1.大阪府 2.摂津国

楯原神社 (大阪府大阪市平野区喜連)

更新日:

社号 楯原神社
読み たてはら
通称
旧呼称 天神社、天満宮 等
鎮座地 大阪府大阪市平野区喜連
旧国郡 摂津国住吉郡西喜連村
御祭神 武甕槌大神、大国主大神
社格 式内社、旧村社
例祭 10月15日

 

楯原神社の概要

大阪市平野区喜連に鎮座する式内社です。

当社はかなり複雑な歴史をたどっているようで、簡潔にまとめると社伝では次のように伝えられています。

崇神天皇七年の創建で、元は楯原という字(現在の喜連西1丁目)に鎮座していました。桓武天皇の御代、十五という字に鎮座していた龍王社赤留姫命を祀る)を合祀し、その龍王社を奥の宮と称していました。楯原神社は文明十三年(1481年)に現在地の近くに遷座しましたが、元和年間に暴風雨で社殿が壊れたため現在地に遷座し社殿を造営。同年に付近に鎮座していた天神社孝元天皇を祀っていたと伝えられる)を合祀して菅原道真を祀るようになったことから本社は天神社天満宮と呼ばれるようになり、一方で奥の宮が楯原神社と呼ばれるようになりました。明治五年には奥の宮が楯原神社として村社に列せられましたが、明治四十年の神社整理の際に本社に奥の宮他を合祀し楯原神社と改めて復興しました。

その他、当社の創建の由緒として、この地の豪族であった大々杼名黒という人物が、崇神天皇より「武甕槌大神と大国主大神を同じ社で祀ることは畏れ多い」との詔を受けて楯原の地に武甕槌大神の十握の剣を「楯の御前社」、大国主大神の国平の鉾を「鉾の御前社」として祀り、後に神功皇后の詔により楯の御前社を「楯原神宮」に改称した、という話も伝えられています。

長らく当社の祭神は不詳とされていたので記紀を元にした付会と思われますが、住吉大社の社殿の左右に「楯の御社」と「矛の御社」が鎮座することは示唆深いように思います。ただし『住吉大社神代記』(住吉大社に伝わる古典籍)には子神などの関係社として楯原神社の記載はありません。ただ、住道神に関して「託宣によって移徒し、河内國丹治比郡の楯原里に坐す。故に住道里の住道神と号す」とあり、当社鎮座地の「喜連」が「」の転訛であり磯歯津路の「呉坂」との関係が考えられることからも、当社がスムチの神を通して住吉大社と関係があったことは十分考えられます。(スムチの神についての詳細は神須牟地神社中臣須牟地神社の記事をご覧ください。)

「喜連」の地名が『倭名類聚抄』の摂津国住吉郡の「伎人(くれひと)郷」の遺称であると考えられる一方、『住吉大社神代記』では楯原里が河内國丹治比郡とされているように、当地の属する国も頻繁に変わったようです。

長くなりましたが、このように当社の歴史の複雑さはとても一言では表しにくく、調べるほどに奥の深い神社となっています。

 

境内の様子

当社の境内入口は西側と南側の二ヶ所ありますが、社殿からの正面にあたる西側の入口から入っていきます。

 

西側鳥居をくぐると参道が真っすぐに伸び、木々が鬱蒼としてます。

ただし、2018年の台風21号の影響により境内の多くの樹木が倒壊してしまい、2019年現在はこの光景とは一変しています。(写真は2015年のもの)

 

社殿は西向きに建っています。拝殿は平入の入母屋造に唐破風と千鳥破風が付いたもの。瓦葺きでどっしりとした印象です。

 

拝殿前の狛犬。こちらもどっしりと構えています。

 

本殿は千鳥破風の付いた一間社流造。幣殿のような建物で接続しており権現造のような形になっています。江戸時代前期の元和年間の建立で、大阪市指定文化財

 

社殿の後方(東側)に境内社が鎮座しています。こちらは「正一位稲荷大明神」。

 

こちらは「楠社」。

大阪市内ではクスノキに龍蛇が住まわれるという信仰がよく見られ、こちらもその類と思われますが、周囲にクスノキがありません。枯死したのか、どこかから遷座してきたのかもしれません。

 

こちらはとても珍しい「神寶十種之宮」。饒速日命が授かったという物部氏ゆかりの神宝で、元々は石上神宮に納められていましたが、戦乱や幕末の動乱に巻き込まれ町の古道具屋の店頭に並んでいたのを喜連の住民が購入し祀ったものだといわれています。

