1.奈良県 2.大和国

川上鹿塩神社 (奈良県吉野郡吉野町樫尾)

社号 川上鹿塩神社
読み かわかみかしお
通称
旧呼称 五社明神、大蔵明神、大倉明神 等
鎮座地 奈良県吉野郡吉野町樫尾
旧国郡 大和国吉野郡樫尾村
御祭神 天照皇大神、忍穗耳命、瓊瓊杵命
社格 式内社
例祭 11月22日

 

川上鹿塩神社の概要

奈良県吉野郡吉野町樫尾に鎮座する神社です。南国栖に鎮座する「大蔵神社」と共に式内社「川上鹿鹽神社」の論社となっています。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。

記紀の応神天皇の段に、吉野に住んでいた国栖と呼ばれる人々が「白檮上(かしのふ)」に横長の臼を作り、それを用いて酒を造り応神天皇に振る舞い歌ったことが記されており、一説にこの「白檮上」とは当地であるとされています。

近隣の南国栖に鎮座する「浄見原神社」では国栖の人々が伝えたという歌舞「国栖奏」が行われているなど、この辺り一帯が国栖と呼ばれた人々の拠点だったことは間違いないでしょう。そして当地は臼を作れるような大きな樹木が生い茂り、また酒を造るのに良い水が得られたのかもしれません。

 

当社は樫尾地区と川上村西河地区とを短絡する「五社峠」に位置しており、当社は峠の神として道を往来する人々を守護するサイノカミ的な神格として信仰されていたのかもしれません。

一方で当社の御祭神は「天照皇大神」「忍穗耳命」「瓊瓊杵命」です。アマテラス直系の天孫の神々を祀っており、およそサイノカミとは思えないような面々です。

近世以前は「大蔵(倉)明神」と称した他、峠にも名付けられているように「五社明神」とも称していました。その名が示すように元々は五神を祀っていたと考えられ、その内の二神は南国栖に鎮座する「大蔵神社」へと遷されたとも伝えられています。

明治三十五年(1902年)には北麓の樫尾地区の「十二社神社」に遷座され、昭和十五年(1940年)まで続いていましたが、それ以降は旧社地である現在地に再び遷されています。

かつて当社の社殿は21年毎に式年遷宮が行われてきたといい、遷座の前年の明治三十四年(1901年)に行われたのが最後の遷宮となっています。

 

かつては吉野郡内のかなり広い地域を氏子としていたと伝えられますが、後には大滝・西河・樫尾の三ヶ村のみとなり、さらに後に社有林を分割し現在は樫尾地区のみを氏子としています。

さらに現在は樫尾地区と川上村西河地区を結ぶ五社トンネルが開通しており、五社峠はその機能を失い特に南方の道は荒れるに任せる状態となってしまっています。

峠の機能が失われた今となっては参拝する人も大幅に減ったことが想像され、今後も祭祀が継続されることを祈るほかありません。

 

境内の様子

当社は五社峠に鎮座しています。五社トンネルが開通した現在は五社峠は峠道としての機能を失っており、通行する人も殆どいません。

五社峠への道はわかりにくいですが、北麓の樫尾地区に鎮座する「十二社神社」の左側の道から山道を登って行くと辿り着くことができます。

 

五社峠への道は杉林に覆われています。

最初の分岐で右へ、次の分岐で左へと曲がる必要があり、やや迷いやすいので国土地理院発行の地図などを参照して進むことを強くオススメします。(Googleマップでは表示されないので注意)

 

道を進んでいくと最高所にあたる「五社峠」の地点に当社が鎮座しています。

 

川上鹿塩神社

道の左側、石垣上に当社の拝殿が西向きに建っています。トタン屋根の平入切妻造で、右側三間が拝所、左側二間が社務所(?)になっています。

 

拝殿の右側(南側)へ回ると拝殿後方を登って行く道が伸びており、その傍らに社号標が建っています。

そして拝殿の後方には神明鳥居が建っています。

 

