1.大阪府 2.摂津国

上宮天満宮 (大阪府高槻市天神町)

社号 上宮天満宮
読み じょうぐう/うえのみや
通称 北山の天神さん 等
旧呼称
鎮座地 大阪府高槻市天神町1丁目
旧国郡 摂津国島上郡上田辺村
御祭神 菅原道真命、武日照命、野見宿禰命
社格 旧郷社
例祭 2月25日、26日

 

上宮天満宮の概要

大阪府高槻市天神町1丁目に鎮座しています。

当社は「日神山(ひるがみやま)」と呼ばれる丘の上に鎮座しており、元々は後述の式内社「野身神社」が鎮座しており、土師氏の祖神を祀っていたと伝えられています。また『倭名類聚抄』に記載されている摂津国島上郡の「濃味郷」は当地付近と考えられています。

社伝によれば、正暦四年(993年)に太宰府に左遷されて憤死し怨霊と化した菅原道真を慰めるために正一位左大臣を賜う詔を出し、その勅使として菅原為理が太宰府へ赴いて御霊代などを奉じたその帰途、当地の領主の館に宿泊し、いざ出立しようとした際に輿が動かず、これは道真の霊の先祖と共に留まりたいとする意向だとして社殿を建立したのが当社の創建だと伝えられています。

菅原道真をはじめとする菅原氏は土師氏から出た氏族であり、この地に鎮座していた野身神社が土師氏の祖神を祀る神社であった縁で、当時怨霊として猛威を振るっていた菅原道真が当地に祀られたことが窺えます。(同様に土師氏ゆかりの地に菅原道真公が祀られて天満宮が創建された例に「道明寺天満宮」がある)

現在の御祭神は「菅原道真命」を主祭神とし「武日照命」「野見宿禰命」を配祀しています。野見宿禰命は元々は野身神社の御祭神で土師氏の祖神あり、武日照命は野見宿禰命の子です。

社伝では配祀の二柱は天満宮創建の際に祀られたとしていますが、この二柱は明治年間に新たに祀ったとする情報もあって錯綜しています。いずれにせよ現在は、境内社となっている野身神社に祀られている野見宿禰命とは別に本社に野見宿禰命が祀られていることになります。

なお、当社では「全国二番目に創建された天満宮」とも言われていますが、最初に創建された天満宮である太宰府天満宮が延喜十九年(919年)、北野天満宮が天暦元年(947年)の創建なのに対し、当社の天満宮としての創建は上述の通り正暦四年(993年)であり、「全国二番目」は妥当ではありません。

しかし野身神社を当社の前身と捉えれば、当地の祭祀の歴史は極めて古いことが推測されます。

現在は高槻市における中心的な神社として多くの人々の崇敬を集めています。

 

野身神社

上宮天満宮の境内社。式内社であり、元々当地は当社が鎮座していたと伝えられています。御祭神は「野見宿禰命」。

当地に土師氏が居住し祖神を祀ったのが当社だと考えられています。『新撰姓氏録』には多くの土師氏関係の氏族が登載されており、摂津国神別では天穂日命の十二世孫、飯入根命の後裔であるという「土師連」が登載され、この氏族が当社を奉斎していたと思われます。

土師氏は古来より土器の生産および葬送儀礼に携わった氏族で、特に古墳時代においては埴輪等の土器の生産および古墳の祭祀を担っていたと考えられます。

他地域を見ると大阪府の古市古墳群には河内国丹比郡土師郷があり、奈良県の佐紀盾列古墳群には土師氏の一族である菅原氏の拠点である菅原神社、及び同じく土師氏の一族である秋篠氏の拠点である秋篠があります。また大阪府の百舌鳥古墳群には「毛受腹」と呼ばれる土師氏の一族がいたことが知られています。

このように5世紀頃に畿内で築造された巨大古墳群の周りには土師氏の存在がありました。そしてこれは当地でも同じです。

当地の場合は継体天皇陵と考えられている「今城塚古墳」や「太田茶臼山古墳」、さらに上宮天満宮のすぐ近くには「昼神車塚古墳」など大規模な古墳があり、「三島野古墳群」と呼ばれています。

