1.大阪府 2.摂津国

神須牟地神社 (大阪府大阪市住吉区長居西)

更新日:

社号 神須牟地神社
読み かみすむぢ
通称
旧呼称 三の宮 等
鎮座地 大阪府大阪市住吉区長居西
旧国郡 摂津国住吉郡寺岡村
御祭神 神産霊大神、天日鷲命、少彦名命
社格 式内社
例祭 7月21日、10月21日

 

神須牟地神社の概要

大阪市住吉区長居西に鎮座する式内社です。『延喜式』神名帳の攝津國住吉郡に「須牟地」と付く神社が三社記載されてあり、当社はその内の一社です。

『住吉大社神代記』(住吉大社に伝わる古典籍)には「子神」として「住道神」というのが二つ記載されてあり、どちらかが当社であると考えられます。また「中臣住道神」や「須牟地曾禰神」と併せて「件の住道神達は八前なり」とあり、「八前」が何を指すのかはっきりしませんが、スムチなる神は全て合わせると八柱あったということでしょうか。

「スムチ(スムヂ)」というのは、住吉津から東に延びていた古代の道である「磯歯津路(しはつみち)」のことであると本居宣長が唱えて以来、この説が有力なようです。『日本書紀』の雄略天皇十四年の記事に、住吉津に到着した呉の賓客のために道を造り磯歯津路を通わせ呉坂と名付けたとあります。当社の東方に「喜連(きれ)」という地名がありますが、これは呉(くれ)が訛ったものだと言われており、先の記事に説得力を持たせています。

この説に従うならば、スムチの神々はこの「磯歯津路」を守護する交通の神ということになるでしょう。一方でシハツミチがスムチと訛るものなのか、一部の学者が説くように住吉(スミノエ)のスミに何らかの意味があるのならスムチもこれに関連してくるのではないか、等いくつかの疑問が残ります。

いずれにしても住吉大社と関係が深かったようです。一方で『新撰姓氏録』に「素戔嗚命の後」であるという「住道首」というのが記載されており、この氏族が関わっていた可能性もあります。

また当社は式内社の「多米神社」を合祀しており、跡地が現在も残っています

 

境内の様子

境内入口。鳥居の後ろに建つ神門は神社にしては珍しく薬医門となっています。

 

神門をくぐると左手に手水舎があります。手水鉢はいわゆる盃状穴がボコボコに穿たれててすごいことに。

 

境内はクスノキが木陰となってとても気持ちのいい空気を作りだしています。

 

参道途中の狛犬その①。こちらはずんぐりとしているオーソドックスなもの。

 

参道途中の狛犬その②。こちらはほっそりとしていて他にあまり見ないタイプ。ポケモンの第二進化形のような感じがあります。

 

参道をまっすぐ進んでいくと社殿があります。拝殿は大きな唐破風の向拝が特徴的。

 

社殿の左側に、江戸時代に式内社の「神須牟地神社」が当社に比定されたことを記念して建てられた石碑があります。摂津国の式内社でしばしば見かけるものです。

貼紙「神須牟地社・多米社の碑について」

+ 開く

神須牟地社・多米社の碑について

神須牟地神社は延喜式内社で由緒ある神社で古来より三の宮と称えて信仰の厚い神社である。

慶長年間(一五九〇年頃)大坂夏の陣の際兵火に罹り御社殿が焼失したが、当時の豪族多賀谷氏他四名が協力して再建し、元和四年(一六〇〇年頃)八月二十一日に遷座した。ゆえに当社では二十一日が御祭日となっている。

多米神社は古い豪族多米連が創建したと称せられ延喜式内社の古い神社で別名苗見神社又種貸神社と言われ又ただ明神さまと称して浪速の名所に数えられ農耕の神又子宝の神として崇敬があった。又言伝えによると住吉大社の御田植の苗を当社で栽培したと言う。

元文元年(一七三〇年頃)九月徳川幕府は神須牟地神社及び多米神社の廃滅に瀕せしを憂い、幕史菅廣房に命じて双方の地に神須牟地社多米社と刻んだ石碑を建立し現存している。

平成十七年一月七日大阪市指定歴史資料有形文化財指定

 

柵により境内後方に入ることができませんが、本社本殿が流造であることは辛うじて確認できます。

 

境内に入ってすぐ左手に鎮座する境内社。恐らく案内板に記されている「農神社」で「大己貴命」を祀っていると思われます。

 

住宅地に囲まれた神社ですが、どこを切り取っても絵になる素敵な神社でした。

 

由緒

案内板「神須牟地神社由緒」

+ 開く

神須牟地神社由緒

延喜式内の古社であって三の宮と称され遠く二千年の昔の創建である

御祭神 神産霊大神・天日鷲命・少名彦命

本社は 古来酒造将又医薬の祖神として信仰厚く又文武両道の守護神として御神徳顕著であった

本社殿は 慶長年間兵火にかかったが豊臣の浪人多賀谷氏外四名の協力で元和四年八月二十一日再建された

元文元年九月徳川幕府は本社および多米神社の廃滅に瀕せしを憂い幕吏菅廣房に命じ「神須牟地神社」・「多米神社」と刻せる石碑二基を双方の地に建立せしめ今尚現存している

境外末社 多米神社は延喜式内の古い社で別名を「苗見神社」又は「種貸神社」とも言われ崇敬された

御祭神 宇賀魂命・神稚魂命・保食神

境内末社 農神社は農耕の神として農民に崇敬された

御祭神 大己貴命

当神社 御祭礼日

夏大祭 七月二十一日

秋大祭 十月二十一日

月例祭 毎月二十一日

 

地図

大阪府大阪市住吉区長居西

 

関係する寺社等

多米神社跡 (大阪府大阪市住吉区長居)

社号 多米神社 読み ため 通称 旧呼称 苗見社、種貸社 等 鎮座地 大阪府大阪市住吉区長居 旧国郡 摂津国住吉郡寺岡村 御祭神 宇賀魂命、神稚魂命、保食神 社格 式内社 例祭 当地での祭祀は廃絶 式 ...

続きを見る

中臣須牟地神社 (大阪府大阪市東住吉区住道矢田)

社号 中臣須牟地神社 読み なかとみすむぢ 通称 旧呼称 住吉大明神 鎮座地 大阪府大阪市東住吉区住道矢田 旧国郡 河内国丹北郡住道村 御祭神 中臣須牟地神、神須牟地神、須牟地曽祢神、住吉大神 社格 ...

続きを見る

須牟地曽根神社 (大阪府堺市北区蔵前町)

社号 須牟地曽根神社 読み すむぢそね 通称 勝手大明神 旧呼称 鎮座地 大阪府堺市北区蔵前町 旧国郡 河内国八上郡長曽根村 御祭神 須牟地曽根命、勝手大明神、毘沙門天 社格 式内社 例祭 式内社 攝 ...

続きを見る

住吉神社 (大阪府大阪市東住吉区湯里)

社号 住吉神社 読み すみよし 通称 旧呼称 須牟地神社、住吉二之宮 等 鎮座地 大阪府大阪市東住吉区湯里 旧国郡 摂津国住吉郡湯谷島村 御祭神 中筒男命 社格 式内社 例祭 7月31日 式内社 攝津 ...

続きを見る

住吉大社 (大阪府大阪市住吉区住吉)

社号 住吉大社 読み すみよし 通称 住吉さん 旧呼称 住吉四社大明神 等 鎮座地 大阪府大阪市住吉区住吉 旧国郡 摂津国住吉郡住吉村 御祭神 底筒男命、中筒男命、表筒男命、神功皇后 社格 式内社、摂 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.摂津国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.