1.大阪府 2.河内国

宇波神社 (大阪府東大阪市加納)

社号宇波神社
読みうば/うわ
通称
旧呼称熊野権現、天王 等
鎮座地大阪府東大阪市加納
旧国郡河内国若江郡加納村
御祭神埴安姫命
社格式内社、旧村社
例祭10月17日

 

宇波神社の概要

大阪府東大阪市加納に鎮座する式内社です。

当社の創建・由緒は詳らかでありません。江戸時代には熊野権現もしくは天王と呼ばれていましたが、現在は埴安姫命を祀っています。何故土の神である埴安姫命を祀っているのかは全く不明です。そのような伝承があったのでしょうか。

当地は周辺よりやや高い地にあり、古代の河内湖の南岸だった可能性があります。案内板にはこの辺りを神武天皇の上陸した「白肩の津」であるとし、加納地区の北西に「シカタ」という小字のあることを引き合いに出しています。これについては即座に肯定できるものではありませんが、式内社の分布を見てみると当社の南方は多くの式内社が密集しているのに対し、北方は式内社の空白地帯となっており、湖沼の広がっていた地帯だったことが想像できます。当地が河内湖の船着き場として機能していたことは十分考えられるでしょう。

この辺りはかつて広がっていた田圃にどんどん新しい住宅や倉庫が建てられていった地域ですが、当社周辺は古い町並みがあり、お蔭灯籠など歴史の痕跡の残る貴重な一帯となっています。

 

境内の様子

境内入口。神社としては珍しく、鳥居の後ろに薬医門が建っています。

 

鳥居、薬医門をくぐってすぐ右側(東側)に手水舎があります。

 

正面に南向きの社殿が建っています。拝殿は銅板葺きの平入の入母屋造りに向拝が付いています。

 

拝殿前の狛犬はやや新しいもの。

 

拝殿後方に平入の入母屋の建物がありますが、恐らく覆屋で中に本殿が納められてるものと思われます。

 

社殿前に西向きの遥拝所があり、石碑に「神武天皇遥拝所」と刻まれてあります。神武天皇の遥拝所とはどこを指しているのでしょう。奈良県橿原市の神武天皇陵なら南東になるはずです。故郷である日向を遥拝するものなのでしょうか。

遥拝所の前の狛犬は古式を感じるもので、金網で覆われています。拝殿前の前代の狛犬でしょうか。

 

遥拝所の隣にクスノキがあり、根元に祠が祀られています。札の文字はかすれて読みにくいですが、「宇龍王」と書かれているように見えます。大阪市内ではクスノキに龍蛇の類がおられるとしてよく祀られますが、当地でもこの信仰が伝わっているのかもしれません。

 

小さな神社ですが、境内の東側は広場となっています。樹木の乏しい空間に神庫や火の見櫓が設けられています。

 

境内の隅に「住吉大神宮」と刻まれた灯籠があります。「安□」「乙卯」の銘があることから安政二年(1855年)に奉納されたものと思われます。当社で住吉神が祀られた記録は無いので、当地に住吉講でもあったのでしょう。

境内には他に文政年間の灯籠等があります。

 

当社の境内西側の様子。わかりにくいかもしれませんが僅かに上り坂となっており、社地が微高地になっていることがわかります。古くは河内湖に突き出た岬のような地だったかもしれません。

 

当社の前の道は河内街道ができるより前からあるとされる古い道で、古い家屋が見られ、「お蔭灯籠」も建っています。お蔭灯籠とは、江戸時代に60年周期で大勢で伊勢神宮に参詣した「お蔭参り」を記念して建立された灯籠のことです。倉庫や新しい宅地の多い地域ですが、この付近は昔ながらの雰囲気がよく残っています。

案内板

おかげ燈籠と河内街道

+ 開く

伊勢神宮の遷宮(神殿の建替)の行われる年は「おかげ年」といわれ、この年に参宮すると、平年より一層のご利益があるということから、集団となって伊勢神宮参詣が行われました。江戸時代の後半の明和8年(1771)には、200万人以上の参詣があったと記録されています。宝永2年(1705)、文政13年(1830)のおかげ参りも大規模なものでした。

