1.大阪府 2.河内国

菅生神社 (大阪府堺市美原区菅生)

投稿日:

社号 菅生神社
読み すごう
通称
旧呼称 天満天神、菅生天満宮 等
鎮座地 大阪府堺市美原区菅生
旧国郡 河内国丹南郡菅生村
御祭神 菅原道真、天児屋根命
社格 式内社、旧郷社
例祭 4月5日、10月10日

 

菅生神社の概要

大阪府堺市美原区菅生に鎮座する式内社です。『延喜式』神名帳には大社とあり、古くは有力な神社だったようです。

当社の創建・由緒は詳らかではありませんが、当地に居住していた中臣氏の一族である菅生氏が祖神を祀ったと考えられています。『新撰姓氏録』河内国神別に津速魂命の二世孫、天児屋根命の後裔であるという「菅生朝臣」が記載されており、この氏族が奉斎してきたものと思われます。

『倭名類聚抄』河内国丹比郡に「菅生郷」が見え、菅生の地名も古くからあったことがわかります。菅生氏はこの地名に因んで名乗ったようです。『新抄格勅符』に天平宝字八年(764年)本国封一戸を充て奉るとあり、それ以前から当社が存在したことがわかると共に、朝廷から重視された神社の一つだったことも示されています。

一方で時代が下り、庶民の間で天神信仰が広まるようになると、当地の地名「菅生」は「菅原道真の生まれたところ」であるという解釈が生まれるようになったようです。当社の神宮寺だった天門寺の僧により、当社の境内にある菅沢の畔から菅原道真が忽然と生まれたという説が唱えられ、当社に天神が勧請されました。それ以来、天満天神、菅生天満宮などと称して菅原道真公ゆかりの神社として厚く信仰されてきました。

当社が菅原道真公の誕生の地だという伝説は『河内名所図会』でもはっきりと否定していますが、地元では熱心に語り継がれたようで、江戸時代からそれを顕彰した石碑が建てられたようです。

 

境内の様子

境内入口。境内は道路よりも高い土地にあり、入口には神社としては珍しく薬医門の神門が建っています。

 

神門をくぐると左側(西側)に手水舎があります。

 

神門の正面に鳥居が建ち、そのすぐ正面に南向きの社殿が建っています。

 

拝殿は真新しい建築で、平入の入母屋造りに千鳥破風と唐破風付きの向拝が付いています。

 

拝殿前の狛犬。桃色花崗岩製でしょうか。堂々とした出で立ちで、古めかしさも感じられます。

 

また、長らく菅原道真公を祀る天満宮として信仰されたため牛の石像も置かれています。こちらはそう古いものでないように思え、今でも天満宮だという意識が地元では生きているのでしょう。

 

本殿は檜皮葺の一間社春日造。万治四年(1661年)の建立であることが擬宝珠の刻印や琵琶板の墨書から確かめられ、堺市指定有形文化財となっています。貴重な建築ですが、後世の後補が多いように感じられ、文化財の昇格は難しいかもしれません。

 

社殿の左側(西側)に「余部神社」が鎮座しています。御祭神は「素浅鳴神社」「誉田別命」。覆屋内に随身像が置かれてあり、畿内ではやや珍しいもののように思います。社殿も彩色の跡が残っており、いかにも古そうな感じです。

 

余部神社に隣接して「大歳神社」が鎮座しています。覆屋内の流造の社殿は檜皮葺となっており重厚さが感じられます。

 

境内の左奥(北西側)に「琴平神社」が鎮座。

 

琴平神社に隣接して、本社社殿の後方に「八幡神社」が鎮座しています。御祭神は「誉田別命」。

 

さらに八幡神社に隣接して「御霊神社」が鎮座。

 

境内の右奥(北東側)に、明らかに仏教建築だとわかる入母屋造の建築があります。これはかつて当社の神宮寺だった「高松山天門寺」の本堂で、現在は「恵比須神社」の社殿として転用されています。

 

本社社殿の右側(東側)に「元宮菅生明神社」が鎮座しています。何の元宮なのでしょう。こちらで本来の御祭神を祀っていた、とかそういう話ではないのでしょうか。

 

