1.兵庫県 2.摂津国

敏馬神社 (兵庫県神戸市灘区岩屋中町)

社号 敏馬神社
読み みぬめ/みるめ
通称
旧呼称 牛頭天王 等
鎮座地 兵庫県神戸市灘区岩屋中町4丁目
旧国郡 摂津国菟原郡岩屋村
御祭神 素盞鳴命、天照皇大神、熊野坐神
社格 式内社、旧県社
例祭 10月10日

 

敏馬神社の概要

兵庫県神戸市灘区岩屋中町4丁目に鎮座する式内社です。

『延喜式』神名帳では八部郡に記載されていますが、江戸時代には当地は菟原郡でした。いつの頃か郡境の変更があったのかもしれません。

当社の創建に関して、『摂津国風土記』逸文に次のような記事があります。

『摂津国風土記』逸文(大意)

美奴売と称するのは神の名である。その神は能勢郡の美奴売にいた。

昔、神功皇后が新羅へ出征したとき、神前の松原に神々を集め戦勝を祈願した。この時にこの神も来て「我が山の杉の木を伐って船を造り、それに乗って新羅へ行けば成功するであろう」と告げたので、その通りにすると新羅の征伐を果たすことができた。

新羅からの帰途、この地の沖で船が動かなくなり、占うとこれは美奴売の神の意思であるとわかったので、その地に祀り、船を奉納し、この地を美奴売と名付けた。

このように能勢の山にいた美奴売の神が神功皇后に助言し、新羅征伐の帰りに占いによって当地で祀られたことが記されています。

能勢の美奴売の山とは現在の大阪府能勢町と兵庫県猪名川町の境に聳える三草山であるとされています。

猪名川水系の上流地域が木材の一大供給地となっていたことが反映されたと思われ、猪名川を通して木材が運ばれ、猪名川の河口辺りだったと考えられる「神前の松原」で造船が行われたのかもしれません。

また、神功皇后が三韓征伐への帰りに大阪湾で神の意思により神を祀るのは『日本書紀』に記される廣田神社生田神社長田神社住吉大社の創建と同様であり、これらの神社と共に大阪湾一帯を神域として国家的に祭祀した可能性も考えられます。

特に当地は非常に古くからの港湾だったようで、「敏馬の泊」と呼ばれ、神戸最古の港だったと言われています。

『延喜式』玄蕃寮には新羅からの使節が来朝した際は生田神社で醸した酒を「敏売崎」で振る舞う旨が記されています。新羅の人々が難波へ入る際にまずこの地に立ち寄って一連の手続きや儀式を行ったことから、畿内の内と外を往来する際の中継地として重要な港だったことが窺えます。

 

一方、当社では境内社「水神社」に水神である「彌都波能賣(ミヅハノメ)神」を祀っており、本来の当社の祭神はこの神であり、ミヌメとはこの神のことであるとも言われています。境内には「閼伽井」もしくは「三犬女(みぬめ)清水」と呼ばれる泉(現在は涸渇)があり、この泉を神聖なものとして祭祀の対象としたことが考えられます。

或いはこの泉で祭祀を担った巫女を水女(ミヌメ)と呼んだことも考えられるかもしれません。

船を留めるのに適した地形でありながら清冽な水も得られる当地は停泊地としてうってつけの地であり、この泉が神聖視されて国家的にも重視されたのも当然の成り行きと言えそうです。

ただし、そうであるならば『摂津国風土記』逸文にミヌメが能勢の山の神として描かれていることとの整合性に課題があります。

 

いずれにせよ当社はミヌメ神を祀っていたはずです。しかし現在は「素盞鳴命」を主祭神とし「天照皇大神」「熊野坐神」を配祀しています。近世以前は牛頭天王と称し、明治年間に神仏分離に伴い牛頭天王が同じ神格の素盞嗚命に変更されたようです。

