1.大阪府 2.河内国

細屋神社 (大阪府寝屋川市太秦桜が丘)

更新日:

社号 細屋神社
読み ほそや
通称
旧呼称 天神 等
鎮座地 大阪府寝屋川市太秦桜が丘
旧国郡 河内国讃良郡太秦村
御祭神 不詳(星辰?)
社格 式内社
例祭 10月12日

 

細屋神社の概要

大阪府寝屋川市太秦桜が丘に鎮座する式内社です。『延喜式』神名帳には茨田郡とありますが、当地は江戸時代には讃良郡に属していました。

寝屋川の側の低地に鎮座しており、到底古社の鎮座する地とは思えない場所です。一説に門真三番村から御神体が流れて当地で拾い上げられたとか、また一説に木屋町の鞆呂岐神社の奥津宮が流されてこの地に留まったとか言われてるようですが、地形からしてやや不自然で、人の移住の痕跡を示したものかもしれません。

しかしながら、当地は太秦の地名にあるように秦氏が居住していたと見られ、当社もまた星辰を祀るとする資料もあり、北極星を天皇大帝と仰ぐ秦氏の道教の信仰が当社に取り入れられた可能性があります。

『倭名類聚抄』にも河内国茨田郡に「幡多郷」が見え、当地付近に比定する説が有力です。いつの頃か郡境の変更が行われたのでしょう。そうであるなら式内社「細屋神社」が初めから当地付近に鎮座していたと考えることも理論上は可能です。ただ、現在地はやはり古社を祀るには低湿すぎるので、当社が式内社なら、近隣にせよ遠隔地にせよ本来は他の地に鎮座していたと考えるのが自然のように思います。

なお、他所の人間が境内の木を切る、草を刈る、近くの川で魚を獲る等をすると腹痛が起こるが、秦・太秦の人間が同じことをしても腹痛は起きないと伝承されています。この地を神楽田とも言うようで、低湿な地とはいえ強い神威の及ぶ神域と捉えられていたようです。

 

境内の様子

境内は寝屋川の側の低地にあり、そこだけこんもりとした森になっています。寝屋川はこの付近は天井川のようになっており、堤防上から見ると猶更のこと低い土地にあるように見えます。

 

境内入口の様子。かなり鬱蒼とした空間となっています。

 

境内の森へ入って左側に嵩上げされた鳥居と西向きの社殿が見えます。昼間でも真っ暗な空間で、森の外と内とではまるで別世界です。

 

社殿は流造状の建物が一棟ありますが、これは覆屋で中に祠が納められてあります。

 

境内の森を出て北側を眺めたところ。寝屋川の堤防の向こうに丘が見え、その丘には八幡神社が鎮座しています。やはり高台の方が古い神域という印象がありますが、当地の場合は果たして如何でしょうか。

 

由緒

案内板「細屋神社」

+ 開く

細屋神社

細屋神社は市内に三社ある式内社(平安時代に編纂された『延喜式』に記載されている神社で延喜式内社ともいわれます)の内の一社で神楽田という小字の地に鎮座しています。

祭神については不明ですが、古い記録等に「天神」や「星辰」というのがみられることから、天を祀る神社・星を祀る神社と考えられます。

この神社には、境内の木を切ったり、草を刈ったり、近くの小川の魚をとると腹が痛くなるという言い伝えがありますが、秦・太秦の人々だけは別だといわれています。村の人々とこの神との結びつきを窺い知ることができます。

寝屋川市

『河内名所図会』

+ 開く

細屋神社

(秋金)延喜式に茨田郡に入。太秦村にあり。今天神と称す。この所の生土神とす。傍に神宮寺あり。本尊に十一面観音を安置す。長一尺三寸。

 

地図

大阪府寝屋川市太秦桜が丘

 


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.