1.大阪府 2.摂津国

坐摩神社 (大阪府大阪市中央区久太郎町渡辺)

社号 坐摩神社
読み いかすり/ざま
通称 ざまさん 等
旧呼称 難波大社 等
鎮座地 大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺
旧国郡 摂津国大坂南渡辺町
御祭神 生井神、福井神、綱長井神、波比岐神、阿須波神
社格 式内社、旧官幣中社、摂津国一宮
例祭 4月22日

 

坐摩神社の概要

大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺に鎮座する式内社です。『延喜式』神名帳に大社とあり、また住吉大社と共に摂津国一宮でもあり、古くから有力な神社でした。

また『住吉大社神代記』(住吉大社に伝わる古典籍)には子神として「座摩神(爲婆照神)」が見え、古くから住吉大社とも関係が深かったことが伺えます。

当社は元は上町台地の北西麓にあたる渡辺、現在の大阪市中央区石町(こくまち)の地に鎮座していたと言われ、現在も旧地には当社の「行宮」が鎮座しています。

社伝によれば、当社は神功皇后が三韓征伐の帰途、淀川河口南岸の大江の岸・田蓑島の地に神を祀ったと伝えています。田蓑島は後の渡辺、石町の地で、先述の行宮の地です。船からこの地に上陸した神功皇后はここで休息し、この際に座ったとされる石が現在も「鎮座石」として行宮に安置されています。

この旧地は渡辺津、或いは窪津と呼ばれ、後世には八間家と呼ばれることになる地であり、古代から一貫して水運の拠点となった地です。平安時代後期には源綱が当地付近に住んで渡辺と名乗り、渡辺党と呼ばれる水軍を組織して瀬戸内海を統括しました。これほどまでに海運上の拠点性の高い地に当社が鎮座していたことになります。

その後、豊臣秀吉が大坂城を築くにあたり、天正十一年(1583年)に渡辺の地から南西1.6km離れた現在地に遷座されました。現在地はまさに大坂の中心とも言うべき地で、多くの商店や家屋が並び、『摂津名所図会』の挿絵には建物の建ち並ぶ街中に当社の境内がある様子が描かれています。

さて、当社の御祭神は「生井(いくい)神」「福井(さくい)神」「綱長井(つながい)神」「波比岐(はひき)神」「阿須波(あすは)神」で、この五柱を併せて「坐摩神」と呼ばれています。この五柱は『延喜式』神名帳の宮中神、神祇官西院に祀られる神としても記載されています。京都府京都市上京区の「福長神社」が坐摩神の祭祀を継承している神社として祀っている他、大阪府岸和田市積川町に鎮座する「積川神社」でも同神を祀っています。

この五柱が如何なる神であるかははっきりしませんが、「生井神」「福井神」「綱長井神」はそれぞれ「井」が付くことから水に関する神であり、「波比岐神」「阿須波神」は諸説ありますが土地の神・家屋の神であるとも言われています。

『古語拾遺』には坐摩神について、神武天皇が即位の際に天照大神と高皇産霊神の神勅を受けて祀った神々の一つで、「大宮所の霊」であり「今、坐摩巫の奉斎するところ」であると記載されています。「大宮所の霊」とは特に宮中で祀ることを示したものと思われます。

『延喜式』臨時祭には「座摩巫」についての記載があり、都下(つげ)国造氏の童女七歳を充てることが記されています。「都下(都祁/闘鶏)国造」は『新撰姓氏録』に記載が無いため詳細が不明な部分も多いですが、神八井耳命の子孫とされ、大和国山辺郡都祁(現在の奈良県奈良市の山間部にある都祁・針付近)を本貫としたようで、大和高原の冷涼な気候を生かして氷室の管理に携わったとも言われています。一方で現在の大阪市内にも拠点があったとも言われ、大阪市北区兎我野(とがの)町はその痕跡であるとする説もあります。

このように都下国造氏の子女が「坐摩巫」として坐摩神の祭祀に奉仕したことが見えますが、そのような例となった経緯はよくわかりません。ツゲを朝鮮語の日の出を意味する語に関係するとして日の神の祭祀であるとする説もありますが、根拠は無く空想の域を出ないと言わざるを得ません。

ただ、旧地の立地を思えば、かつて上町台地の上(現在の大阪城の地)に鎮座していた「生國魂神社」に対して上町台地の麓に鎮座していた当社という対比が見て取れます。高台と低地の両面から二社態勢で祭祀を行ったことが想定され、生國魂神社と共に大阪の古代の祭祀を担う一画として重要な地位にあった神社だったことが伺われます。

 