これらの古墳は当地から3km強ほど西方にある埴輪製作遺跡「新池遺跡」で製作された埴輪が用いられました。これらの土器を製造していた人々は『日本書紀』欽明天皇二十三年(562年)十一月条に見える新羅人「摂津国三嶋郡埴廬」だと考えられていますが、彼らを束ねていたのは土師氏であった可能性があります。

当地の土師氏は新池遺跡で埴輪を製作し、今城塚古墳はじめ三島野古墳群の葬送を担当していたことが考えられ、古墳時代における大王の権力構造において極めて重要な地位にあったことが推測されます。

 

境内の様子

JR高槻駅の北口から北方を眺めた様子。当社の一の鳥居が見え、その奥に当社の鎮座する丘「日神山(ひるがみやま)」があります。

 

一の鳥居は境内の100mほど南方の道路上に南向きに建っています。

 

境内入口。当社は丘の上に鎮座するため石段が続いており、脚の悪い人々のために石段下に拝所が設けられています。

 

石段を上ると二の鳥居が南向きに建っています。

 

二の鳥居からさらに参道を進むと釘貫門が二つ連結したような変わった形の門があります。

 

門をくぐった様子。丘の上は広く平らな空間になっています。日当たりが良く、この丘を日神山と呼ぶのは元々は太陽神の祭祀場だったからかもしれません。

 

参道の途中、右側(東側)に手水舎があります。

 

正面の石段上に南向きの社殿が並んでいます。

拝殿は瓦葺・平入入母屋造の割拝殿。正面五間・奥行二間の大規模な建築です。明暦二年(1656年)の建築。

なお江戸時代の地誌『摂津名所図会』の挿絵では割拝殿でない普通の拝殿として描かれています。いつの頃か改造されたのかもしれません。

 

拝殿後方、石段上に本殿と妻入切妻造の拝所が建っています。

本殿は神明造ですが、屋根を竹で葺いているのをはじめ、柱や壁なども竹を建材としており非常に珍しいものです。平成八年(1996年)に放火により天正十八年(1590年)築とされる本殿が焼失したため、平成十四年(2002年)に再建されたのが現在の建築です。

案内板「竹の本殿」

+ 開く

竹の本殿

この建物は柱、壁、屋根の殆どが竹でつくられております。竹はわずか5年で成竹となり、再生可能な木質系資源として国連レベルでも注目を集めております。失われつつある森林は砂漠化の原因ともなり代替材として期待され、研究と実用化が進んでおります。

弊社は2ヘクタール8千本の竹林を持ちその整備と資源活用を通じて全国各分野の専門家集団と関わり世界で始めてとされる竹による外部構造物を完成させ建築/行政/環境分野で反響を呼びました。

10年をメドに屋根の葺替えが予定され耐用期間の長期化を計っております。

尚、天正十八年(一五九〇年)豊臣秀吉により建てられた旧本殿は、平成八年十一月七日深夜裏山から侵入した少年5人組の賽銭狙いで放火焼失しました。

弊社の諸システム導入により徹底「防犯」体制確立の契機となった出来事です。

 

本殿前の狛犬は砂岩製。宝暦九年(1759年)に奉納されたもので、近隣の芥川の石工、西田新九郎正義によって作られたものです。カッと目を見開いた特徴的な顔つき。

案内板「上宮型狛犬」

+ 開く

上宮型狛犬

本殿左右一対の狛犬は、宝暦九年十一月(一七五九年)に芥川在の石大工、西田新九郎正義により作られたもので、高槻市内最古のものである。

細かい技を生かすことが出来る柔らかい砂石を素材にしたこの作品は、浪速狛犬と総称される関西圏の多くのものの内、獅子舞の獅子頭に似た四角い顔と毛筋を、ハッキリ表現した新しいデザインにより上宮型狛犬として主流となった。

その改良型として、三輪神社(高槻市)の三輪型狛犬(大明五年・一七八八年)がある。

狛犬はライオンをモデルとしたもので、大阪商人による寄進を地元有力者が取次ぐという形で、鎮守社に奉納されたケースが多い。

 

本殿前の右側(東側)には天満宮らしく牛の石像が配置されています。真新しい花崗岩製。

 

本殿の左奥(北西)に四社の境内社が南向きに一つの覆屋に納められています。祀られているのは左から順に次の通り。

  • 日吉社
  • 金比羅社
  • 稲荷社
  • 荒神社

 

