1.大阪府 2.河内国

佐麻多度神社 (大阪府八尾市山畑)

更新日:

社号 佐麻多度神社
読み さまたど
通称
旧呼称 天神社 等
鎮座地 大阪府八尾市山畑
旧国郡 河内国高安郡山畑村
御祭神 佐麻多度大神
社格 式内社、旧村社
例祭 10月10日

 

佐麻多度神社の概要

大阪府八尾市山畑に鎮座する式内社です。山畑はヤマタケと読みます。

当社の創建、由緒等は詳らかでありません。どのような氏族がどのような神を祀ったのかも不明です。ただ、当地付近は高安古墳群と呼ばれる古墳時代後期の大規模な群集墳があり、古くから人の営みの盛んだったことは確かなようです。この付近から素焼きの陶棺も出土しています。

当社は元は100mほど上の谷口天神山というところにあったようですが、集落から離れていて不便なため明治三十一年(1898年)に現在地に遷座したと言われています。

玉祖神社は当地を含む近隣十一ヶ村を氏子としていましたが、明治年間にいざこざがあり氏子を離脱したようで、このため近隣の神社が玉祖神社に合祀されてるのに対し当社は合祀されず、そのまま現在まで祭祀が継続されているようです。結果的には良かったと言えるかもしれません。

 

境内の様子

境内入口。そう大きな神社ではありません。

 

鳥居をくぐって左側(西側)に手水鉢。

 

正面に南向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造で壁の無い吹き放ちの構造となっています。京都ではよく見かける構造ですが河内では珍しいように思います。

 

拝殿前には何故か石臼が左右に配置されています。

 

本殿は覆屋の中に納められてあり、千鳥破風と唐破風の付いた杮葺きの一間社流造です。

 

境内社は境内の左側(東側)にあります。

 

こちらは「山畑神社」。式内社の「春日戸社坐御子神社」はこの神社に比定されています。かつては高座明神、もしくは神明社と呼ばれたようで、宝積寺の境内に鎮座してましたが明治五年に佐麻多度神社境内へ遷座されました。創建、由緒、御祭神等は全く不明です。

当社が春日戸社坐御子神社とされた理由は判然としないようです。「春日戸社坐」とあるからには、元は春日戸社と呼ばれた天照大神高座神社の境内に鎮座していたと考えるのが妥当と思うのですが如何でしょうか。

 

山畑神社に隣接して「天満宮」が鎮座しています。社殿は妻入の切妻造で反りのある屋根となっており、庇の無い春日造というべきものです。この社殿は水越の都夫久美神社から譲り受けたものです。

 

境内の隅には「力石」が置かれています。力石とはかつて腕に自信のある者が持ち上げて力を競い合うために用いられた石です。港や街道など人の往来の多いところに置かれていることが多いのですが、当地のような農村にこれほど力石があるのは珍しいように思います。

 

当社付近には古い町並みも見られます。生駒山地の裾野の坂にあるので石垣を積んで水平にしているのが特徴です。

 

当社から少し上ったところから生駒山地を眺めたところ。かつてはこの辺りに鎮座していたのでしょうか。

 

由緒

石碑「佐麻多度神社」

+ 開く

佐麻多度神社

式内社で当地山畑の産土神である。祭神は佐麻多度大神。旧社地は百mうえの扇状地の谷口天神山にあったが、明治三十一(一八九八)年現地へ移った。

山畑神社はこの社の末社で春日御子大明神なり。

敷地は東西七m南北一〇m有り、この付近から素焼の陶棺が出土、今は東京博物館にある。

境内に力石(一六五キログラム)があり、明治初期にはこの石をもちあげて力くらべを楽しんだ。

八尾市教育委員会

『河内名所図会』

+ 開く

佐麻多度神社

山畑村にあり。延喜式出。又灌頂録に載る。この里の生土神とす。

春日戸社坐御子神社

延喜式神名帳河内国高安郡の部下に出。又三代実録云貞観元年正月授従五位上。今鎮座所さだかならず。

 

地図

大阪府八尾市山畑

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.