1.大阪府 2.摂津国

生國魂神社 (大阪府大阪市天王寺区生玉町)

更新日:

社号 生國魂神社
読み いくくにたま
通称 生玉さん、難波大社 等
旧呼称
鎮座地 大阪府大阪市天王寺区生玉町
旧国郡 摂津国西成郡西高津村
御祭神 生島大神、足島大神
社格 式内社、旧官幣大社、別表神社
例祭 9月9日

 

生國魂神社の概要

大阪市天王寺区生玉町に鎮座する式内社です。名神大社に列せられ、古くから極めて重要な神社でした。また『住吉大社神代記』(住吉大社に伝わる古典籍)に「子神」として「難破生國魂神」が記載されてあり、古くは住吉大社とも関係が深かったようです。

御祭神の「生島神」「足島神」は日本神話に見えない神ですが、『古語拾遺』には「生島 これ大八洲の霊、今は生島巫の奉斎する所なり」とあり、漠然ながら日本の国土の神であると考えられ、生島巫という専門の巫によって祀られていたようです。『延喜式』神名帳では宮中神としても祀られたことが記載されています。

平安時代から鎌倉時代にかけて、天皇即位儀礼の一つとして「八十島祭」というのが難波津で行われました。これは海辺の祭壇で天皇の衣の入った箱を揺り動かすといった神事だったようです。この神事については詳細の不明な部分も多いのですが、生島巫が奉仕するのが例だったことから当社の祭神が主神であったとするのが有力です。生島神・足島神は国土の神であるため、天皇の衣を揺り動かすことで国土神の霊威を付着させ、天皇の権威の拠所としたとも言われています。

本来、当社は上町台地の先端上、すなわち現在の大阪城のある辺りに鎮座していました。古くは河内湖と大阪湾を結ぶ海峡を控えた地であり、浪速において最も重要な地と言っても過言ではありません。いつから祀られたのかは定かではありませんが、『日本書紀』に孝徳天皇が当社の木を伐ったことが記されており、少なくともそれ以前からその地に鎮座していたことが窺えます。しかし時代は下って豊臣秀吉がその地に大阪城を築くにあたり、当社は本来の社地からかなり南側となる現在地に遷座となりました。

古くは国土の神として、天皇の権威付けにも関わる極めて重要な神事を担った国家的性質の強い神社でしたが、現在地に遷った江戸時代以降は庶民信仰の神社に様変わりし、特に大坂の町民に崇敬され「生玉さん」と親しまれるようになりました。現在も大阪の人々の崇敬厚く、住吉大社と並ぶ大阪を代表する神社として参拝客の絶えない神社となっています。

 

境内の様子

当社の参道は谷町筋から西へ伸びています。

 

境内入口。左右に大きな燈籠を配置し鳥居がドドンと構えています。

 

鳥居脇で参拝客を見守る狛犬。銅像となっています。

 

鳥居からやや折れ曲がって東向きの社殿が建っています。明治以降、火事や空襲、台風など数々の災害に見舞われ、現在は頑丈なコンクリート造となっています。

 

本殿は流造を基調に千鳥破風、唐破風、千鳥破風の三つの破風が並ぶ「生國魂造」という独特の形式になってるのですが、残念ながらよく見えません。こちらもやはりコンクリート造になっています。

 

社殿の右側(北側)に多くの境内社が鎮座しています。こちらは「天満宮」で御祭神は「菅原道眞公」。和算の絵馬が奉納されています。

 

こちらは「住吉神社」。御祭神は「底筒男神」「中筒男神」「表筒男神」。小さな祠ながら住吉造となっています。

 

こちらは「皇大神宮」。「天照皇大御神」を祀っています。

 

社殿北側、一段低くなっている空間の池に「精鎮社」が鎮座しています。御祭神は「事代主神(えびす)」「比咩大神(べんてん)」。かつて表参道の蓮池に祀られていた弁財天社で、鮮魚を取り扱う商人や釣り人の信仰が厚いようです。

 

こちらは「稲荷神社」。「倉稲御魂神」を祀っています。佐賀県の祐徳稲荷の分霊で、鍋島藩とその蔵屋敷に出入りした商人に崇敬されたようです。

 

稲荷神社の右隣に「源九郎稲荷神社」が鎮座。「源九郎稲荷大明神」「八兵衛大明神」を祀っています。案内板には奈良県吉野の源九郎稲荷の御分祀とありますが、源九郎稲荷といえば大和郡山なので誤記かもしれません。八兵衛大明神は道頓堀中座の劇場に祀られていたといい、歌舞伎役者や松竹新喜劇の方々の崇敬が厚かったようです。

 

