1.京都府 2.山城国

与杼神社 (京都府京都市伏見区淀本町)

社号 與杼神社
読み よど
通称
旧呼称 淀大明神、水垂社 等
鎮座地 京都府京都市伏見区淀本町
旧国郡 旧地:山城国紀伊郡水垂村
現在地:山城国久世郡淀町
御祭神 豊玉姫命、高皇産霊神、速秋津姫命
社格 式内社、旧郷社
例祭 10月30日~11月3日

 

與杼神社の概要

京都府京都市伏見区淀本町に鎮座する式内社です。

社伝によれば、応和年間(961年~964年)に千観内供という僧侶が肥前国佐賀郡河上村(現在の佐賀県佐賀市大和町川上)に鎮座する「與止日女神社」から勧請し淀大明神として祀ったのが当社の始まりであると伝えられています。

しかし、応和年間より遡る『延喜式』神名帳に既に当社が見えることに加え、さらに古く『三代実録』貞観元年(859年)正月二十七日の条にも当社の神が見えることから、少なくとも社伝より100年以上前には祀られていたことは明らかです。

当社の御祭神の筆頭である「豊玉姫命」は海神豊玉彦命の娘であり、海宮にてホオリ(彦火火出見尊)と結婚し、神武天皇の父となる鸕鶿草葺不合尊を生んだ海の女神です。しかし当社の社伝では一説に神功皇后の姉であるとも言われています。

なお、社伝で勧請元とされている與止日女神社では、御祭神の「與止日女命」とは神功皇后の妹、もしくは豊玉姫命であると伝えられています。

 

当社はかつて山城国紀伊郡水垂村、桂川の右岸になる地に鎮座していましたが、明治年間の桂川の河川改修工事により明治三十五年(1900年)に淀城跡である現在地に遷座しました。旧地は現在は桂川の川底となっているようです。

旧地に鎮座していた頃の様子は詳らかでありませんでしたが、恐らく與止日女神社と同様に川の畔に鎮座していたものと思われます。

その神格は桂川はじめ淀川三川の水流の安寧、および河川舟運の安全を守護し、豊漁をもたらす神として信仰されたことでしょう。

社前を流れていた桂川は淀川となり河内湖を経て大阪湾へと通じていました。すなわち当地は水運における京都盆地の玄関口であり、様々な文物の集積する地だったことが考えられます。

洪水の発生しやすい三川合流の地であることに加え、川や海を通じた交流の行われた当地において海神が祀られたのも自然のことだったのかもしれません。

 

一方、当社の社名「與杼(与杼:ヨド)」と淀川の名は関連があると思われますが、一般に淀川の由来が当社であるとされることはなく、巨椋池の出口で川が淀んでいたことに因むとされています。

そうであるならば、ヨドの地名もしくは淀川の川名が先にあったことになり、與止日女神社と無関係に淀川の女神を祀ったのが当社とも考えられます。

当社の創建がどのようなものであったかは定かではありませんが、当社が淀川水系と強い関わりがあったことは間違いないでしょう。

 

当社の拝殿は慶長十二年(1607年)の建築で国指定重要文化財となっています。かつて本殿も同年代の建立で同じく国重文に指定されていましたが、昭和五十年(1975年)に中学生の遊んでいた花火が原因で火災が発生し、残念ながら焼失してしまいました。

しかしその後再建され、淀城跡という立地もあり再び厳かな雰囲気を取り戻しています。

 

境内の様子

京阪淀駅の南西250mほど、淀城跡に当社は鎮座しています。鳥居は境内の東端に南東向きに建っています。

 

鳥居をくぐってすぐに参道は左へと折れ、そこから社殿まで一直線に参道が伸びています。参道の左右は駐車場となっています。

 

与杼神社

参道を進むと両側に石垣が積まれてあり、その後方左右に一対の大きなイチョウが聳えています。

両イチョウの間には注連縄が渡されており注連柱として機能しています。

 

イチョウを過ぎると左側(南側)に手水舎があります。

 

与杼神社

さらに参道を進むと三段の石段があり、その奥のやや小高くなった空間は玉垣が設けられ手前側と区画されています。

 

石段前の左右に配置されている狛犬。砂岩製で、非常に洗練されたスマートでスラっとした狛犬です。

 

与杼神社拝殿

与杼神社拝殿

石段を上ると正面に東向きの社殿が並んでいます。

拝殿は杮葺・妻入入母屋造の舞殿風拝殿。慶長十二年(1607年)に建立されたもので、桃山建築の特徴の見られる貴重な建築として国指定重要文化財となっています。

 

