1.奈良県 2.大和国

鏡作伊多神社 (奈良県磯城郡田原本町保津)

社号鏡作伊多神社
読みかがみつくりいた
通称
旧呼称
鎮座地奈良県磯城郡田原本町保津
旧国郡大和国十市郡保津村
御祭神石凝姥命
社格式内社、旧村社
例祭10月13日

 

鏡作伊多神社の概要

奈良県磯城郡田原本町保津に鎮座する神社です。北方200mほどの宮古地区に鎮座する「鏡作伊多神社」と共に式内社「鏡作伊多神社」の論社となっています。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。

当社の近隣に鎮座する式内社に「鏡作坐天照御魂神社」「鏡作麻氣神社」があり、当地一帯に古く鏡を製作した技術者集団が居住し、当社を含むこれらの神社を奉斎していたことが考えられます。

『倭名類聚抄』に記載されている大和国城下郡の「鏡作郷」もこの辺り一帯と推測されています。(ただし当地は「鏡作郷」でなく「三宅郷」とする説もある)

当社の御祭神は記紀の天岩戸の段で鏡を製作した「石凝姥命」で、この神は鏡作部の祖とされています。恐らく当地に居住し鏡を製作した人々が祖神を祀り、鏡製作の守護神として祭祀したものでしょう。

当社の社名「イタ」の意は諸説ありますが、一説に金属を溶かした様子を表す「湯立(イユタツ)」が転訛したものとも言われています。

 

当社は元々は現在地の東方300mほどの「伊多敷(イタシキ / イタジキ)」と呼ばれる小字にあったと伝えられています。

当社の鎮座する保津地区は環濠集落となっており、現在の当社は環濠内に鎮座しています。

環濠集落の発生は戦乱の激しくなった戦国時代の頃と思われ、この頃に集落に濠を廻らせることで自治的に村を防衛し、それに伴い当社も環濠内に遷座したことが考えられます。

もう一方の論社である宮古地区の「鏡作伊多神社」も「伊多」の小字があるといい、両社が非常に近接していることから、或いはいつの頃かどちらかからどちらかへ分社したものだったのかもしれません。

ただ宮古地区は古くから式上郡だったのに対し、当地は江戸時代以前は十市郡でした。とはいえ両社はまさしく目と鼻の先であり、郡境の変更があったとしてもおかしくはなく、郡が異なるからといって式内論社の主張を退けることはできません。

いずれもそれらしき小字があり、また鏡の製作に必要な水を得るための池もあることから、いずれが式内社であってもおかしくはないでしょう。

 

また、当社は境内社に「宇間志麻遅神社」があり、物部氏の祖であるウマシマジを祀っています。

当社で物部氏の祖を祀る理由は不明ですが、物部系の史書『先代旧事本紀』にニギハヤヒの十一世孫である物部鍛治師連公は鏡作・小軽馬連らの祖とも記しており、物部氏の中にも鏡の製作を担っていた人々がいたことがわかります。或いはこの氏族が当社と関係していたのかもしれません。

また当地の地名「保津」は物部氏の一族「穂積氏」と関わりがあるとし、当地「保津」こそが穂積氏の根拠地であるとする説も有力です。

城下郡の式内社には「富都神社」や「村屋坐彌富都比賣神社」など物部氏との関係性が考えられる神社もあり、当地付近は物部氏にとって重要な拠点の一つだったのかもしれません。

 

境内の様子

鏡作伊多神社 保津

当社は環濠集落となっている保津地区の環濠内の南端に鎮座しています。

当地の環濠は当社境内の敷地を確保するように南側へ突出しているのが特徴。

境内は北側に入口があり、鳥居が北向きに建っています。

 

鳥居をくぐって左右に配置されている狛犬。砂岩製で天保六年(1835年)に奉納されたもの。

 

右側(西側)の狛犬の後方(南側)に配置されている手水鉢。

縁に多くの盃状穴が穿たれています。

 

鏡作伊多神社 保津

鏡作伊多神社 保津

鳥居の先(南側)の左側(東側)に社殿が西向きに並んでいます。

拝殿は桟瓦葺の平入切妻造。桁行四間で、拝所は左から二間目。右端の一間は屋根が段違いとなっており、格子窓もなく、付属の別室のようになっています。

 

