1.大阪府 2.和泉国

美多彌神社 (大阪府堺市南区鴨谷台)

投稿日:

社号 美多彌神社
読み みたみ
通称
旧呼称 牛頭天王社 等
鎮座地 大阪府堺市南区鴨谷台
旧国郡 和泉国大鳥郡上村
御祭神 天児屋根命、須佐之男命
社格 式内社、旧村社
例祭 10月第1日曜日

 

美多彌神社の概要

大阪府堺市南区鴨谷台に鎮座する式内社です。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。一説に当地に居住した「民直」が祖神を祀ったとも考えられています。『新撰姓氏録』に次の氏族が登載されています。

  1. 和泉国神別「民直」(天児屋命の後)
  2. 和泉国神別「民直」(同神(天穂日命)の十七世孫、若桑足尼の後)

両者は別系統の氏族ですが、いずれも和泉国に居住しており、当社を奉斎した可能性があります。当社の祭神の一柱に「天児屋根命」があり、当社では1の中臣系の氏族が当社の祭祀氏族だったとしています。

南北朝時代には楠木正成が守護神として崇敬しましたが、戦国時代に織田信長による紀州征伐により焼失。その後文禄元年(1592年)に楠木氏の末裔である和田道讃が再建したと伝えられています。このように中世は楠木氏の信仰が厚かったようです。

当社は1960年代以降に大規模に開発された泉北ニュータウンの中にあるものの、当社の社叢は極めて貴重な植生が残っています。中でも暖地性の樹木であるシリブカガシはこの社叢がほぼ分布の東限に近く、大阪府の天然記念物に指定されています。

 

境内の様子

一の鳥居は境内の南東に南向きに建っており、参道はしばらく道路と並行します。

 

参道は途中で左へ折れて丘の上へと石段が続きます。しかし参拝時は工事中で、ここから境内へ入ることができませんでした。どうも2018年の台風21号の影響で鳥居が倒壊するなど甚大な被害があったようです。本来ここに二の鳥居が建っていました。

 

石段下の右側(北側)に手水舎が建っています。

 

表参道の右側(北側)にある脇参道から境内へ入ります。参拝時はくぐることができませんでしたが、表参道の石段上に三の鳥居が建っています。脇参道は三の鳥居の先の空間で合流しています。

 

三の鳥居の先に四の鳥居が建ち、さらに石段を上ります。

 

石段の上の空間に東向きの社殿が建っています。この空間は狭く、石段と社殿の間はほんの僅かの間しかありません。

拝殿はRC造で、平入の入母屋造に唐破風が付いています。

 

本殿は簡素な覆屋の中にあり、流造に千鳥破風が付いています。

 

社殿の左側(南側)に五体の地蔵菩薩の石像と小さな祠が安置されています。

 

境内の森は暖地性の貴重な植生を形成しており、中でも当地がほぼ分布の東限のシリブカガシは貴重で、大阪府指定天然記念物となっています。

シリブカガシは地元では「いっちん」と呼ばれているようです。

 

社殿前から鳥居側を見下ろしたところ。急な断崖に鎮座しているのがわかります。

 

石段を下り、四の鳥居の左側(南側)に「金刀比羅宮」が鎮座しています。

 

さらに金刀比羅宮の左側に隣接して「白天龍王大神」の石祠が建っています。

 

当社付近の光景。丘の上に1960年代以降に大規模に造成された泉北ニュータウンがある一方、谷底の平野には昔ながらの田圃や集落があり、中には当社のシリブカガシといった貴重な樹林や、「桜井神社」の拝殿のような国宝建築もあります。この辺りは「開発」と「伝統」が隣り合わせに存在する不思議な一帯となっています。

 

タマヨリ姫
ここは大規模に開発された泉北ニュータウンの中にありながら貴重な森が残ってるんだってね!
この辺りは丘の上は泉北ニュータウンとして開発された一方で、谷底には昔ながらの町並みや田園風景が残ってるのよ。この神社は丁度その狭間にある、と言えるわね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「美多彌神社」

+ 開く

美多彌神社

当社の起源は古く、延喜式内社です。主祭神は天児屋根命・素盞嗚尊で、熊野大神・厳島大神・大国主命・菅原大神・八幡大神・琴平大神・天之水分大神を合わせ祀っています。

天正5年(1577)、織田信長の兵火にかかり消失しました。文禄元年(1592)、楠木一族の和田道讃が本殿を再建しました。江戸時代には牛頭天王社と改称、得泉寺を神宮寺としました。

その後、明治時代の神仏分離令により得泉寺を廃止し、八坂神社に改称しましたが、神社合祀政策により、明治40年(1907)に付近の村社5社と無格社3社を合祀し、社名も美多彌神社に復しました。

境内の鎮守の森は8,250㎡あり、シリブカガシ・アラカシ・クス・サカキ等の樹林が広がっています。特に、シリブカガシが100本近くの樹林を形成するのは稀で、樹林の東限近くにあたる為、昭和48年(1973)大阪府の天然記念物に指定されました。

石碑「美多弥の宮由緒」

+ 開く

美多弥の宮由緒

鎮座地 堺市美木多上一二〇番地

御祭神 天児屋根命他六柱

往古の事蹟悠久にして詳らかならねど醍醐天皇の(約千年前)延喜式神名帳(神社の戸籍)にはすでに式内社として登載せられている後醍醐天皇の御代には参萬坪を有する広大なる境内にには大樹生いしげり堂々たる社にして商工業繁栄の福の神として崇敬者の信仰特に厚く又楠木正成一族の守護神でありしが天正年中(約三八〇年前)織田信長の兵火にかゝり御炎上その後文禄元年(約三五〇年前)楠木氏の遺族和田道讃本殿を再建せり現在の本殿と拝殿は昭和四十七年改築す。

境内の自然林(シリブカガシの森)天然記念物に指定

祭日

秋祭 十月四日

五月上旬

 

地図

大阪府堺市南区鴨谷台

 


-1.大阪府, 2.和泉国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.