1.大阪府 2.摂津国

坐摩神社行宮 (大阪府大阪市中央区石町)

社号 坐摩神社行宮
読み いかすり-あんぐう
通称 豊磐間戸・奇磐間戸神社 等
旧呼称
鎮座地 大阪市中央区石町2丁目
旧国郡 摂津国大坂石町
御祭神 豊磐間戸命、奇磐間戸命
社格 式内社、坐摩神社境外末社
例祭 4月22日

 

坐摩神社行宮の概要

大阪市中央区石町2丁目に鎮座する神社で、「坐摩神社」の境外末社、御旅所(行宮)です。

当地は坐摩神社の旧地で、社伝によれば神功皇后が三韓征伐の帰途、淀川河口南岸にあたる当地、大江の岸・田蓑島の地に神を祀ったと伝えています。船からこの地に上陸した神功皇后はここで休息し、この際に座ったとされる石が現在も「鎮座石」として当社拝殿に安置されています。

その後、豊臣秀吉が大坂城を築くにあたり、天正十一年(1583年)に当地から南西1.6km離れた現在地に遷座されました。

遷座後はこの地は坐摩神社の御旅所とされ、神事の際は神輿を当地まで移し盛大に祭を行なったことが『摂津名所図会』に記されています。

当地は大江の岸、渡辺津、窪津などと呼ばれた水運上の拠点でした。かつては熊野王子の第一王子である「窪津王子」がこの付近にあったとも、或いは当社境内がその地であるとも言われ、熊野参詣の際にはまず当地を訪れるのが習わしでした。なお、現在窪津王子は天王寺区堀越町の「堀越神社」境内に祀られています。

物流の幹線である瀬戸内海と京を結ぶ舟運の積み替え場であり、熊野街道の起点でもある当地はまさしく交通の要衝でした。遷座後も水運の拠点としての地位は変わらず、「八軒家」と称して多くの旅人と荷物が行き交い賑わう一大舟運ターミナルでした。

坐摩神(生井神、福井神、綱長井神、波比岐神、阿須波神)がどのような神で、何故この地に祀られたかははっきりしません。しかし、かつて上町台地の上(現在の大阪城の辺り)に鎮座していた「生國魂神社」に対して当地は上町台地の北西麓であり、台地上と低地の二社態勢で古代の大阪の祭祀を担っていたことが想定され、その一画である当社は極めて重要な神社だったことが伺えます。

 

境内の様子

境内入口。境内はオフィス街のビルに挟まれた一画にあり、入口には神社としては珍しく鳥居でなく釘貫門が西向きに建っています。

 

釘貫門をくぐった様子。ビルの狭間の狭い境内です。

 

釘貫門をくぐって左側(北側)に手水舎があります。

 

正面に社殿が西向きに並んでいます。拝殿は銅板葺・妻入の切妻造で正面に庇の付いたもの。土間で壁の無い開放的な建築です。

 

拝殿の奥に銅板葺の一間社流造の本殿が建っています。

 

拝殿内には「鎮座石」と呼ばれるものがあり、社伝ではこの地に上陸した神功皇后がこの石に座って休息したと伝えられています。当地の地名「石町(こくまち)」はこれに因むとも。

鎮座石はステンレス製の箱に納められており内部がよくわかりませんが、隙間越しに確かに岩石の類があることはわかります。

ここに硬貨を投入しないよう注意書きが書かれているものの投入する者が絶えないようで、鎮座石の上に硬貨が散乱しています。箱の形状からして賽銭箱に似ているために間違えて投入してしまう人も多いのでしょう。

 

当社北方、天神橋から東方を眺めた様子。ここを流れる大川は旧淀川であり、この左岸側(南側/写真右側)が「大江の岸」「渡辺津」「窪津」「八軒家」と呼ばれた古くからの港です。上町台地の北西の麓であり、また瀬戸内海の海運と淀川の舟運の結節点でもあり、さらには熊野街道の起点でもあるため、古代から近世に至るまで一貫して交通上極めて重要な地でした。

この地に創建された坐摩神社も、一般に言われるような井泉の神、家屋の神としてだけでなく、交通の神、厄除けの神、そして浪速の地を守護する土地の神としての神格も持っていたのではないでしょうか。

 

タマヨリ姫
ここが昔坐摩神社があったところなんだ!今はとても狭いところだねぇ。
今はひっそりとしてるけど、江戸時代にはお祭りの際に神輿がここまで移されて大いに盛り上がったみたいよ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「坐摩神社 行宮 豊磐間戸・奇磐間戸神社 由緒」

+ 開く

坐摩神社 行宮 豊磐間戸・奇磐間戸神社 由緒

御祭神

豊磐間戸神
奇磐間戸神

是地は坐摩神社の旧鎮座地であって、天正十一年(一五八三)豊臣秀吉大阪築城に際し城域に当る為、現在の大阪市中央区久太郎町四丁目に遷座される迄当地に鎮座し給うた。

社傳によると神功皇后が新羅よりご帰途の折この地に坐摩神を始めて奉斎され、また石上に御休息されたと伝えている。

今もけいだいに鎮座石が残り、故にこの地を石町と称すともいう。

平安期、熊野詣が盛んとなり、京都から摂津・和泉をへて熊野本宮に至る熊野古道沿いに熊野王子社が数多く設けられたが、淀川を船で下り最初に参詣する第一王子とも呼ばれる渡辺王子(別名窪津王子)社のもとの鎮座地と云う。

主な年中祭儀

例祭 四月二十二日
夏祭 七月二十二日
秋祭 十月二十二日
月次祭 毎月一・十五・二十二日

 

地図

大阪市中央区石町2丁目

 

関係する寺社等

坐摩神社 (大阪府大阪市中央区久太郎町渡辺)

社号 坐摩神社 読み いかすり/ざま 通称 ざまさん 等 旧呼称 難波大社 等 鎮座地 大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺 旧国郡 摂津国大坂南渡辺町 御祭神 生井神、福井神、綱長井神、波比岐神、阿 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.摂津国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.