1.大阪府 2.河内国

仲村神社 (大阪府東大阪市菱江)

更新日:

社号 仲村神社
読み なかむら
通称
旧呼称
鎮座地 大阪府東大阪市菱江
旧国郡 河内国若江郡菱江村
御祭神 己己都牟須比命
社格 式内社
例祭 10月16日

 

仲村神社の概要

大阪府東大阪市菱江に鎮座する式内社です。

当社の創建は詳らかでありませんが、中臣系の氏族である中村連が祖神を祀ったと考えられています。『新撰姓氏録』左京神別に己々都生須比命の子、天乃古矢根命の後裔であるという「中村連」が登載されています。河内国には見えませんが、中河内もまた枚岡神社が鎮座することからもわかるように中臣氏の根拠地であることから、当地に中村連が居住していたことは十分考えられることでしょう。

山岳信仰だった枚岡神社に対し、当社は旧大和川の分流が河内湖に注ぎ中州を形成した地と思われ、低地における祭祀が行われたことと思われます。農耕に関する豊饒や水の分配を司る神への祭祀が行われたのかもしれません。

一方、当社は疱瘡(天然痘)の神としても広く知られていたようで、祈願の際は大和川(付け替え後は境内の菱澤池)で禊をし、社殿の雨垂れの砂を袋に入れてお守りにしました。江戸時代には淡路島の住人が当社に疱瘡治癒を祈願し、晴れて完治したために元文三年(1739年)に朱鳥居が奉納されたと伝えられます。また大阪城代であった堀田正順が伝染病の流行を恐れて当社に祈願し、灯籠が奉納されています。

天然痘の根絶した現在では想像しにくいですが、かつて天然痘の脅威は絶大なもので、罹ってしまうと高い確率で死に至る恐ろしい病気でした。天然痘はまさに死活問題であり、当社に託された願いは真剣そのものだったことでしょう。当社の疱瘡治癒に関する信仰圏の地理的な広さ、そして高位の人物にも信仰されたという人的な広さからしても、当社への崇敬の厚さが偲ばれるものとなっています。

天然痘が過去のものとなった現在では「普通の神社」といった雰囲気ですが、禊の行われた菱澤池がかつての面影を残しています。

 

境内の様子

境内入口。周囲は住宅や工場などがあり、かつて近隣諸国から信仰を集めたと思えないような、小さな街中の神社といった雰囲気です。

 

鳥居をくぐって右に曲がると注連柱と朱鳥居が建っています。江戸時代に淡路島の人が当社に祈願して疱瘡が完治し、感謝して朱鳥居を奉納したと言われていますが、この鳥居がそうなのでしょうか。

 

朱鳥居をくぐって右側(南側)に手水舎があります。

 

朱鳥居からやや右寄りに曲がって西向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造りに向拝が付いています。

 

拝殿前の狛犬。真新しいもので、たてがみが立派です。

 

拝殿前の左側(北側)に「稲荷大神」が鎮座しています。

 

社殿の後方、境内の東側に三基の祠が建っています。左から「歯神社」「琴平宮」「空八竜王」です。

 

境内の南東に「菱澤池」があり「水神」が祀られています。かつて疱瘡治癒の祈願の際は大和川に入り禊を行っていましたが、大和川の付け替え後はこの菱澤池で禊を行ったと伝えられます。疱瘡(天然痘)が根絶した今ではその信仰もなくなり、菱澤池もコンクリートで固められ水がなくなっています。

案内板「菱澤池」

+ 開く

菱澤池

本社は、往古より疱瘡除けの神として中河内郡誌にも「疱瘡を病めるもの祈れば験ありと稱して参詣するもの多し」とあり江戸時代には信仰を集めました。その祈願をするとき必ず禊をしたと言ふ、大和川に入り斎戎沐浴を行いそのうえ川瀬祓を行った。そして社殿の軒下の雨垂れの砂を頂きこれを袋に人れて腰に下げお守りとした。ところが、大和川が付け替えられて流れが少なくなり、その後は境内に現存の池「菱沢池)に入り禊をして澤邊祓を奉仕したとされる。

しかしながら時代の変遷により環境も著しく変わり池の水位も漏水により保存困難となり、かって先人が郷土の発展の為に歴史の上に築かれたものであり五殻豊穣、家内安全を祈願されたものです。

改修平成九年七月吉日

菱江仲村神社

 

