1.大阪府 2.摂津国

比売許曽神社 (大阪府大阪市東成区東小橋)

更新日:

社号 比売許曽神社
読み ひめこそ
通称
旧呼称 牛頭天王社 等
鎮座地 大阪府大阪市東成区東小橋
旧国郡 摂津国東成郡小橋村
御祭神 下照比売命
社格 式内社、旧村社
例祭 10月16日

 

比売許曽神社の概要

大阪市東成区東小橋に鎮座する式内社です。名神大社に列せられ、古くは重要な神社でした。

記紀では新羅の女が男から逃れ、本邦へやってきて難波に留まりヒメコソ社の神となった旨が記されています。『古事記』ではその様子を要約すると次のような物語となっています。

新羅にあったアグヌマという沼の畔で寝ていた女が日の光を浴びて赤玉を産み、それをある男が所望して譲り受けた。新羅の王子であった「天之日矛(あめのひぼこ)」は、その男が一頭の牛に食料を負わせているのを怪しんだが、男は赤玉を贈ることで許しを得ることが出来た。赤玉は美しい娘となって天之日矛の妻となり、色々の美味な料理を食べさせたが、いつしか天之日矛は驕り高ぶり妻を罵るようになった。妻は「私はあなたの妻となるべき者ではない、私の祖国へ行く」と言って小船に乗って逃げ渡り、難波に留まった。これは難波の比売碁曾社に坐すアカルヒメという神である。

『日本書紀』でも同様の話がありますが、本邦へやってきた女の名は記されておらず、また女に迫った男は天之日矛でなく「都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと)」となっています。

『古事記』の「比売碁曾社」は当社だと考えられますが、当社の御祭神はどういうわけかアカルヒメでなく「下照比売命」となっています。当地付近はかつて味原とも呼ばれましたが、味原というのは下照比売命の兄である味鉏高彦根神に因むと伝えられ、当社の相殿神として祀られています。また天探女が乗ってきた岩船がかつてあったと言われ、その岩船こそが比売許曽の神であるという伝承もあったようです。(『摂津名所図会』など参照)

『住吉大社神代記』(住吉大社に伝わる古典籍)に「子神」として「下照比賣神」が記載され、これを当社であるとする説があります。そうであるなら古くは住吉大社とも関係が深かったと言えるでしょう。

社伝では当社は垂仁天皇の御代、愛久目山(あくめやま:小橋一帯の高台とされる)に下照比売命を祀ったのが創建とされ、現在の産湯稲荷神社が旧地であるといわれています。時代は下って天正年間に織田信長の石山本願寺攻めで戦火にかかり、摂社だった牛頭天王社の地である現在地に遷座したと伝えられています。

当地付近は『倭名類聚抄』に載る摂津国東成郡の味原郷と推定されています。小橋(おばせ)の地名も古く、『日本書紀』仁徳天皇十四年、猪甘津において橋を造りその所を小橋と名付けたとあります。これは確認できる日本最古の橋とされ、後にはここに鶴がよく飛んできたことから鶴橋と呼ばれるようになったと言われています。古くから高度な土木技術で以て開発された地であることが窺えます。

『摂津名所図会』に数多くの神宝が伝わっていたことが記されていますが、現存するのかどうかは不明です。

 

境内の様子

境内入口。住宅地に囲まれた狭い一画に境内があります。

 

鳥居をくぐると左側に手水舎があります。

 

境内もとても狭く、社殿は奥の方で窮屈そうに佇んでいます。拝殿は平入の入母屋造で千鳥破風と唐破風の向拝が付きます。

 

大抵の狛犬は身体を横向きにして配置してあるのですが、当社の拝殿前の狛犬は真っ正面を向いてます。かなり珍しいような。

 

本殿は幣殿と接続した流造となっています。

 

手水舎の脇に鎮座する「大國主大神」。住吉造のような祠で、何故か千木が内削ぎになっています。

 

境内の奥には「白玉稻荷大神」が鎮座しています。

 

社務所と社殿はやや距離があるのですが、屋根付き橋のような廻廊で接続されており、履物を脱いだまま行き来ができ、かつ境内奥の白玉稻荷大神への参拝に支障のない構造になっています。狭い境内ながらこうした工夫が見られるのは面白いところ。

 

当社の一の鳥居は境内の東側、交通量の多い道路に面したところに建っていました。

 

