1.大阪府 2.摂津国

産湯稲荷神社 (大阪府大阪市天王寺区小橋町)

更新日:

社号 産湯稲荷神社
読み うぶゆいなり
通称
旧呼称
鎮座地 大阪府大阪市天王寺区小橋町
旧国郡 摂津国東成郡小橋村
御祭神 宇賀魂命、下照比賣命、大小橋命、豊国明神
社格
例祭

 

産湯稲荷神社の概要

大阪府大阪市天王寺区小橋町に鎮座する神社です。

由緒等は詳らかではありませんが、東成区東小橋の式内社「比売許曽神社」は元々この地に鎮座していたと言われています。

比売許曽神社は織田信長による石山本願寺攻めの戦火に罹ったため現在地に遷座しましたが、その後この地で産湯稲荷神社として再興されたようです。

比売許曽神社の由緒に「愛久目山(あくめやま)」に「下照比売命」を祀ったとあるので、上町台地の東側斜面となるこの地がその愛久目山なのでしょう。ただし『摂津名所図会』には当地の丘は「法蔵山」とあります。

かつて当社の北にあった「味原池」は下照比売命が磐船に乗って天降った地とされ、さらにその東にあった「高彦崎」というところは下照比売命の兄、味耜高彦根神が天降った地とされていました。『倭名類聚抄』摂津国東成郡にある「味原郷」は当地付近と推定され、味原の地名は味耜高彦根神に因むとも伝えられます。

一方、この地を開拓したと伝えられる人物に「大小橋命」というのがいます。天児屋根命の十三世孫である大小橋命はこの地に誕生したと言われ、当社境内にある「玉ノ井」の清水を産湯にしたことから当社は産湯稲荷と呼ばれています。

 

境内の様子

境内入口。住宅地に囲まれた中に境内があります。

 

桜の時期は鳥居をくぐると境内が花で覆われていて見事なもの。

 

参道の左側(南側)には手水鉢があります。苔むした鉢と桜の花びらが風情を醸し出していました。

 

石段の上で東向きに建つ社殿は拝殿と本殿が一体となったもの。コンクリート造の妻入の入母屋造で、正面は鳥居のような装飾になっています。

 

社殿の脇には稲荷神社らしく数多くのお塚が祀られてあります。

 

境内の北側には、当地を開発したと言われる大小橋命が産湯にしたと伝わる「玉ノ井」があり、その傍らに「大小橋命産湯玉之井」と刻まれた石碑があります。ここが「産湯稲荷神社」の社名の由来となります。

扁額

+ 開く

大小橋命ハ天児屋根命十三世後胤ニシ而人皇十三代御代ニ味原郷ニ誕生シ給フ 其所ヲ字掃部屋敷トモ藤原殿トモ云フ 其時ニ玉ノ井ヲ汲テ産湯ニ用タレバ此處ヲ産湯ト云フ 御父ハ中臣ノ臣雷大臣御母ハ紀氏清夫ト申ス 三男子アリ 長男ハ大小橋命ナリ 又ハ御味宿祢トモ小橋宿祢トモ申ス 二男ハ意穂命ト申シ三男ハ阿遲速雄命ト申ス 神代ノ時ニ大國主命ノ御子ナル味耜高彦根命天降リシ霊地ナレバ此處味原トモ小橋トモ云フ

 

当社は比売許曽神社の古社地であると共に御旅所ともなっており、境内にはその旨を示す石碑が建っています。

 

こちらの祠に納められている石造物は何でしょう。猫?それとも狸?何だかわかりませんが、耳の立った小動物系のかわいらしい石像です。

 

住宅地の小さな神社ですが、春の境内は花多く参拝客を楽しませてくれます。

 

境内に隣接して公園があるのですが、この滑り台は天然の地形を利用したものです。つまり、ここは上町台地の東側の斜面にあるのです。こういうところから神社の立地を知るのも神社巡りの醍醐味と言えましょう。

 

由緒

『摂津名所図会』

+ 開く

味原郷

東生郡の郷名なり。和名類聚云 古市 郡家 酒人 味原 余戸と出でたり。大己貴命の御子味耜高彦根命天降りたまふ神代の名なるペし。味耜の字を象りて味原とよぶにや。

神代巻曰

味耜高彥根神、客貌、正類天稚彥平生之儀。故、天稚彥親属妻子皆謂、吾君猶在。則攀卒衣帶、且喜且慟。時、味耜高彥根神、忿然作色曰、朋友之道、理宜相弔。故、不憚汚穢、遠自赴哀。何爲誤吾於亡者。則拔其帶劒大葉刈(刈、此云我里、亦名神戸劒)。

味原地

小橋村の西にあり。一名比賣古曽神の御影池といふ。土人溜池とよぶ。

夫木   今朝よりはみはらの池に氷ゐてあしの村鳥ひまもとむなり   俊頼

高彦崎

味原池の東にあり。味耜高彦根神降臨の地なるか。

夫木   あめつちのひらけし代より神さびてはるかになりぬ高彦の嵜   鎌倉右大臣

小橋里

味原郷にあり。大小橋命の館舎の地なり。旧跡小橋村の西に藤原殿といふ字の地をいふ。大系図曰 大小橋命の父雷大臣に初てト部の姓を賜ふ。又十一世後大織冠に藤原の姓を初て賜はる。この命を藤原殿とは後人の所作なるべし。小橋を土人乎波勢(をはせ)といふ。

産湯清水

味はら池の南にあり。大小橋命の産湯の水となん。名泉にして清徹外に溢れて四時涸れず。味ひ甘味なり。

法蔵山

産湯の清水の丘をいふ。或云 孝徳天皇多くの僧尼を聚て経を読しめたまふ旧趾によつてこの名あり。ここは初め比賣古曽社の旧地なり。この丘に狐穴多くあり。土人俗に狐谷ともいふ。

 

地図

大阪府大阪市天王寺区小橋町

 

関係する寺社等

比売許曽神社 (大阪府大阪市東成区東小橋)

社号 比売許曽神社 読み ひめこそ 通称 旧呼称 牛頭天王社 等 鎮座地 大阪府大阪市東成区東小橋 旧国郡 摂津国東成郡小橋村 御祭神 下照比売命 社格 式内社、旧村社 例祭 10月16日 式内社 攝 ...

続きを見る

高津宮 (大阪府大阪市中央区高津)

社号 高津宮 読み こうづぐう 通称 旧呼称 高津社 等 鎮座地 大阪府大阪市中央区高津 旧国郡 摂津国西成郡西高津村 御祭神 仁徳天皇 社格 旧府社、別表神社 例祭 7月18日   高津宮 ...

続きを見る

東高津宮 (大阪府大阪市天王寺区東高津町)

社号 東高津宮 読み ひがしこうづぐう 通称 旧呼称 仁徳天皇社、平野社 等 鎮座地 大阪府大阪市天王寺区東高津町 旧国郡 摂津国東成郡東高津村 御祭神 仁徳天皇、磐之姫命 社格 旧村社 例祭 7月1 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.摂津国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.