1.大阪府 2.摂津国

高津宮 (大阪府大阪市中央区高津)

更新日:

社号 高津宮
読み こうづぐう
通称
旧呼称 高津社 等
鎮座地 大阪府大阪市中央区高津
旧国郡 摂津国西成郡西高津村
御祭神 仁徳天皇
社格 旧府社、別表神社
例祭 7月18日

 

高津宮の概要

大阪市中央区高津に鎮座する神社です。JR大阪環状線の内側に鎮座する神社としては、生國魂神社、坐摩神社、大阪天満宮と並び規模の大きな神社です。生國魂神社は千日前通を挟んですぐのところに鎮座しています。

当社の創建は貞観八年(866年)、清和天皇の勅命により仁徳天皇が遷都した難波高津宮の遺跡が探索され、その地に仁徳天皇を祀ったことによるとされています。当時の社地は現在地より北、現在の大阪城付近にあったようですが、豊臣秀吉の大阪城築城の際、比売古曽社(現在は摂社)の鎮座地である現在地に遷座したと伝えられています。

御祭神である仁徳天皇は大阪の人々に殊に崇敬されている人物です。難波の地を皇居とした大阪ゆかりの人物であることに加え、民家の煙が立っていない様子から民の窮乏を察知し諸税の取り立てをやめて救済したという逸話に見られるように、庶民の味方に立った名君と見なされたことも大きいでしょう。仁徳天皇を祀る当社は現在地に遷って以降庶民信仰の神社となり、生國魂神社と同様に大阪の町民の信仰を集めました。

上町台地の上に立地する当社は、今はビルが建ち並んでいますが、かつては眺めが良く大坂の市中を一望できたといわれており、茶店も並んでいました。まさに大坂町民の憩いの空間だったと言えるでしょう。時代を経て景色が様変わりした今も大阪の人々に親しまれていることは変わらず、境内に多くのサクラが植えられ絶好の花見スポットとしても人気となっています。

 

境内の様子

境内入口。アパートに挟まれ一見狭そうに見えますが、鰻の寝床のように広い奥行きがあります。

 

参道は桜並木となっており、花の咲く頃は美しい景色を楽しむことができます。参道途中に架かる「梅乃橋」は1768年に奉納されたものです。

案内板「梅乃橋」

+ 開く

梅乃橋

現在の橋は一七六八年に天満九丁目の長浜屋五兵衛が奉納した。かつて高津宮一帯は梅の名所であり橋名の由来となった。橋の下には梅川が流れていて『摂陽奇観』(江戸時代後期)では、東から西に流れる梅川を掘り広げたのが道頓堀とする「梅川道頓堀上流説」を紹介している。

 

石段を上っていくと社殿の建つ空間となります。石段を上りきった左手に手水舎。

 

拝殿はコンクリート造。複雑な形式で平入の切妻造を基調に千鳥破風と唐破風の向拝が付いています。堅牢な社殿ですが不思議と桜の花とよく合っています。

 

拝殿前の狛犬は銅製となっています。

 

本殿は見えにくいですが幣殿と接続した平入の入母屋造のようです。入母屋造の本殿は吉備の方ではよく見かけますが畿内では珍しいような。

 

社殿の左側(西側)は桜の美しい空間が広がっています。

 

上町台地の崖の上となる境内左側に絵馬殿が建っており、かつて江戸時代に大坂の市中を眺め渡せたことが偲ばれるものとなっています。当時は遠眼鏡屋という商いがあり、望遠鏡を貸与して大坂の街を案内していたようです。

案内板「高津宮絵馬殿」

+ 開く

高津宮絵馬殿

高津宮の御祭神であります仁徳天皇が往古皇居(高津宮)より民の家々を望み高き屋にのぼりて見れば…」と歌われた高殿をイメージした絵馬殿がこの建物です。昭和三十年頃まではここから大阪の市中を一望でき良く晴れた日には大阪湾や六甲の山並を見ることができました。

江戸時代は茶みせや料亭もあり雪見の名所として知られていました。また、この頃は遠眼鏡屋なる商いがあり、「千里ひとめの遠眼鏡「これじゃ、これじゃ、(旧東海道中膝栗毛」より)と賑っていました。

