1.大阪府 2.河内国

志貴県主神社 (大阪府藤井寺市惣社)

更新日:

社号 志貴県主神社
読み しきあがたぬし
通称
旧呼称 春日神、惣社宮 等
鎮座地 大阪府藤井寺市惣社
旧国郡 河内国志紀郡国府村
御祭神 神八井耳命
社格 式内社、旧村社、河内国総社
例祭 10月9日

 

志貴県主神社の概要

大阪府藤井寺市惣社に鎮座する式内社です。小さな神社ですが、『延喜式』神名帳には大社とあり、古くは有力な神社だったようです。

当社の創建は詳らかでありませんが、当地はかつて志貴県(しきのあがた)と呼ばれた朝廷の直轄地で、これを管理した志貴県主が祖神を祀ったのが当社と考えられています。

『新撰姓氏録』には次の氏族が登載されています。

  • 右京皇別 志紀首(神八井耳命の後)
  • 河内国皇別 志紀県主(神八井耳命の後)
  • 河内国皇別 志紀首(神八井耳命の後)
  • 和泉国皇別 志紀県主(雀部臣同祖(=神八井耳命の後))

当社は特に河内国皇別の志紀県主と関係の深い神社だったのでしょう。神八井耳命は神武天皇の御子であり、綏靖天皇の兄で、志紀県主や多氏などの祖となる人物です。一方で『新撰姓氏録』では大和国神別に「志貴連」が、和泉国神別に「志貴県主」が登載されていますが、いずれも饒速日命を祖とする物部系の氏族で、当社を奉斎した志紀県主とはまた別系統だったようです。

県主(あがたぬし)というのは古墳時代からあるとされる極めて古い姓(かばね)です。県主が治めた県(あがた)というものがどういうものだったかは所説ありますが、ヤマト政権の直轄した行政区分であり、行政的に定められたものというより自然発生的な領域だったようで、後の国郡制における国や郡の元となったものもあります。その性格は不明な部分が多いですが、古い政治形態が元になっていることは間違いありません。当地も志貴県として極めて古くから開拓された地だったことと思われ、後の志紀郡の母体になったものと考えられます。

当地を支配した志貴県主について、『古事記』雄略天皇の記事に次のような逸話があります。

『古事記』(概要)

后が日下にいた時、天皇は河内へ行幸した。そこで山の上に登り国内を見渡すと、鰹木を上げている家があった。天皇が「その鰹木を上げて作ったのは誰の家か」と問うと、答えて言うには「志幾の大県主の家です」と。そこで天皇が詔して「自分の家を天皇の御殿に似せて造ったのか」と人を派遣して家を焼かせようとすると、大県主が恐れ入って「卑しい者でありながら、身の程を知らずに立派なものを作ってしまい申し訳ありません。「ノミ(=謝罪)」の供物を献上致します」と布を白い犬に掛けて鈴をつけて献上し、天皇は火をつけるのをやめた。

天皇への服属と忠誠を確認し秩序を正す逸話ですが、一方で立派な家を建てられるほど志貴県が豊かな地だったことも想像される話でもあります。

さて、律令制では国司が新しく着任すると国内の官社を参拝することになっていましたが、平安時代中頃から国府の近くに国中に祀られる神々を合祀した総社を設け、国内の官社への参拝を省略するようになりました。河内国においては当社が総社でした。多くの総社は新しく神社が創建されましたが、当社のように既存の神社が総社とされる例も若干ながらあったようです。

当社が総社とされたことからもわかる通り、当地付近に河内国府が置かれたと考えられています。古代においてはこの辺りが河内国の政治的中心の地だったと言えることでしょう。

 

境内の様子

境内入口。鳥居前の天明年間に奉納された灯籠には「惣社宮」と刻まれています。当地付近に国府があったと考えられることから「河内國府址」と刻まれた石碑も建っています。

 

鳥居から社殿までまっすぐに参道が伸びており、右手(東側)には手水舎があります。

 

社殿は南向き。拝殿は真新しい平入の入母屋造です。

 

拝殿前の狛犬。こちらは古めかしさを感じます。

 

本殿は流造に千鳥破風が付いたもののようです。

 

社殿左側(東側)に境内社が鎮座しています。社名・御祭神等は不明。

 

境内の北東から神社の方を見た様子。坂道になっており、境内が台地の上に鎮座していることがわかります。

 