見えにくいものの、拝殿後方にブロック塀に囲まれて二宇の本殿が並んでいます。

拝殿の後方正面にあたる右側(南側)の社殿が本社の本殿で、銅板葺・朱塗りの一間社隅木入春日造。

隅木入春日造とは前面が入母屋造のようになった春日造のこと。案内板には隅木入春日造を「珍しい手法」としていますが、実際は特に珍しい形式というわけではありません。近隣にも小阪地区の「鏡作麻氣神社」の例があります。

本社本殿の左側(北側)に鎮座するのは境内社の「宇間志麻遅神社」で、物部氏の祖の「ウマシマジ」を祀っています。社殿は銅板葺・朱塗りの一間社春日造。

当社で物部氏の祖を祀っている理由は不明ですが、物部氏に鏡の製作に携わった一族がいたこと、当地の地名「保津」は物部氏の一族「穂積氏」と関わりがあるとする説があること、周辺に物部氏に関する式内社があることなどから推して、当地付近に物部氏の拠点があったのかもしれません。

 

当社の鳥居の向かいにある小屋には多くの板が置かれており、それらの板をよく見ると赤い文字で「四ノ坪」「柱田」など地名らしきものが記されています。

これらの中には「イタジキ」など当社の旧地とされる小字も見え、これらは恐らく保津地区の小字を記したものなのでしょう。

これらが何に使われるものなのかは不明。

 

当社の鎮座する保津地区の集落は、当社境内を含めて堀で囲われており、いわゆる「環濠集落」となっています。

集落内へ入る道は限られており、戦乱の多発した中世に住民が自治的に村を防衛するために作ったもので、奈良盆地では各地で見ることができます。

現在の各地の環濠集落は堀が暗渠化している例も多いものの、保津地区の環濠は比較的良好な状態で残っています。

 

保津地区の環濠集落の内部の様子。環濠内は複雑な迷路のように道がめぐらされており、古い家屋も多く見られます。

中世以来の趣が今も感じ取れる地となっています。

案内板「保津の環濠集落」

+ 開く

保津の環濠集落

農家は古くから条里制と環濠集落の中に生活した。環濠の形態は様々であるが、保津のものは最も単純な形式で、集落全部を環濠しており、一部支濠を持つものもある。集落内部は眼色が多く、内部からの出口は限られていて、これを木戸と呼び、明治中期まで門番をおいて引き橋がかけられていた。農産物や家財道具を外敵から防ぐための農家の小さな城であった。

田原本町

案内板「中世~近世 保津環濠集落」

+ 開く

田原本町の歴史遺産

中世~近世 保津環濠集落

平成16年12月15日

保津環濠集落は奈良県下に於いて、大和郡山市・稗田、天井、広陵町・南郷、橿原市・五位、御坊、櫻井市・三輪上ノ庄、安堵町・窪田、大和高田市・有井と共に大和平野に数ある環濠集落の中でも代表的な環濠集落である。古代から室町時代、応仁の乱までの農村集落は散村携帯の集落が多かったが、乱世になって集落は防衛や又、大和平野の河川の氾濫による防御の為に次第に集村集落になり、集落(垣内)の周りに濠を廻らし、掘り揚げた土砂で堤を築き、堤には外からの目隠しに竹等を植え、特に河川の氾濫の多い集落(垣内)では堤を高く築き請堤を築き、又、防御を特に強固にする為に濠を二重に廻らし、集落(垣内)の二ヶ所位の出入口には夜間、集落(垣内)外より侵入防止のため引橋とした。

保津環濠集落は東西約120m×南北約120m。南西部に東西約70m×南北約60mの出張りがあり、環濠を廻らし、北側には特に(仮称)磯城下郡横道の側溝水路で二重の壕を廻らした状況になっている。元禄17年(1704)正月の絵図では南東角を集落の正面入口とし、木橋を掛け入口西側に高札場・共同井戸、東側に御赦免地(公有地)、その北に道場屋敷(現 誓願寺)、南西部の出張部中心に鏡作伊多神社があり、神社東側に環濠より内濠を引き入れている。集落西面にも細い木橋を掛け西側出入口とし、環濠四周総て内側土塁を廻らし、竹を植えている。集落の戸数は元禄17年で約30戸、現在22戸。なお、この(仮称)磯城下郡横道の北側は式下郡で南側は十市郡で郡境となっている。

保津環濠集落の築造は先示の社会情勢から室町時代に遡ると考えられるが、この環濠保持のために定期的に濠の浚渫工事が行われてたと考えられるが宝暦四年(1753)に濠の浚渫工事が行われその様子が「堀御普請人足割帳」に書かれている。

平成16年度事業①No.13 田原本町観光協会

 