案内板「神宝十種宮略記」

+ 開く

神宝十種宮略記

配祀神

布留御魂大神(十種神宝)は天璽瑞宝十種に籠る霊妙なる御霊成れます。

瑞宝十種は、謂ゆる瀛津鏡一つ、辺都鏡一つ、八握生剱一つ、生玉一つ、死反玉一つ、道反玉一つ、蛇比礼一つ、蜂比礼一つ、品物比礼一、つにして神代の昔饒速日命が天降り給う時天つ神の詔をもって「若し痛む処あらば、茲の十種神宝をして甲乙丙丁戌己庚辛壬癸一二三四五六七八九十と謂いて布留部由良由良止布瑠部、此く為さば死人も生き反えらん」と教え諭して授け給いし霊威高き神宝なり。

其の御子、宇摩志摩治命は神宝を天皇に奉り、師霊の御前に蔵めて、永く宮中に奉斎せられたが、崇神天皇の御代に韴霊と共に石神布留の高庭に鎮り給うた。

付記

十種瑞津の宝の当地に鎮座ましますに至る由来は其の昔永禄年間室町幕府の末期足利義昭が織田信長に奉ぜられて入京そして永禄十一年十月十八日征夷大将軍に任ぜられ室町幕府第十五代将軍となった。

然れどもすぐにその権力はなく信長の力にたよらねば何事も出来なかった。しかし義昭は将軍となるや大和の法隆寺、石神神宮、山城の大徳寺、紀州の根来寺、攝州の本願寺など畿内の主な社寺や有力な大名に呼びかけて味方につけようとした為に、当然信長と衝突した。かくするうちに天正元年義昭は公然と武田、浅井、朝倉、本願寺などと手を組み信長討伐にのりだした。

しかし信長はたちまち反撃に出てそれをおさえた。それ時、天正元年八月石上神宮も織田の武将達の焼打にあひ財宝はうばわれ十種瑞津神宝は持ち去られた。その後、天正十年信長は、本能寺に明智光秀に討れ、光秀又、豊富秀吉の為、山崎合戦に破れ天正十三年秀吉天下を取るに至る。

石上神宮の神宝、十種瑞津の神宝は心ある士に守られて保護されていた。秀吉その士に十種瑞津神宝の話を聞き餘りの有難さと現実の因果におどろき十種瑞津の神宝を生魂の森深く永久に鎮まりませと納め奉った。時は流れ徳川幕府も終わりの討幕運動が大詰にはいった慶應三年八月下旬、名古屋地方に伊勢神宮のお札が降ったとのうわさをきっかけに老若男女が気違いのように踊り狂い乱舞は日に夜につづき、はじめは京都、大阪、大津など、近畿地方に行なわれ、次第に日本全国に及んだ。鳴物入りで「ええじゃないか」のはやしをつけた卑俗な唄をうたいながら踊り歩いた。

これはかつての「おかげまいり」にみられた宗教的興奮が倒幕直前の政情不安に乗じて形をかえた。「世なほし」騒動の要素も交っており気にくわぬ地主や富豪の家に踊り込み暴れ廻った。そして暴徒は社寺佛閣にまで押しかけて荒れ狂ひ、生魂の宮もおそれて暴徒のほしいままにされた。

其の時に、神宝瑞津の宝は、二度目の難を受け暴徒に持ち去られて、生魂の森よりお姿が消えた。

その後、神宝は町の古道具やの店頭にさらされていたのを喜連に住む小林某なる人により発見され、買いもとめてこれを家にて祭れり。後小林氏当地を去るにあたり浅井氏に預け、浅井氏又、この地の旧家増池氏に預けられしが、増池氏敬崇の志厚く永代御灯明料共に神宝を式内楯原神社に奉納と社殿を建立し斎き祭るに至れり。

後に室戸台風にあひ、社殿はたおれ長らく拝殿に祭り居りしも、今里の庄司善雄氏(石上神宮守護職の子孫)が尋ね来り神宝を石上神宮にかえしてくれる様頼まれしもこの尊き神宝をかえさづにあたらしい社殿を建立してこれを末永く斎き祭るに至れり。

河内国河上の哮峯に天降座りしより幾千年、神宝はよき地を得て鎮まる処を得るなり。

「之文歴史参照 庄司氏談話より」

式内楯原神社

 

境内の隅に建つ絵馬殿は半ば物置小屋と化していました。吊り下げられてる鐘が気にかかるところ。

 