鴫野神社

巳(みい)さん」とも呼ばれています。御祭神は「一寸島比賣神」「大宮賣神」「淀姫神」。かつて大阪城東側に「鴫野の弁天さん」として祀られ、淀君が殊に厚く崇敬したといわれています。縁結び・縁切りに験があり、「心」の字と錠の絵が描かれた提灯・絵馬が奉納されています。

 

城方向八幡宮

城方向でキタムキと読みます。御祭神は「譽田別命」「氣長足媛命」「玉依比賣命」。大阪城鬼門の守護神として祀られたといわれています。

 

鞴神社

御祭神は「天目一箇神」「石凝杼売神」「香具土神」。製鉄、製鋼、鋳金、機械工具を商う金物業界の守護神として崇敬を集めているようです。

 

家造祖神社

御祭神は「手置帆負神」「彦狭知神」。家造りの祖神で土木建築の守護神とされています。

 

浄瑠璃神社

近松門左衛門はじめ文楽の先賢を祀っています。文楽の守護神としてのみならず、広く諸芸の神としても崇敬されているようです。

案内板「浄瑠璃神社」

+ 開く

浄瑠璃神社

御祭神

近松門左衛門を始めとした文楽の先賢を祀る

例祭日

春分・秋分の日

御由緒

御鎮座の年は不詳であるが、記録によれば明治九年に竹本春太夫・鶴沢清七等と共に、三業(太夫・三味線・人形)の先師三十八柱の御霊を生國魂神社の境内に社殿を整え合祀したのが始まりである。

爾来、この浄瑠璃神社で毎年春秋の二季に例祭を齋行し、物故された方々を合祀る。

文楽の道の御祖神として文楽関係者はもとより、広く日本舞踊や琴など諸芸上達の守護神として篤い崇敬がある。

因みに「曾根崎心中 - 生玉社の段 -」は、生國魂神社境内が舞台である。

 

社殿北側の空間は広々とした公園のようになっており、参拝者の憩いの場となっています。都会の中のオアシスといったところでしょう。

 

当社の北側の出入口は天王寺七坂の一つ「真言坂」があります。天王寺七坂とは上町台地西側にある著名な七つの坂のこと。真言坂は天王寺七坂で最も北にあり、かつ唯一南北方向の坂となっています。

 

当社はかつて上町台地の先端、大阪城のあるところに鎮座していたといわれています。言うまでもなく古くからの要衝にあたり、朝廷や時の権力者が一目置いた場所です。現在地に遷座してもなお庶民の崇敬を集め、まさに浪速の歴史と共に歩んできた神社と言えるでしょう。

 

御朱印

 

 

由緒

由緒書「難波大社 生國魂神社略誌」

+ 開く

難波大社 生國魂神社略誌

生國魂神社(生玉さん) 旧官幣大社

御祭神

生島大神 足島大神 大物主大神(相殿神)

御神徳

生成発展・五穀豊穣・健康長寿・縁むすび・社運隆昌・家内安全

生島・足島大神は国土・大地の守護神であり、台地に生を受けるものすべてを守護される広大無辺の御神徳があります。

大物主大神は世に「ダイコクさん」として知られ、人間生活万般を守護される神様です。

御由緒

社伝によれば、神武天皇が九州より難波津にお着きになった際、現在の大阪城付近(のちの石山碕)に、生島大神・足島大神を祀られたのが当社の創祀と伝えられています。そののち、相殿神として大物主大神をお祀りされています。

当社についての初見は、『日本書紀』孝徳天皇(七世紀中頃)に「生國魂社」と記されており、平安時代の『延喜式』には、「難波坐生國咲國魂神社」二座と記され、御祭神は特別に生島巫によって祀られるなど、国家の祭祀(八十島祭)の社として知られています。

中世では当社に隣接して「石山本願寺」が建てられ、そして天正十一年(一五八三)に豊臣秀吉公が大阪城築城のため、社領を寄進し社殿を造営し、同十三年(一五八五)に現在の鎮座地に遷されたと伝えられています。

そののちも豊臣・徳川と時代の変遷はありましたが、両家の保護のもとに神域は守られ、以来「難波大社」の尊称をもって広く朝野の信仰を集め、明治には官幣大社に列せられるなど、国土の守護神・大阪の総鎮守として人々に崇敬されています。

御社殿

本殿は、「生國魂造」と呼ばれる他に類をみない建築様式であり、本殿と幣殿は一つの流造りでふきおろし、正面の屋上に千鳥破風・すがり唐破風・さらに千鳥破風の三破風をすえたものになっています。

社伝は明治四十五年の「南の大火」、昭和二十年の戦災による焼失、同二十五年の「ジェーン台風」により総檜素木造の御本殿が倒壊し、現在の社殿は昭和三十一年に鉄筋コンクリート造で建てられたものです。