当社の南西にある允恭天皇陵こと市野山古墳。五世紀から六世紀にかけて築造された古市古墳群の中でも、允恭天皇陵から応神天皇陵にかけては当社の鎮座する台地の上に展開されました。

 

当社の東側には「国府(こう)遺跡」があります。旧石器時代、縄文時代、弥生時代、そして寺院跡といった有史時代の遺物や遺構が検出されており、当地の人々の暮らしを知る貴重な遺跡となっています。旧石器時代の石器の他、縄文~弥生時代の90体もの人骨などが発見されています。

案内板「史跡 国府遺跡」

+ 開く

史跡 国府遺跡

国史跡指定 1974年6月25日
藤井寺市惣社2丁目275-1、275-2 他

藤井寺市惣社・国府周辺で、集落、墓、寺院など、旧石器時代から連綿と営まれた人々の活動の痕跡を残す埋蔵文化財包蔵地を「国府遺跡」とよんでいます。

これまでの発掘調査によって縄文土器や弥生土器とともに80余体にも及ぶ人骨が出土しました。そして玦状耳飾なども出土しています。縄文土器包含層の下層からは旧石器時代の石器が見つかり、約2万年前にこの地で人類が活動していたことが明らかになりました。

また、国府の地名が示すように、古代における河内国府の有力な候補地と考えられています。

このような国府遺跡は、すべての人々共有の文化遺産として、人骨出土地点を含めて飛鳥時代創建と考えられる衣縫廃寺の推定寺域を中心に旧状の保存がはかられています。

河内ふるさとのみち
1996年3月31日
藤井寺市・藤井寺市教育委員会

 

タマヨリ姫
小さな神社だけど河内国の総社だったんだね!国中の神を寄せ集めて祀った神社が総社なんだっけ?
その通りよ。総社はだいたい国府の近くにあるの。地名からしてもこの近くに河内国の国府があったはずよ。ここは古代の河内国の政治的な中心地と言えるわね。
トヨタマ姫

 

由緒

石碑「志貴県主神社縁起」

+ 開く

志貴県主神社縁起

この神社は、河内古市より国府に至る南北約五粁に亘って連なる洪積層の「国府・古市台地」の北端に鎮座する延喜式内社(延喜式に記されている古社)である。

祭神は、神武天皇の長子と伝えられる神八井耳命(綏靖天皇の兄に当る)を主神とし、天照大神、春日大神、武甕槌命、天児屋根命、比咩大神、表筒男、中筒男と底筒男のいわゆる住吉三神と神功皇后の各神を合祀している河内でも由緒ある神社であった。

大和時代初期の頃、柏原付近から道明寺付近にかけての肥沃な水田地帯は、大和朝廷の直轄地として「河内の志貴の県」といわれ、これを管理する豪族は神武の長子、神八井耳命を始祖にする志貴県主及びその同族である志貴首であったため、これらの豪族たちが本貴地に祖神を祭る氏神として創建したものが、この神社であったと考えられる。

三代実録の清和天皇の貞観四年(八六二)二月の記録によると、
「河内国志紀郡の人、外従五位下、行木三助(木工寮の次官)兼右大臣(藤原元経)家令 支配人 志貴県主福依ら三人に姓として、〝宿弥〟を賜い、即ち本居(本籍地)を改め、左京職(平安京の左京)に隷す。
志貴宿弥は、神八井耳命の後(子孫)、多朝臣と同じ祖なり。」
という内容が記されており、平安初期の八六二年の二月に本籍を志紀郡から平安京の左京へ転じたことが判るのである。

その後、村上天皇の天歴年間(九五〇ころ)諸国の諸経費を節減するために設けられた。〝惣社の制〟により、各国々の国府(国を治める役所)に最寄りの有名社を「惣社」に充当して、その国内の有名祭神を一ヵ所に集めて祭祀されることになったため、この神社を「河内の惣社の宮」と呼称することになり、近隣の集落をも惣社と称するようになった。

例祭は十月九日で明治五年に村社の扱いを受け、本殿、拝殿を再建し現在に至っている。

昭和五十一年七月二十五日

『河内名所図会』

+ 開く

志貴縣主神社

国府村にあり。延喜式出。今春日神と称す。

総社

惣社村にあり。伝云 古国府必建社有事于国内宦社則国司率僚属先修曲礼於此其儀猶京師神祇宦。当村国府村生土神とす。例祭九月九日。(略)

 

地図

大阪府藤井寺市惣社

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.