1.大阪府 2.河内国

田坐神社 (大阪府松原市田井城)

社号田坐神社
読みたざ
通称
旧呼称八幡社 等
鎮座地大阪府松原市田井城
旧国郡河内国丹北郡田井城村
御祭神依羅宿祢、呉服漢織、豊宇気毘売神
社格式内社、旧村社
例祭

田坐神社の概要

大阪府松原市田井城に鎮座する式内社です。

明治四十一年(1908年)に神社合祀令により植田地区に鎮座する「柴籬神社」の境内に遷座されましたが、昭和六十年(1985年)に旧地に復興しました。

なお「柴籬神社」には現在も境内社として「田坐神社」が鎮座しており、二ヶ所で「田坐神社」が鎮座している形となっています。

 

当社の創建は詳らかでありませんが、伝承によれば呉から渡来して織物の技術を伝えた「呉服」「漢織」が当地に来て養蚕や綾織りを伝えたといい、これに因み両神が現在の御祭神となっています。

一方で『日本書紀』天武天皇十年四月十二日条に「田井直吉麻呂」なる人物が見えることから、この「田井氏」が当社を奉斎したとする説もあります。ただしこの氏族は『新撰姓氏録』に登載されておらず、如何なる氏族であったかは不明です。

また『倭名類聚抄』河内国丹比郡に「田邑郷」が記載されており、当社の社名はこれに因むものと思われ、当地の地名「田井城」も田邑郷の遺称と考えられています。

当地付近は条里制の遺構がよく残っており、計画的に田圃が整備されていったものでしょう。そのように考えれば或いは文字通り「田に坐す神」であり当社には農耕神が祀られていたのかもしれません。

平安時代後期以降は当地は石清水八幡宮の荘園となったようで、当地は「田井荘」と呼ばれました。この影響で当社に「八幡神」が祀られたようで、江戸時代は「八幡社」と呼ばれていたようです。

 

境内の様子

田坐神社

当社は住宅地に囲まれた狭い一画にあります。

境内入口には注連柱が建ち、そこから社殿まで石畳がまっすぐ伸び、途中に鳥居が西向きに建っています。

 

鳥居の手前右側(北側)に手水舎があります。

 

田坐神社

正面奥の壇上、玉垣に囲まれて社殿が西向きに並んでいます。

拝殿は銅板葺の平入切妻造に千鳥破風が付いたもの。

 

社殿は凸型になっており、後方の凸部分に本殿が納められているものと思われます。

 

境内は樹木が少なくやや物寂しい空間となっています。旧地に復旧した現在、再び地域住民の拠所として発展していくことを願うばかりです。

 

当社周辺は古い家屋もあり、河内平野の古い町並みが良好に残っています。

 

タマヨリ姫
ここは式内社だけど当初はどういう人たちが祀ってきたんだろう?
「田井氏」って氏族もいたみたいだけど正直なところわからないわ。でもこの付近は条里制の痕跡があって、古くから開発されたところみたいね。
トヨタマ姫

 

由緒

石碑

田坐神社由来

案内板

田坐神社

『河内名所図会』

 

地図

大阪府松原市田井城

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

関係する寺社等

柴籬神社 (大阪府松原市上田)

社号 柴籬神社 読み しばがき 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府松原市上田 旧国郡 河内国丹北郡上田村 御祭神 反正天皇、菅原道真、依羅宿禰 社格 旧村社 例祭   柴籬神社の概要 大阪府松原市 ...

続きを見る

-1.大阪府, 2.河内国
-,