1.大阪府 2.河内国

矢作神社 (大阪府八尾市南本町)

更新日:

社号 矢作神社
読み やはぎ
通称
旧呼称 掃部別宮、別宮八幡宮 等
鎮座地 大阪府八尾市南本町
旧国郡 河内国若江郡別宮村
御祭神 経津主神、住吉三神、品陀和気命、八重事代主命
社格 式内社
例祭 10月21日

 

矢作神社の概要

大阪府八尾市南本町に鎮座する式内社です。

創建は詳らかでありませんが、当地に居住した矢作連が祖神を祀ったのが当社と考えられています。『新撰姓氏録』河内国未定雑姓に布都奴志乃命の後裔である「矢作連」が登載されており、この氏族が当社を奉斎したと思われます。

矢作連は矢の製作に従事した氏族であり、軍事氏族の物部氏に属したとされています。当地付近はまさに物部氏の本拠地であり、彼らの強大な軍事力を支える重要な役目を担っていたことでしょう。

平安時代以降、当地は石清水八幡宮の荘園となったために当社に八幡神が祀られ、掃部(かもん)別宮と呼ばれました。このため『三代実録』貞観十六年(874年)に見える河内国の「掃部神」を当社だとする説がありますが、これはやや無理のある見解のように思えます。当地が石清水八幡宮の荘園となったのは院政時代のことと思われ、当社における「掃部」の名を『延喜式』以前の九世紀にまで遡らせることは難しいでしょう。一方、『倭名類聚抄』河内国高安郡に見える「掃守(かにもり)郷」は当社の東側の黒谷付近に比定されており、「掃部神」はこの掃守郷にあった国史現在社と見るのが妥当と思われます。ただ、当社が掃部別宮と呼ばれたことは、掃守/掃部の地名が郡を越えて広範に亘っていたことを示唆するものです。当地は矢作連や物部氏だけでなく、掃守氏の活動も盛んだったのかもしれません。

当社の境内からは三角縁神獣鏡が出土しており、八尾市指定有形文化財となっています。古くから祭祀の行われた地だったことを示すものでしょうか。

 

境内の様子

境内入口。鳥居は西向きで、境内は東西方向に長く伸びています。

 

参道の途中で小さな道路が横切っており境内を二分しています。奥の空間へ入る注連柱をくぐると左側(北側)に樹齢600年とも言われる見事なイチョウの木があります。幹に乳房上の垂下物があり、この部分の薄皮を剥いで煎じて飲めば乳の病に効くと伝えられています。

案内板「大銀杏」

+ 開く

大銀杏

この銀杏の大樹のその蟠根は(まがりくねった根)数坪に及び所々に乳房状の垂下物があり昔からこの部分の薄皮を剥ぎ煎じて用いると乳房の病を治癒し、乳汁を豊かにすることで不思議なりと言い伝えられています。

推定樹令六〇〇年と云われ八尾市文化会館大ホールの緞帳の図柄に用いられています。

 

境内は広々としています。社殿前の左側(北側)に手水舎があります。

 

正面に西向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造で唐破風の向拝のついたRC造の建築。屋根が低く安定感のある印象です。

 

拝殿前の狛犬は真新しいもの。

 

本殿は流造。やはりRC造と思われますが、屋根の薄さと勾配の緩やかさが特徴的です。

 

社殿の左側に「稲荷神社」が鎮座しています。

 

また境内の北側の一画に三棟の境内社が祀られています。左から「琴平神社」(祭神「大物主命」)、「白山神社」(祭神「菊理媛神」「伊邪那岐神」「伊邪那美神」)、「八坂神社」(祭神「須佐之男命」)。

 

社殿前の灯籠には大きく「八幡宮」と刻まれています。石清水八幡宮の荘園でなくなっても当社は長らく八幡宮として祀られてきました。

 

境内にはこのような大きく平たい石がいくつかあります。「弁慶の七ツ石」と呼ばれ、旧社殿の礎石であるとも言われています。

案内板「弁慶の七ツ石」

+ 開く

弁慶の七ツ石

境内地内に大石七箇ありて俗に弁慶の七ツ石と称せられる

この石はその一つで当社の旧社殿の基礎石と伝えられる

 

境内は広さの割に樹木は少なめですが、イチョウのように非常に立派なものもあり、当地における神社の歴史を物語っています。何の花かわかりませんが白い花も綺麗に咲いていました。

 

タマヨリ姫
矢作ってくらいだからやっぱり矢を作ってた人たちが暮らしてたのかな。
その通りよ。この辺りを支配した物部氏は軍事氏族で、多くの矢が必要だったのよ。物部氏に矢を提供し、陰で支えてきたのがこの神社を祀った矢作連といったところかしら。
トヨタマ姫

 

由緒

石碑「矢作神社 由来」

+ 開く

矢作神社 由来

当社は創建は不詳であるが、主祭神経津主神の後裔である矢作連の一族は早く此の地に住して朝命を受け矢作り業に從事した。当時この地方は豪族物部氏の繁栄に伴ない祖先を氏神として経津主命を祭祀したものと伝えられている。

付近には物部氏と関連した地名遺跡を多く残している。

醍醐天皇延長五年(九二七年)に編纂した延喜式の巻の神名帳(日本国中の天神地祇の国別郡別一覧表)に河内国若江郡に記載されていて延喜式内社として古くより名高い神社であった。河内国神名帳には從三位矢作神社とある。

平安時代この地は石清水八幡宮が荘園として領しており後三条天皇延久元年(一〇六九年)には荘園整理令が出て延久四年の石清水八幡領荘園に対する文書が残っており承認された荘園の中に掃部別宮とある。

この頃より八幡宮(品陀和気命)を祀り別宮八幡宮とも言はれて来た。

長久二年(一〇四二年)の後朱雀天皇の綸旨には河内国若江郡八尾八幡掃部別宮とある八尾の地名が出る一番古い記録という。

 

地図

大阪府八尾市南本町

 

関係する寺社等

長柄神社跡 (大阪府八尾市東本町)

社号 長柄神社 読み ながら 通称 旧呼称 小守勝手宮 等 鎮座地 大阪府八尾市東本町 旧国郡 河内国若江郡長八尾村(庄之内村と東郷村の境界) 御祭神 八重事代主大神 社格 式内社、旧村社 例祭 当地 ...

続きを見る

阪合神社 (大阪府八尾市小阪合町)

社号 阪合神社 読み さかあい 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府八尾市小阪合町 旧国郡 河内国若江郡小坂合村 御祭神 瓊瓊杵尊、彦火火出見尊 社格 式内社、旧村社 例祭 10月12日 式内社 河内國若江郡 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.