与杼神社本殿

与杼神社本殿

後方の基壇上に銅板葺・三間社流造の本殿が建っています。内陣と外陣に分かれており、外陣は扉が開放され実質的に拝殿的な機能を持ち合わせています。

前述のようにかつて本殿も拝殿と同時期の建立で国重文の指定を受けていましたが、残念ながら昭和五十年(1975年)に中学生の花火による火災で焼失してしまいました。現在の本殿は昭和五十五年(1980年)の再建。

 

本殿前の狛犬。砂岩製で、こちらはずんぐりとした体形です。

 

本社社殿の左側(南側)にこのような基壇があり、その中央に石が配置されています。当社の旧地から発見された基礎石のようです。

なお、この基壇前に配置されている一対の灯籠は江戸時代はじめの豪商「淀屋」が奉納したものです。淀屋は米相場の基準となる米市を設立して莫大な財を成し、淀屋橋を築いたことでも有名です。

淀屋の初代は当地周辺の出身とも言われており、この縁で当社に奉納されたようです。

江戸時代の豪商ゆかりの大坂淀屋の高灯籠

+ 開く

江戸時代の豪商ゆかりの大坂淀屋の高灯籠

【灯籠に刻印の文字】
亭々欽寸輝 寶暦己卯仲春日
灼々傳千古 片岡正英・同政冬
大坂淀屋 神主河原崎出□□□

江戸時代初めの豪商淀屋の初代岡本与三郎(淀屋常安)は、淀周辺の岡本荘の出身との説もあり、又この淀の地に家や田地も所有していたと記録に残っている

しかし淀屋は幕府を凌ぐほどの財産を有したが、宝永二年(一七〇五年)五月に闕所(けっしょ)となり、財産没収と所払いの処分となった

寶暦己卯仲春日は宝暦九年(一七五九年)のことで、この四年後の宝暦十三年(一七六三)には、大坂の元の地(淀屋橋の南詰め一帯)に木綿問屋として「淀屋清兵衛」(後期淀屋)を公称して再興を果たした

淀屋ゆかりの者がこの高灯籠を寄進して再興を宣言したことを示したものともいえる。

*片岡正英・政冬の墓は、楠葉の久修園院にある

平成二十三年(二〇一一) 與杼神社 淀屋研究会

 

本社本殿の右側(北側)に神明造の本殿と妻入切妻造の拝殿を備えた境内社が東向きに鎮座しています。社名・祭神は不明ですが、案内板に「日大臣社」なる境内社のあることが記されており、恐らく当社がこれであると思われます。

 

本社拝殿の左側(南側)に三社の境内社が北向きに並んで鎮座しています。いずれも社殿前に複数の朱鳥居が並んでいます。

 

これらの境内社の内、最も左側(東側)に「川上大明神」が鎮座。

社殿の背後には「川上大明神」と刻まれた石碑が建っています。

 

川上大明神の右側(西側)に「豊丸大明神」が鎮座。

社殿の背後には「豊丸明神」と刻まれた石碑が建っています。

 

豊丸大明神の右側(西側)に「長姫辨財天」が鎮座。他二社が稲荷系なのに対してこちらは弁才天を祀っており、朱鳥居が並ぶものの異なる系統の神を祀っています。

 

稲葉神社

與杼神社境内のすぐ南側に隣接して「稲葉神社」が鎮座しています。與杼神社とは異なる神社のようですが、境内が連続しているためこちらで紹介します。

稲葉神社の御祭神は「稲葉正成」。淀藩主だった稲葉家が祖である稲葉正成を祀ったのが当社です。

 

與杼神社の鳥居の左側(西側)に当社の鳥居が東向きに建っています。

 

鳥居をくぐって右側(北側)に手水舎があります。草が伸び放題で半ば埋もれてしまっています。

 

正面に社殿が東向きに並んでいます。拝殿は桟瓦葺・平入入母屋造。

 

後方の基壇上に瓦葺・向唐破風の中門(拝所)と瑞垣が設けられ、その内側に本殿が建っています。本殿は覆屋に納められておりよく見えません。

 

稲葉神社本殿の左側(南側)に「稲荷大明神」が東向きに鎮座しています。鳥居は朽ちかけており荒れた神社となっています。

 

稲葉神社の南側には淀城の石垣が積まれており、当地が城郭だったことを偲べる遺構となっています。

かつての淀城は淀川から水を引いて幾重にも堀が廻らされていましたが今ではその一部が残るのみとなっています。

案内板「稲葉神社の祭神と淀藩について」

+ 開く

稲葉神社の祭神と淀藩について

祭神稲葉正成公は、淀藩稲葉家の祖である。元亀二年(一五七一)に美濃国(岐阜県)本巣郡十七条の城主、林家に生まれ、長じて稲葉重通の女婿となり、以後稲葉を称した。ところが、妻の死去により明智光秀の重臣斎藤利三の娘「福」を重通の養女として迎え再婚したのが、有名な「春日局」である。