境内の様子

境内入口。境内はビル群の建ち並ぶ都会の中にあり、真宗大谷派の難波別院(南御堂)のすぐ西側に立地しています。

鳥居は東向きに建ち、鳥居の左右それぞれに小型の鳥居が接続した「三ツ鳥居」となっています。『摂津名所図会』の挿絵にはごく一般的な明神鳥居が描かれているため、三ツ鳥居が採用されたのはそう古くない時代のことでしょう。

 

鳥居をくぐって左右には備前焼の狛犬が配置されています。

 

鳥居をくぐって左側(南側)に手水舎があります。手水に手を差し出すとセンサーが反応して自動で水が出るタイプ。

なお、奥の建物は社務所兼大阪府神社庁です。

 

坐摩神社

 

坐摩神社

境内は玉砂利に石畳が敷かれており、正面に社殿が東向きに並んでいます。

拝殿はRC造で銅板葺・平入入母屋造に唐破風の向拝が付いたもの。

『摂津名所図会』では平入切妻造に千鳥破風と唐破風の付いた拝殿が描かれています。

 

本殿はRC造の銅板葺・平入入母屋造。

社殿は昭和九年の室戸台風、及び昭和二十年の戦災の被害に遭っており、現在の社殿は昭和三十四年(1959年)にRC造で再建されたものです。なお、昭和九年以前は五柱別棟の春日造だったと伝えられていますが、『摂津名所図会』の挿絵には住吉造のような奥行きの長い妻入の切妻造が描かれており、比較的短期間で本殿の形式がころころ変わっていたことが伺えます。

 

当社の神紋は珍しい「白鷺紋」です。神功皇后が当社を旧地に創建した際、神の教えにより白鷺の多く集まる地を選んだことに因むと言われています。

 

境内の北側には五社の境内社が南向きに並んで鎮座しており、長い平入切妻造の拝所を共有しています。

 

この中で最も奥側(西側)に鎮座するのは「大江神社」。

五社の中で唯一RC造の流造であり、一回り規模の大きな社殿となっています。

当社の旧地を大江の岸と呼んだことからこれと関係があると思われますが詳細不明。

 

大江神社の右側(東側)に「繊維神社」が鎮座。

繊維問屋から厚い崇敬を受けているようです。

五社の内、大江神社を除く四社はこのように同規模の一間社春日造となっています。

 

繊維神社の右側(東側)には「大國主神社」が鎮座。

 

大國主神社の右側には「天満宮」が鎮座。

 

天満宮の右側(東側)に「相殿神社」が鎮座。

複数の神社がここに相殿として祀られているものと思われますが詳細不明。

 

本社社殿の左側から境内の奥へ抜けていくと、境内の南西側に「陶器神社」が西向きに建っています。御祭神は「大陶祇神」「迦具突智神」。社殿はRC造で銅板葺一間社流造に向拝の付いたもの。

社殿の両側には陶器の神社らしく陶製の立派な灯籠が配置されています。

元は靱南町(靭公園の近く?)にあった地蔵菩薩を祀る神社(お堂?)だったようで、周囲の陶磁器の問屋からの崇敬を集めていましたが、明治四十年に市電敷設のために当社に合祀したようです。社殿に掲げられてる大皿に書かれた由緒の文意がイマイチ汲み取れませんが、昭和二十年の戦災の後は当社を離れて西横堀浜筋を再建したものの、阪神高速道路の敷設のために昭和四十六年に再度当社境内に遷座したようです。

現在も大阪の瀬戸物問屋から信仰されており、陶器神社では毎年七月下旬に瀬戸物(陶磁器)を商う「せともの祭」が行われています。

大皿「火防 陶器神社」

+ 開く

火防 陶器神社

祭神

大陶祇神 迦具突智神

由緒

嘉永の頃愛宕山将軍地蔵を祀ると伝えられ火除の神として崇敬厚く特に陶器商人は守護神と仰ぎ七月二十三日の大祭には陶器造り人形を各戸競って奉納し地蔵会とともに盛んでした。当初は靫南通り一丁目に鎮座ましましたが、明治四十年市内電車敷設のため坐摩神社に移転合祀されました。祭壇には瓢の水を次て火を防ぐとの故事により陶製瓢と火の要鎮のお札を笹に結び付け参詣者に授ふと亦陶磁器の端物を贈呈したのが祭の起源とされ北は筋違橋から南は四ツ橋迠の両側二百数十店が軒を並べていたものです。其の後昭和二十年戦災昭和二十年戦災に遭い二十六年六月西横堀浜筋に再建。せともの祭と共に復興いたしました。然し四十六年阪神高速道路敷設により再度立退きのやむなきとなりここに崇敬者の浄財と各地陶芸作家諸先生の賛助により、火防陶器神社の名にふさわしく陶器の宮として当所に御造営の上同年十一月遷宮鎮座し奉りました。