上述の通り本来のミヌメ神は境内社の水神社に追いやられてしまったことが考えられます。中世以降に厄除けの験があるとして牛頭天王への信仰が高まり、新たに勧請されたのが本社に祀られたものでしょう。

 

当社の神は縁切りの神であるとも古くから信仰されており、花嫁行列は当社の前を通るのを避けたと言われています。この由来は様々な伝承がありますが、女神が嫉妬するからとも言われる一方で、「延喜式」が「縁切り」に訛ったとの伝承もあったようで、珍しい例と言えます。

また縁切りのまじないとして、当社の砂を相手方の食べる料理に混ぜると効果があるとも言われたようです。

 

境内の様子

当社の境内入口。境内の南側に南向きの鳥居が建っています。

 

鳥居をくぐると石畳の参道が伸び、正面に長い石段が続きます。

手前側の空間と奥側の社殿の建つ空間とで大きな高低差があり、この崖は縄文時代に海面が高くなったときに形成された海食崖であると言われています。

手前側の低い空間は近隣住民の駐車場になっています。

 

石段下の左側(西側)に手水舎があります。

 

手水舎の傍らに「閼伽井」と呼ばれる井戸があります。かつては「三犬女(みぬめ)清水」とも呼ばれていました。

斜面の下に湧き出ていた泉であり、「ミヌメ」と呼ばれた当社の信仰の原点であるとする説もあります。

江戸時代の地誌『摂津名所図会』の挿絵にはこの場所に池が描かれており、記事中には暑いときも寒いときも水の増減がなかったと書かれています。

しかし残念ながら阪神大震災で涸れてしまったようです。

 

石段を上るともう一つ手水舎が右側(東側)にあります。こちらは水が滾々と注がれており、参拝客はこちらの手水を利用するのが常となっているようです。

 

敏馬神社

敏馬神社

石段を上って正面に南向きの社殿が建っています。当社は昭和二十年(1945年)に神戸大空襲の被害を受けており、現在の社殿はその後に再建されたものです。阪神大震災で倒壊しましたがその後復興されました。

拝殿は銅板葺・平入入母屋造に千鳥破風と軒唐破風付きの向拝の付いたもの。

戦前の拝殿は寛政六年(1794年)に建立された建築で、瓦葺の平入入母屋造で千鳥破風の付いたものでした。

 

拝殿前の狛犬。花崗岩製です。

 

本殿は銅板葺の流造で塀に囲われて建っています。

 

本社社殿の右側(東側)に「水神社」が西向きに鎮座。御祭神は「彌都波能賣(ミヅハノメ)神」。一説にミヌメとはこの神のことであると言われており、当社創建時はこの神が主祭神だったと伝えられています。後世に牛頭天王が勧請されて本社に祀られ、この神は境内社へと追いやられたことが考えられます。

また本社本殿の裏に古くから石祠があり、現在はこの区画に遷されているようですが未確認。石祠は「奥の宮」と呼ばれ、「伊邪那岐大神」「伊邪那美大神」を祀っています。

案内板「水神社」「奥の宮」

+ 開く

水神社

御祭神

彌都波能賣神

水を司る神で敏馬神社御創建時の主祭神と伝承される

御祭神名より「みぬめ」の名が誕生したと考えられる

奥の宮

御祭神

伊邪那岐大神
伊邪那美大神

江戸時代以前より本殿の裏に祀られし古石祠

男女の悪縁を断ち良縁を結び家庭和平に御利益ありと古来より信仰がある

 

水神社の右側(南側)に「后(きさい)の宮」が西向きに鎮座。御祭神は「神功皇后」。

傍らに建つ「神功皇后祠」と刻まれた石碑は昭和十三年(1938年)に近隣の民家から発掘されたもので、室町時代のものと言われています。

また祠の前の石灯籠は寛文十三年(1673年)のもので当社最古の灯籠です。

案内板「后の宮」

+ 開く

后の宮

御祭神

神功皇后 別名(息長足比売天皇)第十四代仲哀天皇々后

敏馬神社は神功皇后が御創建なされたとの摂津風土記の記録に従いここにお祀りす

「神功皇后祠」と書かれた石碑は昭和十三年神社西北の民家から発掘されたもので室町時代の作といわれている

石燈籠は寛文十三(一六七三)年奉納の銘があり当社に現存する最古の石灯籠である

 

