1.大阪府 2.河内国

石神社 (大阪府柏原市太平寺)

更新日:

社号 石神社
読み いわ
通称
旧呼称 熊野権現
鎮座地 大阪府柏原市太平寺
旧国郡 河内国大県郡太平寺村
御祭神 石姫皇女 (配祀)石長姫命、熊野権現
社格 式内社、旧村社
例祭 10月19日

 

石神社の概要

大阪府柏原市太平寺に鎮座する式内社です。

当社の創建や由緒は詳らかでありません。またどのような氏族がどのような神を祀っていたのかも不明です。御祭神として、宣化天皇の皇女であり欽明天皇の皇后である石姫皇女を祀っており、また木花開耶姫命の姉である石長姫命を配祀していますが、特に関連する伝承等は見られず、社名からの連想と思われます。

生駒山地南端の西麓に立地する当社は、社名から推して恐らく当地にあった岩盤を磐座として祀ったのではと思われます。しかし現在の境内には特に磐座らしきものは見当たりません。或いは近隣の鐸比古鐸比賣神社のように山上の岩場を神域として祀っていたのかもしれません。

柳田国男の『石神問答』では式内社における「石神」の例の一つとして「河内高安郡石神社」を挙げています。高安郡は大県郡の誤りで、これは当社を指していると考えられます。柳田翁は各地で見られる「シャクジン」の根源の一つと捉えていたようで、そうなると境の神、道祖神的な神格も当社にはあったのでしょうか。生駒山地の南端であり、大和川沿いの狭い渓谷から広い平野の開けるところであることから、ミサキ神としても考えられるかもしれません。

いずれにせよ当社の来歴は全く不明です。しかし当社付近に古代寺院の智識寺があったこと、巨大なクスノキがあることから、当地における信仰の歴史はかなり古くからのものと考えられます。謎に満ちていながらも、端々に悠久の歴史を感じることのできる神社と言えましょう。

 

境内の様子

当社の境内入口にはとてつもなく巨大なクスノキが聳え立っています。樹齢700~800年と推定されており、大阪府指定天然記念物となっています。このクスノキの迫力には圧倒されずにいられません。

 

クスノキを横目に石垣の上へ上ると、境内はいくつかの区画に分かれていることに気が付きます。手前側に低い空間、その先に石垣と鳥居のあるやや小高い空間が広がっており、その奥に社殿へ続く石段が長く伸びています。境内手前の「面」的な広がり、境内奥の「線」的な奥行きというような、対照的な空間が印象的です。

 

「面」的空間から「線」的空間へ。境内奥の石段を上っていきます。鬱蒼とした森となっており、いよいよ本格的に神域であると印象付けられます。

 

石段の途中、左側(北側)に手水舎があります。

 

さらに石段を上って行って社殿の建つ空間へ。社殿は西向きに建っています。拝殿は平入の入母屋造。

 

拝殿前の狛犬。紅白の前掛けによってそれぞれイメージカラーが設定されてるようです。

 

本殿は一間社流造。塀の見えない部分にもしかしたら磐座があったりするのでしょうか。そういった資料は見当たらないので恐らく無いのでしょうが…。

 

社殿から下の広場へは別ルートの参道があり、一方通行で参拝することができます。初詣等の多客期にも対応できることでしょう。

 

当社付近に飛鳥時代に創建された古代寺院「智識寺」があったとされています。当社境内には智識寺の東塔に使用された礎石が置かれています。

案内板「智識寺跡」

+ 開く

智識寺跡

この付近一帯には、「智識寺」と呼ばれる有名な古代寺院跡があり、 地名から太平寺廃寺とも呼ばれています。

奈良時代、聖武天皇や孝謙天皇は、平城宮と難波宮の往来の途中に柏原の地を訪れ、智識寺、山下寺、大里寺、三宅寺、家原寺、 鳥坂寺の六寺に礼拝、礼仏されました。中でも智識寺には大きな盧舎那仏があり、それを見た聖武天皇は、その立派さに感動し、奈良東大寺の大仏を造るきっかけとなりました。

