1.大阪府 2.河内国

若江鏡神社 (大阪府東大阪市若江南町)

更新日:

社号 若江鏡神社
読み わかえかがみ
通称
旧呼称 塚本大明神 等
鎮座地 大阪府東大阪市若江南町
旧国郡 河内国若江郡若江村
御祭神 大伊迦槌火明神、足仲彦命、息長足姫命
社格 式内社、旧郷社
例祭 10月10日

 

若江鏡神社の概要

大阪府東大阪市若江南町に鎮座する式内社です。

当社の創建、由緒は詳らかでありません。『新撰姓氏録』右京諸蕃に後漢霊帝の苗裔である奈率張安力を出自とする「若江造」が登載されており、この渡来系の氏族が当社を奉斎したとする説があります。一方で社名の「若江」は単に地名を指すとして特定の氏族に依拠しない考えもあります。若江とは河内湖の入江だったことに因むものでしょう。当地は若江郡の中心的な地であり、やはり物部氏の存在も無視できない地といえます。祭祀氏族としての物部氏が当社の祭祀を担った可能性も考えられるかもしれません。

社名の「」が何を指すかも諸説あります。単に何らかの故あって鏡を御神体として祀っていた説、当地で鏡の製造を行っていた説などがありますが、変わったものとしては鏡を太陽の形代として当地を「日読み」の地としていたという説もあります。春分秋分に真東に生駒山地から日が昇り、冬至の日の出の方角を知るにも適した地というものらしいですが、根拠がない上に地図を見ても現地で確認しても特にそのような地とも思えず、かなり無理のある説といった印象を抱きます。

当社の本殿の前に「雷の手形石」というものがあり、次のような話があります。

神功皇后の御代、雷が神前に落ち、神の怒りに触れて天へ帰れなくなった。そこで二度と雷を落とさないと誓い手形を神前に残し、神の許しを得て天へ帰ることができた。これにより、若江には雷が落ちることはなくなった。

落ちた雷に二度と雷を落とさないと誓わせる同様の伝説は全国各地に伝わっています。例えば兵庫県三田市桑原の欣勝寺にも同様の話があり、これに因み雷の際は欣勝寺の地名を元に「くわばら、くわばら」と唱える風習が生まれたとされています。

『文徳実録』斉衡元年(854年)の記事に見える「河内国大雷火明神」は当社だとされていますが、恐らくこの雷の手形石の伝説によるものでしょう。大雷火明神はは当社でなく所在不明の国史現在社と見るべきだとする説も有力です。

入江、鏡、雷、そして或いは太陽と、当社の信仰はいくつもの要素が絡み合って複雑な様相を示しているように思えます。少なくとも当地は若江郡の中心であり、当社もまた重要な神社として近隣から崇敬を集めた神社だったことは間違いありません。

 

境内の様子

境内入口。鳥居は東向きに建っています。周囲は住宅地となっていますが当社境内はこんもりと緑で溢れています。

 

境内は長い参道が続き、このように鬱蒼とした森となっています。しかし2018年の台風21号により木の倒壊などがあったようで、2019年現在はちょっと物寂しくなっています。

 

参道の左側(南側)に手水舎があります。

 

参道の正面に東向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造りに大きな唐破風の向拝が付いており、RC造となっています。因みに『河内名所図会』の挿絵では左右に細長い平入の入母屋造の拝殿が描かれています。

 

拝殿前の狛犬は真新しいもので、なかなか貫録があります。

 

本殿は文政十一年(1828年)の建立で、二棟の一間社流造が一つに接続した珍しいものとなっています。東大阪市指定有形文化財

 

本殿前に玉垣に囲まれた「雷の手形石」というものがあります。二つの楕円形の石が前後に二つ並んでおり、それぞれ異なる石材となっているようです。雷の伝説が伝えられていますが、古くからの祭祀場、もしくは何らかの宝物等が埋められている等も考えられます。雷の伝説については上記の「若江鏡神社の概要」をご覧ください。

※本殿および雷の手形石は普段は見ることが出来ませんが、神職の方のご厚意により親切に案内してくださいました。本当にありがとうございます。お礼申し上げます。

 

