1.大阪府 2.河内国

辛国神社 (大阪府藤井寺市藤井寺)

更新日:

社号 辛国神社
読み からくに
通称
旧呼称 春日社 等
鎮座地 大阪府藤井寺市藤井寺
旧国郡 河内国丹南郡岡村
御祭神 饒速日命、天児屋根命、素盞鳴命
社格 式内社、旧村社
例祭 7月17日、10月17日

 

辛国神社の概要

大阪府藤井寺市藤井寺に鎮座する式内社です。

社伝によれば雄略天皇の御代の創建で、この地を支配した物部氏の一族である辛国氏が祖神を祀ったとしています。『日本書紀』雄略天皇十三年の条に餌香長野邑(えがのながのむら)物部目大連に賜うとあり、餌香長野邑とは藤井寺市~羽曳野市北部にかけての一帯と考えられています。社伝はこれに関連して物部氏の一族である辛国氏が当地に居住したものとしています。

『新撰姓氏録』摂津国神別に伊香我色雄命の後裔であるという「物部韓国連」が、また和泉国神別に采女臣同祖(=神饒速日命の六世孫、伊香我色雄命の後)であり武烈天皇の御代に韓国へ派遣されたことによりその姓を賜った「韓国連」が登載されています。河内国には見えませんが、前述のように当地付近に物部氏が居住していたことが国史に見えるので、物部氏の一族である韓国連も居住していたことは十分考えられます。

一方で辛国(カラクニ)とは文字通り唐国、韓国の意で、渡来系の氏族が当地に居住し祖神を祀ったとする説も有力です。当地付近は多くの渡来人が居住していたようですが、当社の近隣にある葛井寺は百済辰孫王の後裔である白猪氏(後の葛井氏)の氏寺として創建されたもので、当社もこの氏族が奉斎した可能性があります。

このように当社の奉斎氏族としては物部系、渡来系のいずれも十分に考えられるもので、はっきりと決め難いところです。

ただ、今でこそ葛井寺と目と鼻の先ですが、元々は現在地の北西、恵美坂地区にあった神殿という小字に鎮座していたとも伝えられています。室町時代に河内守護職の畠山基国が現在地に遷座して春日大社から春日神を勧請し、以後春日社と呼ばれるようになったようです。

長野神社

辛国神社は明治四十一年に式内社「長野神社」を合祀しています。長野神社は葛井寺の境内の南西に鎮座していました。辛国神社の祭神の内、素盞鳴命は長野神社の祭神です。

長野神社の創建、由緒は詳らかでありませんが、一説に渡来系氏族である長野連が祖神を祀ったと考えられています。『新撰姓氏録』右京諸蕃および河内国諸蕃に忠意の後裔であるという「長野連」が登載されています。一方で葛井寺の境内にあることから、葛井寺を創建した白猪氏-葛井氏が奉斎した神社だった可能性も考えられます。

辛国神社、長野神社ともに奉斎氏族は決め難いところですが、物部氏の存在がありつつも渡来系氏族の多く活躍した地であり、バラエティ豊かな土地柄であることの表れでもあるように思えます。

 

境内の様子

境内入口。長い参道を包み込むように鬱蒼とした森が広がっています。

 

参道途中にある二の鳥居は元々は長野神社にあったもので、元禄十七年(1704年)に奉納された石鳥居です。

 

鬱蒼とした参道を進んでいくと、対照的に青空の広がる解放的な空間へと出ます。この空間の奥に東向きの社殿が建っています。

 

拝殿は平入の入母屋造りに千鳥破風と唐破風付きの向拝が設けられています。

 

拝殿前の狛犬。

 

本殿は非常に見えにくいですが流造で、幣殿で拝殿と接続した権現造のような形式となっているようです。

 

拝殿前の参道右手(北側)に「春日天満宮」が鎮座。御祭神は「菅原道真公」です。

 

春日天満宮の東側(鳥居側)に「春日稲荷社」が鎮座しています。春日天満宮と共に、当社が春日社と呼ばれたことの名残となっています。

 

春日天満宮と春日稲荷社の間に池があります。『河内名所図会』には当社に「辛国の池」というのがあると記されています。

 

当社のすぐ近くに「葛井寺」があります。百済辰孫王の後裔である白猪氏(後の葛井氏)によって氏寺として創建されました。

本尊の乾漆千手観音坐像国宝に指定されています。奈良時代の作であり、合掌する2本の手に加えて1039本もの脇手がある極めて貴重な仏像です。秘仏ですが毎月18日に公開されており、多くの手が翼のように展開されている様子は見る者を圧倒させます。

 

葛井寺の境内の南西隅にかつて式内社の「長野神社」が鎮座していたと言われています。その地は今は西国三十三所のミニ霊場となっており、大きなクスノキのあることだけが僅かに往時の面影を残しています。

 

タマヨリ姫
辛国ってのは唐国、韓国で、つまり外国ってことだよね。渡来人が祀ってきたのかな?
そういう説も有力よ。一方で物部氏の一族である韓国連が祖神である饒速日命を祀ったって説もあって、社伝ではこちらを採用してるわね。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

 

 

由緒

案内板「辛国神社」

+ 開く

辛国神社

辛国神社は、「延喜式」に記載のある式内社です。カラクニという社名から、渡来系氏族との関連が想定されます。

近世には、旧丹南郡岡村の村社として祀られていました。当時の絵図にも当社は氏神として描かれており、庶民の信仰の対象であったことがうかがわれます。

境内にある石の鳥居は旧藤井寺村の村社であった長野神社のもので、明治41年に合祀したときに移築されたものです。

現在、毎年10月17日には例祭が行なわれ、多くの人々で賑わいます。

案内板「辛國神社由緒」

+ 開く

辛國神社由緒

御祭神 饒速日命 天児屋根命 素盞鳴命

当神社の創設は古く、今から約千五百年前の雄略天皇の時代に創設された、式内社であります。

日本書紀に「雄略天皇十三年春三月、餌香長野邑を物部目大連に賜う」とあり、この地方を治めることとなった物部氏が、その祖神饒速日命を祀り神社を創設したのが当社の始まりです。社名の由来は異説種々ありますが、物部氏の没後、同氏一族の辛國連が、当社に深くかかわることとなり、辛國神社と称するようになったと伝えられています。

また、史書三代実録には「清和天皇貞観九年二月二十六日、河内国志紀郡辛國神を官社に預る」とあり、平安時代には格式ある官社に列せられています。その後室町時代に河内の守護職であった畠山基國氏が、社領二百石を寄進のうえ奈良春日大社から天児屋根命を勧請合祀し、さらに明治四十一年には近くにあった長野神社のご祭神素盞嗚尊を合祀して現在に至っています。

元旦祭 一月一日
夏祭 七月十七日
御例祭(秋祭) 十月十七日

『河内名所図会』

+ 開く

辛國神社

延喜式に志紀郡に載す。岡村にあり。今春日と称す。社の北に辛國の池あり。三代実録云 貞観九年二月預官社。

 

地図

大阪府藤井寺市藤井寺

 


-1.大阪府, 2.河内国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.