智識とは、仏教を信仰し、寺や仏像を造ることに協力した人のことであり、智識寺は、これら智識によって立てられた大規模な寺院でした。

智識寺は東西に二塔を配する薬師寺式の伽藍配置であったと推定され、東塔跡の一部が過去に調査されています。出土した瓦から、千三百年以上前の飛鳥時代末頃に創建され、室町時代頃に廃絶したようです。

石神社の境内には、東塔に使用されていた塔心礎をはじめとする礎石が移されています。

平成七年三月

柏原市教育委員会

知識寺東塔刹柱礎石

+ 開く

大阪府指定文化財

知識寺東塔刹柱礎石

石神社

知識寺は奈良・平安時代河内を代表する大寺院で、東大寺大仏造顕の機縁となった大仏を本尊とし、聖武・孝謙帝、藤原頼道などの参詣、法華寺への銅の運上といった動きが知られています。

伽藍は東・西二塔をもつ薬師寺式の配置で、この刹柱礎石は、東塔跡と推定される太平寺二丁目一八-七・山本義一氏宅地東南角の土蔵付近から出土したものです。花崗岩製で、この塔心礎の柱穴の直径は一二二センチあり、この上に建てられていた塔は高さ四八、八メートルの五重塔であったと推定されています。

知識寺の大仏は高さ一八メートルであったと伝えられ、この礎石から推定される塔も、どうした巨大な仏像を本尊とする大寺院にふさわしい大きさです。

一九八九年三月

大阪府教育委員会 柏原市教育委員会

 

当社の近くに「清浄泉」と呼ばれる井戸があり、生駒山地から湧くこの清水は土地の人の飲用水として利用されています。岩盤の摂理によって湧き出てるようで、石神社の信仰にも関わるかもしれません。今では蛇口の付いた近代的な設備となっていますが、大阪府指定史跡となっています。

案内板「清浄泉(浄井戸)」

+ 開く

清浄泉(浄井戸)

この井戸の水脈は生駒山地の地形生成時に生じた 岩盤の節理に沿うもので、岩盤が地表近くなり、 上面に湧き出る清泉水です。

今から千三百余年前、 このあたりに河内六寺が甍を連ねていました。その中の「智識寺」がこの井戸の近くにあり、 東大寺の大仏の手本とされた大きな佛像がありました。聖武天皇、孝謙天皇、弥徳天皇等が行幸され、智識寺 の南には「行宮」が造られました。昔から天皇や僧侶、 村人がこの井戸の水を飲み水として使っていたものと 考えられます。

俗説に、空海(弘法大師、真言宗開祖)がこの地を訪れて、 この井戸を掘り起こし、付近の住民や農作物を 干ばつから救ったとの伝えがあり、今も「大師の水」 として貴重がられています。

この清浄泉は、歴史的に大切なものであると認められ、井戸と水脈を含む地域が、昭和五十八年五月二日大阪府文化財保護条例に基づいて史跡に指定されました。

昭和五十八年六月

清浄泉(浄井戸)保存会 柏原市教育委員会

 

石神社の周辺の太平寺地区は、重伝建かと見紛うような美しく素晴らしい、古い町並みが残っています。生駒山地の斜面に石垣を積み昔ながらの家屋や蔵の建ち並んだ様子は実に見事です。都市近郊の貴重な景観であると思います。

 

付近はブドウ畑も広がっています🍇 柏原市を含む中河内・南河内はブドウの一大産地で、特にデラウェアという品種の生産量は全国有数です。降水量の少なさ、日照時間の多さがブドウの栽培に適しているようです。

このように付近は景観も良く、散策に適した地となっています。皆様も是非、参拝の際は近くを歩いてみては。

 

由緒

河内名所図会

+ 開く

石神社

延喜式出。太平寺村にあり。今熊野と称す。三代実録云 貞観九年二月預官社。この地の土生神とす。

 

地図

大阪府柏原市太平寺

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.