1.奈良県 2.大和国

桜実神社 (奈良県宇陀市菟田野佐倉)

社号櫻實神社
読みさくらみ
通称
旧呼称弁才天 等
鎮座地奈良県宇陀市菟田野佐倉
旧国郡大和国宇陀郡佐倉村
御祭神木花咲夜姫命
社格式内社
例祭

 

櫻實神社の概要

奈良県宇陀市菟田野佐倉に鎮座する式内社です。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。

当社境内には「八つ房杉」と呼ばれる極めて巨大かつ樹勢の素晴らしい杉があり、国指定天然記念物となっています。その名の通り八本の幹が伸び、それが互いに絡み合う複雑な樹形となっています。

伝承では八つ房杉は神武天皇が大和平定の際に「菟田の高城(たかき)」に陣を張った際に植えたものだとも伝えられています。

記紀では神武天皇が熊野から宇陀へ至りエウカシと交戦した際にオトウカシが帰順し、その戦後に行われた宴で歌ったという久米歌に「菟田の 高城に 鴫罠張る…」云々とあります。

大和平定の拠点として「菟田の高城」を築きエウカシとの戦に勝利したことを称賛する歌であり、この「菟田の高城」だと伝えられる地は当社のすぐ北方にあります。

ただ、当社と「菟田の高城」との関連性は明らかでありません。

 

江戸時代以前は「弁才天」と称し、八つ房杉の根元に鎮座していたようですが、慶応四年(1868年)に八つ房杉の西側に隣接して新たに社殿を造営したと伝えられています。

現在見るような神社の体裁が整えられたのは明治維新直前で、恐らくそれまでは小さな祠だったのでしょう。

現在の御祭神は「木花咲夜姫命」です。社名からの連想で新たに祀られたものと思われ、近世以前は上述のように弁才天を祀っていたようです。

その他当社に関する伝承は乏しく、当社の神の神格を明らかにすることは難しそうです。

当地は旧・宇陀郡と旧・吉野郡との境界である佐倉峠のすぐ近くであり、また社名の「サク」は「坂」「境」「堰」などに通じることから境界の神としての神格があったのかもしれません。

 

境内の様子

桜実神社

桜実神社

当社は佐倉地区の南西、谷間の奥の小高いところに鎮座しています。

斜面上に当社の境内があり、入口には鳥居が南西向きに建っています。

 

鳥居の傍らには砂岩製の狛犬が配置されています。古めかしいもので、歯がやたら多いのが特徴。

 

桜実神社

鳥居をくぐると砂利の敷かれた空間があり、そこに社殿が並んでいます。鳥居が南西向きなのに対して社殿は南東向きなのでちょっと回り込む動線。

拝殿は銅板葺の平入切妻造でコンクリート製の基壇上に建ち、朱に塗られています。床や壁の無い開放的な構造。

 

後方の石垣上に中門と瑞垣が設けられ、その内側に本殿および境内社が建っています。

本殿はトタン葺の一間社春日造。中門、瑞垣、本殿ともに鮮やかに朱が施されています。

本殿の左側には同規格の社殿が、右側には一回り小さな境内社が建っています。これらの社名・祭神は不明。

 

八つ房杉

本社拝殿の右側(北東側)に「八つ房杉」があります。樹高14m、幹周り9mにもなる非常に巨大な杉であり、八本の幹が複雑に絡み合った迫力のあるものです。国指定天然記念物

伝承では神武天皇が大和平定の際に植えたと伝えられています。

案内板「八ツ房杉(天然記念物)」

+ 開く

八ツ房杉(天然記念物)

その昔、神武天皇が大和平定の際、菟田の高城に陣営を張られた時に植えられたものと伝えられる杉の巨木です。

八ツ房杉とは、八幹からなる意味で大小八ツの幹が巨大な株状を成しています。樹形は、極めて奇態、ひとつの株から伸びた八本の幹が互いにからみ合い、ある幹は途中で一本になり、再び分かれるといった極めてめずらしく目をひきます。樹皮は、普通のスギと異なり、美しい赤色をしており、枝は大きく天をおおっています。

昭和7年4月25日に国の天然記念物に指定されています。

最大樹高 14メートル
樹幹周囲 9メートル
所在 桜實実神社境内

宇陀市

 

なお、当社参拝時(2015年)は境内は工事中でした。

現在はより綺麗に整備されていることでしょう。

 

