1.大阪府 2.河内国

國分神社 (大阪府柏原市国分市場)

更新日:

社号 國分神社
読み こくぶ
通称
旧呼称
鎮座地 大阪府柏原市国分市場
旧国郡 河内国安宿部郡国分村
御祭神 大国主命、少彦名命、飛鳥大神
社格 旧村社
例祭 7月17日、10月17日

 

國分神社の概要

大阪府柏原市国分市場に鎮座する神社です。

由緒は詳らかでありませんが、鎌倉時代の宇多天皇の時代に創建されたと伝えられています。

当社の背後の山には古墳時代前期に築造された「松岳山古墳」があり、後述するように極めて異質な古墳として注目されるべきものです。

国宝に指定されている船王後という人物の墓誌「船氏王後墓誌」というのが松岳山古墳から出土したと言われていましたが、船王後の時代と古墳の築造時期が全く異なるため現在は否定されています。

近隣には河内国分寺や田辺廃寺があり、この近辺は渡来人による開拓もあり白鳳時代には大いに栄えたと思われますが、本来耕地となるべき地形に乏しいため古墳時代にどういう人々がこれほどの古墳を築いたのか不思議です。一説には大和川の水運を担った職能集団の長だとも言われています。

 

境内の様子

境内入口。大和川のそばにある丘の中腹に鎮座しています。

 

石段の途中に一対の狛犬が配置されています。

 

石段を上って右側(東側)に手水舎があります。手水鉢は扇形や花形の施されたとてもオシャレなもので、天保十五年(1844年)のものです。

 

石段を上った空間の正面に南向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造で、妻入り入母屋造の向拝が配されています。

 

本殿は一見とても複雑に見えます。千鳥破風と唐破風の付いた一間社流造で、側面に二つの裳階が付いたちょっと珍しい形となっています。

 

本殿の左側に二つの祠があります。左側が「神明社」、右側が「稲荷社」です。

 

本殿の右側には三つの祠があります。左側が「春日社」、中央が「八幡社」、右側が「住吉社」です。

 

境内の東側に「森本大明神」が鎮座しています。御祭神は「経津主命」。明治四十年に国分東条から遷座した神社で、式内社「杜本神社」の論社となっています。なお、旧地には昭和四十七年(1972年)に杜本神社が復興しています

 

境内の西側には「金巻明神之宮」というのがあります。どういった神が祀られてるのでしょう。

 

境内の西側から松岳山(まつおかやま)古墳のある丘の上へ登れる道があります。無断立入禁止との看板があり、神社の方の許可を得て入山するようお願いします。

 

道を登っていくと墳頂が見えてきます。

 

松岳山古墳の墳頂に着くと、まず目につくのが石棺です。前方後円墳である松岳山古墳は西に前方部が、東に後円部があり、後円部にこの石棺が南北方向に設けられてあります。埋葬施設は竪穴式石室と考えられますが、周囲に板石が散乱しており、これらを積み上げたものだった可能性があります。

 

そして当古墳を特徴づけるものがこれです。石棺の南北に一枚ずつ、穴の穿たれた板状の石が立てられているのです。これが何なのか皆目見当がつかない上、このようなものは他の古墳では見られず、全く謎に包まれた遺構であると言えます。

他にも楕円筒埴輪と呼ばれる特殊な埴輪が採集されており、また墳丘周囲に板石積みが検出されるなど、極めて珍しい特徴を備えた古墳と言えます。

 

松岳山古墳は墳丘長130mの前方後円墳で、古墳時代前期に築造されたと考えられています。個性的な特徴を数多く持つ当古墳は、前方後円墳が画一化される前の時代において新しい試みをアグレッシブに取り入れた古墳だと言えるのかもしれません。唯一無二の存在として輝く当古墳は現代に大きな謎を残し、全国各地の古墳マニアを魅了しています。

案内板「国史跡 松岳山古墳」

+ 開く

国史跡 松岳山古墳

国分神社がある丘陵上には小さい円墳や方墳が10基ほどありました。その中でもっとも高いところにある、ただ一つの前方後円墳が松岳山古墳です。

古墳は長さ約130m、後円部の直径72m、高さ16m、前方部の幅32m、高さ6mの大きさがあります。さらに周囲には板状の石を斜めに積んだ部分がみられ、これを加えると古墳の全長は約155mとなります。

後円部の頂上には、蓋と底に各1枚、側面に4枚の計6枚の石を組み合わせた大きな石棺があります。蓋石と底石には堅い花崗岩を、側面の石には軟らかい凝灰岩を使っています。石棺の中をよくみると、頭や体の部分にあわせて底石を浅く彫り込んでいるのがわかります。

石棺の周りには板状の石が多く落ちています。もともとはこれらの安山岩を積んで、石棺を納める竪穴式石室がつくられていました。しかしいつの頃か盗掘の時に壊されたようです。また、石棺の南北に、穴のあいた大きな石が立っています。石室の一部のようですが、これにはどのような役割があったのでしょう。

発掘調査により、石室からは勾玉、管玉、ガラス小玉などの装身具や銅製の鏃などの副葬品が多くみつかりました。中でも総量50kgにもおよぶ鉄製の武器や農耕具類が注目されます。また、古墳の周囲には円筒埴輪や巨大な楕円形の埴輪が立てられていたこともわかりました。

石棺の形や出土品などから、松岳山古墳は古墳時代前期の後半頃、つまり今から1600年くらい前に造られたと考えられます。

1997年3月

柏原市教育委員会

 

当社はやや小高いところに鎮座しているため、境内付近から南を見ると金剛山地の山々を見渡すことが出来ます。

 

石段を少し下りたところには御旅所がありました。

 

由緒

案内板「国分神社由緒」

+ 開く

国分神社由緒

国分神社は鎌倉時代御宇宇多天皇の朝に創建された。

御祭神は大國主命、少彦名命、飛鳥大神の三神です。例祭は夏は七月十七日、秋は十月十七日です。

境内の山頂は國指定の松岡山古墳です。これより出土した船氏の王後首墓誌は我國最古のもので國宝に指定され東京の三井氏の所有であり、東京国立博物館に保管されている。同じく出土した三角縁四神二獣鏡他二面は重要文化財で國分神社の所有であり、現在大阪市立美術館に保管を依頼している。

 

地図

大阪府柏原市国分市場

 

関係する寺社等

杜本神社 (大阪府柏原市国分東条町)

社号 杜本神社 読み もりもと 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府柏原市国分東条町 旧国郡 河内国安宿部郡国分村 御祭神 経津主命 社格 式内社 例祭 10月16日 式内社 河内國安宿郡 杜本神社 二座【並 ...

続きを見る

杜本神社 (大阪府羽曳野市駒ケ谷)

社号 杜本神社 読み もりもと 通称 旧呼称 鎮座地 大阪府羽曳野市駒ケ谷 旧国郡 河内国古市郡駒ヶ谷村 御祭神 経津主命、経津主姫命 社格 式内社、旧村社 例祭 4月8日、10月7日8日 式内社 河 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.