1.大阪府 2.河内国

降幡神社跡 (大阪府南河内郡河南町山城)

更新日:

社号 降幡神社
読み ふりはた
通称
旧呼称
鎮座地 大阪府南河内郡河南町山城
旧国郡 河内国石川郡山城村(大ヶ塚村?)
御祭神 天之忍日命、日子番能迩迩芸命、日子穂穂手見命、鵜葺草葺不合命、神倭伊波礼毘古命
社格
例祭

国史現在社

『三代実録』貞観十五年十二月廿日辛亥 授河内國正六位上天押日命神

 

降幡神社の概要

大阪府河南町山城にあった神社です。明治四十年に一須何神社に合祀されましたが、現在も社地が残っており小さな祠もあります。

大伴氏の祖神である天之忍日命が祀られ、隣接して大伴の地名があることからも当地に大伴氏が居住していたことが推定されます。『新撰姓氏録』にも河内国の未定雑姓に「大伴連」が見え、この氏族が祖神を祀ったのかもしれません。

『三代実録』に見える「天押日命神」は当社に比定され、国史現在社となっています。

当社の社地跡は大字山城にありますが、『河内名所図会』では山城村でなく大ヶ塚村にあるとあります。村もしくは大字の境界が変わったのでしょうか。当サイトでは暫定的に山城村としておきます。

 

境内の様子

境内入口。存在が忘れられてそうな小さな森にあり、入るのがちょっと憚られます。境内も今にも崩れそう。

 

境内には二基の小さな祠が建っています。恐らく流造の祠が本社なのでしょう。

 

物寂しい境内ですが、祠のそばに立つクスノキは立派なものです。当社の盛衰を見守ってきたことでしょう。

 

由緒

『河内名所図会』

+ 開く

降幡神社

大ヶ冢村にあり。当村大友山城等の生土神なり。或云 貞観十五年十二月授天押日命神従五位下云々。この大ヶ冢に毎朝野草の市あり。年久しく行ふとなり。大坂天満市の例へ出す。

 

地図

大阪府南河内郡河南町山城

 

関係する寺社等

一須何神社 (大阪府南河内郡河南町一須賀)

社号 一須何神社 読み いちすか 通称 旧呼称 天神、市河明神 等 鎮座地 大阪府南河内郡河南町一須賀 旧国郡 河内国石川郡一須賀村 御祭神 大己貴命、天照大神、天児屋根命、品陀和気命 社格 式内社、 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.