現在の絵馬殿は昭和二十八年に建設平成十一年に修理しました。

 

境内左奥(北西)の出入口は上町台地の断崖の坂となっていて「西坂」と呼ばれています。明治初期まで坂が三行半となっており、かつて離縁状を三行半で書いたことから悪縁を絶つ坂として密かに知られていたようです。

 

西坂の隣に建つ神輿庫は境内で最も古い宝暦年間の建築で、唯一戦災を免れて現存しているものです。その脇に建つ仁徳天皇の徳を讃えた「高台之頌碑」も1772年に建立されたものです。

案内板「高台之頌碑(たかきやのしょうひ)」

+ 開く

高台之頌碑(たかきやのしょうひ)

仁徳天皇が高き屋より国見をして詠まれたといわれる「高き屋に のぼりて見れば煙たつ 民のかまどは 賑いにけり」の歌が冒頭にあり、仁徳天皇の人となりや御事績が漢文で綴られている。

撰者は京都の芥煥彦章=芥川丹邱、書は大阪の牟純平介で、一七七二年に建立された。

 

神輿庫の隣に建つ「比売古曽神社」。「下照姫命」を祀っています。当地はかつてこの神社の社地だったとされています。式内社「比賣許曾神社」を当社に比定する説もあります。

案内板「比売古曽神社」

+ 開く

比売古曽神社

祭神(下照姫命) 子授けの神

比売古曽社は延喜式内の神にして古くより高津宮社地に奉斎されていたが、高津宮が大阪城築城により現在地に遷座以来、高津宮の地主の大神として奉斎されている。

例祭日、六月十一日・十一月十一日

 

本社社殿脇に「郡戸王子推定地」と刻まれた石碑が建っており、熊野古道に設けられた九十九王子の三番目の神社がここにあったという説があります。郡戸と高津が通じるという説もあるようですが音韻上やや厳しく、郡戸王子が当地にあったという根拠は乏しいのが現状です。

石碑「郡戸王子と高津宮」

+ 開く

郡戸王子と高津宮

熊野に至るまでに九十九の王子がある。

郡戸(こうと)王子は三番目の王子。「摂津志」(一七三五年)西成郡比売許曽(ひめこそ)神社の項で「御幸記、これを郡戸王子と謂う」とある。高津宮は現在の大阪城の地にあったが、豊臣秀吉築城の際に、比売許曽の社地(現在の地)に遷座したと伝える。

したがって当社が郡戸王子跡と推定されている。

 

本社本殿の裏側は「仁徳庭園」として美しく整備されています。

 

今度は社殿の右側(東側)に回ると「高倉稲荷神社」が鎮座しています。御祭神は「宇賀御魂命」。ミニチュア鳥居が柵に掛けられています。

 

さらに右側には「安井稲荷神社」が鎮座。同じく「宇賀御魂命」を祀っています。こちらは安産の神として信仰されているようです。

 

境内の右奥(北東)の一角はこれまた断崖となっていて、土地の低い空間となっています。急な下り坂なので足元に注意しなければなりません。

 

右奥の空間の最奥部には三社を併せ祀っている「谷末社」が鎮座しています。それぞれ「白菊社」(草野姫神(野の神)を祀る)、「千年社」(大市姫神(市場を主宰する神)を祀る)、「常高社」(大山祇命(山の神)を祀る)を祀っています。

 

この空間の断崖は小さな鳥居や祠、岩石などが配置され、不思議な世界に迷い込んだかのような、いかにも妖しい雰囲気を醸し出しています。

 

断崖の上には大阪では珍しい「陰陽石」があり、左の写真が「陽石」、右の写真が「陰石」となります。陽石にも穴がある一方、陰石も細長く、両方ともに男根とも女陰ともとれる神妙な形をしています。子孫繁栄、豊穣祈願だけでなく、商売繁盛の神としても祈願されているようです。

 

春爛漫の高津宮、参道にある広場はお花見会場となって賑やかな時間が流れていました。

 

御朱印

 

 