境内の南東隅に「菅沢」と呼ばれる池があります。当地の地名「菅生」は菅原道真の誕生地だと解釈され、神宮寺の僧によってこの菅沢の畔で菅原道真が誕生したと唱えられました。『河内名所図会』等では誤りであると否定していますが、地元では根強く信じられたようです。

 

菅沢の側に「菅生稲荷神社」が鎮座しています。

 

タマヨリ姫
この神社の池の畔で菅原道真さんが生まれたんだって!菅生って地名もそれに因むのかな?
それは後に生まれた伝説よ。菅生って地名も菅原道真公が生まれるより前からあったはず。元々は中臣氏と同族の菅生氏が奉斎した神社と考えられているわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「菅生神社 本殿」

+ 開く

菅生神社 本殿

堺市指定有形文化財
平成18年(2006年)4月20日指定

菅生神社は平安時代に編纂された延喜式神名帳に記載のある式内社です。中世には菅原道真を祀るようになり、菅生天満宮ないし天神社と称するようになります。

境内地には神門、拝殿、幣殿、本殿の他、神宮寺であった高松山天門寺の本堂(現在は境内社恵比須神社本殿)の他、道真ゆかりの菅澤等が現在も伝わります。

本殿は一間社春日造で正面に軒唐破風をつけ、屋根は檜皮葺としています。一間社春日造としては規模の大きなもので、正面柱間は7尺(2.1m)に及びます。建築年代は高欄擬宝珠に「河州丹南郡 野田庄天神 御寶前 万治四年辛丑季 三月吉祥日」の銘があり、また琵琶板・軒桁などからも同じ年号の墨書が見られることから、万治4年(1661)に建築されたことがわかります。虹梁や実肘木などの細部も17世紀の様式をよく示しており大変貴重です。

貼紙「菅生天満宮 本殿」

+ 開く

堺市指定有形文化財(平成十八年四月指定)

菅生天満宮 本殿

菅生神社は菅生天満宮とも称し、近在では菅原道真公の生誕の地という伝承が伝えられている古社である。

神社の創建は、新撰姓氏録によると河内の国には、天児屋根命を祖とする中臣氏が多数居住していて、その一族が菅生の地に本拠を構えてから菅生氏と名乗り豪族としてこの地を支配するほか、天平十八年(七四六)菅生朝臣の姓を賜って検非使遺や神琴師になって朝廷に重用された。その菅生朝臣が祖神である天児屋根命を氏神として祭祀したのが菅生神社の創始である。

建武元年(一三三四)暦応四年(一三四一)の二度の兵火により、社殿・什宝ことごとく焼失したため記録が残されていないが、新抄格勅符によれば「孝謙天皇 天平宝字八年(七六四)本国封一戸を充て奉る」と見え、三代実録には「清和天皇 貞観元年(八五九)正月二十五五日 甲申従五位下より従五位上を受けられる」と記し、醍醐天皇の延喜の制において延喜式内大社に列し、奈良朝時代にはすでに名社として朝野の崇敬があったことが立証されているため、創建はそれ以前であることが確かである。

残存の一族により神社の復興に努め、天満天神の祭祀が全国的な風潮となったのに乗じて神社境内の宮寺「高松山 天門寺」(現えびす殿)の社僧の発願によって道真公が境内の菅澤のほとりから忽然と誕生されたという説を唱え天神を勧請祭祀して菅生天満宮と称するに至った。

本殿の身舎は擬宝珠の刻印や内部の琵琶板の墨書から万治四年(一六六一)の建立で「一間社春日造り軒唐破風付桧皮葺き」として学術的見地から認められ、平成十八年四月二十日堺市の指定有形文化財として登録されました。本殿の部材はすべて解体し再組立したもので三五〇年の歴史を物語っています。

社務所

『河内名所図会』

+ 開く

菅生神社

延喜式曰 大月次新嘗。三代実録云 貞観元年九月授従五位上。菅生村にあり。祭神天穂日命なり。今天満天神と称す。土人菅神降誕の地といふは誤なり。例祭六月十五日。秋祭八月十一日。火焼十一月十五日。近郷八ヶ村の本拠神とす。宮寺を金剛院と号して真言律僧これを守る。

 

地図

大阪府堺市美原区菅生

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.