1.奈良県 2.大和国

鏡作神社 (奈良県磯城郡三宅町石見)

社号 鏡作神社
読み かがみつくり
通称
旧呼称
鎮座地 奈良県磯城郡三宅町石見
旧国郡 大和国式下郡石見村
御祭神 石凝姥命
社格 式内社、旧村社
例祭 10月第2土曜日

 

鏡作神社の概要

奈良県磯城郡三宅町石見に鎮座する神社です。田原本町八尾に鎮座する「鏡作坐天照御魂神社」と共に式内社「鏡作坐天照御魂神社」の論社となっています。

式内社「鏡作坐天照御魂神社」は『延喜式』神名帳には大社とあり、古くから有力な神社でした。

地名としては消失しているものの、『倭名類聚抄』の大和国城下郡に見える「鏡作郷」とはこの辺り一帯で、古い時代に鏡作部が当地に居住し鏡を製作していたと考えられます。

 

当社の創建・由緒は詳らかでありません。現在の当社は鏡作部の祖とされる「石凝姥命」を祀っています。

一説には元々は田原本町八尾の「鏡作坐天照御魂神社」と同一の神社であり、当地に鎮座していた「鏡作坐天照御魂神社」が八尾へ遷座し、元の地でも引き続き祭祀が行われたとする説もあります。

周辺には田原本町八尾の「鏡作坐天照御魂神社」の他にも式内社として「鏡作伊多神社」(論社は保津地区宮古地区に鎮座)、「鏡作麻氣神社」(小阪地区に鎮座)もあり、これらと併せて彼ら鏡の製作に携わった人々に一体的に祭祀されたことも考えられるかもしれません。

式内社「鏡作坐天照御魂神社」についての詳細は田原本町八尾の「鏡作坐天照御魂神社」の記事をご参照ください。

 

境内の様子

当社は石見地区の集落の中に鎮座しています。社前の道は狭く、境内もそう広くありません。

境内の南側に入口があり、鳥居、社殿と一直線に参道が伸びています。

 

鏡作神社 石見

参道を進んだところに建つ南向きの鳥居。この先の参道はコンクリート敷になっています。

 

鳥居をくぐって左側(西側)に手水舎が建っています。

 

鏡作神社 石見

鏡作神社 石見

鳥居をくぐって正面奥に社殿が南向きに並んでいます。

拝殿は本瓦葺の平入入母屋造。

 

拝殿前に配置されている狛犬。砂岩製で古めかしさが感じられます。

 

拝殿後方に本殿が建っていますが、ブロック塀に囲まれてよく見えません。

拝殿の中から辛うじて鳥居の後方に檜皮葺・一間社春日造の本殿が建っているのが見えます。どうやら同規格の本殿が三宇横に並んでいるようです。

拝殿から本殿まで赤絨毯が敷かれてるのは珍しい点。

 

本社拝殿の右側(東側)に「徳松稲荷神社」が南向きに鎮座。

朱鳥居が建ち、その後方に銅板葺・妻入切妻造の祠が建っています。厳密には祠というより覆屋で、この中にさらに小さな祠が納められています。

 

当社に属するかは不明ですが、境内を出て社前の道を東へ進むとこのような神社が鎮座しています。社名は不明。

小さな境内に南向きの鳥居が建ち、その後方に桟瓦葺・平入切妻造の中門、ブロック塀に囲まれて二宇の社殿が南向きに建っています。

いずれも板葺の春日見世棚造で、右側のものがやや大きめとなっています。

 

当社周辺、石見地区の集落の様子。

古い家屋が多く、昔ながらの町並みがよく残っています。迷路のような複雑な道となっているのも特徴。

 

当社の南東600mほどの一帯は「石見遺跡」と呼ばれる遺跡があり、五世紀末から六世紀前半頃の埴輪や木製品などが数多く出土しています。これらの中には「石見型盾」「石見型木製品」と名付けられて全国の出土遺物の基準となっているものもあり、考古学上極めて重要な遺跡です。

石見新池の畔には石見遺跡から出土した埴輪のレプリカが僅かながら展示しており、椅子に腰かけた人物の埴輪はよく知られています。

石見(玉子)遺跡

+ 開く

石見(玉子)遺跡

石見遺跡(当所より南東約二百メートル)は、発掘調査によって、人物、馬、儀仗(儀式に用いる武器)の形をした埴輪や、鳥の形をした木製品などが出土しました。

「石見型盾」や「石見型木製品」と名付けられたものもあり、全国的によく知られています。年代的には、五世紀末から六世紀前半で、この遺跡は、水辺の祭がなされた場所とされていましたが、現在では、付近に合った古墳の周囲にめぐらされた濠とする説が有力です。

(解説 千田 稔)

石見型盾

盾のような形をして円筒部の左右に鰭状の装飾をつけ、直弧文という独特の文様が線刻されているのが特色。全国で最初に石見遺跡で見つかったので石見型盾とよばれるが、盾とみないで儀式に使う武器(儀仗)の一種とする説もある。

椅子に腰かける男

髪の毛を左右にわけ、耳のあたりまで丸く輪に結んだ美豆良という古代の男の髪形をしている。首飾りの中央に勾玉が使われている。襟もとには、斜めの格子模様が刻まれ、上衣の下に縞模様の裳をはいている。

これら出土品は、県立橿原考古学研究所付属博物館に展示されています。

<ふるさと塾みやけ・いわみ支部>

 

タマヨリ姫
この辺りは「鏡作」って名前に付く神社が多いね!
そうね。この辺りはかつて「鏡作郷」と呼ばれて、鏡を作った人々が住んでいたのよ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「石見鏡作神社」

+ 開く

石見鏡作神社

平安中期に著された延喜式にも当神社名が見られ、大字石見の氏神として古き由緒ある神社である。

鏡作神社の由来は、古事記にある天の岩戸神話に天照大神が天の岩戸にこもられ困った神々が相談し、天の香久山の榊の中枝に吊り下げた八咫鏡云々とあるが、その鏡を鋳造したのがこの神社の祭神石凝姥命である。よって、鏡作神社と呼ばれるようになった。そして、鏡作工人の祖人とされている。鏡作神社がこの地にあるのは、日本神話の歴史上大切な誇りとすべき神社である。

三宅町教育委員会

 

地図

奈良県磯城郡三宅町石見

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

関係する寺社等

鏡作坐天照御魂神社 (奈良県磯城郡田原本町八尾)

社号 鏡作坐天照御魂神社 読み かがみつくりにますあまてるみたま 通称 旧呼称 鏡作三所大明神 等 鎮座地 奈良県磯城郡田原本町八尾 旧国郡 大和国式下郡八尾村 御祭神 天照国照彦火明命、石凝姥命、天 ...

続きを見る

鏡作伊多神社 (奈良県磯城郡田原本町保津)

社号 鏡作伊多神社 読み かがみつくりいた 通称 旧呼称 鎮座地 奈良県磯城郡田原本町保津 旧国郡 大和国十市郡保津村 御祭神 石凝姥命 社格 式内社、旧村社 例祭 10月13日 式内社 大和國城下郡 ...

続きを見る

鏡作伊多神社 (奈良県磯城郡田原本町宮古)

社号 鏡作伊多神社 読み かがみつくりいた 通称 旧呼称 補屋明神 等 鎮座地 奈良県磯城郡田原本町宮古 旧国郡 大和国式下郡宮古村 御祭神 石凝姥命 社格 式内社、旧村社 例祭 10月9日 式内社 ...

続きを見る

-1.奈良県, 2.大和国
-,

© 2021 神社巡遊録 Powered by STINGER