1.大阪府 2.河内国

御野縣主神社 (大阪府八尾市上之島町南)

更新日:

社号 御野縣主神社
読み みのあがたぬし
通称
旧呼称 天日大明神 等
鎮座地 大阪府八尾市上之島町南
旧国郡 河内国河内郡上之島村
御祭神 角凝魂命、天湯川田奈命
社格 式内社、旧村社
例祭 10月15日

 

御野縣主神社の概要

大阪府八尾市上之島町南に鎮座する式内社です。

当社の創建、由緒は詳らかでありませんが、古く当地付近は三野県(みののあがた)と呼ばれ、この地を県主(あがたぬし)として支配した美努連が祖神を祀ったのが当社と考えられます。『新撰姓氏録』河内国神別に角凝魂命の四世孫、天湯川田奈命の後裔であるという「美努連」が記載されており、この氏族が当社を奉斎したと思われます。柏原市高井田の天湯川田神社を奉斎した鳥取連と同系の氏族だったようです。

県主(あがたぬし)というのは古墳時代からあるとされる極めて古い姓(かばね)です。県主が治めた県(あがた)というものがどういうものだったかは所説ありますが、ヤマト政権の直轄した行政区分であり、行政的に定められたものというより自然発生的な領域だったようで、後の国郡制における国や郡の元となったものもあります。その性格は不明な部分が多いですが、古い政治形態が元になっていることは間違いありません。当地も三野県として極めて古くから開拓された地だったことでしょう。

県は後の国郡などに継承されることも多いのですが、三野は中世に美濃勅旨田などの名が見られるものの、残念ながら地名としては消失してしまった(?)ようです。『延喜式』神名帳には若江郡とありますが、当地は江戸時代には河内郡に属していました。大和川の流路のためか郡境の変更があったと思われ、かつての三野県の中心が郡境の浮動する地となったのも時代の変遷というものでしょうか。

 

境内の様子

境内入口。鳥居前の道路はかなり狭いものとなっています。

 

まっすぐ伸びた参道は開放的で、社殿の建つ奥の空間に森が広がっています。

 

参道の右側(北側)に手水舎があります。

 

参道の正面に真新しい東向きの社殿が建っています。拝殿は千鳥破風と唐破風の向拝が付いています。

 

拝殿前の狛犬。縦に押しつぶしたような姿に愛嬌があります。

 

拝殿後方の建物は恐らく覆屋で、本殿はこの中に納められてるものと思われます。

 

社殿の右側(北側)に二棟の境内社が鎮座しています。

 

左側の境内社には多くの神が祀られています。祀られているのは「嚴島大神」「八幡大神」「天照皇大神」「菅原大神」「春日大神」「日吉大神」です。

 

右側の境内社には「稲荷大神」が祀られています。

 

社殿と境内社の間に御神木が祀られています。

 

当社の社殿後方に南北方向の土盛りがあり、これは旧大和川の堤防跡です。付け替え前の大和川は天井川となっており、たびたび堤防が切れて大きな被害が出たと言われています。付け替え後は堤防跡もなくなっていったため、当社に今でも残っている部分は貴重な遺産と言えます。

案内板「旧大和川の堤防跡」

+ 開く

御野縣主神社の境内には、社殿の西側に長さ63mにわたって、旧大和川の堤防跡が残っています。江戸時代、宝永元年(1704年)の付け替え前の大和川の川筋は、二俣付近で、二つに分れており、その分流の一つが玉串川です。現在の玉串川の川幅は、神社の西側付近で5m位ですが、付け替え前の川幅は200m近くもありました。この堤防跡は旧玉串川筋の東側の堤防の跡になります。

江戸時代の初めには、川底がまわりの土地より高い天井川となり、たびたび堤防が切れて、洪水の被害をもたらすようになっていました。このため今米村(現東大阪市)の庄屋、中甚兵衛らの尽力により宝永元年に付け替えが行われ、現在の大和川の川筋となりました。

御野縣主神社の境内に残る旧大和川の堤防跡は、付け替え前の大和川の様子をしのぶ貴重な史跡になっています。

また、堤防跡の南東側には、上水道の整備が行われる以前に、天井川となった玉串川の湧き水を簡易水道とするため、上之島の人々が設けた親井戸の跡も残っています。

平成16年9月

八尾市教育委員会

 

境内の南側には御野縣池があります。

 

タマヨリ姫
県主ってたまーに聞くけど国造とはまた違うの?
国造よりもさらに古い制度と言われてるわ。でもその実態は詳しくわかってない部分が多いの。
トヨタマ姫

 

 

由緒

石碑「式内 御野縣主神社」

+ 開く

式内 御野縣主神社

八尾市上之島町南南一丁目七十一番地

御祭神

角凝魂命 天ノ湯川田奈命

御由緒

古代の河内で三野縣を支配した豪族三野縣主が、祖神として斎き祭った神社である。

三野縣主は旧英田村・三野郷村の一帯で、現在の東大阪市松原 水走 吉田 花園 玉串から八尾市福万寺 上之島に及ぶ広大な地域にあたる。

天武天皇十三年(六八五)三野縣主は連の姓を賜り、その後、美努連として対外交渉や学問の分野でおおいに活躍した。

延喜式神名帳には若江郡に御野縣主神社二座として載る。江戸時代には河内郡上之郷総氏神として崇敬された。

明治五年(一八七二)村社に列せられる。同四十二年(一九〇九)六月 神饌幣帛料供進神社に指定される。

境内地

旧大和川(玉串川)の堤防が神社の森として残る。古木鬱蒼として八尾市の保全樹林に指定されている。

境内地の南に接して御野縣池がある。

御祭典

元旦祭 一月一日
節分祭 二月
夏祭 七月二日 御神楽奉納
秋祭 十月十五日 御神楽奉納 蒲団太鼓巡行

石碑「御野県主神社」

+ 開く

御野県主神社

御野県主一族の祖神、角凝魂命・天湯川田奈命を祀る延喜式内社である。

三野郷とも呼ばれてきたこの地一帯は、古代天皇家の直轄地といわれる三野県のおかれていた土地である。三野県主氏はこの県の管掌氏族で、河内国はもちろん朝廷においても有力な氏族であった。

中世この地は玉櫛庄となり、正和三年(一三一四)に七条院領美濃勅旨田、また永禄八年(一五六五)には美濃勅旨本役六百分が八尾常光寺に寄進された記録がある。

八尾市教育委員会

『河内名所図会』

+ 開く

御野縣主神社

(秋金)靫延喜式出。上ノ島村御野郷辻にあり。今天日ノ社と称す。式には若江郡の部下に入。

 

地図

大阪府八尾市上之島町南

 

関係する寺社等

天湯川田神社 (大阪府柏原市高井田)

社号 天湯川田神社 読み あまゆかわた 通称 旧呼称 川田大明神、春日社 等 鎮座地 大阪府柏原市高井田 旧国郡 河内国大県郡高井田村 御祭神 天湯川桁命、天児屋根命、大日霊貴命 社格 式内社、旧村社 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.