1.大阪府 2.和泉国

男乃宇刀神社 (大阪府和泉市仏並町)

更新日:

社号 男乃宇刀神社
読み おのうと
通称
旧呼称 牛頭天王 等
鎮座地 大阪府和泉市仏並町
旧国郡 和泉国和泉郡仏並村
御祭神 彦五瀬命、神日本磐余彦尊、五十瓊敷入彦命
社格 式内社、旧郷社
例祭 10月第二日曜日

 

男乃宇刀神社の概要

大阪府和泉市仏並町に鎮座する式内社です。

『延喜式』神名帳には男乃宇刀神社は二座とありますが、元々は一座が当地に鎮座して「上之宮」と呼ばれ、もう一座はかつて当地の北方、下宮町地区にある和泉市総合スポーツセンター(旧・大阪府立横山高等学校)の敷地内に鎮座して「下之宮」と呼ばれていました。昭和二十年(1945年)に下之宮は上之宮に合祀されました。

男乃宇刀神社の「男乃(オノ)」とは「兄」の意で、上之宮に兄である彦五瀬命を祀り、また「宇刀(ウト)」とは「弟」の意で、下之宮に弟である神日本磐余彦尊(神武天皇)を祀ったと言われています。

社伝によれば神武東征の際、長髄彦との戦いにおいて彦五瀬命が負傷し退却したときに当地に立ち寄り、当時この地を治めていた「横山彦」という人物が奉迎して行宮を営んだとされ、この縁により元慶年間に当社が創建されたと伝えられています。行宮の地は「狩山」と言って今の槇尾中学校の裏手にあたり、また彦五瀬命が傷を洗ったとされる「解気井(さぬきのい)」というのが坪井町地区の澤家に伝わっています。

また、五十瓊敷入彦命がこの地を領せられたとも伝えられ、この縁で当社の祭神の一柱として祀られています。

文禄年間には上之宮・下之宮ともに牛頭天王が祀られました。その際、上之宮には新しく八坂神社が建てられた一方、下之宮はやや複雑な経緯を辿っています。下之宮は祭神の神武天皇を切坂という字に遷し、元の地を八坂神社としましたが、時代を経て明治四十五年に神武天皇は元の地である八坂神社へと合祀され再び旧地で祀られる格好となりました。その後昭和二十年に上之宮へ合祀されたのは前述の通りです。

このように当地一帯は神武天皇ゆかりの地として語られていたようです。和泉山脈にほど近い山間の地に神武東征の伝説があるのは少し不思議な気もしますが、日根郡(泉南市)の「男神社」と共に和泉国における神武東征の伝説の一端を担っています。

 

境内の様子

境内入口。当社は集落のある谷に突き出た崖の上に鎮座しており、麓の鳥居から石段が続いています。

 

鳥居両脇の狛犬。花崗岩製で威厳あるものです。

 

境内は緑豊かなちょっとした山といった感じで、石段を上っていくと広い空間があり、その先に社殿が建っています。

 

社殿は東向き。拝殿は前側と後側の二ヶ所にあり、前側の拝殿は平入の入母屋造で、中央に通路のある典型的な割拝殿です。

 

割拝殿の通路。ここを通って奥の空間へ入ります。

 

割拝殿をくぐると鳥居ともう一つの拝殿が建っています。こちらの拝殿は平入の入母屋造りで唐破風が付いています。こちらは割拝殿でなく普通の拝殿。

 

その後方の壇上に中門、そして本殿が建っています。本殿は三間社流造で千鳥破風と唐破風が付いており、やや古い建築のように思います。

 

本殿の建つ壇の前で左右に向かい合って二棟の境内社が鎮座しています。社名・祭神等は不明です。

 

後方の拝殿の脇にも境内社が鎮座しています。やはり社名・祭神等は不明。

 

境内の北側に「八坂神社」が鎮座しています。当社は文禄年間に牛頭天王が勧請され、江戸時代には当社自体が牛頭天王と称されるようになりました。現在はこのように境内社として祀られているようです。

 

八坂神社を取り巻くように数多くの祠が建っています。いずれも社名・祭神等は不明です。

 

参拝者の動線からは完全に外れて、境内の南側に鳥居と手水舎があります。崖下の鳥居から参拝するとなるとこちらの空間へ足を運ぶのは不自然としか言いようが無く、不思議な配置です。もしかしたらかつてはこちらが表参道だったりするのでしょうか?

 

手水舎の後方に池があり、その浮島に石祠が建っています。社名・祭神は不明ですが、立地的に恐らく弁財天・市杵島姫神を祀っているのでしょう。

 

池の奥にも石祠があり、これを囲う瑞垣に「九頭神 講中」とあるので恐らく「九頭神」が祀られていると思われます。

気になるのは石祠の前に丸い石が積まれていることです。甲斐では道祖神として丸石を祀ることがよくありますが、当地でもそのような信仰があったのでしょうか。

 

当社付近の様子。大阪平野とは異なり、山の迫った農村といった風景です。

 

タマヨリ姫
神武天皇が長髄彦との戦いに負けてここまで逃げてきたんだってね!なかなか大変そうな道のりだなぁ。
もちろんそれは伝説上の話よ。でも和泉国では泉南市の男神社と共に神武天皇ゆかりの数少ない神社と言えるわね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「男乃宇刀神社由緒記」

