1.大阪府 2.河内国

都留彌神社 (大阪府東大阪市荒川)

更新日:

社号 都留彌神社
読み つるみ
通称
旧呼称 天神 等
鎮座地 大阪府東大阪市荒川
旧国郡 (旧地:河内国渋川郡東足代村)
御祭神 速秋津日子命、速秋津比賣命 他
社格 式内社、旧村社
例祭 10月15日

 

都留彌神社の概要

大阪府東大阪市荒川に鎮座する式内社です。当社は元々は西側800mのところ、現在の布施戎神社の地に鎮座していましたが、大正三年(1914年)に政府の政策により周辺の神社を合祀し、元々鹿島神社の鎮座していた現在地に移転しました。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。社伝によれば、醍醐天皇の延喜十年(910年)、旱魃が続き田植えができなかったので天皇は河内国の十二社を選んで祈雨を行ったところ、見事に叶い連年豊作となったので、感激した天皇は親ら当社に参拝して都留彌神社の社号を賜り、従五位上の神階を授けたとされています。

一方で社伝によれば仁和二年(886年)の国史に載るともしていますが、これは『三代実録』の同年の条にある河内国の「垂水神二前」を指すと思われます。この時垂水神は従五位上の神階を授けられており、前述の社伝と矛盾することになります。

この垂水神を当社とすることの是非は諸説あるようです。確かに音は似ているとしても、一般に垂水とは滝のことであり、多く垂水神が祀られる地は崖の側であるので、大和川の土砂が堆積して形成された低地である当地に垂水神が祀られるとはやや考えにくいのではと思われます。また垂水神が「二前」とあるのも気にかかる点で、垂水神が当社なら『延喜式』神名帳には二座とあるはずですが、実際には一座です。

「都留彌」が「垂水」でないとすると、これが何を意味するのかを考察するのは難しいでしょう。参考として、若江郡の式内社に社名の似た「都留美島神社」があります。当社と関係があるかもしれませんが、現状比定されている神社は当社とはかなり離れた地です。もしかしたらどちらか片方、もしくは両方の比定に誤りがあり、本来両社は近接した地に鎮座していたのかもしれません。とすると、都留美島とは大和川の土砂によって形成された中州のことを指していたのでは、とも想像されます。このような説はあまり聞きませんが、実際のところはどうだったのでしょうか。

 

境内の様子

境内入口。近鉄奈良線・近鉄大阪線・JRおおさか東線に囲まれた三角形の地帯、荒川小学校のすぐ北方に鎮座しています。

 

鳥居をくぐると左側(西側)に手水舎があります。

 

正面に南向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造に千鳥破風と唐破風の向拝が付いています。

 

かつて天神と呼ばれていたからか、拝殿前には牛の銅像が設置されてあります。撫でると良いことあるそうです。

 

本殿は直線屋根の妻入の切妻造。住吉造のような形式です。本殿の真後ろには拝所が設けられています。

 

社殿の左側(西側)に境内社がまとまって鎮座しています。最も南側に「恵比須大神」「三輪之大神」が鎮座。

 

隣接して「白龍大神」が鎮座。

 

さらに隣接して「岩崎大明神」が鎮座。扁額には「稲荷大神」ともあります。

祠の前に「おもかる石」が二つ置かれています。おもかる石とは、小型の石を持ち上げて軽く感じれば願いが叶うというものです。

 

境内の北西に二つの境内社が並んでおり、左側に「荒龍大神」「白龍大神」を、右側に「石上大神」「諏訪大神」「塩釜大神」を祀っています。左側は自然石を祀っているようです。

 

社殿の右側(東側)では地蔵の石像が祀られています。

 

境内の隅に「力石」が置かれてあります。力石とは、腕に自信のある者が大型の石を持ち上げて力を試したものです。

岩崎大明神の前にあった「おもかる石」とは「持ち上げられれば神意に沿った証」という点で同一であり、同じ信仰に端を発してると思われます。力石とおもかる石の両方が同じ神社にあるのは珍しいことです。