菟田の高城

当社の北方に記紀の久米歌に登場する「菟田の高城」と伝えられる地があります。

当社の東方の分岐を右(北西方面)へ進んだ先にあります。山の中の道を進むことになりますが、上の写真のように「菟田の高城」と記された看板が建っているので迷うことはないでしょう。

 

道を進んでいくと丘の上のちょっとした平坦な地があり、ここが神武天皇がエウカシと交戦するにあたって布陣した「菟田の高城」であると伝えられています。当地に「高かき」と呼ばれる小字があるようで、これが「高城」に通じるということで有力な候補地となっているようです。

「神武天皇御東征菟田高城」と刻まれた石碑が建っており、これは明治三十二年(1899年)に治外法権撤廃の改正条約の実施を記念して建てられたものです。

案内板と石碑の建っていること以外には特に何もないところであり、また木々に覆われているため眺望も利かず、ここが戦の拠点だと言われてもイマイチピンときません。

ただ当地はエウカシの本拠地に比定されている宇賀志地区に隣接しており、また吉野との往来の道である佐倉峠がある交通の要衝であり、神話的要素の強い伝説であることはさておくとしても、こうした条件を踏まえれば確かにエウカシとの戦に際しては合理的な地と言えるかもしれません。

案内板「菟田(宇陀)の高城」

+ 開く

菟田(宇陀)の高城

『古事記』や『日本書紀』には、神武天皇即位前の宇陀」での出来事がいくつも記されています。

八咫烏の道案内によって吉野から宇陀へとやってきた神武天皇ら一行は、菟田下県の豪族、エウカシとオトウカシ(『古事記』では兄宇迦斯、弟宇迦斯 『日本書紀』では兄猾、弟猾)に服従するように伝えたとあります。オトウカシは、この命令にすぐに従い、エウカシは反抗しましたが、結局、エウカシは敗れてしまいました。

神武天皇に味方したオトウカシは、天皇に仕えるしるしとして一向に御馳走を振る舞い、大宴会が催されました。この宴席での神武天皇は、裏面にある「久米歌」を歌いました。久米歌とは、久米部という軍事的な集団が戦いの前後の酒宴で歌った歌謡とされています。

「菟田(宇陀)の高城」とは、近世(江戸時代)のお城のようなものではなく、もう少し簡単な構造なのでしょう。「菟田(宇陀)の高城」については、単に「高いところにある城」とする説と、実際の宇陀の地名に由来する説とがあります。ここには「高かき」という小字があることから「菟田(宇陀)の高城」の有力な候補地となっています。

なお、ここにある「神武天皇御東征菟田高城」の石碑は、明治三二年(一八九九)に治外法権撤廃の改正条約の実施を記念して建てられたものです。

宇陀市観光協会

案内板

+ 開く

『古事記』

宇陀の 高城に 鴫罠張る 我が待つや 鴫は障らず いすくはし くじら障る 前妻が 肴乞はさば 立柧棱の 實の無けくを こきしひゑね 後妻が 肴乞はさば 柃 實の多けくを こきだひゑね ええしやごしや 此は伊能碁布曾 ああ しやごしや 此は嘲咲ふぞ

『日本書紀』

菟田の 高城に 鴫罠張る 我が待つや 鴫は障らず いすくはし 鷹等障り 前妻が 肴乞はさば 立柧麥の 實の無けくを 幾多聶ゑね 後妻が 肴乞はさば 齋賢木 實の多けくを 幾多聶ゑね

「菟田(宇陀)の高城」ではじまるこの歌は、「菟田の高城に鴫をとる罠を張って、俺が待っていると、鴫はかからず、クジラがかかった(これは大猟だ。)古女房が獲物をくれと言ったら、痩せたソバの木のような中身の無い所をうんと削ってやれ。若女房が獲物をくれと言ったら柃のような中身の多いところをうんと削ってやれ。」などと解釈されています。

 

タマヨリ姫
桜実神社?桜の実ってことはサクランボの神様を祀ってるのかな?🍒
違うと思うけど伝承が乏しいから何とも言えないところね…。今では杉の木で有名よ。
トヨタマ姫

 

地図

奈良県宇陀市菟田野佐倉

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.奈良県, 2.大和国
-,

© 2021 神社巡遊録 Powered by STINGER