由緒

案内板「高津宮」

+ 開く

高津宮

大阪市中央区高津一丁目一番鎮座

御祭神

本社

左座 仲哀天皇 応神天皇 神功皇后
本座 仁徳天皇
右座 葦姫皇后 履中天皇

摂末社

比賣古曽神社 下照姫命
高倉稲荷神社 宇賀御魂命
安井稲荷神社 宇賀御魂命
白菊神社 草野姫命
千年神社 大市姫命
常高神社 大山祇命

由緒

当宮は浪速の地を皇都と定められ大阪隆昌の礎を築かれた仁徳天皇を主神と仰ぐ神社であります

或曰 高殿に昇られて人家の炊煙の乏しいのを見られてその窮乏を察し直ちに諸税を止めて庶民を救済されました 御仁政は洽く 国民の崇敬する処であります

高き屋に昇りて見てば煙立つ 民のかまどは賑ひにけり

その御仁徳を慕い平安朝の初期清和天皇の貞観八年勅命によって旧都の遺跡を探査して社地を定めて社殿を築いてお祭りしたのを創始と致します 爾後世々皇室を始め時の幕府等の度々の御造営寄進を重ねて難波津の守護神と仰がれ御神威輝き渡ったのでありますが其後約七百年を経た正親町天皇の天正十一年比賣古曽神社境内の現社地に御遷座今日に及んでおります 昭和二十年三月第二次大戦の戦火を浴び神輿庫一つを残して社殿悉く烏有に帰しましたが戦後氏子を初め崇敬者の厚い奉賛に依り昭和三十六年十月社殿以下悉く復興完成を見ました

明治五年大阪府社列格同三十九年神饌幣帛供進神社に指定 昭和三十四年神社本庁別表社に加列

特殊神事

一、例祭(夏祭) 七月十七日宵祭 十八日本祭

当宮祭典中最も重く所謂大阪の夏祭り一環をなす 古伝に基づき神饌には「ごさいば」を敷き又水を献る 往古より「高津の居祭」として知られていたが   黒門市場の熱意が実り「子供みこし」の渡御が行われる

一、秋祭 十月十七日宵祭 十八日本祭

夏祭に次ぐ大祭 氏子崇敬者の家内安全長久を祈ると共に氏子の七十才以上の老人を招き敬老祭を併せ行う

一、献梅祭 二月十五日

往古博士王仁(渡来人)が梅花に和歌を添えて奉り御仁徳を称えた古事に倣い梅ヶ辻(谷町九丁目)より梅花を捧げ持って参進神前に奉献する

一、皇太子浩宮徳仁親王誕生祭 二月二十三日

昭和三十五年殿下御誕生御命名に当り仁徳天皇の御事跡を朗唱せられ御名を「徳仁」と御命名せられたゆえんを畏み殿下の弥栄を祈念し御神符を献上する 尚当日寿きの意を以て弓道の「的祭」を齋行する

一、高倉稲荷神社初午祭(講社大祭) 四月初午の日

御祭神稲荷大神御鎮座の佳日に因み当宮では四月初午の日に信奉者で組織する講社の人々を中心に桜花爛漫の中で種々の神賑行事を行う

『摂津名所図会』

+ 開く

高津社

郡戸(かうづ)にあり。例祭六月十八日。秩祭九月十八日。

祭神仁徳天皇 上古の社地は是より北にして小橋寺町より餌指町に至る所なり。原は聖徳太子初めて神廟を建て祀りたまふ。其後 桓武天皇平安に遷都あつて洛北平野に移し則平野大明神と称す。

続古   難波津に冬ごもりせし花なれや平野の松にふれる白雪   玄隆

この歌は京師平野社奉納の詠なり。浪花に平野の旧号聞へず。順の和名抄にも見へず。今の平野橋平野町は後世の名にして証すべきにあらず。都て難波に 仁徳天皇を所々に祭るは旧跡によつての勧請なり。勅によって神廟を営みたまふは京師の平野社のみなり。

