1.大阪府 2.摂津国

止止呂支比賣命神社 (大阪府大阪市住吉区沢之町)

更新日:

社号 止止呂支比賣命神社
読み とどろきひめみこと
通称 若松さん
旧呼称 若松宮、牛頭天王 等
鎮座地 大阪府大阪市住吉区沢之町
旧国郡 摂津国住吉郡沢口村
御祭神 素盞嗚尊、稲田姫尊
社格 式内社、旧村社
例祭 4月18日、7月11日・12日、10月7日・8日、12月8日

 

止止呂支比賣命神社の概要

大阪市住吉区沢之町に鎮座する神社です。式内社で、『住吉大社神代記』(住吉大社に伝わる古典籍)には「子神」に「止櫛侶伎比賣命神」が記され、住吉大社と関係が深かったことが窺えます。社伝によれば住吉大社の摂社として「奥の院」とも称されたようです。

現在の御祭神は「素盞嗚尊」「稲田姫尊」ですが、本来は社名の通り「止杼侶支比賣命」なる神を祀っていたものと思われます。どういった神なのかは不詳。かつて境内に「轟池」という池があり、トドロキという橋が架かっていたと伝えられます。

承久三年(1221年)には後鳥羽上皇が当社境内に行宮を営んだと伝えられ、それ以来「若松宮」とも称されるようになったと言われています。

 

境内の様子

道路に面して境内入口があります。鳥居をくぐってすぐのところに社殿が建っています。

 

社殿は東向き。拝殿は千鳥破風の付いた平入の入母屋造りで大きなものです。

 

本殿は珍しい住吉造。新しい建築と思われますが、住吉大社との関係の深さが表れてるように思います。

 

本社社殿の右側、境内の北側に「霰松原荒神」が鎮座しています。式内社の「天水分豐浦命神社」はここに比定されていて、元は安立町に鎮座していましたが明治四十年にこちらへ遷座されました。跡地は現在も残っています

また、江戸時代に天水分豐浦命神社が当社に比定されたことを記念して建てられた石碑があります。

案内板「霰松原荒神社 由緒」

+ 開く

霰松原荒神社 由緒

(式内社 天水分豊浦命神社)

御祭神

天水分命 ┐

奥津彦命 ├ 三宝荒神

奥津姫命 ┘

大国主命

事代主命

例祭

正月・五月・九月

月次祭

二十八日

延喜式内社にして 古きより住之江区安立町に御鎮座 明治四十 年七月三十日 当若松宮内に御遷座申し上げ現在に至っている

三宝荒神さんは 人間生活に一番大切な かまど神として 朝廷に於いても 大炊寮内膳にお奉斎申し上げ 厨房内の安全をご祈願されていました

皆様方のご家庭の台所にも是非三宝荒神さんを お奉りし大神様の御神徳をいただきます様 お祈り下さい

案内板「天水分豊浦命社社号標石」

+ 開く

大阪市指定文化財 大阪市教育委員会

天水分豊浦命社社号標石

[指定の種別]有形文化財 歴史資料

[指定年月日]平成一七年一月七日

この石碑は、もと住之江区の安立にあった天水分豊浦命神社(あめのみくまりとようらのみことじんじゃ)が、平安時代の『延喜式(えんぎしき)』という書物に登場する式内社(しきないしゃ)という格式のある神社のひとつ、天水分豊浦命社(あめのみくまりとようらのみことしゃ)と考えられることを示しています。

江戸時代中期の学者、並河誠所(なびかせいしょ)は、当時よくわからなくなっていた近畿地方の式内社の場所を研究し、式内社と考えられる神社に目印となる石碑を建てることを計画しました。一七三六年頃に、幕府の協力をえて、誠所の弟子が大阪周辺に二〇基の石碑を建てました。うち四基が大阪市内にあり、そのひとつがこの石碑です。

正面には「天水分豊浦命社」の社号が、向かって右側には「安立町(あんりゅうまち)」と場所が刻まれています。台石には「菅廣房(すがひろふさ)建(たてる)」とあり、石碑を建てるための資金を出したと考えられる人物の名を記しています。