后の宮の右側(南側)に「松尾神社」が西向きに鎮座。御祭神は「金山彦神」「大山祇神」「船玉神」。

酒の神として信仰されています。当地付近は酒造りの一大産地である灘五郷の一つ「西郷」で、この地の酒造家や酒を運ぶ廻船業者が主に信仰してきました。

ただし何故か京都の松尾大社とは御祭神が異なっています。(松尾大社は「大山咋命」「中津島姫命」)

案内板「松尾神社」

+ 開く

松尾神社

御祭神

金山彦神
大山祇神
船玉神

当社の氏子地は灘五郷の一つ西郷といわれ江戸時代中期より酒造業また江戸へ酒を船積みした廻船業が大いに栄えたため守護神としてお祀りす

当社には廻船業者が江戸時代に奉納した石灯籠六基をはじめ美術的価値の高い船絵馬十数面が現存している

 

道を戻り、石段下の右側(東側)に「白玉稲荷大神」が西向きに鎮座しています。

 

当社の境内の遠景。社前に西日本の大動脈である国道2号が通っており多くの車が頻りに走っています。

かつてこの地は港湾の地でありながら風光明媚な景勝地としても知られ、柿本人麻呂や大伴旅人ら著名な歌人も当地を歌に詠みました。

大正頃まで社前はそうした風情を残す美しい浜でしたが、戦前から埋め立てが開始され現在は建物が建ち並んでおり、往時の風光明媚な様子を窺うのは難しくなっています。

泉が涸れるなど阪神大震災の影響も甚大であり、かつてと環境が大きく変わった神社と言えましょう。

 

タマヨリ姫
「敏馬」って書いて「みぬめ」って読むの?こんなの読めない!
なかなか読むのが難しい神社ね。「みぬめ」は様々な説があるけれど、水神であるミズハノメに因むとも言われているわ。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

由緒

案内板「式内社 敏馬神社略記」

+ 開く

式内社 敏馬神社略記

-大石・味泥・岩屋・HAT神戸の産土神-

御祭神

素盞嗚尊
天照皇大神
熊野座大神

神戸で最も古い神社の一つである当社の縁起は、奈良時代の『風土記』に記載されている。

『美奴売とは神の名なり。神功皇后が新羅へご出兵の節、神前松原(阪急神崎川駅近く)で神集いをなされた。その時、能勢の美奴売山(今、三草山という)の神様が参られ「吾が山の杉の木で船を造りて行かれるならば幸いあり」との御教示に従い大勝利を収められた。ご帰還の節この地で船が動かなくなり再び占い問うと「神の御心なり」と。故に美奴売の神様をこの地におまつりし船も献上した』(境内の東に石碑あり)

神功皇后摂政元年(二〇一年)の御創建となる。

平安時代の「延喜式」にも汶売神社の名あり。(美奴売・美奴面・見宿女・三犬女とも書かれた)延喜式に記載された神社を「式内社」といい、格式高い神社である。元の社格は県社。

社殿は、飛鳥・奈良時代「敏馬の埼」と呼ばれた高台にあり、東側は「敏馬の泊」という神戸最初の港。都人は敏馬神様に航海安全を祈り和歌を献上して旅立って行かれた(日本最古の和歌集『万葉集』には「敏馬」を詠んだ和歌九首あり。境内に柿本人麻呂と田辺福麻呂の和歌あり。万葉ゆかりの神社としても有名である)

