1.大阪府 2.河内国

都夫久美神社 (大阪府八尾市水越)

更新日:

社号 都夫久美神社
読み つぶくみ
通称
旧呼称 香森大明神 等
鎮座地 大阪府八尾市水越
旧国郡 河内国高安郡水越村
御祭神 宇摩志摩治命
社格 式内社、旧村社
例祭 10月13日

 

都夫久美神社の概要

大阪府八尾市水越に鎮座する式内社です。明治四十年に玉祖神社に合祀されましたが、昭和四十九年(1974年)に再び社殿が建てられ復興しました。

当社の創建や由緒は詳らかでありませんが、物部氏の一族、積組連が祖神を祀ったと考えられます。『新撰姓氏録』河内国神別にも神饒速日命の子、于摩志摩治命の後裔であるという「積組造」が記載されています。やはりこの辺りになると「物部氏の勢力圏」という印象を強く抱きます。

当社自体はかなり小さな神社ですが、北方に大阪府下最大級の横穴式石室を持つ後期古墳「愛宕塚古墳」があり、当社を奉斎した氏族との関係が考えられるかもしれません。

当社は江戸時代には香森大明神と呼ばれたようです。香森とは『倭名類聚抄』河内国高安郡の掃守郷に因むものでしょうか。黒谷地区に国史現在社の掃守神社があったとされていますが、当社との関係もやや気になるところです。

 

境内の様子

境内入口。一目で全容のわかる小さな境内となっています。手水舎等の設備もありません。

 

社殿は南向きに慎ましやかに建っています。拝殿は平入の入母屋造。

 

拝殿の後ろへ廻ってみると「凸」型の建物になっていることがわかります。この凸部に本殿が納められてるのでしょうか。

当社の旧社殿は佐麻多度神社の境内社、天満宮へ譲り渡されたようです。春日造の庇の無い形式と言えるものです。

 

当社周辺は大都市近郊であることを忘れさせる長閑な光景も見られます。古代にこの地に居住した物部氏の一族もこの生駒山地を仰ぎ見たことでしょう。

 

さて、当社のすぐ北側には「愛宕塚古墳」という六世紀頃に築かれた後期古墳があります。大阪府下最大級とも言える巨大な横穴式石室が開口しており、中に入ってみるとその大きさに圧倒されます。当地周辺にも多数の古墳があり高安古墳群と呼ばれていますが、その中でも破格の規模の古墳と言えます。

愛宕塚古墳の墳頂部とそこからの景色。生駒山地の裾野の小高い場所にあるだけあって景色はなかなかのものです。果たして都夫久美神社を奉斎した物部氏の一族が造ったものなのでしょうか。想像が膨らみます。

石碑「愛宕塚古墳」

+ 開く

愛宕塚古墳

古墳時代後期の横穴式石室墳である。封土は墳頂部を除いてよく保たれており、墳丘は経約二五メートル、高さ六、五メートルで、円墳の形状をよくとどめている。

巨石を積み上げた横穴式石室は奥行一六、七六メートル、玄室の高さ四、一メートルを測り、高安古墳群中最大規模の後期古墳である。

石室は古くから開口していたが、昭和四二年学術調査が行われた。遺物では凝灰岩製の家形石棺片、鉄製□器、金張鉄製品、土器のほか玉類、鉄地金銅張馬具など優れた副葬品が多量に残存していて被葬者の地位、性格を物語っている。

八尾市教育委員会

 

由緒

石碑「都夫久美神社」

+ 開く

都夫久美神社

延喜式神名帳では小社に列せられており、古代の大豪族物部氏の祖宇摩志摩治命を祭神とする。

ヅブクミという社名は、物部氏の一族積組連に由来する。(新撰姓氏録による)

近世頃には香森大明神と呼ばれ社地を中の森と言っていた。この神社の西方には弥生時代の集落跡である水越遺跡が広がっておりその関連がうかがえる。

平成四年三月

八尾市教育委員会

 

地図

大阪府八尾市水越


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.