 

境内の南西隅ではエビス神と大黒天の銅像が何故か右手を突き上げた同じポージングで立っていました。境内社の恵比須大神・三輪之大神の祠に関連した像でしょうか。

 

タマヨリ姫
『延喜式』神名帳には若江郡に都留美島神社っていう似たような名前の神社があるけど、関係あるのかな?
現状では両社は全く離れた地に鎮座してるわ。でも若江郡と渋川郡は隣接してるから、比定が間違ってて実は近いところに鎮座していたって可能性も無くはないわね。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

 

由緒

石碑「式内 都留彌神社」

+ 開く

式内 都留彌神社

一、祭神

速秋津日子命
速秋津比賣命 伊邪那岐伊邪美神の御子祓戸の大神
素盞嗚命 天照大御神の御弟神
豊受姫神 大宜津比賣神と申し五穀を司る神
少彦名命 大国主神と共に産業医薬を司る大神
武甕槌命 鹿島の大神交通安全の神
保食神 大宜津比賣神と申し五穀を司る神
三穂彦命 高御産霊神の御子
推古天皇 豊御食炊屋姫尊縁結びの神
菅原道真公 菅原天神とも申し学問成就の神

当御祭神は縁を結び給うと俱に家業を御守護になり厄拂い交通安全又智恵を授け給ふ神で仁和二年(八八六年)第五十八代光孝天皇の御代の国史所載の由緒深き式内の神社です。大正三年三月九日現在の地に移転するまでは東足代南の町にあり俗に天神さんと称していた。この神社に限らず各大字に夫々氏神を祭っていたが其の当時政府の勧告に基き久布施村七大字の神社を整理合祀の通達に依り左の七社は由緒顕著な当都留彌神社へ合祀する事になり布施の中央部現在地に遷座合祀せり。

大字 岸田堂 鎮座 天神社
大字 菱屋西 鎮座 稲荷神社
大字 太平寺 鎮座 子守神社
大字 永和小字長堂 鎮座 大歳神社
大字 永和小字三の瀬 鎮座 産土神社
大字 永和小字永和 鎮座 子守神社
大字 荒川 鎮座 鹿島神社

一、境内地 三千六百余平方米

一、祭日
夏祭 七月十五、十六日
秋祭 十月十五、十六日

一、由緒

第六十代醍醐天皇の延喜十庚午年(九一〇年)は春の中旬より夏至にかけ聊かも降雨無く河水細り井水涸れて毎日赫灼たる旱天続きにて田植すること叶はず天皇はこのことを聞し召され慈し給ひ河内国の十二社を選定し勅使を遣はされ五月二十三日より雨乞の御祈願をなされ御祈り空しからず神応ありて同月二十五日大雨降り来りて甘水田畑をうるをし喜びの声国々に満ちたと云ふ。其の後続いて順雨あり連年豊作が続いたといふ。天皇もこの奇跡に御感ありて親しく御拝あらせられ此の時に都留彌神社の社号を賜はり従五位上の神階を贈られ御神鏡を下賜せられたり。其後明治十八年大洪水ありて社殿宝物古文書等を流失し詳細古文書不明なり。

社務所

昭和六十年十二月吉日

奉祝 天皇陛下御在位六十年記念建之

『河内名所図会』

+ 開く

都留彌神社

足代村にあり。延喜式出。今天神と称す。この地の生土神とす。当村の名産籃笠世に名高く□草をかつてこれを作る。

 

地図

大阪府東大阪市荒川

 

関係する寺社等

布施戎神社 (大阪府東大阪市足代)

社号 布施戎神社 読み ふせえびす 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府東大阪市足代 旧国郡 河内国渋川郡東足代村 御祭神 戎大神 社格 例祭   布施戎神社の概要 大阪府東大阪市足代に鎮座する神社 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.