1.京都府 2.山城国

福長神社 (京都府京都市上京区室町通武者小路下ル福長町)

社号 福長神社
読み ふくなが
通称
旧呼称 福長稲荷 等
鎮座地 京都府京都市上京区室町通武者小路下ル福長町
旧国郡 山城国京都福永町
御祭神 福井神、綱長井神、稲荷神
社格 式内社
例祭

 

福長神社の概要

京都府京都市上京区室町通武者小路下ル福長町に鎮座する式内社です。

当社は神祇官西院に鎮座していた座摩巫祭神五座の内、「福井神」と「綱長井神」だったと伝えられています。

平安時代から中世にかけての宮中(内裏)では神祇官西院において「御巫(みかんなぎ)」と呼ばれる女性の神職が置かれ、その内の「座摩巫(いかすりのみかんなぎ)」が祭祀した五柱の神々(「生井神」「福井神」「綱長井神」「波比岐神」「阿須波神」)が「座摩(いかすり)神」です。

その内の二柱が当社で祀られています。座摩神は大阪府大阪市中央区に鎮座する「坐摩神社」、大阪府岸和田市積川町に鎮座する「積川神社」でも祀られています。

この五柱が如何なる神であるかははっきりしませんが、「生井神」「福井神」「綱長井神」はそれぞれ「井」が付くことから水に関する神であり、「波比岐神」「阿須波神」は諸説ありますが土地の神・家屋の神であるとも言われています。実際、福井神と綱長井神を祀る当社も水神として信仰されているようです。

『古語拾遺』には坐摩神について、神武天皇が即位の際に天照大神と高皇産霊神の神勅を受けて祀った神々の一つで、「大宮所の霊」であり「今、坐摩巫の奉斎するところ」であると記載されています。「大宮所の霊」とは特に宮中で祀ることを示したものと思われます。

座摩神はじめ神祇官西院において祀られていた神々は中世以降に衰退し、応仁の乱の頃には完全に廃れたと考えられていますが、どういうわけか福井神と綱長井神は合祀されて現在に伝わっています。

神祇官西院のあった地は現在地の南西1.6kmほど、二条公園の一つ北方の区画だと推定されています。

現在地に遷座したのは天正年間、豊臣秀吉が聚楽第を造営、もしくは廃城した際だと伝えられています。一方、天正二年(1574年)の『洛中外図屏風』には既に現在地に当社が描かれています。

天明八年(1788年)の大火により被害を受け、それ以降非常に小さな神社として祭祀されています。

人々に忘れられたかのような住宅地に挟まれた小さな神社ですが、平安時代の皇室の重要な祭祀を担った歴史ある神社です。

 

境内の様子

境内入口。室町通りに面しており、住宅地に埋もれるように鎮座しています。入口には西向きの木造神明鳥居が建っており、石垣で境内と道路が区分けされています。

 

鳥居をくぐって左側(北側)に手水舎があります。

 

鳥居をくぐった様子。正面に西向きの社殿が建ち、それ以外は何もない非常に無機質な空間となっています。

 

拝殿は桟瓦葺・平入切妻造の正面に妻入切妻造の庇が付いたもの。

 

本殿は銅板葺の一間社流見世棚造で覆屋に納められています。構造的に拝殿後方の空間へ立ち入ることはできません。

 

境内入口の北側には京都に多い「化粧地蔵」を安置するお堂があります。

 

タマヨリ姫
とっても小さな神社だね!ここも式内社なの?
そうよ。もともと内裏で祀られていた神様が今でもこのようにひっそりと町中で祀られているのよ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「福長神社」

+ 開く

福長神社

本社は福井神、綱長井神、稲荷神を祭神として祀る。社名は、福井、綱長井の二神を合祀することによるが、稲荷神も合祀することから「福長稲荷」とも呼ばれた。

福井神と綱長井神は、平安京大内裏内の神祇官西院(現在の大宮竹屋通辺)に祀られていた延喜式内社、宮中神の座摩巫祭神五座(生井神、福井神、綱長井神、波比伎神、阿須波神)のうちの二座である。

現在の地に遷された経緯については、社伝によると天正年間、豊臣秀吉の聚楽第造営、あるいは廃城の際と伝えられるが、天正二年(一五七四)に織田信長が上杉謙信に贈ったと伝えられる洛中外図屏風(狩野永徳筆)には、すでに現在地に福長神社が描かれている。

天明の大火(一七八八)で焼失した後は小さな祠となったが、明治時代以降も水の神(屋敷内の井戸や泉の神)として地元の人々から篤く信仰されている。

京都市

 

地図

京都府京都市上京区室町通武者小路下ル福長町

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

関係する寺社等

坐摩神社 (大阪府大阪市中央区久太郎町渡辺)

社号 坐摩神社 読み いかすり/ざま 通称 ざまさん 等 旧呼称 難波大社 等 鎮座地 大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺 旧国郡 摂津国大坂南渡辺町 御祭神 生井神、福井神、綱長井神、波比岐神、阿 ...

続きを見る

積川神社 (大阪府岸和田市積川町)

社号 積川神社 読み つがわ 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府岸和田市積川町 旧国郡 和泉国南郡積川村 御祭神 生井神、栄井神、綱長井神、阿須波神、波比岐神 社格 式内社、旧郷社、和泉国四宮 例祭 10月 ...

続きを見る

-1.京都府, 2.山城国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.