 

陶器神社の右側(南側)に隣接して「稲荷神社」が鎮座しています。

流造の左右両側に裳階の付いた変わった建築です。

 

当社は江戸時代以降は大坂の町中にあり、大阪の町民の憩いの場として店や小屋などが設けられ、当社を中心に上方の文化が大いに発展しました。中でも落語は当社の境内に寄席を建てて多くの人に親しまれ、現代にまで続く落語の基礎を築き上げました。

境内の隅にはこのことを顕彰する石碑が建てられています。

石碑「上方落語寄席発祥の地」

+ 開く

上方落語寄席発祥の地

中興の祖 初代桂文治

初代桂文治は寛政年間(一七八九~一八〇〇)坐摩神社境内に大阪ではじめて寄席を建て 抜群の話芸で名人と称され上方落語繁栄の基礎を築いた

それまで大道芸に近い芸能だった落語を室内の高座で演ずる現在につながる興行形式にあらためたのである

ために 文治は上方落語の中興と仰がれている

文治の名跡は三代目以降が江戸に移ったが 七代目文治の名が一旦大阪に戻り 初代文治を祖とする桂派の流れは大阪と江戸の両地で大きな勢力となって東西落語界の興隆を支えて今日に至っている

大阪藝能懇話会 肥田 晧三

天満天神繁盛亭への継承

江戸時代後期 ここ坐摩神社において初代桂文治が開いた咄の席が上方落語の寄席興行の始まりです 以降 幕末から明治 大正にかけて多くの落語の席が誕生し上方落語は飛躍的な発展をとでました

昭和に入り 戦災等によって落語は寄席を失いましたが 平成十八年九月「天満天神繁盛亭」が開場 約六十年ぶりに落語専門の寄席が復活しました

ここに感謝と継承の思いを込め 初代桂文治の業績を顕彰し原点の証として「上方落語寄席発祥の地」の碑を建立します

上方落語協会 桂三枝

 

当社は無機質なオフィス街の中にありますが、毎年梅雨頃には紫陽花の鉢が並べられ、境内を綺麗な花が彩ります。場所柄、当社を訪れる人々はスーツを着たビジネスマンが多く、忙しく働く彼らにひと時の癒しをもたらしてくれる神社となっています。

 

タマヨリ姫
都会の中の神社って感じだね!周りはビルが多いし、訪れる人もビシッとスーツを決めた人ばかり!
そうね。でも元々は大阪城の北側、淀川の河口だったところに鎮座していたのよ。時代と共に信仰の在り方が大きく変わってきた神社じゃないかしら。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

由緒

由緒書「坐摩神社御由緒略記」

+ 開く

坐摩神社御由緒略記

御祭神

生井神
福井神
綱長井神
波比岐神
阿須波神

五柱の御祭神を総称して坐摩神と申します。坐摩神は古語拾遺等によれば、神武天皇が即位された時に御神勅により宮中に奉斎されたのが起源とされ、坐摩の語源は諸説ありますが、土地又は住居地を守り給う意味の居所知(いかしり)が転じた名称といわれています。

御由緒

当社の創祀には諸説がありますが、神功皇后が新羅より御帰還の折、淀川南岸の大江、田蓑島のちの渡辺の地(現在の天満橋の西方、石町附近)に奉祀されたのが始まりとされています。平安時代の「延喜式」には攝津國西成郡の唯一の大社と記され、産土神として今日に至っています。また、朱雀天皇の御代、天慶二年(九三二)以来祈雨十一社中に列し、以後たびたび祈雨[雨乞い]のご祈請・奉幣に預かりました。

天正十年(一五八二)豊臣秀吉の大坂築城に当たり替地を命ぜられ、寛永年間現在地に遷座されました。現在の鎮座地名を渡辺と称するのも、元の地名が移されたもので、全国の渡辺・渡部等の姓の発祥の地でもあります。旧社地と伝えられる石町の御旅所には現在当社の行宮が鎮座されています。

明治元年(一八六八)の明治天皇大阪行幸の際には当社に御親拝なされ、相撲を天覧されました。

昭和十一年(一九三六)官幣中社に列せられた際に御造営された壮麗な御社殿は、残念ながら戦災にて焼失しました。現座の御社殿は昭和三十四年(一九五九)に鉄筋コンクリート造で戦前の姿のままに復興されたものです。

御神徳

御祭神の御神徳は往古より宮城を守る神であることから、居住地を守り給う住居守護の神、また行路の安全を守り給う旅行安全の神、安産守護の神等として広く信仰を集めており、御祭神の名義から流水、井泉の神であり竈神としても篤く奉斎されています。

