1.大阪府 2.河内国

石田神社 (大阪府東大阪市岩田町)

更新日:

社号 石田神社
読み いわた
通称
旧呼称 岩田八幡宮
鎮座地 大阪府東大阪市岩田町
旧国郡 河内国若江郡岩田村
御祭神 仲哀天皇、応神天皇、神功皇后
社格 式内社、旧村社
例祭 7月15日、10月15日

 

石田神社の概要

大阪府東大阪市岩田町に鎮座する式内社です。

当社の創建、由緒は詳らかでありません。中世以降は八幡宮となっており、現在の御祭神もそれに準じています。しかし八幡神が広まったのは後世のことなので、『延喜式』神名帳に記載されている「三座」は別の神だったはずです。

『日本書紀』垂仁天皇三十四年の条に、天皇が山背苅幡戸辺を妃として生んだ三人の子の次男、五十日足彦命石田君の始祖であるという旨が記載されています。一説にこの石田君が祖である五十日足彦命を祀ったのが当社であるとも言われています。ただし『新撰姓氏録』にこの氏族は見えません。当社が「三座」とされていることにも留意すべきで、ただ一氏族が祖神を祀っていたものでないと見た方が良いかもしれません。

かつて当社の北方にあった田の中に「幸神塚」「無名塚」という円錐形の二つの塚があり、その塚の地中には岩船という大きな岩あって、そこに三神が顕れたと伝えられています。幸神塚は賽ノ神を祀った跡であるとか、岩船は昔航海したものが難破して沈んだものであるとも伝えられてるようです。残念ながら今は田も塚も消失してしまっていますが、当社の信仰を考える上で重要な伝説です。当地周辺を支配した物部氏の祖である饒速日命は天磐船に乗って降臨したとされており、彼らの神話が組み込まれたのかもしれません。そうでなくとも、石田/岩田の地名の由来として十分考えられる伝承で、そこが古くからの祭祀場だった可能性もあります。

現代に残っているものは決して多くないですが、古くは重要な神事が行われたのではと思わせられる神社です。

 

境内の様子

境内入口。鳥居は東向きに建っています。

 

境内は巨樹で鬱蒼としていながらも広々としており、周囲が住宅地であることを忘れさせる空間となっています。

 

鳥居をくぐって左側(南側)に手水舎があります。

 

参道の正面に東向きの社殿が建っています。拝殿は銅板葺きで、平入の入母屋造に千鳥破風と向拝が付いています。

 

拝殿前の狛犬。

 

本殿は一間社流造。こちらは朱に塗られており華やかな印象です。

 

参道の右側(北側)に境内社が鎮座しています。「宇迦之御魂神」「天照皇大神」「天兒屋根命」を祀っています。

 

境内は緑豊かで古社の趣も感じます。一方で境内の外は宅地化されており、かつて北側にあったという田圃の中の塚も住宅地となり消失してしまっています。境内だけは変わらない空間であってほしいところです。

 

当社の東側の街道沿いにひときわ古い民家、石田家住宅が残っています。茅葺の大和棟の家屋で、棟の上に猿の像が建っています。村同士の争いの終結を記念して、悪魔が「去る」ようにとの意味を込めて設置されたものと言われています。

案内板「猿棟」

+ 開く

猿棟

石田家住宅は、江戸時代中期の享保元年(一七一六年)に建築され、享保十三年のサル年に瓦製のサル二匹を大屋根にすえつけ現在に至るといわれています。当時、岩田村と御厨村が井路川の排水のことで争った時、庄屋だった新兵衛は、争いの解決と岩田村の繁栄を願い、村人とともに住吉大社に祈願しました。

争いは有利に終わり、この喜びを永く伝えるため、紀州(和歌山県)の瓦屋に注文して作らせたものだと伝えられています。

このサルは、かやぶき屋根の棟に載った高さ約三〇センチメートルのもので、東側のサルは玉を持ち、西側のサルは右手に御幣、左手に扇を持っています。これは悪魔が「去る」という意味でおかれたもので、サルは住吉大社の方向に向けられています。

昭和の中頃まで、三郷(岩田、西岩田、瓜生堂)の農民は、田植えが終われば住吉大社へのお礼参りをつづけていました。

岩田町文化財保存会
東大阪市

 

タマヨリ姫
神社の北側にあった塚には岩船が埋まってたんだって!今は住宅地になって塚もなくなってるんだよね。ちょっと残念。
そうね、だからこそ後世にちゃんと伝承を伝えていかなきゃいけないわね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「御由緒略記」

+ 開く

御由緒略記

御祭神

仲哀天皇(足仲彦尊)第十四代

応神天皇(譽田別尊)第十五代

神功皇后(息長足姫尊)

御創立

欽明天皇御宇(五三七~五七一)此の田圃の中に岩船ありて、其の上に三神現じ給ひしより初めて社壇を築きて、奉祀せるものなり。

御社號

延喜式内 石田神社又は石田八幡宮と稱す。

例祭日

七月十五日・十月十五日

御神徳

(略)

伝記

当神社の北方四拾間(約七十二米)を距てたる水田の中に、二箇の塚あり、東なるを幸神塚と云い、西なるを無名の塚なり、今は住宅地なれども、何れも高さ十五尺(約五米)位の円錐形の小塚で、この塚の下に船に似たる長大の岩石ありて、其の長さは、東塚より西塚に達し、全長貮拾余間(約三十六米)に及ぶ、是れ上古航海せる、石船の難破して沈没せるものなりと石田神社の記事中に、岩船ありと云うはこの石船のことを指せるものなり、之を開拓せし者ありしに大磐石あるを見たるも、暴風忽然として起り、其の場に気絶せりと云う。

『河内名所図会』

+ 開く

石田神社三座

岩田村にあり。延喜式出。今八幡と称す。この所の生土神とす。社伝曰 むかし欽明天皇の御宇この辺の田園の中にこの岩船ありて其上に三神出現し給ふ。これによってここに社檀を鎮め祭るなりとぞ。

 

地図

大阪府東大阪市岩田町

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.