1.大阪府 2.和泉国

日部神社 (大阪府堺市西区草部)

更新日:

社号 日部神社
読み くさべ
通称
旧呼称 牛頭天王 等
鎮座地 大阪府堺市西区草部
旧国郡 和泉国大鳥郡草部村
御祭神 彦坐王、神武天皇、道臣命
社格 式内社、旧村社
例祭 10月5日

式内社

和泉國大鳥郡 日部神社

 

日部神社の概要

大阪府堺市西区草部に鎮座する式内社です。草部の地名は『倭名類聚抄』和泉国大鳥郡にある「草部郷」の遺称で、古い地名です。

当社の創建・由緒は詳らかでありませんが、当地に居住した日下部氏が祖神を祀ったと考えられています。『新撰姓氏録』に次の氏族が登載されています。

  1. 山城国皇別「日下部宿祢」(開化天皇の皇子、彦坐命の後)
  2. 摂津国皇別「日下部宿祢」(開化天皇の皇子、彦坐命より出る)
  3. 河内国皇別「日下部連」(彦坐命の子、狭穂彦命の後)
  4. 河内国皇別「日下部」(日下部連同祖)
  5. 和泉国皇別「日下部首」(日下部宿祢同祖、彦坐命の後)
  6. 和泉国皇別「日下部」(日下部首同祖)
  7. 摂津国神別「日下部」(火闌降命の後)
  8. 摂津国神別「日下部」(神饒速日命の孫、比古由支命の後)
  9. 摂津国未定雑姓「日下部首」(天日和伎命の六世孫、保都祢命の後)

1~6と7、8、9はそれぞれ別系統の氏族です。このように日下部氏はいくつかの系統があり謎の多い氏族ですが、当社を奉斎したのは彦坐命の子孫であり和泉国に居住した5か6の氏族と思われます。

『古事記』において神武天皇が上陸した「楯津=日下の蓼津」とは一般には河内湖沿岸だった生駒山地の山麓と考えられていますが、本居宣長等の『古事記伝』等では当地に比定しています。当社に神武天皇を祀るのはこの縁からと思われます。

また道臣命は神武天皇の先鋒を務めて案内したとされています。これも神武天皇に因んでのことでしょうか。或いは道臣命は別名を日臣命といい、当社の社名「日部」と関連付けられたのかもしれません。

当社は元は南方数百mの地にあった御山古墳の地に鎮座していましたが、明治四十四年(1911年)に八坂神社の鎮座していた現在地に遷座し主祭神として祀ったと伝えられています。ただし、それより以前の江戸時代に刊行された『和泉名所図会』の挿絵は明らかに現在地を日部神社としており、矛盾が生じています。日部神社の記事に牛頭天王と称した旨が書かれていることから、当初は八坂神社が日部神社とされていたものの、後に比定の変更があったということでしょうか。いずれにせよ比定に錯綜があったことが窺えます。

 

境内の様子

境内入口。南向きに一の鳥居が建ち、参道が延びています。

 

鳥居脇の狛犬。花崗岩製です。

 

参道の途中に二の鳥居が建っています。参道の左側(西側)には社務所。

 

さらに参道を進んでいくと四脚門の神門が建っています。この神門は江戸時代初期の建築で、堺市指定有形文化財となっています。神門の前に桜の木があり、花の時期には非常に美しい光景を見せてくれます。

 

神門をくぐると右側(東側)に手水舎があります。

 

正面に南向きの社殿が建っています。拝殿は瓦葺きで、千鳥破風と唐破風の向拝が付いています。この拝殿は当社に合祀された菅原神社のものを移築したものです。

 

拝殿前の狛犬。こちらも花崗岩製です。

 

本殿は瓦葺きで、非常に変わった形式です。背面は妻入の入母屋造、正面は妻入の切妻造に縋破風が付いたもの。南北朝時代から室町時代にかけての頃に建立されたと考えられ、貴重な建築として国指定重要文化財となっています。

 

社殿左側(西側)の神庫には当社に伝わる古い四角柱型の石灯籠が収められています。正平二十四年(1369年)の銘があり、保存状態が良く、貴重な石造物としてこちらも国指定重要文化財となっています。

案内板「日部神社 石燈籠」

+ 開く

日部神社 石燈籠

この石燈籠は四角形のすっきりした美しさと、和泉砂岩の細かい石質を生かした装飾性豊かな彫刻に特色があります。

比較的薄作りの笠の上には、近畿地方の石燈籠には珍しく四方に火炎をあらわした宝珠をのせ、火袋の大きく面取りした各面には厚肉彫りで四天王立像を刻んています。火袋の火口を除いた各面には宝相華唐草文・唐草文・日月輪・雷文を記し、火袋を受ける中台側面は二区に分け唐草文をあしらっています。

方形の竿やそれを受ける基台の意匠もまたすばらしいもので、竿の二面に刻まれた昇り龍と降り龍は頭と尾の先を見せているだけで胴は雲の中に隠れ、基台四面の唐獅子は全て形姿が異なるなど構図にも工夫がみられます。竿の他の二面には「和泉国 大鳥郡草部上条牛頭天王燈籠也」「正平二十亖己酉年卯月八日」という銘文が記されており、この石燈籠が南北朝時代・正平24年(1369)に作られたことがわかります。製作年代の判明する工芸的に優れた四角燈籠として大変貴重な作品です。

以前は本殿の向かって右側に置かれていましたが、風雨によって石質の劣化が進行したため保存修理がおこなわれ、修理後、石燈籠は収蔵庫内に移され、もとの場所には複製品が置かれています。

1994年3月 堺市教育委員会

 

社殿の右側(東側)には「祖霊社」が鎮座しています。

 

当社の神門前の桜はとても美しく、一見の価値があります。お越しの際は春の参拝をオススメしたいところです。

 

タマヨリ姫
この神社を祀ってきたのは日下部氏らしいけど、日下部氏っていっぱい系統があるんだね。紛らわしい!
『新撰姓氏録』に和泉国に登載されてるのは彦坐命の系統の日下部氏ね。この系統の氏族が祀ってきたと考えられてるわ。
トヨタマ姫

 

御朱印

 

 

由緒

案内板「日部神社」

+ 開く

日部神社

当社は、この地を原籍とする日下部氏の祖彦坐命を祭神として、延喜式神名帳にも記されている古社です。

明治の神社合祀策によって、鶴田村字輪之内にあった日部神社、同字寺山の八坂神社、原田の熊野神社、上村の菅原神社が合祀され、現在に至っています。

本殿は、南北朝時代の建築で、向拝等には時代の特徴が見られます。向拝の蟇股には、祭神である牛頭天王にちなんだ牛、左右の蟇股には、唐獅子が彫られています。

石燈籠(現在は収蔵庫内)は、四天王像、唐草文、牡丹や獅子など豊かな装飾が施されています。竿に刻まれている銘文から、この石燈籠が正平24年(1369)に作られたことがわかります。

本殿と石燈籠は、国の重要文化財に指定されています。

神門は、桃山時代の様式を受け継ぐ17世紀前期の四脚門で、平成20年に堺市指定有形文化財に指定されています。

『和泉名所図会』

+ 開く

日部神社

草部村にあり。延喜式内なり。日部の祖神を祭る。今牛頭天王として産砂神とす。

 

地図

大阪府堺市西区草部

 


-1.大阪府, 2.和泉国
-, ,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.