1.大阪府 2.河内国

津原神社 (大阪府東大阪市花園本町)

更新日:

社号 津原神社
読み つはら
通称
旧呼称 玉串明神 等
鎮座地 大阪府東大阪市花園本町
旧国郡 河内国河内郡市場村
御祭神 天児屋根命、玉櫛彦命、櫛玉命
社格 式内社、旧村社
例祭 10月22日

 

津原神社の概要

大阪府東大阪市花園本町に鎮座する式内社です。

社伝によれば、昔当地付近に荒ぶる凶賊がおり、天玉櫛彦命がこれを鎮圧した功により朝廷より所領を賜り子孫が長く治めたとしています。

また社伝によれば当社の創建を次のように伝えています。天平勝宝六年(780年)、河内郡は風水害が甚だしく村人が窮乏していたところ、加美村の八幡宮の祝部に神託があり、「大和川の上流より橘の枝と櫛笥を流し、その櫛笥の流れ留まる地に神を祀れば風水害は鎮まる」とありました。その通りにしたところ、櫛笥が津原の池の澱みに留まったのでこの池の畔に社を建て神を祀った、としています。これは大阪市平野区の旭神社の摂社、若宮八幡宮に伝わる由緒に倣ったもののようで、橘の枝が流れ着いたところに若宮八幡宮を祀ったとしています。

御祭神の「天児屋根命」「玉櫛彦命」「櫛玉命」はいずれも『先代旧事本紀』において饒速日尊の降臨の際に随伴したことが見えていますが、それぞれ中臣連、間人連、鴨県主と全く別の氏族の祖神であり、当社に一同に祀られる必然性は乏しいように感じます。ただ中世には当地を玉串荘といい、これは玉串明神と呼ばれた当社に因むと言われているので、玉串・玉櫛の呼称もまた古いと思われます。御祭神は付会の可能性がありますが、串、櫛は神の宿る依代となるもので、古くから神の祀られたことは間違いないでしょう。

さて社伝にもあるように当地は大和川の澱みとなっていたようで、これが良い船溜まりとして津原の社名を冠したものと思われます。当地の旧村名を市場といい、人々の集まる交易の地だったことが推測されます。こうした中で守護神として祀られてきたのが当社だったのでしょう。

 

境内の様子

当社の鳥居は道路を越えて境内から遥か600mも離れた南の地に建っています。この鳥居は元禄十二年(1699年)の奉納。境内から鳥居までの道は馬場と呼ばれています。神輿台も設置されており、お旅所的な機能もありそうです。

 

境内入口。鳥居の場所を知らなければ、「この神社は鳥居が無いのかな?」と思ってしまうことでしょう。

 

注連柱をくぐって左側(西側)に手水舎があります。

 

正面に南向きの社殿が堂々と建っています。拝殿は平入の入母屋造りに千鳥破風と唐破風が付いており、やや豪華な印象を受けます。

 

拝殿前に狛犬が配置されています。前掛けがとてもオシャレ。

 

本殿は覆屋の中に納められているようです。

 

当社には多くの境内社があります。境内左側(西側)から見ていきましょう。こちらは「若宮神社」で、天児屋根命の御子神である「天押雲命」を祀っています。この神が当社の本来の祭神だという説もあるようです。

 

若宮神社の前で左右に向き合うように境内社が建っています。左側が「一葉神社」(御祭神「秋葉山大権現」)、右側が「白峯神社」(御祭神「白峯大明神」)です。

 

さらに一葉神社の奥に稲荷系の石碑が祀られています。

 

境内の社殿奥(北側)に「津原池」があります。旱魃の際は雨乞いをし、池の水を田に汲みだしたと言われています。古くから神聖な池だったようで、農耕に必要な水を司る神としてこの池を祭祀したのが当社の初めだった可能性も考えられます。

 

池の傍らに「水神社」が鎮座。「八大龍王権現」を祀っています。津原池の「主」的な神を祀っているのでしょうか。ただ、池を背にしたり池の中にあったりするわけでもなく、あまり水神的な祭祀形態ではありません。

 

境内右側(東側)のこちらの神社には「丸津田神」「道明大神」「石榎龍王」を祀っています。聞きなれない神名ですがどのような神なのでしょうか。

 

こちらの社殿には左から「八幡神社」「稲荷神社」そして同じく「稲荷神社」を祀っています。近隣から合祀されたのでしょうか。

 

由緒

案内板「津原神社の由緒」

+ 開く

津原神社の由緒

津原神社を中心とした玉櫛之荘(七村)は同神社の祖神天玉櫛彦之命が太古此の地方に荒ぶる兇賊を鎮圧された功によりまして天朝から所領として腸り、其子孫が長く之を治めたと、古い歴史に伝へられています。天平勝宝六年(西暦七八〇年)当河内郡一帯に風水害は甚しく村人は極度に窮迫して之を救うに術がなく、百姓は只管天侯の回復を祈るばかりてありました。

その時に加美村の八幡宮の祀部に神託があり、「大和川の上流より橘の枝と櫛笥を流し、その櫛笥の流れ止まる所に神を祀ったなれば、風水の禍は自ら治まるであろう…」とあったので、神託に随い、橘の枝と櫛笥を大和と河内の国境より流したところ、流に乗った櫛笥が、津原の池の瀞みに流れついて止りました。そこで玉櫛之荘の人々が相談し此の池の傍に社を建て、天児屋根命並びに玉櫛之荘の祖神天玉櫛彦之命・天櫛玉命を併せて祀りました風水忽ころに治まり自来池一帯は甚しい風水の害を蒙る事がなくなり、津原神社は近郷七村の総社として尊崇をあつめ今日に至っています。

神社の本殿前より玉串の鳥居までを馬場と呼び河内の三大馬場の一つとされ六丁(六〇〇米余)両側には老松、大杉、榎の巨木の並木が続いていました。

又本殿の北側には津原の池があり日照りの時には雨乞いをして池の水を田んぼに汲み出したと伝えられています。

『河内名所図会』

+ 開く

津原神社

延喜式出。市場村津原池の側にあり。今玉串明神と称す。この地の本居神とす。古歌あり。

 

地図

大阪府東大阪市花園本町

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.