正成は豊臣秀吉に仕えその命により、小早川秀秋の家老となり五万石を領した。

秀吉の没後、慶長五年(一六〇〇)関ヶ原の合戦の功により徳川家康より感状を受け、のちに松平忠昌に仕えた。その後、下野国(栃木県)真岡の城主となり、二万石を領したが寛永五年(一六二八)江戸において没し、現龍院に葬られた。

稲葉家が淀藩主になったのは、初代正成より数えて五代目の正知の時で享保八年(一七二三)下総国(千葉県)佐倉より十万二千石で入封した。

その後明治四年(一八七一)十六代正邦の時に廃藩を迎えるまで、稲葉家が十二代百四十八年間にわたり淀藩主であった。

案内板「淀城の由来」

+ 開く

淀城の由来

徳川二代将軍秀忠は、元和五年(一六一九)の伏見城の廃城に伴い、新たに桂川・宇治川・木津川の三川の合流する水陸の要所であるこの淀の地に松平越中守定綱に築城を命じて、元和九年(一六二三)に着工、寛永二年(一六二五)に竣工した。翌寛永三年、秀忠・家光父子が上洛の途次にはこの城を宿所としているい。

寛永十年(一六三三)国替えにより永井尚政が城主となり、その後、諸大名が次々と入城したが享保八年(一七二三)五月、春日局の子孫である稲葉丹後守正知が下総佐倉から淀へ移り、明治維新までの百数十年間、この淀城は稲葉氏十万二千石の居城であった。

江戸時代の淀城は周囲に二重三重の壕をめぐらし『淀の川瀬の水車誰を待つやらくるくると』のうたで名高い水車は直径八メートルもあり城の西南と北の二カ所に取り付けられていた。

淀城とその城下町の盛観は延享五年(一七四八)五月二日に来着した朝鮮通信使(将軍への祝賀使節)の様相を写した「朝鮮聘礼使淀城着来図」に詳しく描かれている。

昭和六十二年夏に天守台の石垣解体修理に伴い、発掘調査が伏見城研究会によって行われ大小の礎石を含む石蔵が発見された。これは四隅に櫓を持つ白亜五層の天守閣の地下室と基礎であり、宝暦六年(一七五六)の雷火で炎上する以前の雄姿を偲ばせるものである。

なお淀君ゆかりの淀城は現在の淀城跡ではなくこの位置から北方約五百メートルの納所にあったと推定されている。

京都市

 

タマヨリ姫
難しい漢字だね!「よど」って読むんだ!やっぱり淀川と関係あるのかな。
恐らくはそうね。三川が合流する地であることを見ても、淀川の水神が祀られていたんじゃないかしら。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

由緒

案内板「与杼神社」

+ 開く

与杼神社

豊玉姫命、高皇産霊神、速秋津姫命を祀り、古くは、淀姫社、又は水垂社とも呼ばれていた。社伝によれば、応和年間(九六一~九六四年)、僧千観内供が、肥前国(佐賀県)河上村の淀大明神を勧請したことに始まると伝えられている。当初、水垂町に祀られ、桂川の水上運輸の守護神として人々から崇敬されていたが、明治三十三年(一九〇〇年)に淀川改修工事のためここに移された。

境内には、本殿、拝殿、神輿庫を始め、日大臣社、長姫社、川上社、豊丸社などの各社殿が建てられている。中でも拝殿は、慶長十二年(一六〇七)に建築されたもので、国の重要文化財に指定されている。

毎年十月に行われる例祭は「淀祭」と呼ばれ、多くの人々で賑わう。

京都市

『都名所図会』

+ 開く

淀姫のやしろは小橋の西にあり。祭る神は三座にして中央は淀姫神 ひかしの間千観内供 西の間天神。若宮は本社の西にあり。多宝塔には大日如来を安置す。当社は千観法師の勧請なり。この所の産砂神とす。例祭は九月廿三日。神輿一基あり。宮の渡しは当社の鳥居前より桂川の落合を小橋の北詰への舟わたしをいふ。唐人雁木といふは朝鮮人来朝のとき大坂より河舟にてと□この所より陸地をゆくなり。

天神口 菅神筑紫へおもむきたまふときこの所より舟に乗たまふとぞ。天満宮の社あり。

 

地図

京都府京都市伏見区淀本町

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.京都府, 2.山城国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.