1.京都府 2.山城国

田中神社 (京都府京都市伏見区横大路天王後)

投稿日:

社号 田中神社
読み たなか
通称
旧呼称 牛頭天王社 等
鎮座地 京都府京都市伏見区横大路天王後
旧国郡 山城国紀伊郡横大路村
御祭神 素盞嗚尊、櫛稲田姫命、八柱皇子神
社格 式内論社
例祭 4月10日、10月第2日曜日

 

田中神社の概要

京都府京都市伏見区横大路天王後に鎮座する神社です。

社伝によれば、平安時代後期の治暦年間に祇園感神院(現在の八坂神社)から「牛頭天王」を勧請し、下鳥羽田中里(現在地は不明)というところに鎮座していましたが、戦国時代の天正年間に社殿が洪水で流され、当地に本殿が無傷で流れ着いたので改めてこの地に社殿を造営し祀ったと伝えられています。

一説に式内社「飛鳥田神社」は当社だとも言われていますが根拠は不明。社伝も延喜年間より後の治暦年間を創建としており、当社も式内社を主張していないようです。

現在は下鳥羽地区と横大路地区の産土神として崇敬を集めており、どういうわけか馬の神としても信仰されています。近隣に京都競馬場があることもあり、競馬ファンからも勝ち馬祈願の神として崇敬を集めているようです。

 

境内の様子

一の鳥居は交通量の多い幹線道路に面して南向きに建っており、その脇に掲げられている看板には馬の神であることが前面に推されています。また、後述の境内社の北向虫八幡宮は虫封じの神として信仰されており、こちらも推されています。

一の鳥居から続く参道は、右側(東側)はホームセンターの駐車場になっています。

 

参道を進んでいくと二の鳥居が建っており、ここが境内入口となります。境内は樹木が乏しいので開放感のある空間になっています。

 

二の鳥居手前の右側(東側)に手水舎があります。

 

二の鳥居をくぐると正面に南向きの社殿が並んでいます。

拝殿は銅板葺・平入入母屋造で、大きな切妻屋根の向拝の付いた新しい建築です。

 

拝殿前の狛犬。砂岩製でやや古めかしさが感じられます。

 

当社は馬の神として信仰されているため、拝殿の拝所の左右に木造の馬の像が奉納されています。躍動感溢れる造形で個性的な像です。

 

拝殿後方の本殿は銅板葺の一間社流造。一間社流造としてはかなり大規模な建築で、文化十三年(1816年)に造営されたものです。

後方につっかえ棒が設けられてるのが気になるところ。

 

拝殿前の左側(西側)の境内社。二社の相殿で、左側は「出雲社」(御祭神「大国主命」)ですが、右側は札がなく社名と御祭神はわかりませんでした。

 

拝殿前の右側(東側)の境内社。こちらも二社の相殿で、左側は「道祖社」(御祭神「猿田彦命」)、右側は「天満宮社」(御祭神「菅原道真公」)。

 

拝殿右側(東側)に鎮座する境内社。こちらは東向きに鎮座しています。二社の相殿のようですが札は一つしかなく、「草薙社」(御祭神「草薙剣」「八俣遠呂智霊」)とあります。左右に一柱ずつ祀られているのでしょうか。

いずれも本社御祭神の素盞嗚尊と関連の深い神です。

 

草薙社の右側(北側)に「雲水社」が鎮座。御祭神は「市杵島姫命」。

本社御祭神の素盞嗚尊が天照大神との誓約の際に生まれた神です。

 

境内の南東に「北向虫八幡宮」が鎮座しています。御祭神は「応神天皇」。社名の通り北向きに鎮座しています。

古くから幼児の夜泣き、癇癪といった異常行動は疳の虫と呼ばれて虫が引き起こしているものと信じられており、当社はこの疳の虫を封じることに霊験があると言われています。

社伝によれば、冷泉天皇の幼少の頃に疳の虫がひどく、母の藤原安子が当社に祈願したところ平癒したと言われています。これに因み安子の父の藤原師輔が御所を守護するようにと北方にある御所の方へ向けて祀ったと伝えられています。

