1.大阪府 2.河内国

片埜神社 (大阪府枚方市牧野阪)

更新日:

社号 片埜神社
読み かたの
通称
旧呼称 牛頭天王 等
鎮座地 大阪府枚方市牧野阪
旧国郡 河内国交野郡坂村
御祭神 建速須佐之男大神、菅原道真、櫛稻田姫命、八島士奴美神
社格 式内社、旧郷社
例祭 10月14日

 

片埜神社の概要

大阪府枚方市牧野阪に鎮座する式内社です。

社伝によれば、垂仁天皇の御代、出雲国の野見宿禰が当麻蹴速との相撲勝負に勝った恩賞として当地を賜い、出雲の祖神である素盞嗚尊を祀ったのが創建とされています。その後、欽明天皇の勅により「片埜神社」と号し、用明天皇の御代には聖徳太子の懇願により帝釈天、四天王等を祀る神仏混交の社となり、天徳四年(960年)には野見宿禰の後裔である菅原道真公を祀ったと伝えられています。

ただし、『日本書紀』には野見宿禰が賜った地は当麻蹴速の地とあり、その地は大和国当麻とされています。また聖徳太子の時代に神仏習合が行われていたのかは疑問で、やや作為を感じざるを得ません。

社伝でこのように伝えられる一方、河内国北部には物部氏が多く居住しており、交野郡にも物部肩野連などが居住していたと考えられ、この氏族が祖神を祀ったという説もあります。

その後当社は戦国時代に戦乱によって荒廃しましたが、当地が大阪城の鬼門にあたることから豊臣秀吉が当社を鬼門鎮護の社として定め、子の秀頼が片桐且元に命じて社殿を整備しました。本殿と南門が現存し、本殿は国指定重要文化財となっています。

なお、当社は一宮とも称されますが、河内国の一宮でなく交野郡の一宮とされています。とはいえ当社には文化財が豊富に残っており、河内国有数の神社と言えることでしょう。

 

久須須美神社

片埜神社には式内社の「久須須美神社」が合祀されています。祭神は「久須々美大神」。当社の東方500mほどの地に鎮座していたと伝えられますが、神社合祀政策により明治四十二年に合祀され、旧地は宅地化されて不明となっています。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。また関係する氏族も全く不明です。大和国城下郡の式内社にも同名の「久須須美神社」がありますが、当社と関係あるのかもしれません。

 

境内の様子

境内入口。住宅街の中に鎮座しています。

 

鳥居をくぐると四脚門の南門が建っています。豊臣秀頼が片桐且元に命じて建立した建築の一つで、大阪府指定有形文化財となっています。

 

南門をくぐると右側(東側)に手水舎があります。

 

正面に南向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造に向拝の付いたもの。

なお、『河内名所図会』にはこの拝殿の前にもう一つ舞殿風の拝殿が描かれています。

 

拝殿前の狛犬。基壇に「河内一宮」と刻まれていますが、当社が河内国の一宮であったという資料はなく、正確には交野郡の一宮です。

 

拝殿前に建っているこちらの灯籠は、紀年銘等はありませんが鎌倉時代のものと考えられ、大阪府指定有形文化財となっています。元々は当社の神宮寺にあったものと考えられています。

 

拝殿後方に建つ三間社流造の本殿。南門と同様に、慶長七年(1602年)に豊臣秀頼が片桐且元に命じて建立した建築で、国指定重要文化財となっています。桃山時代の特徴のよく表れている極めて美しい建築です。

 

社殿の東側にある東門。こちらは本殿や南門より古く室町時代の建築と考えられ、元々は棟門でしたが四脚門に改造されたようです。大阪府指定有形文化財となっています。

案内板「片埜神社東門」

+ 開く

片埜神社東門

この門は棟門でした。棟門は平安、鎌倉時代の寺院の総門や大邸宅の表門に用いられ、「むなかど」とも呼ばれています。

左右に円柱を立て、その上に水平に冠木が通り、梁の上にのせた蟇股の中ほどまで円柱が延びています。扉は桟唐戸を用います。控柱を用いず築地塀に密着させて門柱をささえるので、地震や台風などで倒れる危険があり現存するものは数少なくなっています。のちに改められて小型の四脚門となりましたが、室町時代の様式を伝承しており、府内でもこの時代としては数少ない遺構の一つです。