大阪三大夏祭り いくたま夏祭(毎年七月十一日・十二日)

大阪三大夏祭りのトップを切って行なわれるのが「いくたま夏祭」である。大阪の夏祭りは「いくたま夏祭」に始まり、天神祭、そして住吉祭で締めくくると言われている。ことに「陸」の生玉、「川」の天神と並び称され、明治より昭和初期には一千名を越える「渡御列」で賑わったことが記録されている。その後、戦火などにより御鳳輦など数々の道具類を失ったが、往時の伝統が今に受け継がれ、夏の風物詩として多くの浪速っ子に親しまれている。

境内社

皇大神宮・住吉神社・天満宮

「女性の守護神」鴫野神社(巳(みい)さん)

淀君ゆかりの神社である。大阪ビジネスパーク(OBP)の辺りはかつて「弁天島」と呼ばれていた。その一画に弁天社「鴫野の弁天さん」が祀られてあり、弁天社はその昔、大阪城の予後君の崇敬が殊のほか篤く、後には弁天社の隣りに「淀姫社」として祀られるようになった。そして女性の守護神として心願成就、縁結びから悪縁切りまで霊験あらたかとの評判を呼び、毎月「巳の日」を縁日としてお参りする人が群れをなしたと伝えられている。俗に「巳さん」と呼ばれた由縁である。その後、弁天島用地買収に伴ない大阪城に縁の深い当社に移され、鴫野神社として祀られている。今日も「心願成就の絵馬」が奉納され、女性の篤い信仰が続いている。

「芸能上達の神」浄瑠璃神社

近松門左衛門を始め文楽関係物故者をお祀りする。文楽関係者はもとより、広く日本舞踊・琴などお稽古ごとの上達の神さまとして信仰を集めている。

因みに近松門左衛門の「曽根崎心中」や「生玉心中」は当社の境内が舞台である。

「勝運・方除の神」城方向(きたむき)八幡宮

大阪城鬼門の守護神としてお祀りされていたことから、城方向(北向-きたむき)と称する。古来「八幡宮」は武神として崇敬厚く、当社では勝運・方除けの神さまとして信仰を集めている。

この城方向八幡宮はもともと蓮池(現在の生玉公園の地)のあった一区画にお祀りされ、往古の御弓神事(一月十三日)や走馬神事(五月五日)には、大阪城中の諸士によち射術・流鏑馬を競ったことで知られている。

「土木建築の神」家造祖神社

「やづくりみおや」と読むが、その名のとおり家造りの祖神をお祀りする。土木建築業界の関係者を始め、各家庭の普請造作の神さまとして信仰を集めている。

「金物・カマドの神」鞴(ふいご)神社

日本中に鞴祭りは数あれど、鞴神社は当社のみ。鞴(ふいご)とは火熾しの道具のこと。製鉄・製鋼・機械工具などを商う金物業界の守護神として、また各家庭のカマドの神さまとして信仰を集めている。例祭(十一月八日)には刀剣鍛錬神事があり、刀匠による鍛錬の実践が行なわれる。

境内社には他に、「稲荷神社」・「源九郎稲荷神社」・「精鎮社」がお祀りされている。

大阪文化と生玉さん

大阪薪能(毎年八月十一日・十二日)

石山本願寺のあった(大阪城築城前)天文十五年(一五四六)に、生國魂神社に「能」が奉納されたという故実にならい、昭和三十二年から当社境内で開催されている。かつて当社が大阪城付近に鎮座していた頃から数えて四百年の時を越えての演能は、大阪を代表する夏の風物詩として諸外国の人々にも大いに親しまれている。

彦八まつり(毎年九月第一土・日曜日)

京都で露の五郎兵衛(一六四三~一七〇三)によって始められた上方落語は、大阪では当社を舞台に米澤彦八が広めたと伝えられている。当時、当社の境内に蓮池(現在の生玉公園)があり、芝居や見世物小屋が軒を連ねて多種多様な芸能が行なわれていた。なかでも軽口囃や「しかた物真似(役者の身振りや声色の真似)」うぃ演じていたのが米澤彦八で、市中の評判は高く大いに賑わっていたと伝えられている。近年「上方落語の祖」としての偉業を偲び、境内には記念碑が建立されると共に、上方落語協会の人気落語家が勢揃いしての「彦八まつり」が盛大に催されている。

井原西鶴

「世間胸算用」「好色一代男」などで知られる井原西鶴は、俳人としても秀でた才能を持っていた。延宝八年(一六八〇)に三十九歳の西鶴は、当社の境内(別当南坊)で一昼夜をかけて矢数俳諧を行い、一人で四千句を詠み上げた。その偉業を称え、今日は縁に包まれた南坊跡に西鶴の座像が建てられている。