明治四〇年(一九〇七)に天水分豊浦命社が、この止止呂支比賣命神社(とどろきひめみことじんじゃ)に遷御(せんぎょ)されたため、石碑もこの地に移りました。

 

霰松原荒神社の隣にあるクスノキの根元に「黒長社」があり、「黒長大神」を祀っています。祠の前には蛇の石像があります。大阪市内ではこのようにクスノキに龍蛇が住まうという信仰をよく見かけます。

案内板「黒長社」

+ 開く

黒長社

御祭神 黒長大神

昔よりこの御神木と共に御神木で見かけられた蛇を熱心に信仰される方々が多く、黒長大神として永く信仰され願が叶ったり心が癒されたと大変喜んでおられ氏子地域の方々より根強く信仰されています

 

境内入り口の右手には稲荷神を祀っています。

 

境内左奥(南西側)にあるこちらの建物は絵馬殿でしょうか。ただ絵馬等は特にありませんでした。境内の中でも特に古い建築と思われ、もしかしたら旧拝殿を改造したものなのかもしれません。

 

境内は開放的、見方を変えればやや物寂しい雰囲気となっています。かつては境内に轟池という清水の涌き出る池があったと伝えられます。

 

境内のすぐ裏手に南海高野線が走っています。写真は当社の裏を通過する南海6000系。稼働年数50年以上にもなる現役最古参級の車両です。

 

御朱印

 

 

由緒

案内板「止止呂支比賣命神社由緒」

+ 開く

止止呂支比賣命神社由緒

御祭神 素盞嗚尊 稲田姫尊

御鎮座の年代は不詳でありますが、延喜式(西暦八百五年(※原文ママ)制定)の神社神名帳に 当神社名がみられます。当時、境内松林の中に清らかな清水が湧く轟池にトドロキという橋が架っており、住吉大社の摂社(奥の院)として奉斎されておりました。承久三年、後鳥羽上皇が行幸のおり、当神社境内地内に、行宮をお築てになったことより、若松神社又は若松宮と称し、氏子の方々より「若松さん」とひたしまれ氏神様として崇め奉られております。

現在の氏子区域は墨江、清水丘、遠里小野、安立、住之江、西住之江、浜口東、浜口西、沢之、殿辻、千躰、南住吉(二-四丁目)の各町と山之内の一部です。

祭日

春祭 四月八日(鎮火祭)

夏祭 七月十一日・十二日

秋祭 十月七日・八日

冬祭 十二月八日(鎮火祭)

『摂津名所図会』

+ 開く

若松神社

沢口村の東半町計に東向の社なり。祭神素盞烏尊 稲田姫なり。延喜式曰 止杼侶支比賣神社とあり。社頭に止杼侶支池 轟橋あり。旧記曰 承久三年二月四日若松御所を造進ると云々。社説云 後鳥羽院熊野行幸の時住吉その路径なれば津守経国若松の林中に御所を造り行宮とし則渡御し奉る。今この杜を村民の生土神とす。例祭八月八日

 

地図

大阪府大阪市住吉区沢之町

 

関連する寺社等

天水分豊浦命神社跡 (大阪府大阪市住之江区安立)

社号 天水分豊浦命神社 読み あめのみくまりとようらのみこと 通称 霰松原荒神 旧呼称 荒神社、歩王社 等 鎮座地 大阪府大阪市住之江区安立 旧国郡 摂津国住吉郡安立町 御祭神 天水分神、奥津彦神、奥 ...

続きを見る

住吉大社 (大阪府大阪市住吉区住吉)

社号 住吉大社 読み すみよし 通称 住吉さん 旧呼称 住吉四社大明神 等 鎮座地 大阪府大阪市住吉区住吉 旧国郡 摂津国住吉郡住吉村 御祭神 底筒男命、中筒男命、表筒男命、神功皇后 社格 式内社、摂 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.摂津国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.