二〇一五年一月 枚方市教育委員会

 

当社境内は土塀で囲われており、こちらも年季を感じられるものです。

 

本殿の右側(東側)には「依姫社」が鎮座しています。御祭神は「玉依姫命」「大国主命」「市杵島姫命」。明治年間にそれぞれの神を祀る神社が合祀されたようです。

 

境内の東側はちょっとした森になっていますが、江戸時代にはここに神宮寺がありました。この一画の南側には「稲荷大神」が鎮座しています。

 

稲荷大神の祠の側に「式内久須々美神社」と刻まれた石碑があります。久須須美神社は本社本殿に合祀されているので独立した祠があるわけではありませんが、辛うじてこの石碑が久須須美神社の存在を伝えていると言えるでしょう。本来は当社境内の東方500mほどの地に鎮座していたと言われています。

 

境内には口を大きく開けた鬼の面が置かれています。大阪城の鬼門鎮守の社として豊臣秀吉によって定められたことから鬼は当社の象徴となっています。

 

皇大神宮遥拝所。ですが檀に据え置かれている石造物には「一宮牛頭天…」と刻まれており、当社にあった灯籠を流用したものではないかと思われます。

 

菅原道真公を祀っているためか境内には牛の銅像があります。江戸時代には牛頭天王の社でしたが、天神を祀る神社としても信仰されていたのでしょうか。

 

当社境内に隣接する牧野公園には平安時代初期に朝廷に抵抗した蝦夷の長、阿弖流為と母礼の首塚であるとされる塚があります。ただし、このように言われるようになったのは1980年頃以降とかなり最近になってからのようです。

 

当社の境内を出て東方に境外社の「朝原神社」が鎮座しています。御祭神は「猿田彦大神」。

 

朝原神社のさらに東方に境外社の「瘡神社」が鎮座しています。御祭神は「瘡神」「火酢芹命」。菅原道真公の馬がこの地に葬られ藁草が供えられたことから草神(瘡神)と呼ばれるようになったと伝えられています。

 

当社から穂谷川を渡って南に1kmほどの地に「牧野車塚古墳」があります。墳丘長107m、四世紀後半に築造されたと考えられる前方後円墳です。兵庫県や徳島県等遠方の石材が用いられ、交野台地を支配した豪族の墓であると考えられています。もしかしたら片埜神社の奉斎氏族と関係あるのかもしれません。

 

タマヨリ姫
わー、立派な本殿だね!豊臣秀頼さんが建てたもので重要文化財なんだって!
大阪城の鬼門にあたる場所だからこの地を重視したみたいね。河内と山城の境界に近いって点も重要だったんじゃないかしら。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

 

由緒

案内板「片埜神社本殿」

+ 開く

片埜神社本殿

社伝では、古くから河内国交野郡の鎮守神として崇敬され、『延喜式』に記載されている交野郡二座のうちの一座であり、天正十一年(一五八三)豊臣秀吉が大坂城築城に際して、当社を鬼門鎮護の社として定めたといわれています。

現在の本殿は、残されている棟札によると、慶長七年(一六〇二)豊臣秀頼が片桐且元を総奉行に再建したものです。三間社流造、檜皮葺で、細部にいたるまで桃山時代の華麗な様式をよく示しており、国の重要文化財に指定されています。特に四面を飾る蟇股の彫刻に当時の特色を見ることができ、向拝中央には竹に虎、右は芙蓉にせきれい、左は椿にひよどり、本殿正面は中央・左右とも牡丹、背面は中央に椿、左にかきつばた、右に菊、東妻は太閤桐、西妻は栗と、絵画的で精巧な彫刻がそろっていて見応えがあります。

境内の南門は本殿再建後、引き続いて造営されたもので、大阪府の有形文化財に指定されています。

二〇一八年 枚方市教育委員会

『河内名所図会』

+ 開く

交野神社

鍬靫延喜式出。渚の北坂村にあり。近邑八ヶ村の生土神なり。例祭九月六日。式には片埜神社と記す。

祭神牛頭天王 今土人一ノ宮と称す。本地を帝釈天として本地堂に安す。又四天王地蔵尊等を安す。鳥居より社まで馬場前の松原に町録あり。

(略)

久須々美神社

延喜式出。坂村の属邑葛上村にあり。

 

地図

大阪府枚方市牧野阪

 


-1.大阪府, 2.河内国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.