社殿の左側(南側)に「皇大神宮」が鎮座しています。

 

皇大神宮の前の狛犬はやや古く感じられ、もしかしたら拝殿前の前代の狛犬なのかもしれません。大きく見開いた目が特徴的です。

 

皇大神宮の傍らに「水神社」が鎮座しています。

 

社殿の右側(南側)には「塚本稲荷大明神」が鎮座。なお、本社は江戸時代には「塚本大明神」「塚本宮」とも呼ばれていました。後述の鏡塚に因むものでしょうか。

 

境内の南側に「熊野権現社」が鎮座しています。

熊野権現社の奥に「八雲歓喜天」が鎮座。

 

さらに手前側の祠にお地蔵さんが祀られています。流造の祠に祀られているのは珍しいように思います。

 

本社社殿の右奥(境内の北西)に「鏡塚」というものがあります。神功皇后が三韓征伐の帰途にここに鏡を埋めたとも、海外から移り住んだ豪族の妃を祀ったとも伝えられています。鎌倉時代のものともされる宝篋印塔が置かれてありますが、神職の方のお話ではその後ろにある立石が鏡塚なのではとのことでした。

 

当社は町中にありながらも緑豊かで実に爽やかな神社でした。

 

タマヨリ姫
落ちてきた雷が「もう雷を落としません!」って約束したのが面白いね!社名からすると昔は鏡を祀ってたのかな?
そうかもしれないし、鏡を作ってた人たちが暮らしてたかもわからないわね。古い神社であることは間違いないわ。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

 

由緒

案内板1「若江鏡神社本殿 一棟」

+ 開く

市指定文化財

若江鏡神社本殿 一棟

付 斗帳二帳

所在地 東大阪市若江南町二-三-九
指定年月 昭和四十九年三月二十五日
東大阪市教育委員会

若江鏡神社は、平安時代の記録『延喜式』にのせられている古社の一つで、大雷大神・足仲彦命・息長足姫命の三神を祀っています。

『文徳実録』の斉衡元年(八五四年)四月条には「授河内国大雷火明命従五位下」と記されています。

本殿は、銅板葺三間社流造りですが、実際は、一間社流造を二棟つないだもので、中の間は板壁で囲まれた相殿となり御神体は祀られていません。本殿は文政十一年(一八二八年)に再建されたものと考えられます。なお、当社には、市指定文化財として、大般若経六百巻もあります。

昭和五十五年一月十二日

案内板2「市指定文化財 若江鏡神社本殿」

+ 開く

市指定文化財 若江鏡神社本殿

若江鏡神社は、平安時代の記録『延喜式』にのせられている古社のひとつで、大雷大神・足仲彦命・息長足姫命の三神をまつっています。

創建の年月は不明ですが、『文徳実録』の斉衡元年(854)の4月の条には、すでに「授河内国大雷火明命従五位下」と記され、当社が従五位下の社格を賜ったことがわかります。

「河内国内神名帳」には、従三位と記載され、若江城の時代に畠山氏が大いに崇拝したといわれています。

本殿の奥にある「鏡塚」は、鎌倉時代の石塔の一部が残されており、「神功皇后が三韓より凱旋のとき、鏡を埋めた所」と伝えています。

本殿は、三間社流造りですが、実際は一間社流造りの社殿を二棟つないだもので、中の間は板壁で囲まれた相殿となり、御神体はまつられていません。

建物じゃ、文化11年(1828)に再建したもので、社殿にかけれれていた「斗帳」二帳とともに、貴重な江戸時代の社殿建築として、昭和49年3月25日に市の有形文化財に指定されています。

また、当社には元禄11年(1699)、雨乞いのために奉納された「大般若経600巻」が残されていて、同じく市の有形文化財に指定されています。

平成6年12月

東大阪市

『河内名所図会』

+ 開く

若江鏡神社

若江村にあり。延喜式出。文徳実録曰 斉衡元年四月授河内国大雷火明神従五位下。上若江下若江両村の生土神なり。例祭八月十一日。

雷神石 神前にあり。土人雷ノ手形石といふ。又古代の□□石灯籠神前にあり。

 

地図

大阪府東大阪市若江南町

 


-1.大阪府, 2.河内国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.