1.大阪府 2.和泉国

陶荒田神社 (大阪府堺市中区上之)

社号 陶荒田神社
読み すえあらた
通称 陶器大宮 等
旧呼称 天神、天満宮 等
鎮座地 大阪府堺市中区上之
旧国郡 和泉国大鳥郡上之村
御祭神 高魂命、劔根命、八重事代主命、菅原道真公
社格 式内社、旧郷社
例祭 10月10日

 

陶荒田神社の概要

大阪府堺市中区上之に鎮座する式内社です。

社伝によれば、当地に居住した「荒田直」が当社を祭祀し、地名の「陶」と併せて陶荒田と名付けられたとしています。『新撰姓氏録』和泉国神別に高魂命の五世孫、剣根命の後裔であるという「荒田直」が登載されています。

一方、『日本書紀』では大田田根子命という人物に大神神社の大物主大神を祀らせよという夢のお告げがあり、「茅渟県陶邑」というところに大田田根子命がいたと記載されています。この「茅渟県陶邑」は当地付近に比定されています。社伝では大田田根子命が大神神社の神主となって大物主大神を奉斎する際に当地で社を建立したのが当社の創建であるとも伝えられています。

荒田直は大田田根子命の子孫だと解説する説もあるようですが、大田田根子命は陶津耳命の娘の活玉依姫と大物主大神の子とされるので全くの別系統の氏族です。荒田直は神別氏族である葛城国造系の葛木氏と同系(皇別氏族の葛城氏とは別)で、葛城地方と関係の深い氏族だったようです。一方の大田田根子命は後裔氏族に賀茂氏(鴨君)がおり、こちらも葛城地方の氏族とされています。両氏族は葛城地方を媒介に接触・交流があった可能性は考えられるかもしれません。

なお、現在の御祭神は「高魂命」「劔根命」となっており、荒田直の祖神を祀っています。一方の「大田田根子命」は本社でなく境内社の太田社にて祀られています。

さて、当地付近の丘陵地帯は「陶邑」と呼ばれた通り古代における陶器の一大生産地でした。その遺構は「陶邑窯跡群」と呼ばれて日本三大古窯の一つとされ、五世紀以降、平安時代に至るまで須恵器が生産され続けました。当初は巨大古墳を擁する百舌鳥古墳群の造営など大和王権の国家的な事業と深く関わっていたと考えられています。

陶邑窯跡群は泉北ニュータウンの開発により多くの遺構が破壊されましたが、これらの発掘調査によって得られた成果は絶大なもので、考古学における須恵器の編年の基準となっています。古代において国内随一の須恵器工房として本邦の土器生産を支えたと共に、現代においても極めて貴重な資料を提供してくれた、歴史的にも考古学的にも重要な窯跡群であると言えましょう。

また、当社は明治四十一年に神社合祀政策により式内社「火雷神社」を合祀しています。火雷神社の跡地には現在「愛宕神社」が鎮座しています。

 

境内の様子

一の鳥居は境内の約200m南の駐車場に建っています。

 

境内入口に二の鳥居。泉北ニュータウンのすぐ近くですが、この辺りは牧歌的な雰囲気が残っています。境内の森はクスノキが多く、4月中旬はこのように落葉のため赤っぽく染まります。

 

鳥居前の狛犬。和泉砂岩製でしょうか。頭でっかちな体形です。

 

二の鳥居から社殿までは真っすぐに参道が延びています。

 

参道の右側(東側)に手水舎があります。手水鉢にはかつての呼び名である「天満宮」と刻まれています。

 

社殿前の注連柱にはやや珍しく屋根が載っています。

 

注連柱を過ぎると正面に南向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造に唐破風付きの向拝が付いています。

本殿は見ることができませんが、千鳥破風・唐破風付きの三間社流造のようです。

 

社殿前の狛犬。こちらは花崗岩製でしょうか。ゴツゴツとした渋い顔つきです。

 

参道途中の右側(東側)に「戎神社」が鎮座しています。御祭神は「八重事代主命」。境内社にしては異様に大仰な建物で、社務所や休憩所なんかと間違えそうです。

 

太田社

玉の緒社

戎神社の左側(北側)は鬱蒼とした森になっており、この中に二社の境内社があります。鳥居をくぐると正面に「太田社」(祭神「大田田根子命」)、その手前で左に分かれて「玉の緒社」(祭神「天御中主命」)が鎮座しています。

 

境内の西側にも境内社が鎮座しています。参道の左側(西側)の方形の池に「弁財天社」が鎮座。御祭神は「市杵島姫命」。「子授け弁財天」とも呼ばれているようです。

 

弁財天社のさらに西側に「山田社」が鎮座。御祭神は「活玉依姫命」。

 

境内の北東には「老松社」が鎮座しています。御祭神は不明。

 

タマヨリ姫
陶荒田神社…やっぱり社名からして陶器の神様なのかな?
陶ってのは古い地名みたいよ。その地名の通り、この辺りはものすごい数の古い窯跡があって、日本三大古窯の一つとも言われてるのよ。当社を奉斎した氏族が陶器の生産に関わってた可能性はあるかもしれないわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「陶荒田神社」

+ 開く

陶荒田神社

主祭神は高魂命・八重事代主命・菅原道真で、境内末社には山田神社・弁才天社・戎社・太田神社・老松社をあわせ祀っています。

当社の由緒によると、第十代崇神天皇の7年に、素盞鳴命十世の孫、太田田根子がこの陶邑の太田森に社を建てたと伝えられています。主祭神の高魂命五世の孫剱根命の子孫にあたる荒田直が当社の祭祀を行っていたため、地名の陶と人名の荒田をとって陶荒田と名づけられました。

この辺りは陶土と薪に恵まれ須恵器の生産が盛んに行なわれていました。泉北ニュータウンを中心として築かれた窯は約千基とも言われ、当社の近くは多くの窯跡が残っていましたが、今では一部を残すのみとなりました。

当社は平安時代の延享式にも記載され(延喜式内社)、この地方の産土神として崇拝されています。

堺市

『和泉名所図会』

+ 開く

陶荒田神社

大村にあり。又上ノ村ともいふ。延喜式内なり。今天神と称す。土生神とす。荒田直祖神高魂命剱根命二座を祭る。神宮寺を今増福寺といふ。いにしへは大村寺と称す。

 

地図

大阪府堺市中区上之

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

関係する寺社等

愛宕神社 (大阪府堺市中区福田)

社号 愛宕神社 読み あたご 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府堺市中区福田 旧国郡 和泉国大鳥郡福田村 御祭神 火ノ雷大神、市杵島姫辨財天 社格 式内社 例祭 式内社 和泉國大鳥郡 火電神社(大電神社) ...

続きを見る

大神神社 (奈良県桜井市三輪)

社号 大神神社 読み おおみわ 通称 旧呼称 三輪明神 等 鎮座地 奈良県桜井市三輪 旧国郡 大和国式上郡三輪村 御祭神 大物主大神 社格 式内社、二十二社、大和国一宮、旧官幣大社 例祭 4月9日 式 ...

続きを見る

-1.大阪府, 2.和泉国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.