1.大阪府 2.摂津国

生根神社 (大阪府大阪市住吉区住吉)

更新日:

社号 生根神社
読み いくね
通称
旧呼称 奥の天神 等
鎮座地 大阪府大阪市住吉区住吉
旧国郡 摂津国住吉郡住吉村
御祭神 少彦名命
社格 式内社、旧郷社
例祭 10月9日

生根神社の概要

住吉大社大海神社の北側に鎮座しています。かつて住吉大社の摂社でしたが明治に至り離脱しました。

式内社で、名神大社に列せられていましたが、当社の創建の様子は定かではありません。一説には住吉大社が創建される以前から当地に鎮座していたとも。

「奥の天神」と称される所以は、住吉大社から見て大海神社の奥(北側)に鎮座すること、また文明十四年(1482年)に境内に天満宮を勧請したことで天神と呼ばれるようになったことによるとされています。また御祭神の少彦名命を天津神として「沖の天津神」から出たという説もあるようです。

 

境内の様子

生根神社の入口。両側に注連柱が建っていますが鳥居はありません。『摂津名所図会』の挿絵には境内入口に鳥居と神門が描かれているので何らかの理由で破却されたのかもしれません。

 

境内に入るとすぐ左手に手水舎があります。

 

生根神社の拝殿。青々と照り輝く銅板葺き屋根と大きな唐破風の向拝が特徴的です。住吉大社や大海神社が西向きで海に面しているのに対し、当社は南向きとなっています。

 

拝殿前の狛犬。銅製の迫力ある立派なものです。

 

生根神社の本殿。唐破風と千鳥破風の付いた一間社流造。当社を篤く崇敬していた淀君が片桐且元に命じて寄進したもので、慶長年間の造営と推定されています。大阪府指定文化財ですが、個人的に国重文に昇格しても良いのではと思うほど素晴らしく美しい桃山建築です。

 

天淨稲荷大神」。手水舎の脇に鎮座しています。

 

境内の北西に鎮座する「天満宮」。「菅原大神」を祀っています。当社が「奥の天神」と称されるようになった大本の神社。勧請された当初である文明十四年(1482年)に造られた神像があります。

案内板「天満宮由緒略記」

+ 開く

天満宮由緒略記

境内社天満宮ハ室町後期ノ建造物ト推定サレ御祭神菅公ノ御本像ハ文明十四年天台法主融円律師作ノ在銘アル国宝級ノ御神体ガ安置サル別名奥ノ天神名ハ住吉大社ノ奥ノ天満宮ヲ称シタトモ云ワレテヰマス

勤学の守護神 通称 奥の天神

 

境内北東の空間にも、まるで鬼門を守るかのように境内社が固まって鎮座しています。明治年間に近隣の地区から遷座されたようです。

龍王社

塞神社

粉浜地区を開拓した人々の氏神として武士を祭神とし塞神社を併せ祀っていたのを遷座したようです。

石碑「旧粉浜村・中在家村 塞神社」

+ 開く

旧粉浜村・中在家村 塞神社

源平両氏ノ保元ノ乱ノ結果敗残ノ源氏方ノ八名ノ武士トソノ郎党ハ摂津ノ住吉ニ難ヲ避ケ附近ノ芦原ヲ開拓シ四年半後ノ應保元年(西暦一一六一年)十一月十六日ニ開発事業完成此地ヲ粉浜村ト名付ケ農業ニ専従明應三年(西暦一四九四年)三月南隣地ヘ移転シテ中在家村ト改ム

塞神社ハ代々粉浜八家ノ氏神トシテ八名ノ武士ヲ祭神トシ塞神ヲ併祀スル

 

種貸社

住吉大社の境内にも同名の神社がありますが関係は不明。やはり近隣から遷座してきたようです。

 

稲荷社

仏教建築のように思えます。『摂津名所図会』では奥天神(生根神社)の境内東側に観音堂があるとありますが、挿絵を見る限りではこちらとは異なるようです。

 

社殿脇に聳える御神木のモチノキ。大阪市の保存樹林で樹齢五百年以上といわれています。

 