奈良時代中頃、港は大輪田に移るが、白砂青松の美しい「敏馬浦」は都人に知れわたり、多数の和歌が詠まれている。しかし昭和六年頃より埋立てにより「敏馬浦」は消滅した。

夏季大祭 七月十三・十四日 茅の輪くぐり
秋季大祭 十月体育の日の前土・日曜日 神輿・獅子舞巡幸

案内板「敏馬神社」

+ 開く

万葉ゆかりの地

敏馬神社

敏馬神社は、平安時代の「延喜式」神名帳にその名を見ることができ、神戸で最も古い神社の一つです。神社の東側は、大和時代の頃「敏馬の泊まり」といわれ、神戸最古の港でした。神社前の美しい海岸は、万葉の歌人を始め多くの歌人が賞賛する所で、特に明治時代より昭和の初期まで、多くの料亭・お茶屋・別荘があり大いに賑わいました。海岸は埋め立てにより昭和初期に消失しました。神社の境内に、柿本人麻呂・田辺福麻呂の万葉碑があります。

案内板「敏馬の泊・敏馬浦の変遷」

+ 開く

敏馬の泊・敏馬浦の変遷

このt阿課題は大和時代(六~七世紀)海に突き出した敏馬埼という岬。東側は船泊りに適した入江「敏馬泊」と呼ばれた港。この一帯の地名は「津の国津守郷」

当時、都のあった大和の人々が九州や文化の高い朝鮮・中国(例えば遣隋唐使)へ旅立つとき、生駒山地を越え大阪から船出し、敏馬の泊で一泊。都から見える生駒山地を最後に遠望できる港。帰還の時なつかしい生駒の山々を最初に望める港。また「新羅の人が来朝したとき生田社で醸した酒を敏馬で給う」とあり、畿内へ入るためにけがれを祓う港でもあったようだ。このように大和の都人にとり特別の思いをもつ敏馬であったので、万葉集には大和以外の地では稀に見る多くの和歌(九首)が詠まれている。境内に柿本人麻呂と田辺福麻呂の万葉歌碑がある。

奈良時代後半(八世紀)航海術の進歩と共に港は西の大輪田に移るが、白砂青松の美しい敏馬浦は、京の都人に知れわたる所で「みぬめ」と「見ぬ眼」を掛詞にした和歌が多く詠まれている(順徳天皇・後伏見天皇・藤原定家・吉田兼好・藤原師光・賀茂真渕など)

江戸時代、神社前は西国浜街道で往来繁く、また氏子地(大石・味泥・岩屋)に酒造業・その酒を江戸へ運ぶ廻船業が栄え、その財力を頼り与謝蕪村やその弟子(呉春・大魯)が訪れ、当地にもすぐれた俳人が生まれた。当社に俳諧絵馬二篇・船絵馬十数篇(神戸市指定有形民俗文化財)が奉納されている。

明治・対象時代は海水浴場・ボートハウス、お茶屋、料亭・芝居小屋があり大いに賑わった。

しかし、昭和の初め阪神電車のトンネル化の土で沿岸は埋め立てられ消滅・さらに昭和二十年の戦災、平成七年の大震災で往時の面影はすっかりなくなり神社と鎮守の森だけが昔を偲ぶ唯一のよすがである。

『摂津名所図会』

+ 開く

敏馬神社

岩屋村にあり。延喜式には八部郡に載す。岩屋 大石 味泥の生土神とす。 例祭八月十三日。この神は原能勢郡敏馬山にあり。神功皇后舩を造らしめたまふ功により神をこの浦に祭りたまふ。元の地名によつて敏馬神といふ。風土記に見へたり。仙覚万葉の註も同じ。

三犬女清水 社頭の西 石階の側にあり。凄冷にして寒暑に増減なし。霊泉なり。

別当竜泉寺 社の東にあり。禅宗。薬師仏を安ず。

重修ありて霜月二日宮遷しの日詣して

置く霜に神の行幸の跡あらん  湘夕

 

地図

兵庫県神戸市灘区岩屋中町4丁目

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.兵庫県, 2.摂津国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.