1.大阪府 2.摂津国

多米神社跡 (大阪府大阪市住吉区長居)

更新日:

社号 多米神社
読み ため
通称
旧呼称 苗見社、種貸社 等
鎮座地 大阪府大阪市住吉区長居
旧国郡 摂津国住吉郡寺岡村
御祭神 宇賀魂命、神稚魂命、保食神
社格 式内社
例祭 当地での祭祀は廃絶

 

多米神社の概要

大阪市住吉区長居に跡地があります。式内社で、『住吉大社神代記』(住吉大社に伝わる古典籍)の「子神」に「多米神」とあり、古くから住吉大社と関係が深かったようです。

『新撰姓氏録』に「神魂命の五世孫、天比和志命の後」であるという「多米連」が見え、この氏族が祖神を祀ったものと思われます。この氏族は成務天皇の御代に宮中の食料を司る大炊寮に仕え、その飯が大変美味であったのでこの名を賜ったとあります。

当社は近世には「苗見社」又は「種貸社」と称し、明暦元年(1655年)に住吉大社へ遷座して現在の種貸神社として祀られてる一方、明治四十一年に神須牟地神社に合祀されたとも伝えられています。どういうことでしょうか。住吉大社への遷座後、同地での祭祀が再開されたのかもしれません。

 

境内跡地の様子

こちらが境内跡地の一画です。玉垣や鳥居が設けられてあり、跡地という割には神社としての体裁が整っています。

 

入口横には「延喜式内 多米神社之址」と刻まれたかなり立派な石碑が建っています。

 

鳥居をくぐると「多米社」と刻まれた石碑があります。これは江戸時代に式内社の「多米神社」が当社に比定されたことを記念して建てられたものです。

 

境内跡地にあるクスノキは注連縄が掛けられ、今も御神木として大切にされています。

 

由緒

案内板「神須牟地神社由緒」

+ 開く

神須牟地神社由緒

(略)

元文元年九月徳川幕府は本社および多米神社の廃滅に瀕せしを憂い幕吏菅廣房に命じ「神須牟地神社」・「多米神社」と刻せる石碑二基を双方の地に建立せしめ今尚現存している

境外末社 多米神社は延喜式内の古い社で別名を「苗見神社」又は「種貸神社」とも言われ崇敬された

御祭神 宇賀魂命・神稚魂命・保食神

(略)

(※全文は神須牟地神社の記事をご覧ください。)

 

地図

大阪府大阪市住吉区長居

 

関係する寺社

神須牟地神社 (大阪府大阪市住吉区長居西)

社号 神須牟地神社 読み かみすむぢ 通称 旧呼称 三の宮 等 鎮座地 大阪府大阪市住吉区長居西 旧国郡 摂津国住吉郡寺岡村 御祭神 神産霊大神、天日鷲命、少彦名命 社格 式内社 例祭 7月21日、1 ...

続きを見る

住吉大社 (大阪府大阪市住吉区住吉)

社号 住吉大社 読み すみよし 通称 住吉さん 旧呼称 住吉四社大明神 等 鎮座地 大阪府大阪市住吉区住吉 旧国郡 摂津国住吉郡住吉村 御祭神 底筒男命、中筒男命、表筒男命、神功皇后 社格 式内社、摂 ...

続きを見る

住吉大社境内社 (大阪府大阪市住吉区住吉)

お知らせ 住吉大社本社および大海神社については別記事にて紹介していますのでそちらも併せてご覧ください。 住吉大社の境内社 境内の鳥居側(西側)~南側 住吉大社の境内手前側から南側の空間を見ていきます。 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.摂津国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.