川上鹿塩神社

拝殿後方の道を登っていくと、石垣の上に覆屋に納められた本殿が西向きに建っています。本殿は天津神を祀る神社らしく茅葺の神明造で明治三十四年(1901年)のもの。かつては21年毎に式年遷宮が行われていたと伝えられています。

拝殿からかなり登ったところに本殿が建っており、拝殿は遥拝所と呼ぶ方が実態に合っているかもしれません。

 

覆屋内、本社本殿の右側(南側)に「愛宕社」が鎮座しています。

社殿は春日見世棚造。

 

なお、国土地理院の地図には五社峠を越えて南側にも道が続いているように描かれていますが、現在は完全に荒れ果てており、よほどの上級者でなければ五社峠を抜けるのは不可能と見るべきでしょう。

やはり北側の十二社神社からのアクセスが無難です。

 

タマヨリ姫
ずいぶんひっそりとしたところにある神社だね!
ここは五社峠っていって、かつては多くの人の往来があったのよ。五社トンネルが完成した今は完全に荒れてしまったけれどね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「式内川上鹿塩神社の由来」

+ 開く

式内川上鹿塩神社の由来

御祭神

天照皇大神
瓊々杵命
忍穂耳命

醍醐天皇の延喜二年(西暦九〇一年)に制定された延喜式神名帳に記載されている官幣小社と称され、近郷で最も格の高い最古の式内社であり、延喜式には小社に列し、祈年祭の幣に鍬一口を加えられたとある。

氏子はひとり中荘郷だけでなく、川上村・吉野町・東吉野村から下市町・大淀町の広範囲に及んでいたものである。

往時は中荘・国栖・川上・小川の郷社であったが、のちに大滝・西河・樫尾三大字の産土神となり又大滝・西河も分れて、今は唯樫尾のみにより祭祀を続けているものである。

社殿は神名造り(※原文ママ)(伊勢神宮と同型式)の神さびた「かや葺」で昔から二十一年目毎に式年遷宮を続行してきたが、今の社殿は明治三十四年(西暦一九〇一年)に改築されたままになっている。また本殿の覆家は、昭和十八年二月(西暦一九四三年)に改造上棟の棟札がその当時を物語るあかしとなっている。

またこの地は「古事記」応神天皇の西暦二七〇年の条に見られる吉野の白檮生に当る所以がうかがわれる。

(注)(古事記・日本書紀)の記事によると、上代にこの社頭の白橿の下陰で御酒をかもしたことがあって、それがやがて地名になったと思われるとも記されている。後世、本居宣長翁の菅笠日記上の巻(刊行されたのは西暦一七九四年光格天皇時代にも「鹿鹽神社の御事をたづねはべれば、そは樫尾・西河・大滝三村の神にて西河と樫尾のあわいなる山中に、今は大蔵明神と申しておわす云々」と記されているところから、鹿塩神社と大倉大明神は同じ神域で上代より祭祀されていたことが理解されるものである。明治三十五年に現在地の十二社神社の傍らに遷り、昭和十五年まで祭祀が続いたが、それ以後は旧社地の五社へ遷り現在に至っている。

創立は定かではないが明治初年の記録によると、天智天皇の十年(西暦六七一年)に改築した棟札が本殿内に納められていたとあるので少なくとも飛鳥朝以前の創設ではないかと思われる。

祭典は七月九日に執り行われ小麦餅を供えるのが例とされている。

(付記)昭和二十二年に発生した五社大火の際奇跡的にも当社殿は焼失を免れたことを忘れることができない。

(一九九八、一一吉祥日)

 

地図

奈良県吉野郡吉野町樫尾

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

関係する寺社等

大蔵神社 (奈良県吉野郡吉野町南国栖)

社号 大蔵神社 読み おおくら 通称 旧呼称 鎮座地 奈良県吉野郡吉野町南国栖 旧国郡 大和国吉野郡南国栖村 御祭神 鹿葦津比売命、大倉姫命、石穗押別命 社格 式内社 例祭 9月1日 式内社 大和國吉 ...

続きを見る

-1.奈良県, 2.大和国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.