+ 開く

男乃宇刀神社由緒記

創建年代

元慶年間(八七七~八八五年 平安初期・陽成天皇の代)

現神社再建年代

文化年間(一八〇四~一八一八年 江戸末期・光格天皇の代)

御祭神

彦五瀬命
神日本磐余彦尊(神武天皇)
五十瓊敷入彦命

男乃宇刀神社の男乃は兄乃にて皇兄彦五瀬命を、宇刀は弟にて神日本磐余彦尊即ち人皇第一代神武天皇(在位紀元前六六〇~紀元前五八五年)を意味している。そして、五十瓊敷入彦命は垂仁天皇の代(紀元前二年~紀元後七〇年)に横山の地を領せられた縁故がある。いずれも創建時に奉祀された。

本社は、当所は延喜(九〇一~九二三年)式神名帳に記された男乃宇刀神社二座のうち一座で、御祭神は彦五瀬命と五十瓊敷入彦命であり上之宮と称されてきた。もう一座は、下宮町今の和泉市総合スポーツセンターの地において、御祭神は神武天皇であり下之宮と称されてきた。

由緒として、神日本磐余彦尊は日向国(今の宮崎県高千穂)から日本の統一のため兄の彦五瀬命とともの東へ向かい、大和を平定しようとした。いわゆる神武東征である。やがて紀元前六六〇年に橿原宮で即位初代神武天皇となられるのであるが、その過程においては負け戦もあり、生駒の地においての長髄彦との戦いの時には彦五瀬命は矢を腕にうたれ重傷を負い立て直しの為退却することとなった。その途中においてこの横山の地に立ち寄り、これを当時この地を治めていた横山彦が奉迎し今の狩山(現槇尾中学校の裏手の地)に行宮を営んだ、とある。狩山という地名もその時に神日本磐余彦尊が狩りをしたといわれる事からついた地名である。また、彦五瀬命が矢傷を洗われた所は坪井町澤家にある解気井(さぬきのい)であるといわれている。こうしたかかる深き縁をもって元慶年間に神社を創建したのであった。

また、明治維新まで境内には「常願寺」という宮寺があり鎌倉初期に宇治川合戦先陣の巧賞で横山荘を授けられた佐々木高綱の建立といわれ当寺を菩提寺としてのち出家し住職をしたといわれている。

男乃宇刀神社二座とともに文禄年間(一五九二~一五九六年)に牛頭天王を奉祀する事となり、上之宮座においては新しく八坂神社が建てられ、下之宮座においては御祭神神武天皇を同下宮町字切坂に遷し奉りて、その後は八坂神社と称し奉るようになった。ただ明治四十五年に還幸し奉りて八坂神社に合祀した。そういう経緯を経た後、昭和二十年九月三日八坂神社下之宮座男乃宇刀神社を当上之宮座男乃宇刀神社に合祀した。そして下之宮座は、旧横山中学校(後に横山高校)の建設のためにその敷地を譲り、社殿は堺市の方違神社へ移譲された。

毎年十月第二日曜日(体育の日の前日)に行なわれる秋季例大祭では神幸祭がある。神輿二台を北田中・下宮・仏並・大畑・小川・坪井・小野田・九鬼・岡・福瀬・善正・南面利の各町が輪番で横山の地を廻る。又社頭では演芸大会の奉納がある。

(中略)

所在地 和泉市仏並町一七四〇

『和泉名所図会』

+ 開く

男乃宇刀神社二座

一座は横山荘仏並村一座は岡荘下ノ宮村にあり。仏並村の祭神は彦五瀬命なり。文禄年中に牛頭天王を勧請して今本社の如し。下宮村の祭神は神武天皇なり。又日根郡男里に同神あり。何れも延喜式内なり。

解気井

坪井村にあり。神武紀五十八年神日本磐余彦尊皇師をして長髄彦を征したまふとき流矢来って兄の五瀬命の肱脛に的れり。御子の血を洗ひたまふゆへ血沼の海の名ありと古事記に見へたり。又この皇師の□日本紀に出たり。又仏並村神主の説に云 この時官軍を横山彦(是神主澤氏の遠祖とぞ)出迎ひ行宮を造り矢疵をこの名泉にて洗はせたまふゆへに解気井と□ならはしなり。今に於ても刃傷打身諸瘡をこの泉にて濯ふ時は忽ち平癒すとなん。和泉志に讃岐井と書しは訛ならんかし。

 

地図

大阪府和泉市仏並町

 

関係する寺社等

男神社 (大阪府泉南市男里)

社号 男神社 読み おの 通称 旧呼称 男森明神 等 鎮座地 大阪府泉南市男里 旧国郡 和泉国日根郡男里村 御祭神 神日本磐余彦命、彦五瀬命 社格 式内社、旧府社 例祭 10月11日 式内社 和泉國日 ...

続きを見る

浜宮 (大阪府泉南市男里)

社号 浜宮 読み はまみや 通称 旧呼称 天神 等 鎮座地 大阪府泉南市男里 旧国郡 和泉国日根郡男里村 御祭神 事代主神 社格 式内社 例祭 10月11日 式内社 和泉國日根郡 男神社 二座 &nb ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.和泉国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.