全国各地で神の視線により祟りがある(神社の向く方角の先で船が転覆する等)ために社殿の向きを変えたとする例がありますが(淡路島の大和大国魂神社など)、当社の場合は全く逆の発想で、神の視線により御所を災厄から防ぐことを企図しています。これら民俗を考える上で重要な例となるかもしれません。

案内板「北向虫八幡宮」

+ 開く

北向虫八幡宮

(御祭神 応神天皇 夜泣き・虫封じ・心安らか・虫の神様)

平安時代中期第62代村上天皇・第二皇子憲平親王(後の冷泉天皇(950年~1011年)が幼いころ疳の虫が激しかったので、母藤原安子(927年~964年)が当社八幡宮に祈願したところ平癒した。

当社が北を向いているのは安子の父公卿(右大臣)藤原師輔(909年~960年)が御所を守護するようにと北の御所の方に向けて新造した。

当社は明治5年(1872年)平安時代以来浪華より平安に通ずる要所としえ、物資の集散地、水上のこうつうの拠点舟運の要として発展してきた草津湊(現在の田中神社御旅所付近)に祀られていたが現在地に遷座した。

田中神社御旅所は平安宮・大内裏の真南にあり、千本通は、平安京から南北に続く朱雀大路の延長上の道であり北向は平安宮の大内裏の方角を向いていることから、北向虫八幡宮は大内裏を守護してきた神社であったことがわかる。

京都市

 

タマヨリ姫
ここは馬の神様なんだって!何か馬の伝説でもあるのかな?
調べた限りではちょっとわからないわ。ただ、近くに京都競馬場があるからそこに通う競馬ファンの崇敬があるみたいよ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「田中神社由緒」

+ 開く

田中神社由緒

御祭神

素盞嗚尊 櫛稲田姫命 八柱皇子神

当神社は下鳥羽・横大路の産土神で、平安時代後期(治暦年間一〇六五~一〇六九)に祇園感神院(現在の八坂神社)より勧請。社伝によると当社は下鳥羽田中里に社殿があり、「牛頭天王田中神社」と称していたが、天正年間(一五七三~一五九二)に起こった大洪水により本殿が流されて現在地に無傷で漂着したといわれ、氏子はその奇跡に大変驚き、総出で境内の造作をするとともに盛大な祭りを行なったと伝えられている。

本殿は文化十三(一八一六)年に前年の火災の後再建されたもので、大型の一間社流造。拝殿は平成八年に再建復興したものである。

現在は厄除開運・家内安全また馬の神様として氏子区域だけでなく広く崇敬を集めている。

境内に鎮座する北向虫八幡宮は「夜泣き・癪の虫封じ」神様として崇められており、平安時代、憲平親王(後の冷泉天皇)は尺の虫がひどかったが、母藤原安子がこの八幡宮に祈願したところ、たちどころに平癒したと伝えられ、以後は御所を守護するために北向きに社殿が建てられ北向虫八幡宮と称されるようになった。祈願する者は「よだれ掛け」を奉納する風習がある。

明治五(一八七二)年、草津湊より田中神社境内に遷座。

 

地図

京都府京都市伏見区横大路天王後

 

関係する寺社等

飛鳥田神社 (京都府京都市伏見区横大路柿ノ本町)

社号 飛鳥田神社 読み あすかだ 通称 旧呼称 嶋瀉弁才天 等 鎮座地 京都府京都市伏見区横大路柿ノ本町 旧国郡 山城国紀伊郡横大路村 御祭神 別雷神、市杵嶋姫命 社格 式内社、旧村社 例祭 4月20 ...

続きを見る

飛鳥田神社 (京都府京都市伏見区中島樋ノ上町)

社号 飛鳥田神社 読み あすかだ 通称 旧呼称 安須加多社 等 鎮座地 京都府京都市伏見区中島樋ノ上町 旧国郡 山城国紀伊郡中島村 御祭神 荷田竜頭之遠祖霊(?) 社格 式内社 例祭 10月第3日曜日 ...

続きを見る


-1.京都府, 2.山城国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.