1.大阪府 2.河内国

布施戎神社 (大阪府東大阪市足代)

更新日:

社号 布施戎神社
読み ふせえびす
通称
旧呼称
鎮座地 大阪府東大阪市足代
旧国郡 河内国渋川郡東足代村
御祭神 戎大神
社格
例祭

 

布施戎神社の概要

大阪府東大阪市足代に鎮座する神社です。

当社の鎮座地は元々は式内社の都留彌神社が鎮座していましたが、大正三年(1914年)に政府の政策により鹿島神社の鎮座していた荒川地区の現在地に遷座しました。

都留彌神社の跡地は民間に払い下げられ、戦後になって昭和二十九年(1959年)に西宮神社から蛭子大神を勧請し、再び社殿が整備され神域となりました。更に昭和六十三年(1988年)に今宮戎神社から事代主命を勧請し、近鉄の結節点として発展した布施の氏神的な神社となっています。

なお、当社は現在も都留彌神社の御旅所となっています。

因みに「布施」という地名について、行基が布施屋を設置したからという説がよく聞かれますが、これは全く根拠がありません。「布施」という地名が歴史上初めて見えるのが江戸時代の中期に入ってからのようで、この地名が何に由来しているのか全く不明です。かつて東大阪市の前身の一つに布施市という自治体がありましたが、布施が市名に採用された経緯も不明のようです。

少なくとも当地が河内地方有数の繁華街になったのは明治以降のことで、この新しい街を指す地名として「布施」は都合の良いものだったのかもしれません。

 

境内の様子

境内入口。鳥居はなく、入り口に注連柱が構えています。

 

境内に入って左側(西側)に手水舎があります。

 

参道途中には躍動感あふれる迫力満点のエビス像が建っています。

 

正面に南向きの社殿が建っており、本殿の前に唐破風屋根の拝所が設けられています。

 

本殿は流造でしょうか。

 

基本的に新しいものばかりの当社境内において、狛犬はやや古さを感じます。もしかしたら遷座前の都留彌神社のものかもしれません。

 

本殿の右側(東側)に都留彌神社の御旅所があり、祠が設けられています。遷座した今でも都留彌神社と関係の深い地であり続けているようです。

 

境内の南西隅に「都留弥社址」と刻まれた石碑が建っています。

 

タマヨリ姫
布施って地名は行基さんがここで布施屋っていうのを作ったからって聞いたよ!
実はそれ、よく言われてるけど全く根拠がないのよ。布施は江戸時代にポッと出てきた地名で、『布施市史』にも由来がよくわからないって書いてるわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「布施戎神社の歴史」

+ 開く

布施戎神社の歴史

この地は、その昔、足代村の氏神として廷喜式(九二七)の神名帳にみえる都留弥神社(祭神速秋津日子紳・速秋津比売神)がまつられていました。

江戸時代後期の「河内名所図会」亨和元年(一八〇一)刊には、都留弥神社、足代村にありとみえています。

明治十八年(一八八五)の淀川大洪水により、神社は、神殿・宝物・古文書などすべてを流失し、その後、村民の手により再建されて、足代村の氏神社としてまつられてきました。

都留弥神社は、明治四十年(一九〇七)から始まった、国の神社合併により、近隣の荒川・長堂・岸田堂などの神社と合併して、この地から東方約1kmの現境内地に移転し祭られて居りますが、この時に当境内地は、地元足代の有志へ払下げられ、民有共有地として保管されて来ました。

この由緒ある境内地跡に、地元の要望に従い、昭和二十九年(一九五四)西宮神社から戎大神(ひるこの尊)の御霊代を勧請申し上げ、布施戎神社の祭祀が始まりました。周辺地域が商業地として発展するにともない、更に昭和六十三年(一九八八)には大阪の今宮戎神社(事代主命)を勧請申し上げ、以来厳粛な祭祀を執行し、広大な御神徳を仰いでいます。

参拝者も飛躍的に増加し、毎年一月九日、十日、十一日の十日戎には商売繁盛を願う参拝者が群れをなし、境内地は身動きができないほどの賑わいとなります。

平成九年二月吉日

布施戎神社

 

地図

大阪府東大阪市足代

 

関係する寺社等

都留彌神社 (大阪府東大阪市荒川)

社号 都留彌神社 読み つるみ 通称 旧呼称 天神 等 鎮座地 大阪府東大阪市荒川 旧国郡 (旧地:河内国渋川郡東足代村) 御祭神 速秋津日子命、速秋津比賣命 他 社格 式内社、旧村社 例祭 10月1 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.