由緒

案内板「神社略記」

+ 開く

神社略記

當神社は其の創建極めて古く人皇代十一代垂仁天皇の御代愛來目山(あくめやま)(大阪市天王寺区小橋東之町一帯の丘陵地)に下照比賣命を祀り以て起源と為すと傳ふ。其の後代廿三代顕宗天皇の御宇社殿の御造営あり。又第丗三代推古天皇十五年春正月十二日正遷宮の際天皇行幸のあらせ給ふ。第五十六代清和天皇貞観元年に神階從四位上に進め給ひき。即ち延喜式内名神大社にして實に壮厳なる社殿なりしも数度の兵乱により改築毎に小社となり遂に天正年間織田氏の石山本願寺攻めの兵火に遭い辛くも難を避けて攝社なる牛頭天王社に移りぬ。現今の社地之なり。昭和三年御大典を記念して社殿社務所を改築す。昭和十二年一月十二日氏子有志より神輿の奉納ありてその年より古儀を復興し夏祭に神輿渡御を行う。その巡幸誠に盛大なり。

御祭神

本殿 下照比賣命

相殿 速素盞嗚命 味鉏高彦根命 大小橋命 橘豊日命

主な祭典日

月次祭 毎月一日十五日

夏祭 七月第三日曜日

秋祭 十月十六日

春祭 四月中旬

平成十二年八月 比賣許曾神社々務所

『摂津名所図会』

+ 開く

比賣許曽神社

味原郷小橋村にあり。延喜式曰 東生郡比賣許曽神社 名神大月次相甞新甞。 三代実録曰 貞観元年正月授従四位下。今小橋村生土神とす。例祭正月十二日比賣許曽祭 五月五日菖蒲刈神事 十一月二十五日橋架の神事

祭神下照比賣命 大己生命の御女にして天稚彦命の妻 味耜高彦命の妹なり。亦の名稚国玉媛、或は天探女とも号す。神代に天磐船に駕たまひこの地に天降たまふにより高津と号しける

末社 阿遅速雄祠(若宮と称す) 大葉外祠 高津八幡宮 玉敷祠 牛頭天王祠 天満宮 神木賢木殿

神代巻云

高皇産靈尊、賜天稚彥天鹿兒弓及天羽羽矢以遣之。此神亦不忠誠也、來到卽娶顯國玉之女子下照姬亦名高姬、亦名稚國玉、因留住之曰、吾亦欲馭葦原中國。遂不復命。是時、高皇産靈尊、怪其久不來報、乃遣無名雉伺之。其雉飛降、止於天稚彥門前所植植、此云多底婁湯津杜木之杪。杜木、此云可豆邏也。時、天探女天探女、此云阿麻能左愚謎見而謂天稚彥曰、奇鳥來、居杜杪。天稚彥、乃取高皇産靈尊所賜天鹿兒弓・天羽羽矢、射雉斃之。其矢、洞達雉胸而至高皇産靈尊之座前也、時高皇産靈尊見其矢曰、是矢、則昔我賜天稚彥之矢也。血染其矢、蓋與國神相戰而然歟。於是、取矢還投下之、其矢落下則中天稚彥之胸上。于時、天稚彥、新嘗休臥之時也、中矢立死。此世人所謂反矢可畏之緣也。天稚彥之妻下照姬、哭泣悲哀、聲達于天。(中略)八日八夜、啼哭悲歌。先是、天稚彥、在於葦原中國也、與味耜高彥根神友善。故、味耜高彥根神、昇天弔喪。時此神容貌、正類天稚彥平生之儀。故、天稚彥親屬妻子皆謂、吾君猶在。則攀牽衣帶、且喜且慟(下略)

垂仁紀曰

垂仁天皇二年(中略)神石化美麗童女。於是、阿羅斯等大歡之欲合、然阿羅斯等去他處之間、童女忽失也。阿羅斯等大驚之、問己婦曰、童女何處去矣。對曰、向東方。則尋追求、遂遠浮海以入日本國。所求童女者、詣于難波、爲比賣語曾社神、且至豐國々前郡、復爲比賣語曾社神。並二處見祭焉。云々

当社の鎮座は年歴久遠にして詳らかなる事旧記に見えず。時世に移りて或は荒廃し又再営に及ぶあり。近くは天正の騒擾に織田信長本願寺光佐の戦に兵燹に罹り灰燼となる。漸村老小祠を護りて僅かに遺るのみなり。故に前代の摂津名所集には鮮かならず。ここに近年天明八つのとしこの神社の樋代よりも旧記神器出でて大略明白たり。その中に後柏原院御宇に将軍足利義晴公厳重に再営の体古図に見えたり。尚上代の事は日本紀古事記万葉などをもって正跡を鮮かにすべし。