末社 比賣許曽神 春日 蛭子 天満宮 稲荷 八幡 人丸 愛宕 厄神

梅之橋 鳥居の内にあり。南を梅の辻といふ。

この社頭は道頓堀の東に当たりて一堆の丘山なり。遥に眺れば大坂市涯の万戸河口の帰帆住吉の里すみよしの浦敷津三津の浦まで一瞬の中にありて難波津の美観なり。常に茶店に遠眼鏡を置て詣人を悦ばしむ。柏戸の湯豆腐は世に名高く石階の下の植木店は和漢の草木を多く貯て四時花たえず。あるは花塩黒焼店ありて常に賑しき宮居なり。

高台之頒碑 社頭にあり。近年明和九年壬辰秋八月朔日建つ。平安芥煥彦章(かいかんけんしょう)甫撰 浪華牟純平介(ぼうじゅんへいかい)甫書。この碑文ここに略す。世に非高台碑非非高台碑の雑論あり。不取。

甍こし若葉や越えて西の海   一音

家千戸梅もねもとの匂ひかな   斑竹

高台和歌論

新古今賀 みつぎものゆるされてくにとめるを御らんじて

高きやにのぼりてみれば煙たつ民のかまどはにぎはひにけり   仁徳天皇御歌

この歌を古来より 仁徳帝の御製にはあらざるよしを云ひ伝へり。延喜年中日本紀竟宴の時 仁徳天皇を題にして左大臣藤原時平公の詠める歌なり。又一説には時平公の舎弟正二位藤原忠平卿の詠るともいへり。この忠平卿は延喜式の撰者なり。

延喜六年閏十二月十七日 日本紀竟宴記云

高きやにのぼりてみればけぶりたつ民のかまどは今ぞとみける   藤原時平公

かやうに詠れしを新古今の撰者下の句を引直して 仁徳帝の御歌として入られたりと云伝へり。しかはあれど正しきものには見え侍らず。漸契沖はじめて考へ出だしそれより賀茂の真淵などももはらこの事をいへり。按ずるに日本紀に 仁徳帝の御歌数百あれどもこの歌見えず。又其頃の風調と黒白にしていかにも後世延喜時代より已来の風調ならん。これにて御製にあらざる事明らけし。或云 新古今の撰者上古に闇くして杜撰せられしとなり。この按も亦違へり。その時の撰者はみな歌道功名の豪傑にして世の人のしる所なり。なんぞいにしへに昧くして 勅を奉て撰者となるべきや。みな名歌数首持ちたまふ五朝臣なり。時平卿の歌を下の句ばかり引直して賀の和歌の巻頭に 仁徳天皇御歌として撰れしは深き意味ある事と思はれける。勅撰なれば論ずる事あらざれども世諺によつてここに記すのみ。

 

地図

大阪府大阪市中央区高津

最寄り駅

大阪メトロ「谷町九丁目」駅

 

関係する寺社等

東高津宮 (大阪府大阪市天王寺区東高津町)

社号 東高津宮 読み ひがしこうづぐう 通称 旧呼称 仁徳天皇社、平野社 等 鎮座地 大阪府大阪市天王寺区東高津町 旧国郡 摂津国東成郡東高津村 御祭神 仁徳天皇、磐之姫命 社格 旧村社 例祭 7月1 ...

続きを見る

生國魂神社 (大阪府大阪市天王寺区生玉町)

社号 生國魂神社 読み いくくにたま 通称 生玉さん、難波大社 等 旧呼称 鎮座地 大阪府大阪市天王寺区生玉町 旧国郡 摂津国西成郡西高津村 御祭神 生島大神、足島大神 社格 式内社、旧官幣大社、別表 ...

続きを見る

比売許曽神社 (大阪府大阪市東成区東小橋)

社号 比売許曽神社 読み ひめこそ 通称 旧呼称 牛頭天王社 等 鎮座地 大阪府大阪市東成区東小橋 旧国郡 摂津国東成郡小橋村 御祭神 下照比売命 社格 式内社、旧村社 例祭 10月16日 式内社 攝 ...

続きを見る

産湯稲荷神社 (大阪府大阪市天王寺区小橋町)

社号 産湯稲荷神社 読み うぶゆいなり 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府大阪市天王寺区小橋町 旧国郡 摂津国東成郡小橋村 御祭神 宇賀魂命、下照比賣命、大小橋命、豊国明神 社格 例祭   産湯稲 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.摂津国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.