文政十三年庚寅の年号のあるこの燈籠も、おかげ参りをした加納の人たちが、記念して常夜燈として建てたものです。

この前の道は、宇波神社の参道で、河内街道に先立つ古い道でもあります。西方を南北に通る河内街道は、大正11年(1922)刊行の「大阪府全誌」に、当時の主たる街道の一つとして、枚方市伊加賀で国道1号線(京街道)から寝屋川、四條畷、大東、東大阪市を経て、JR関西線八尾駅までの道としてのせられています。

江戸時代の古図には、“河内街道”という名称はありませんが、伊加賀から河内平野の中央部を南北に通り、旧村各地を結ぶ古い道として、大切な役割を果たしていました。

平成5年1月

東大阪市

 

タマヨリ姫
まっ平らなところにあると思ったけど、実際に歩いてみたらほんのちょっと高いところにあるっぽい?
その通りよ。古い時代にはこのすぐ側が河内湖だったのかもしれないわね。その証拠に、ここから北は式内社の分布がグッと減るのよ。
トヨタマ姫

 

由緒

石碑

宇波神社由来

+ 開く

明治八年四月二十七日

宇婆神社

明治八年四月二十八日

宇波神社

六郷村大字加納延喜式内の神社にして埴安姫命祀る

社域 弐百六拾八坪 周囲に土塀を繞らせり

社殿は南面す 一に天王と称せり

日本書紀

孝元天皇妃河内青王繋女埴安媛命、生武埴安彦を祀る

従三位と記せり

大阪府全誌

宇波神社は北方瓦口にあり延喜式内の神社にして埴安姫命を祀れり 今は熊野と称す 創建の年代は詳ならず

河内国内神名帳には神位を従三位と記せり、明治五年村社に列せられる

境内は弐百参拾八坪を有し本殿の外に拝殿神饌所を存す

末社には吉野神社 水分神社を有する

民地は本地一圓にして祭日は十月十六日なり

宇波神社の伝説

宇波神社は明治の八年まで宇婆神社の称号で祭祀されていました

宇は宇宙の宇であり空を指しています

空は物理的にも真理学的にもはかり知れない大自然の神秘です 婆は娑婆の婆であり世の中または社会を指しています

仏語では忍土堪忍土忍界と漢訳されたものです 又婆の一字は般若経ではお釈迦様一代の経八万四千字の中より撰びいだされたる二百六十余文字の中の一字です
神前にて唱え奉れば宝の御経仏前にて唱え奉れば花の御経なりと言われ神仏一体のいさせ給う真理の心教であります

宇波神社は昔から門のある神社でした 門のあるのも仏教的な影響を受けて祭祀されたと思われますが深い因縁があるのでしょう

浄三業印明

身口意につくる所のもろもろの罪業を滅して清浄なることを得せしむる印明也

唵薩縛婆縛輸駄薩縛
達磨娑縛婆縛輸度吟

平成七年五月二十八日

案内板

宇波神社の秋祭り

+ 開く

宇波神社の祭神は埴安姫命で字瓦口に鎮座しています。延喜式内社で神名帳によれば、従三位を授けられています。(大阪府全誌)神社の周辺は、まわりより少し小高くなったところで、古代は水辺であったようで、この附近を白肩の津と呼び、船が停まれるような深さをもっていた所であったようです。加納の北西部に小字名で「シカタ」という所があることからも推定されますが、波打ち際に祀られた神社であったようです。

この神社では、秋祭りになると獅子舞が各家を回ります。昭和45年頃までは、中地区の北部の各地で舞われていましたが、最近では、宇波神社に見られる郷土芸能として、貴重な伝統行事になりました。獅子舞は獅子の面の人と天狗の面をかぶり、ササラを持つ人が踊り、囃しは笛を使います。以前は十数種の踊りと吹き方を伝えていました。各家を訪ね五穀豊穣と家内安全を願って祓って歩くのです。

平成13年9月 東大阪市

『河内名所図会』

+ 開く

宇波神社

延喜式出。加納村にあり。今熊野と称す。この邑の生土神とす。

 

地図

大阪府東大阪市加納

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.大阪府, 2.河内国
-,

© 2021 神社巡遊録 Powered by STINGER