神宝 大鷦鷯尊の聖像御長一尺二寸。大小橋命神像長四寸。後醍醐帝綸旨。後柏原院高台御製宸筆。当社神伝。神功皇后御鏡。顕宗帝御寄附棹鹿角。猪甘津橋杭化石。源頼光願書。高津八幡宮神像。阿知速雄命神像 敦実親王作。将即足利義時公制札。同御所持御硯一面。大小橋命玉璽等あり。この神器近年杜頭において開扉に及ぶ。遠近群密す

摂津守源朝臣
丹後国大江山夷賊為退治蒙勅命発向訖。速可祈比売語曾大神霊験。可抽丹誠之状執達如件。
寛仁元丁巳年正月十日 社家

磐船旧蹟

小橋村の西南田圃の中に一堆の丘あり。字を下至土野原(けしどののはら)といふ。土人は俗に磐船山とよぶ。是則天探女命磐船に乗て天降りたまふ時、そのとどまりし地なりとぞ。故に高津といふ名あり。下至土野原といへるはかの磐船土中に鎮座したまふよりも下至土と呼り。これ比売古曽大神の御正体なり。この磐船土中に蔵れましましぬるよりも比売語曾といふ。

風土記云 天探女乗磐船到于此、以天磐舟泊故号高津云云。万葉の註これに同じ。社家註進記云 人皇十一代垂仁帝御宇神石美麗の天女と化しここに蔵れたまふより比売古曾と宣ふ。これを俗に姫蔵とも書り。又順穂院の八雲御抄にもあめのいはふねの泊る所を高津といふとぞ記したまふ。又朝野群載曰 摂津国東方於味原有石船。往年下照姫垂跡云々。其磐船四十尋余亘二十尋余。有石中凹凸。置中央宝珠一顆。名曰如意珠。其船向東北、侍智者揺動。其上有祠、祭祀石霊云々。

万葉   久堅のあまの探女がいはふねのはてし高津はあせにけるかも   角麿

同    磐舟のいしのおほふねに棹さして行末ながく漕ぎわたるらん

村老味原氏の曰 ここに近世元禄年中よりこの地を開発して田園となし耕作の用水にとて井を掘る。其時七尋斗も穿ちしに平面の大石鍬穿(すき)銚鎒(くわ)に当る。又其ほとりここかしこを掘ぬれども何地もみな同石にてみがき立てたる石あり。彼井を掘し者忽病を受て悩乱す。磐船といふ事もいまだしらざりし時なれば人々驚き恐怖して井を掘る事もこれより止にきとぞ語りける。

 

地図

大阪府大阪市東成区東小橋

 

関係する寺社等

産湯稲荷神社 (大阪府大阪市天王寺区小橋町)

社号 産湯稲荷神社 読み うぶゆいなり 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府大阪市天王寺区小橋町 旧国郡 摂津国東成郡小橋村 御祭神 宇賀魂命、下照比賣命、大小橋命、豊国明神 社格 例祭   産湯稲 ...

続きを見る

赤留比賣命神社 (大阪府大阪市平野区平野東)

社号 赤留比賣命神社 読み あかるひめのみこと 通称 旧呼称 三十歩社 鎮座地 大阪府大阪市平野区平野東 旧国郡 摂津国住吉郡平野郷町 御祭神 赤留比賣命 社格 式内社 例祭 3月26日 式内社 攝津 ...

続きを見る

高津宮 (大阪府大阪市中央区高津)

社号 高津宮 読み こうづぐう 通称 旧呼称 高津社 等 鎮座地 大阪府大阪市中央区高津 旧国郡 摂津国西成郡西高津村 御祭神 仁徳天皇 社格 旧府社、別表神社 例祭 7月18日   高津宮 ...

続きを見る

東高津宮 (大阪府大阪市天王寺区東高津町)

社号 東高津宮 読み ひがしこうづぐう 通称 旧呼称 仁徳天皇社、平野社 等 鎮座地 大阪府大阪市天王寺区東高津町 旧国郡 摂津国東成郡東高津村 御祭神 仁徳天皇、磐之姫命 社格 旧村社 例祭 7月1 ...

続きを見る

住吉大社 (大阪府大阪市住吉区住吉)

社号 住吉大社 読み すみよし 通称 住吉さん 旧呼称 住吉四社大明神 等 鎮座地 大阪府大阪市住吉区住吉 旧国郡 摂津国住吉郡住吉村 御祭神 底筒男命、中筒男命、表筒男命、神功皇后 社格 式内社、摂 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.摂津国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.