安産の神としては、神功皇后が応神天皇の御安産を当社に御祈願になり、近くは明治天皇がお生まれになるとき特に宮中より御祈願があり、当社の秋季大祭当日[旧暦]に皇子が御降誕されました。

旅行安全の神としても、萬葉集に防人が旅立ちに際して坐摩神に行路の安全を祈願した歌が詠まれています。

にはなかの阿須波のかみにこしばさし あれはいははむかへりくまでに(萬葉集 四三五〇)

御神紋

御神紋の白鷺は当社古来のものであり、その由来は神功皇后が坐摩神の御教により、白鷺の多く集まる場所に坐摩神を奉斎なさったという御由緒によります。

境内末社

大江神社
繊維神社
大國主神社
天満宮
相殿神社
陶器神社
稲荷神社

境外末社

豊磐間戸・奇磐間戸神社<行宮>(大阪市中央区石町)

浪速神社(大阪市浪速区浪速西)

祭儀

当社の恒例祭儀は数多くありますが、由緒ある大祭及び特殊神事等は左の通りです。

例祭(献花祭) 四月二十二日
夏季大祭 七月二十二日
秋季大祭 十月二十二日

鎮魂祭 二月節分当日
懸鳥祭 十二月二日

大祓式 夏越 六月三十日 師走 十二月三十一日

『摂津名所図会』

+ 開く

坐摩神社

船場の中央にあり。延喜式神名帳云 座摩神社大月次相嘗新嘗。勅願所にて伏見院勅額に難波大社座摩神社とあり。又菅公奉納の眞筆にも難波大社とあり。右の勅額は今幣殿に掛る。西成郡の惣社にして往古は一郡一社の神社なれば元来西成一郡の生土神なり。例祭六月廿二日 九月廿二日。鳥掛神事十一月十六日

祭神 生井神 福井神 綱長井神 此三津井神に竈神二座を加へ祭る。神名は波比祇神 阿須婆神。これを併て五座なり。宮中神丗六座の中なり。

摂社 田蓑神社(俗に斎宮と称す) 神功皇后神社

末社 多賀祠 霊符祠 大国玉祠 八幡祠 人丸祠 高良祠 稲荷祠 猿田彦祠 天神祠

神楽殿 本社の前北の方にあり

絵馬舎 神楽殿の東にあり

抑当社の鎮座は神功皇后十年也。三韓より御凱陣し給ふ時神武天皇の吉例によつて御舩を浪速の岸浮見石の上によせて神爾を鎮齋給ふ時賤女醤を献じたれば祭らせ給ふ神社なり。旧地は大江岸田蓑嶋今の御旅所なり(已上社説)。三代実録云貞観元年正月従四位下を授く。同年九月八日摂津国難波大社の神等遣使奉幣為風雨祈之云々。延喜式云凡坐摩巫取都下国造氏童女七歳已上者充之若及嫁時充替云々。其外綸旨諸大将御教書祈願書寄附状等神庫に蔵む。又難波大社の御鎮座あるかゆへに社の南を難波町と云伝へ社務の住所の北を渡辺町といふ也。夏祓の神事に神輿を御旅所へ渡して本居の市民おもひ〱邌物を出して壮麗たる祭式なり。特に此御社は難波市街繁花の中なれば常に詣人多く市店社前に連り芝居観物ありて賑しくこれ皆神徳の餘光なるべし

御旅所 石町北彌兵衛町にあり。其辺石町石浜の名あり。これ皆むかしの御鎮座石あるによつての名なり。毎歳六月廿二日神輿を社内の神石に安坐し神事執行有。往古の遺風なり。

 

地図

大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

関係する寺社等

坐摩神社行宮 (大阪府大阪市中央区石町)

社号 坐摩神社行宮 読み いかすり-あんぐう 通称 豊磐間戸・奇磐間戸神社 等 旧呼称 鎮座地 大阪市中央区石町2丁目 旧国郡 摂津国大坂石町 御祭神 豊磐間戸命、奇磐間戸命 社格 式内社、坐摩神社境 ...

続きを見る

福長神社 (京都府京都市上京区室町通武者小路下ル福長町)

社号 福長神社 読み ふくなが 通称 旧呼称 福長稲荷 等 鎮座地 京都府京都市上京区室町通武者小路下ル福長町 旧国郡 山城国京都福永町 御祭神 福井神、綱長井神、稲荷神 社格 式内社 例祭 式内社 ...

続きを見る

積川神社 (大阪府岸和田市積川町)

社号 積川神社 読み つがわ 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府岸和田市積川町 旧国郡 和泉国南郡積川村 御祭神 生井神、栄井神、綱長井神、阿須波神、波比岐神 社格 式内社、旧郷社、和泉国四宮 例祭 10月 ...

続きを見る

-1.大阪府, 2.摂津国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.