広々とした住吉大社とは違いこちらは狭い境内。しかし実に長閑な空間となっています。

 

生根神社の手前から西側を見ると下り坂となっていることがわかります。大阪城から住吉大社にかけて続く上町台地の上に鎮座していることを示すものです。

 

御朱印

 

 

由緒

案内板「式内大社 奥の天神 生根神社 御由緒略記」

+ 開く

式内大社 奥の天神 生根神社 御由緒略記

御祭神

少彦名命

御由緒

御創立は不詳なるも延喜式の神名帳(十世紀前半)において当時の式内官幣大社に列し古来有名大社であった。豊臣時代には淀殿の崇敬社にて片桐且元が奉行じて現存の御本殿が寄進された。古伝によれば少彦名命は造酒の祖神であり、神功皇后も当社で酒を造り住吉三神に献ぜられたとある。又別名「奥の天神」は住吉大社の奥の天満宮を称したとも云われ、一説には沖の天津神(少彦名命)から出た名称とも云われている。

建造物

御本殿(大阪府指定 有形文化財)

完全なる桃山時代の建築様式を残し、切妻千鳥破風木造桧皮葺極彩色の建造にて、慶長五~七年頃淀殿の指示により建造された。

拝殿

昭和十一年に旧殿を廃し、総木曽桧材にて桃山時代の建築様式を取り入れた豪華な新殿に造営し直した。其の美術的な真価は後世において重要視されて行くものである。

天満宮

一間社流れ造で現在の建物は江戸時代後期の建造物である。殿内には御祭神菅原道眞公の御神像が安置されている。室町時代天台法主融円律師作の在銘の国宝級の御神像である。

紅梅殿

元住吉大社神宮寺の廻廊の一部を明治初年当社に移し、昭和初期に集会所に改造する。西側の石垣は幕末期の「住吉土佐藩陣屋」より移築されたものである。

境内旧跡

「帆柱観音堂跡」神功皇后御乗船の帆柱で刻まれた仏像を帆柱観音と称し、その尊像を祭祀していた御堂の礎石が境内に残されている。

「神明穴立石」御本殿東側に有り、「何首鳥」(薬草名)と刻し霊石とされている。

保存樹木

境内の御神木は昭和四十三年に大阪市より保存樹木として指定されている。

氏子区域

住吉小学校下、大領小学校下、東粉浜小学校下、粉浜小学校下、北粉浜小学校下、墨江小学校下一部、東加賀屋、南住吉一丁目、以上約二万余戸、玉出生根神社は、明治初期に当社より御分神されたものである。

『摂津名所図会』

+ 開く

奥天神社

大海神の北一町計にあり。延喜式に生根神社少彦名命を祭る。文明十四年十二月二十四日大自在天沸宮を祭る。杜の西に紅梅殿あり。東に観音堂あり。神宮寺より法要を勤む。例祭八月九日。住吉里および近隣十余村の生土神とす。

 

地図

大阪府大阪市住吉区住吉

 

関係する寺社等

住吉大社 (大阪府大阪市住吉区住吉)

社号 住吉大社 読み すみよし 通称 住吉さん 旧呼称 住吉四社大明神 等 鎮座地 大阪府大阪市住吉区住吉 旧国郡 摂津国住吉郡住吉村 御祭神 底筒男命、中筒男命、表筒男命、神功皇后 社格 式内社、摂 ...

続きを見る

住吉大社境内社 (大阪府大阪市住吉区住吉)

お知らせ 住吉大社本社および大海神社については別記事にて紹介していますのでそちらも併せてご覧ください。 住吉大社の境内社 境内の鳥居側(西側)~南側 住吉大社の境内手前側から南側の空間を見ていきます。 ...

続きを見る

大海神社 (大阪府大阪市住吉区住吉)

社号 大海神社 読み だいかい 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府大阪市住吉区住吉 旧国郡 摂津国住吉郡住吉村 御祭神 豊玉彦命、豊玉姫命 社格 式内社 例祭 10月13日 式内社 攝津國住吉郡 大海神社 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.摂津国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.