1.大阪府 2.河内国

梶無神社 (大阪府東大阪市六万寺町)

更新日:

社号 梶無神社
読み かじなし
通称
旧呼称 船山大明神、桜井の社 等
鎮座地 大阪府東大阪市六万寺町
旧国郡 河内国河内郡六万寺村
御祭神 瓊瓊杵尊、木花開耶姫命
社格 式内社、旧村社
例祭 8月15日、10月23日

 

梶無神社の概要

大阪府東大阪市六万寺町に鎮座する式内社です。

社伝によれば創建は神武天皇の東征に基づくものとなっています。神武天皇が白肩津から船で入江深く溯ったが、生駒颪により波が高く、梶が折れて海上を漂う危機に直面しました。そこで祖神に加護を求め祈祷したところ強風は静まり波も穏やかになって、船をつけて上陸することが出来たので、その地に祠を建てて祖神を祀ったのが当社である、としています。

神武天皇が神社の由緒に組み込まれるのは比較的珍しく、この伝説が古くから語られてたのかは定かではありません。船の梶が折れたことから梶無の社名が生まれたことを示唆していますが、式内社「梶無神社」は長らく所在不明となっていたので付会が含まれてると思われます。ただ、当社が船山大明神と呼ばれていたことから船に関する何らかの伝承は古くからあったのかもしれません。尚、当社の別名の「桜井の社」は、『倭名類聚抄』河内国河内郡の桜井郷の遺称と見られます。

先述の通り式内社「梶無神社」の所在は不明でしたが、当社の付近(北側?)に「梶無」という小字があるようで、これを根拠として当社に比定されました。ただ具体的にどの辺りが小字「梶無」なのかはよくわかりません。一方、当社の西方からは五世紀頃の祭祀遺跡が出土しており、当社との関係が注目されます。

また当社で特筆すべき点に、毎年境内にアオバズクが飛来して営巣することが挙げられます。周りはすっかり開発され尽くした住宅地ですが、僅かに残った当社の森に毎年アオバズクがやってくるのです。話によれば100年以上も前から続いてるとのことで、都会の間近でこのような珍しいものが見られるのかと驚くばかりです。

 

境内の様子

境内入口。周囲は宅地化されてますが境内にだけ森が残っています。これらの木々は東大阪市の保存樹林に指定されています。

 

鳥居をくぐって右側に手水舎があります。

 

社殿は西向きに建っており、新しめの建築です。拝殿は平入の入母屋造りに大きな千鳥破風と唐破風の向拝が付いています。

 

拝殿前の狛犬は古式を感じられるもの。

 

本殿は一間社春日造となっています。本殿に隣接して小さな流造の社殿も見えます。境内社の春日神社と思われます。

 

社殿の右側(南側)に境内社が建っています。「櫻井神社」(祭神「大己貴命」)、「八幡神社」(祭神「譽田別尊」)、「白峯神社」(祭神「崇徳天皇」)、「十二社権現社」を祀っています。

 

境内には大きなクスノキもあり御神木とされています。

 

当社にはアオバズクが毎年飛来してきて境内の木に営巣します。少なくとも100年以上も続いてるそうで、宅地化された現在においてもこのような野生動物の習性が息づいているのは極めて貴重と言えるでしょう。

 

由緒

案内板「梶無神社略記」

+ 開く

梶無神社略記

ご鎮座地

東大阪市六万寺町三丁目一四番三十一号(もと河内國河内郡六萬寺村字船山)

ご祭神

瓊瓊杵尊 (天照大神の皇孫、神武天皇の祖神)
木花開耶姫命 (瓊瓊杵尊の妃で、鹿葦津姫とも云われる)

ご由緒

社伝によると、神武天皇は、ご東征の砌り御船を白肩津から入江深く溯らせて来られ、日下坂の戦いに利あらず御船にて廻幸なされようとされたが、風強く浪高くして梶折れ、御船は海上を漂揺する危機に立ち至られた。神武天皇は、祖神の御加護を求め祈願を籠められた為、さしもの強風も鎮まり波も穏かになって、附近の丘に御船をつけ上陸する事が出来た。神武天皇は、祖神のご加護を深く歓ばれて、その上陸した処に祖神の瓊瓊杵尊と木花開耶姫命を祭神として祠を建て、神々に感謝をなされた。この祠が後年梶無神社になったと云われている。

