1.大阪府 2.河内国

杜本神社 (大阪府柏原市国分東条町)

更新日:

社号 杜本神社
読み もりもと
通称
旧呼称
鎮座地 大阪府柏原市国分東条町
旧国郡 河内国安宿部郡国分村
御祭神 経津主命
社格 式内社
例祭 10月16日

 

杜本神社の概要

大阪府柏原市国分東条町に鎮座する式内社です。羽曳野市駒ケ谷の杜本神社と共に式内社の論社となっています。

当社は非常に小さな神社ですが、境内のすぐそこに河内国分寺跡があり、古代においては極めて重要な地でした。式内論社としては駒ケ谷の杜本神社が有力なものの、往昔のことを想えばこちらも引けを取りません。ただ、当社の創建の様子や由緒は詳らかではありません。

明治四十年に國分神社に合祀されましたが、昭和四十七年(1972年)に旧地に復興されました。また最近(2009年)になって河内国分寺も復興。一時は忘れかけられたこの地は、現代に至り古代の繁栄を再現するかのように一大宗教空間として蘇ろうとしています。

 

境内の様子

境内入口は非常にわかりにくい場所にあります。国分東小学校から東側へ歩いていくと南側にこのような道があり、この道を進んでいくと石段が見えます。ここが杜本神社への入口となります。

 

 

石段を上っていくと西向きの小さな社殿が建っています。拝殿は平入の切妻造で入母屋造の向拝が伸びています。本殿は恐らく後方の建物の中に納められてるのではと思われます。

 

境内にひっそり佇む小さな石祠。社名や御祭神はわかりません。

 

境内は鳥居も灯籠もなく寂しい空間ですが、一度は合祀された神社がこうして復活されただけでも地元の熱意が伝わります。河内ではこのように合祀された神社が旧地に再建される例が多く、「やはり我が地に神社は必要」という土地柄が表れているように感じます。

 

境内からやや下ったところに「河内国分寺塔跡」があります。古くから瓦が出土しており古代寺院のあったことは知られていましたが、昭和四十五年(1970年)の発掘調査で河内国分寺跡と認定されました。なお、現在見られるのは基壇の復元です。

河内国の国府は西側の平地にあったと推定されていますが、国分寺は大和との境に近い大和川沿いの急斜面上に築かれており、立地的に他の国分寺に無い特色を備えています。元々あった寺院を改築して国分寺としたようですが、平地の多い河内国において、何故わざわざこのような場所が選ばれたのか不思議でなりません。或いは除災の意味も込められていたのかもしれません。

案内板1「河内国分寺塔跡」

+ 開く

河内国分寺塔跡

柏原市国分東条

当地では昔から瓦が発見されており、地名・塔跡の規模などから河内国分寺と推定されています。

国分寺とは、奈良時代に建てられた官寺のことで、国分尼寺と共に旧国に一対ずつ建立し、国の平安を祈ったものです。

昭和45年に発掘調査がおこなわれ、塔の基壇と、中門の一部が確認されました。奈良時代の瓦と共に、それ以前の瓦も出土しています。白鳳時代(7世紀末)の寺を改築・整備したようです。

〔基壇〕土をつきかため、凝灰岩で表面を整え、礎石を置いて柱を受け、重い建物をささえました。
一辺 19.2m
高さ 1.6m
(階段の巾 4.5m)

近くには鳥坂寺・土師寺などの寺院群や、河内国府など著名な古代の遺跡が密集しています。大和川をはさんだ北東の山には、大和と河内を結ぶ古代の主要路「龍田越(立田越)」がとおり、古くは桜・紅葉の名所としても知られていました。

雁がねの 来鳴きしなへに 韓衣 立田の山は もみち始めたり(万葉集)

平成2年3月

大阪府教育委員会 柏原市教育委員会

案内板2「河内国分寺塔跡」

+ 開く

河内国分寺塔跡

柏原市国分東条町三八七二番地の二

天平一三年(西暦七四一年)聖武天皇は、諸国に国分寺・国分尼寺の建立を詔しました。この詔をうけて河内国に建てられた寺院が、河内国分寺です。

河内国分寺は大和川を望むすばらしい景観の位置に建てられ、東西二町(二一六メートル)・南北二・五町(二七〇メートル)の範囲を寺域としています。西側の丘陵には、南大門・中門・金堂・講堂などが、また東側丘陵上には、塔院のほか、寺院に付属する施設が建てられていたと考えられます。

塔は、一辺六三尺(一八・九メートル)高さ五尺(一・五四メートル)の基檀のうえに建てられていた七重塔と推定されます。基檀は、周囲に凝灰岩の切石を積んだ壇上積み基檀とよばれるものであり、基檀上面には凝灰岩の切石を敷きつめ、枘の出た礎石を配しています。

その規模は河内国分寺にふさわしいものであり、往来する人々はその姿を驚きをもって眺めたことでしょう。

平成六年三月

大阪府教育委員会 柏原市教育委員会

 

河内国分寺はいつしか廃絶し、長らく所在もわからなくなっていたのですが、この地に河内国分寺があったと判明した今、2009年に至り河内国分寺が復興しました。高野山真言宗の寺院としてお堂が整備され、宗教空間として再び蘇ろうとしています。

 

新生・河内国分寺からは大和川の流れる谷と生駒山地を見渡すことができます。こんなところに本当に国分寺があったのかとつい思ってしまうような、狭く急な地形となっているのがわかります。

 

当社の周囲はブドウ畑となっています。柏原市をはじめ中河内・南河内地方はブドウ畑が多く、中でもデラウェアという品種は全国有数の産地となっています。年間を通して雨が少なく日照時間の長い当地はブドウの栽培に適しているようです。

 

谷底を流れる大和川。奈良盆地に集められた雨水がこの狭い谷を通り抜けます。大和川の作った斜面の上に当社や河内国分寺が立地すると言えます。

 

地図

大阪府柏原市国分東条町

 

関係する寺社等

國分神社 (大阪府柏原市国分市場)

社号 國分神社 読み こくぶ 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府柏原市国分市場 旧国郡 河内国安宿部郡国分村 御祭神 大国主命、少彦名命、飛鳥大神 社格 旧村社 例祭 7月17日、10月17日   ...

続きを見る

杜本神社 (大阪府羽曳野市駒ケ谷)

社号 杜本神社 読み もりもと 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府羽曳野市駒ケ谷 旧国郡 河内国古市郡駒ヶ谷村 御祭神 経津主命、経津主姫命 社格 式内社、旧村社 例祭 4月8日、10月7日8日 式内社 河 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.