タマヨリ姫
今じゃ全然馴染みが無いけど、天然痘って大変だったんだねぇ…。
罹ってしまうと苦しいのはもちろん、死に至る確率も高いからね。天然痘に霊験があるとされた当社は患者への精神的なよりどころともなったと思うわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「菱江と仲村神社」

+ 開く

菱江と仲村神社

東大阪市内には、菱江・若江など水辺を表わす地名があります。古代に河内平野が大きな入江となり、その岸辺であることを示す名前なのでしょう。いつ頃からこの付近に人が住みはじめたかは不明ですが、玉串川が二つに分流する間にできた、少し高くなったところに住んだものと思われます。

仲村神社は貞観9年2月に官社になっており、若江郡の二十二座の一つです。祭神は己々都牟須比命(天児屋根命の親神)としており、平安時代に編さんされた「新選姓氏録」には、中村連の先祖とされています。このことから、枚岡神社を中心とする中臣氏は、河内平野にも進出していたであろうと推定されます。(玉川百年のあゆみ)

また、「当社は疱瘡を病める者祈願すれば験ありと称し、参詣する者多し。(中河内郡誌)」とあり、正徳4年(1714)阿波淡路の領主蜂須賀侯の家臣陶山与一左衛門長之・水谷平右衛門勝政より疱瘡全快の謝恩のため鳥居が寄進されています。伝承では、何か祈願をするときは、大和川(菱江川)に入り斎戒沐浴を行う川瀬の祓いを行います。そして、社殿の軒下の雨だれの砂を頂き、これを袋に入れて腰に下げてお守りとしたそうです。大和川が付け替えられてからは、境内の菱沢池で祓いを受けたのですが、その風習も大正時代にはなくなったそうです。

昭和62年4月 大阪玉川農業協同組合 東大阪市教育委員会

案内板「仲村神社略記《延喜式内社》」

+ 開く

仲村神社略記《延喜式内社》

御祭神

己己都牟須比命(興台産霊命)

「新撰姓氏録」によれば

┌藤原朝臣
己己都牟須比命─天児屋根命┼大中臣朝臣
└中村連

とあり奈良の春日大社、河内の枚岡神社の御祭神『天児屋根命』の親神様『己己都牟須比命』を祭祀奉る神社であります。

御神徳

《病気平癒》《家内安全》《事業繁栄》《交通安全》《学業成就》《厄除け》《良縁結び》

御由緒

当社は延喜式内社と申しまして、延長五年(九二七)に完成した『延喜式』五十巻(醍醐天皇)の巻第九神名帳に「河内の国、若江郷、仲村神社」とあるが如く千年を越える古い歴史を持ち、その創立は当社の御祭神より分かれた藤原氏、中臣氏と並ぶ《中村連氏族》によって氏神として奉斎せられたことに始まり、近世には「菱江村」の氏神様となり、当時流行していた疱瘡(天然痘)の病魔退散の神として又、身体健康、家内安全を守る神として近郷近在は勿論、遠くは京都、阿波の徳島、淡路の庶民より崇敬され、上は朝廷藩主の信仰にも接し、その霊験も大なるものがあった。その証として淡路洲本の住人、陶山与一左衛門長之が病気平癒を祈願して後、目出度く完治した事を感謝して寄進した朱塗りの鳥居一基(元文三年、一七三九)又、寛政四年(一七九二)には、大坂城代であった紀朝臣正順(堀田正順)が伝染病の流行を恐れて、大阪庶民のために当社に祈願し、その謝恩として寄進したとされる石灯籠一対が、境内に現存し当時の信仰を現代に伝えている。

夏祭 七月二十五日
秋祭 十月十六日
月次祭 毎月一日、十五日

末社

琴平神社 御祭神 琴平大神

菱江稲荷神社 御祭神 宇賀御魂大神

『河内名所図会』

+ 開く

菱江村にあり。延喜式出。三代実録云 貞観九年二月預官社。この地の生土神とす。例祭九月廿七日。疱瘡を病もの祷れば霊意ありとぞ。

 

地図

大阪府東大阪市菱江

 

関係する寺社等

枚岡神社 (大阪府東大阪市出雲井町)

社号 枚岡神社 読み ひらおか 通称 枚岡大社 等 旧呼称 平岡社 等 鎮座地 大阪府東大阪市出雲井町 旧国郡 河内国河内郡出雲井村 御祭神 天児屋根命、比売御神、経津主命、武甕槌命 社格 式内社、河 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.