タマヨリ姫
集落が濠で囲われてる!まるで集落全体がお城みたいだね!
環濠集落はまさしくお城のように防衛のために作られたのよ。そして環濠集落を作るにあたって神社も環濠内に遷座してきたみたいね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「延喜式内社 旧 十市郡 保津 鏡作伊多神社」

+ 開く

田原本歴史遺産 神々を訪ねて

延喜式内社 旧 十市郡 保津 鏡作伊多神社

祭神 石凝姥命 南本殿は文化年間(1800)頃の「隅木入春日造」の珍しい手法の春日造

保津・鏡作伊多神社は大字保津環濠集落の南西端に鎮座し、保津環濠集落北側、道路・水路を挟んで、約150m北に・宮古鏡作伊多神社がある。保津と宮古の間の道路・水路を境に保津は十市郡、宮古は城下郡で、この道路・水路は整然とした大和国条里に沿わず、西は大字富本から南南東に太子道・下ツ道を横切り、村屋座彌富都比売神社の中ツ道まで延びる仮称阪手道(磯城下横道)で、太子道・下ツ道の交わる重要な場所に保津・鏡作移多神社が存在する。

保津集落は近世以前には、現在の集落の東側、中垣内、奥垣内にあり、大正12年(1923)の磯城農学校の敷地造成時に採土され、現在集落跡の畑地は少なくなっているが、屋敷地の面影は残っている。平成18年の奥垣内の西、宮古池東堤改修工事時に、集落跡に伴う、檜曲物井戸枠が数基出土している。又、保津・鏡作移多神社も、近世以前の保津集落の約200m東、小字「伊多敷」にあったと推定される。

北本殿

基壇上に、二殿並び建ち、旧は檜皮葺、現在銅板で覆う春日造で、千木、勝男木、向拝角柱、向拝との繋部分は直材、軒廻りは二軒本繁垂木、正面扉口は方立柱を立て、向拝柱に斗拱を組み、象鼻を取り付ける。身舎は角柱で土台上に建ち、登階5級、三方に縁を廻し、脇障子を付ける。

南本殿

旧は檜皮葺、現在銅板で覆う春日造で、千木、勝男木、向拝角柱、身舎との繋材はなく、珍しい手法で、向拝虹梁を組み象鼻の木鼻を取付け、向拝柱に斗拱を組み、象鼻の木鼻を取り付ける。身舎は円柱で土台上に建ち、軒廻りは一軒本繁垂木、正面扉口は方立柱を立て、登階は7級、三方に縁を廻し、脇障子を付ける。この南本殿は「隅木入春日造」の珍しい手法の春日造である。境内に文化二年(1805)の石燈籠と、天保六年(1835)の狛犬がある。

平成20年度 No.9 田観54 田原本町観光協会 編 中西秀和

 

地図

奈良県磯城郡田原本町保津

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

関係する寺社等

鏡作伊多神社 (奈良県磯城郡田原本町宮古)

社号 鏡作伊多神社 読み かがみつくりいた 通称 旧呼称 補屋明神 等 鎮座地 奈良県磯城郡田原本町宮古 旧国郡 大和国式下郡宮古村 御祭神 石凝姥命 社格 式内社、旧村社 例祭 10月9日 式内社 ...

続きを見る

鏡作坐天照御魂神社 (奈良県磯城郡田原本町八尾)

社号 鏡作坐天照御魂神社 読み かがみつくりにますあまてるみたま 通称 旧呼称 鏡作三所大明神 等 鎮座地 奈良県磯城郡田原本町八尾 旧国郡 大和国式下郡八尾村 御祭神 天照国照彦火明命、石凝姥命、天 ...

続きを見る

鏡作神社 (奈良県磯城郡三宅町石見)

社号 鏡作神社 読み かがみつくり 通称 旧呼称 鎮座地 奈良県磯城郡三宅町石見 旧国郡 大和国式下郡石見村 御祭神 石凝姥命 社格 式内社、旧村社 例祭 10月第2土曜日 式内社 大和國城下郡 鏡作 ...

続きを見る

鏡作麻気神社 (奈良県磯城郡田原本町小阪)

社号 鏡作麻氣神社 読み かがみつくりまけ 通称 旧呼称 子安社、春日社 等 鎮座地 奈良県磯城郡田原本町小阪 旧国郡 大和国式下郡小坂村 御祭神 麻比都禰命 社格 式内社、旧村社 例祭 10月10日 ...

続きを見る

-1.奈良県, 2.大和国
-,

© 2021 神社巡遊録 Powered by STINGER