生玉人形

生國魂神社の参道で売られていたのが「生玉人形」である。胴体の竹ひごを動かす操り人形で、大名や武士、彦八など七種の人形があった。かつては大阪の名玩具として、昭和初期まで伝わっていた。

行宮(御旅所)

市内中央区本町橋に鎮座。

生國魂神社社務所

『摂津名所図会』

+ 開く

難波坐生国国魂神社

高津の南にあり。祭神延喜式に曰 生国国魂二座 明神大 月次相嘗新嘗。三代実録曰 貞観元年春正月奉授従四位下。秋九月、奉幣、為祈雨焉。旧事記曰 活玉命新田部直祖なり云々。大坂上町市中の産土神とす。例祭六月二十八日御祓と称す。九月九日を秋祭といふ。

当社勧請のはじめは年歴久遠にして詳らかならず。社頭は今の 御城の地なりしが明応四年本願寺蓮如上人御堂創建の時やしろを側に移す。其后天正年中 平信長と本願寺顕如上人と数ヶ年合戦の時兵燹に罹つて灰燼となる。わづかに神璽を鎮めて小祠を営む。慶長のはじめ豊太閤金城を修補したまふ時今の社地に遷さる。奉行は片桐東市正且元とぞ聞こえし。

末社 北の方 天照皇太神宮 豊受皇太神宮 大己貴命 事代主命 少産名命。南の方 八幡宮 住吉社 厳島社 金毘羅権現。

本地堂 本尊薬師如来を安ず。聖徳太子御作。

大師堂 石像弘法大師自作の影なりとぞ。

太子堂 聖徳王十六歳の尊影を安ず。当社初めて建営したまふなり。

聖天祠 境内南向にあり。

神宝霊玉 神輿に鎮め奉る。社僧の説に曰 これ生魂命化現の霊玉にて即出現の地を玉造といふとぞ。しかれどもいまだ神伝聞こえず。神輿は官家より賜ふ。

南坊 社頭の北にあり。社僧貫首とす。真言宗志宜山法案寺と号す。

稲荷祠 南坊庭中にあり。いにしへは御城中に有りて榎稲荷と称す。

石燈爐 南坊庭中にあり。豊臣秀頼公の御寄附なり。奇石高四尺。

社司 神主松下氏祢宜七人神子四人。

社僧 桜本坊 新蔵院 遍照院 曼荼羅院 観音院 医王院 地蔵院 覚園院 持宝院。

それ当社は祈雨祭式に難波大社と称して生土広くつねに詣人多く道頓堀より天王寺までの中間なれば繁花の地にして社頭の賑ひ西の方を遥に見わたせば市中の万戸河口の帆ばしらさながら雲をつんざくに似たり。殊に社檀近年再営ありて壮麗にしてきねが鼓の音鈴の音玲瓏たり。境内の田楽茶屋は手拍子に赤蔽膝飄り門前の池には夏日蓮の花紅白をまじへて咲き乱れ池辺に眺む床几には荷葉の匂ひ芳しく池は湯と成て涼しき蓮などと興じ馬場前の麗情唐わたりの観物歯磨売の居合女祭文浮世物まね売卜法印軒端をつらね切艾屋作り花店日々に新たにして社頭の賑ひ市店の繁昌はみな是神徳の霊験とぞしられける。

弁財天祠 活玉社境内門前北側にあり。伝云 むかし海中出視の霊像なりとぞ。毎年正月七日富会あり。

妙見祠 同所西向にあり。諺云 聖徳太子天より感得したまふなりとぞ。この二祠南坊支配なり。

北向八幡宮

活玉門前南の方蓮池の側にあり。生玉の社司松下氏守護す。勧請の初めは慶長年中城中の諸士此地に於て射御の稽古場によつて八幡宮を勧請しけるなり。今五月五日の流鏑馬はこの遺風なり。地名も今において馬場前といふ。北向は御城守護の謂なり。

 

地図

大阪府大阪市天王寺区生玉町

最寄り駅

大阪メトロ「谷町九丁目」駅

 

関係する寺社等

高津宮 (大阪府大阪市中央区高津)

社号 高津宮 読み こうづぐう 通称 旧呼称 高津社 等 鎮座地 大阪府大阪市中央区高津 旧国郡 摂津国西成郡西高津村 御祭神 仁徳天皇 社格 旧府社、別表神社 例祭 7月18日   高津宮 ...

続きを見る

住吉大社 (大阪府大阪市住吉区住吉)

社号 住吉大社 読み すみよし 通称 住吉さん 旧呼称 住吉四社大明神 等 鎮座地 大阪府大阪市住吉区住吉 旧国郡 摂津国住吉郡住吉村 御祭神 底筒男命、中筒男命、表筒男命、神功皇后 社格 式内社、摂 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.摂津国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.