古代においては、日下の入り江がずっと南に入り込み、その低湿の地に近い下六万寺三丁目三番付近から五世紀頃ごろの祭祀遺跡である石製模造品が出土しているが、このあたりが神武天皇上陸の地とも云われている。また、後三条天皇延久四年(一〇七二)九月五日の太政官牒によると、この祭祀遺物が出土した西側から今の近鉄線の南側に至る六町四方の「梶無里」があったことがわかる。この「梶無里」は、現梶無神社の所領または神田の所在地であったとも云われ、現存する「小字梶無」は「梶無里」三十六の坪のうち「十七・十八の坪」に亘るあたりである。

梶無神社は「船山大明神」「桜井の社」とも云われ、梶無神社のご鎮座地周辺は古代の河内國河内郡に設けられた七郷の一つである桜井郷の中心地で、大化改新まで桜井屯倉(日本書紀安閑天皇元年条)が置かれ、応神天皇の妃となった糸媛の兄櫻井田部連男鉏の出身地である。また奈良時代には、平城京から鳴川峠を経て難波京に至る途中の地である桜井に桜井頓宮(天皇の行幸に際して設けられた仮宮・続日本紀天平十六年閏正月十一日条)が設けられた。

社格

官幣小社 (延喜式)
村社 (明治五年)

延喜式とは、醍醐天皇の延長五年(九二七)に完成した平安時代初期の国家の法令書で、その巻九に梶無神社が毎年二月四日の祈年祭に宮中の神祇官より幣帛(絁三尺、木綿二両、麻五両、四座置・八座置各一束、盾一枚、槍鋒一竿、唐布一丈四尺、裹葉薦三尺。)を賜り、更に鍬一口を加えられた神社として記載され、現在に至るまで延喜式内社として崇敬されている。

大祭

夏季大祭 八月十五日
秋季大祭 十月二十三日(宵宮祭十月二十二日)

摂社

櫻井神社 大己貴命(大国主命)を祀る
春日神社 天津兒屋根命、比売命、経津主命、武甕槌命の四神を祀る
白峯神社 第七十五代崇徳天皇を祀る
八幡神社 譽田別尊(第十五代応神天皇)を祀る
十二社権現社 堂の宮とも云い、十二社権現を祀る

主な造営

ご本殿は、史料によると慶長十六年(一六一一)七月、享保六年(一七二一)八月、文化元年(一八〇四)三月に夫々造営があった。以降昭和十年十二月、平成七年七月に造営された。ご本殿の庇取付部は隅木無しの春日造りで室町時代以前の様式を今に伝えている。昭和十年の造営以前は、ご本殿の屋根は檜皮葺で、ご本殿全体が覆屋で覆われていた。御扉と垂木等の錺金物には十六葉菊紋が用いられている。

境内

ご神木の老楠(樹齢五百年・幹廻り五一〇センチ)を始め境内の樹木は東大阪市の保存樹林指定(平成三年三月二十五日指定)となり、アオバズクの繁殖地(東大阪市の天然記念物、昭和五十一年三月八日指定)となっている。秋季大祭及び宵宮祭には青年団によって担がれた大小六台のふとん太鼓台が、日中は氏子区域を巡行し午後八時から宮入りが取り行われる。

ご霊験

神武天皇のご由緒により「みちびきの神」「乗り物の神」「交通安全の神」またご本殿に夫婦神を祀ることから「安産・子安の神」「家内安全の神」とも云われ、昔からそのお守りとしてご本殿の御砂を受けられる崇敬者多々居られる。

『河内名所図会』

+ 開く

梶無神社

(秋金)延喜式出。六萬寺村の属邑桜井にあり。今船山明神と称す。社の北に梶無といふ地名あり。

 

地図

大阪府東大阪市六万寺町

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.