1.大阪府 2.和泉国

男神社 (大阪府泉南市男里)

投稿日:

社号 男神社
読み おの
通称
旧呼称 男森明神 等
鎮座地 大阪府泉南市男里
旧国郡 和泉国日根郡男里村
御祭神 神日本磐余彦命、彦五瀬命
社格 式内社、旧府社
例祭 10月11日

 

男神社の概要

大阪府泉南市男里に鎮座する式内社です。

社伝によれば、元は当社の北方1.2kmほどの地に鎮座する境外社「浜宮」の地に鎮座していましたが、海に近く波に浸食されるので貞観元年(859年)に現在地に遷座したと伝えられています。

記紀の神武東征において、次のような記述があります。

『古事記』(大意)

神武天皇ら一行は白肩津に船を留めたとき、ナガスネヒコと戦になった。その際に兄の五瀬命は手に矢を受けて深い傷を負った。そこで五瀬命の言うには「日の御子であるのに日に向かって戦ったから敗れたのだ。遠回りして日を背にして攻撃しよう」として、南の方から回って進むことにした。その時海の水で血を洗ったのでその海を血沼海(ちぬのうみ)という。そこからさらに回って紀伊国の男之水門(おのみなと)に至り、五瀬命は雄叫びを挙げながら亡くなった。それでその水門を名付けて男之水門という。御陵は紀伊国の竈山にある。

「血沼海」とは大阪湾のこと。「男之水門(おのみなと)」(『日本書紀』では「雄水門」)とは『古事記』では紀伊国にあるとありますが、和泉国である当社の旧地、浜宮の地だとも言われています。これに因み「神日本磐余彦命(神武天皇)」および「彦五瀬命」の兄弟が祀られたのが当社と伝えられます。

また、当地の地名「男里(おのさと)」は『倭名類聚抄』和泉国日根郡の「呼唹郷」の遺称と考えられており、古い地名であることは間違いないようです。

和泉国では「男乃宇刀神社」と共に神武天皇ゆかりの式内社となっています。男乃宇刀とは「兄弟」の意であると伝えられていますが、当社と共に「男」の字が入っているのは果たして偶然でしょうか。

 

境内の様子

一の鳥居は雄信小学校の西側に北向きに建っており、ここから長い参道が続いています。

 

参道途中の狛犬。花崗岩製です。

 

参道を進んでいくと二の鳥居が建っています。赤く塗られた神明鳥居となっています。

 

参道途中に手水舎があります。

 

二の鳥居をくぐったあたりから急速に森が深まり、参道は弧を描くように続きます。参道の脇には立派な灯籠も並んでいます。

 

参道の突き当りの左側(北側)に三の鳥居が建っています。こちらも赤く塗られた神明鳥居。

 

三の鳥居両脇の狛犬。こちらも花崗岩製で、シュッとした体つきに中央に寄った目玉が特徴的。

 

三の鳥居をくぐって正面に南向きの社殿が建っています。拝殿は銅板葺きで平入の入母屋造。官幣社によくありそうな感じの造りです。

 

本殿は銅板葺きの三間社流造のようです。よく見えませんが古そうな雰囲気。江戸時代頃の建築といった感じがあります。

 

拝殿の右側(東側)の空間に神庫などが建っています。

 

この奥に境内社が鎮座しています。ステンレス製の鳥居が印象的。社名・祭神は不明です。

 

境内は多くの樹木が生い茂っていますが、中でも拝殿前に聳えている「夫婦樟」は特徴的です。同じ根から二本の幹が延びる連理の木となっています。

 

当社周辺は古い町並みも見られます。

 

また周辺は畑が多く、和泉特産のタマネギを乾燥させるための「タマネギ小屋」も数多く見ることが出来ます。

 

タマヨリ姫
ここは神武天皇ゆかりの神社なんだって!こういう神社、式内社だと意外と少ない気がする。
そうね。元々は境外社の浜宮の地にあったと言われていて、そこが記紀に見られる「男之水門」だとされているのよ。神武天皇ゆかりの神社といえば、和泉国では他に男乃宇刀神社があるわ。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「男神社(おたけびの宮)」

+ 開く

男神社(おたけびの宮)

御祭神

彦五瀬命(皇兄)
神日本磐余彦命(神武天皇)

天児屋根命
熊野速玉命

元府社男神社は大阪府泉南郡泉南町男里即ち古への呼唹郷の地である。 延喜式内神社で、本殿には、彦五瀬命・神日本磐余彦命を祀り、相殿には天児屋根命・熊野速玉神を祀る。境内一万五千平方メートル(五千坪余)。老樹欝蒼として幽邃絶塵の神域をなしている。その北一キロ余の処に攝社浜宮がある。本社の元宮で、境内九千平方メートル(三〇〇〇坪)松樹茂って海風に鳴っている。聖蹟雄水門は即ち此地である。神武天皇御東遷の砌孔舎衛坂で長髄彦と御激戦した。此時、皇兄彦五瀬命が賊の流矢に中って肱脛に瘡を負はせられ「吾は日神の御子として、日に向ひて戦ふこと良はず、故れ賊奴が痛手をなも負ひつる。今よりはも行き廻りて日を背負ひてこそ撃ちてめ」と仰せられた。よって血沼の海即ち今の大阪湾を南進し紀伊に向わせられよとして紀元前三年五月八日(太陽暦六月二十日)此の地に着き給うたが、彦五瀬の御瘡いよいよ重らせられた。命は剱の柄を堅く握られ「慨哉大丈夫にして被傷於虜手、報いずして死なむや。」と雄詰び給うた。よって此地を雄水門といふ。

即ち彦五瀬命雄詰の御遺蹟雄水門、今の浜宮の地に、命と神武天皇の御神霊を祀奉ったのが当社で、社伝によれば貞観元年三月今の地に御遷座し奉ったといふ。毎年十月十一日の例祭には本社より聖蹟雄水門の地神輿渡御の儀が行われる。明治七年十一月、畏き辺より幣帛料を下賜せら給ふた。

[『和泉名所図会』

+ 開く

男杜大明神

同荘(※信達荘)男里の東南にあり。祭神神武天皇。延喜式に男神社二座。今浜天神と称するは五瀬命なり。男水門の社と同神なり。後世八幡春日を併祭る。この所の生土神とす。

 

地図

大阪府泉南市男里

 

関係する寺社等

浜宮 (大阪府泉南市男里)

社号 浜宮 読み はまみや 通称 旧呼称 天神 等 鎮座地 大阪府泉南市男里 旧国郡 和泉国日根郡男里村 御祭神 事代主神 社格 式内社 例祭 10月11日 式内社 和泉國日根郡 男神社 二座 &nb ...

続きを見る

男乃宇刀神社 (大阪府和泉市仏並町)

社号 男乃宇刀神社 読み おのうと 通称 旧呼称 牛頭天王 等 鎮座地 大阪府和泉市仏並町 旧国郡 和泉国和泉郡仏並村 御祭神 彦五瀬命、神日本磐余彦尊、五十瓊敷入彦命 社格 式内社、旧郷社 例祭 1 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.和泉国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.