実質的な表参道は南側でしょうか。手水舎はこちら側に設置されています。

 

境内は桜の木が多く、桜の咲く時期はこのように美しい光景を見せてくれます。

 

当社の周辺には古い町並みがよく残っています。大阪市内でもまだまだこのような景観は残っているものだと感心してしまいます。

 

御朱印

 

 

由緒

案内板「式内楯原神社」

+ 開く

式内楯原神社

当社は社伝では崇神天皇七年の鎮座とされる古社で延喜式内の神社である

いにしえは、もとの字楯原(現在の喜連西一丁目、近畿電波監理局敷地)にあったが、兵火に遭って現在の地に遷座し、桓武天皇の時(西暦八〇〇年頃)字十五の竜王社を合祀し、境内別殿として奥の宮と称した

さらに、元和元年(一六二〇年頃)付近の天神社を合祀し、天神社と称するようになり、楯原の社名は別殿の奥の宮に移った。(現在の奥の宮には十種神宝宮を摂社として遷座、日本最初の神宝で、十種の祓は大正三年内務省選定)

このため明治五年、式内の楯原神社は社格を得ず、併祀の天神社が村社となる状況であったが明治四十年、神社整理を機に現在の社名に改められた

当社には万葉集にも詠われている息長家の碑が祀られている

また、隣接の如願寺は当社の宮寺であったが、明治維新後分離した

祭神 武甕槌大神 大国主大神

平野区役所

石碑「式内楯原神社ノ由来」

+ 開く

式内楯原神社ノ由来

楯原神社ハ、延喜式内ノ神社デ、位置ハ旧喜連村ノ寺町ニアル。昔ハ字楯原ニアッテ、建御雷命及ビ大国主命ヲ祀ッテイタガ、後兵火ニ羅ッテ、今ノ所ニ遷座シ、字十五ノ龍王社ヲ合併シ、境内ノ別殿ニ祀ッテ「総ノ宮」ト称シタ。元和年間更ニ附近ノ天神社ヲ合祀シ後亦菅原道眞ヲ併祀シタガ、俗ニ天満宮ト呼ビ天神社ト公称、イツシカ本来ノ祭神ハ忘レラレテ菅原道眞ノミヲ祭神トナス。楯原ノ社名ハ別殿ノ奥ノ宮ニ移ッテ、龍王社ノ祭神赤留姫ハ楯原神社ノ祭神ト転ジ、明治五年本社ノ天神社ハ社格ヲ得ナカッタ。コレニ反シ別殿ノ楯原神社ハ村社ニ列セラレテ爰ニ全ク並立ノ両柱トナッタ。然ルニ神社合併ノ議オコリ、明治四十年九月村社楯原神社村社東西神社(旧東喜連村ニアリ、素盞嗚尊、忍坂大中姫命合祀)及ビ無格社春日神社(旧東喜連村ニアリ、春日大神)ヲ天神社ニ合祀シタ。カクテハ由緒アル楯原神社ノ社名ヲ没スルヲ以ッテ同四十三年十二月天神ノ東西春日ノ三社ヲ楯原神社ニ合祀セラレタルモノガ即チ楯原神社デアル。是ヨリ先明治四十年一月神饌幣帛科供進社ニ指定セラル。境内ハ四百六坪、本殿、幣殿、拝殿、神楽殿、絵馬所、社務所ナドヲ有シ、氏地ハ喜連全域デアッタガ、昭和二十六年東喜連氏子一同ノ要望ニ依リ東西春日ノ両社ヲ同年八月七日元ノ東喜連ニ分離移転シタ。同時ニ地域氏子モ分離シタ

祭禮 夏祭 七月五日、例祭 十月十五日

『摂津名所図会』

+ 開く

楯原神社

西喜連村にあり。延喜式出。住吉に楯御前杜あり。同神ならんか。証不詳。今天満宮と称す。後世神名相変る事嶋下郡茨木明神の下に辨ず。当社この所の生土神とす。 例祭九月二日。

 

地図

大阪府大阪市平野区喜連

 

関係する寺社等

住吉大社 (大阪府大阪市住吉区住吉)

社号 住吉大社 読み すみよし 通称 住吉さん 旧呼称 住吉四社大明神 等 鎮座地 大阪府大阪市住吉区住吉 旧国郡 摂津国住吉郡住吉村 御祭神 底筒男命、中筒男命、表筒男命、神功皇后 社格 式内社、摂 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.摂津国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.