ここが境内入口。

 

境内入口を進んだ様子。正面に石段が伸び、葛城山の山裾のやや小高いところに鎮座していることがわかります。

 

参道途中の左側(南側)に手水鉢が配置されています。

 

参道途中の右側(北側)に「祓戸社」が南向きに鎮座。社殿は銅板葺の春日見世棚造。

多く奈良県の大規模な神社では参道途中などに祓戸社が鎮座し、本社参拝前に参拝することで穢れを祓い身を清める風習があります。

 

石段を上って正面にも手水舎があります。

 

葛城一言主神社

葛城一言主神社

石段上は南北に長い空間となっており、石段を上って左側(南側)に社殿が東向きに並んでいます。

拝殿は桟瓦葺・平入入母屋造で、銅板葺の非常に大きな唐破風の向拝が付いています。

 

拝殿後方の石垣上に本殿が建っていますが、瑞垣や木々に囲われており殆ど見えません。資料によれば銅板葺の一間社流造のようです。

 

本社拝殿の左側(南側)に、どういうわけか参道上のものとは別にこちらにも「祓戸社」が東向きに鎮座しています。

社殿は銅板葺の春日見世棚造で朱の施されたもの。

 

境内の北西側の一画に数多くの境内社が鎮座しています。

この区画の南側に多くの朱鳥居が並んでおり、その奥に「一言稲荷神社」が東向きに鎮座。

社殿は銅板葺の春日見世棚造。

 

一言稲荷神社の右側(北側)に四社の境内社が東向きに並んでいます。

これらの境内社は左側(南側)から次の通り。

  • 市杵島社
  • 天満社
  • 住吉社
  • 八幡社」と「神功皇后社」の相殿社

この内、相殿社のみが銅板葺の二間社流見世棚造で、他は同規格の銅板葺・春日見世棚造です。

 

本社拝殿前には非常に大きなイチョウの御神木が聳えており、樹齢1200年とも言われています。

幹には気根がよく発達しており、これが乳に見えることから「乳銀杏」とも呼ばれ、子宝を授かる、乳がよく出るようになるなどの霊験があると信仰されています。

このイチョウには白い蛇が住み着いているとも言われています。

案内板「御神木(乳銀杏)」

+ 開く

御神木(乳銀杏)

樹令一、二〇〇年の老大木であり、宿り木とも呼ばれ健康な子供が授かりお乳がよく出る。古くから子供を思う親の願いがこめられ、地元の人々の信仰を集めています。

葛城一言主神社

案内板「保護樹木(イチョウ)」

+ 開く

保護樹木(イチョウ)

平成9年7月18日指定

幹の途中から乳房のようなものがたくさん出ており、「乳イチョウ」「宿り木」と呼ばれている。この木に祈願すると子供を授かりお乳がよく出ると伝えられており古くから親しまれてきた。白い蛇が住みついているといわれ人々の信仰を集めている。

注意事項

間伐、枝打ち、整枝等により、保護樹木の形状を変更するときは、県へ届け出て下さい。

奈良県

 

境内には「葛木の其津彦真弓 荒木にも 憑めや君がわが名告りけむ」の万葉歌碑が建てられています。

当地を拠点にした葛城氏は葛城襲津彦を祖としており、この人物は対朝鮮外交で活躍し、強弓の使い手とされた伝説的な武将として知られていました。この歌碑はそれを踏まえて詠まれた万葉集の歌を刻んだものです。

石碑「歌碑」

+ 開く

歌碑

葛木の其津彦真弓 荒木にも 憑めや君がわが名告りけむ

万葉集巻第十一

一言主神のいます葛城の山の東麓は、葛城氏の本拠地であった。襲津彦は四世紀末前後に活躍した武将で、葛城氏の祖と仰がれている。葛城の襲津彦の強弓の荒木にも頼むではないが、信頼してあなたは私の名を人に明かしたのでしょうか・・・という。

善悪を一言で言い放つという一言主神の信仰と襲津彦の頼もしい伝承とが生きている葛城の地のおとめの歌である。

平成五年九月十五日

 

本社拝殿の右側(北側)には二人の老人(?)の像が安置されており、「至福の像」と名付けられています。

彫刻家の石田光男氏の製作であり、この像をなでるとボケ除けになるともされているようです。

 

境内の東側の崖沿いに「亀石」なるものがあります。亀状の石があり、上部の樋から水が垂れています。

滝行場のようなものでしょうか。詳細不明。

 

当社周辺は棚田があり、また秋の彼岸の前後には真っ赤な彼岸花があちこちで咲き誇ります。

葛城山を前にしての金色の稲穂と深紅の彼岸花の対比は非常に美しく、関西有数の彼岸花の名所としてもよく知られています。時期を狙って訪れてみると良いでしょう。

 

タマヨリ姫
一言だけなら何でもお願いを聞いてくれるの!?じゃあまずはお願いを10個に増やしてもらお!
馬鹿おっしゃい。元々は託宣の神様だと言われているわ。「一言主」の名前から今ではTwitterの神様だとも一部で言われたりするわね。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

由緒

案内板「葛城一言主神社」

+ 開く

葛城一言主神社

御祭神

一言主大神
幼武尊

本社は雄略天皇が葛城山で狩りをされた時、雄略天皇四年春「吾は雖悪事、而一言、雖善事、而一言、言離乏神、葛城之一言主之大神なり」と、この郷(神隆)に顕現された神様を御奉斎しています。

延喜五年制定の「延喜式」では名神大社に列し、祈年・月次・新嘗・相嘗・祈雨のお祭りには官幣に領り、文徳天皇(嘉祥三年)をはじめ歴代天皇、特に後光巌天皇から神格「正一位」が贈られる(延文五年)等宮人や歌人にわたる崇敬の念厚く伝教大師(最澄)も入唐に際し祈願された(延暦二三年)霊験高き最古の神社であります。

近世では「いちごんさん」と、呼ばれ一言の願いであれば何事も聴き下さる神様として、崇め親しまれ広く信仰されており、また全国各地の一言主大神を御祭神とする神社の総本社であります。

案内板「一言主神社」

+ 開く

一言主神社

『延喜式』に葛木坐一言主神社(かつらぎにいますひとことぬし)神社として名高い

祭神は一言主神

その昔、雄略天皇と葛城の一言主とが 葛城山中で出会ったとき 一言主は「吾は 悪事も一言 善事も一言 言離つ神 葛城の一言主の大神なり」と名のって 天皇を畏れさせたことが『記紀』にみえる

爾来 庶民のあいだで 願い事を一言だけ聞きとどけれくださるイチゴンジンサンとして親しまれ 崇敬されている

社殿のあるこの地は 古く化rあ神の降臨をしめすカミタチという名で呼ばれていることが文書などに記されている

社殿の右横にある「蜘蛛塚」は『記紀』のツチグモにまつわる伝説から生まれた

本殿の前にあるイチョウの巨樹は 目通り三メートル 高さ二〇メートル余 その根元には 芭蕉の句碑がある

案内板「一言主神社」

+ 開く

一言主神社

願い事を一言だけ聞いてくれる「いちごんじんさん」として、地元の人々に親しまれている神さま。古事記には、雄略天皇に名を問われ「吾は悪事も一言、善事も一言、言ひ離つ神、葛城の一言主大神ぞ」と答えたとある。日本霊異記には、役行者に葛城山と吉野金峰山を結ぶ岩橋つくりを命じられたが夜しか働かず、完成しなかったという逸話がある。

 

地図

奈良県御所市森脇

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.奈良県, 2.大和国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.