四社の境内社の右側(東側)、本殿の真後ろ(北側)に「守護天神」が南向きに鎮座。

ペットとして飼われるなど人間と関わってきた小動物の霊を祀る神社のようです。

 

本社本殿の右側(東側)に梅林があり、その入口に「春日社」が南向きに鎮座。

 

春日社の右奥(北東)に涸れた池があり、その中央の島に「厳島神社」が南向きに鎮座。池には植木鉢が配置され、水が導入されることはなさそうです。

 

本社拝殿の右側(東側)に「皇大神社」が北向きに鎮座。

 

本社拝殿の手前左側(西側)に絵馬堂があり、内部には非常に数多くの絵馬が掲げられています。

 

絵馬堂の右側(北側)には神輿庫があります。

 

本社拝殿前の右側(東側)には「神楽所」「御霊屋」と書かれた建物があります。

具体的な用途はよくわかりませんが、宝形造の建築であり、元々は仏堂だったものと思われます。明治の廃仏毀釈により転用されたものでしょうか。

 

野身神社

参道の釘貫門(?)の右側(東側)に式内社の「野身神社」が北向きに鎮座しています。御祭神は「野見宿禰命」。詳細は概要をご参照ください。

拝所の後方、塀に囲われた内側に瓦葺の流造風の社殿が建っています。この社殿の建つ地は「宿祢塚古墳」と呼ばれる古墳で、野見宿禰の墓であると伝えられています。

案内板「野身神社と宿祢塚古墳」「車塚古墳」

+ 開く

野身神社と宿祢塚古墳

土師器と呼ばれる素焼の壷や皿は祭祀用に用いられ、これらを製作する土師氏を率いる族長がノミ(祈み)のスクネ(直の根)と呼ばれ神に対する直径の長を意味する。

この日神山を北端として、東西一キロ・南に三キロの地域は野見郷と云いその族長が葬られ連綿と祭祀された。九二七年に制定され始めての法体系ともいうべき延喜式の神社台帳ともされる「神明帳」(※原文ママ)に記載されている神社を式内社とするが、野見宿祢を祀るのは四社(三河、尾張、因幡、及び当社)しかなく弊社の原点ともいうべき古社である。

そして明治十二年以降かなりの間、この全域は、古名野身神社が正式名称であった。

日本書紀の説話をもとに相撲の神様としての伝承も定着している。

車塚古墳

この天神山(日神山)には南北に四つの古墳が築かれている。境内に二つの古墳があり、その一つが宿祢塚(野身神社)あと一つは参道を下り交差点を左に折れ、急な小坂をあがったところにあり、前方後円墳とハッキリ解る。

この古墳は元来当社境内地であったが、道路建設の為分断された。

猪狩りの様子をあらわした動物埴輪が並んでいる。現在のものは模型であり、生捕りの狩は角力の原義を示し巫女の角笛も見られ全国唯一の角笛埴輪である。

立寄って頂き野見宿祢とのゆかりをしのんでいただきたい。

 

昼神車塚古墳

当社境内入口から東へ少し進んだところに「昼神車塚古墳」があります。墳丘長56mで、六世紀前半~中葉に築かれた前方後円墳です。

三島野古墳群の中でも最後に築かれた古墳で、太田茶臼山古墳、今城塚古墳から続く当地における大王・首長の系譜や情勢を考える上でも非常に重要な古墳です。野身神社の祭祀にも関わりがあったのかもしれません。

なお、伝承では菅原道真公が車を埋めたと伝えられています。

案内板「昼神車塚古墳」

+ 開く

昼神車塚古墳

天神山は「ひるがみ山」ともいい、車塚は前方後円墳の俗称である。この古墳は天神山丘陵の南端にあり、同じ丘陵の東縁にある中将塚・野見宿禰の墓と伝えられる宿禰塚などと一連のもので、この東から南にひろがる豊かな平野を支配した首長たちの墓である。

この車塚古墳は六世紀中ごろまでにつくられたと推定される。およそ全長60m・前方部の幅40m・後円部の径35mで、前方部は後円部よりやや高くつくられ、新しい特徴をそなえている。

1958年に府道枚方-亀岡線のバイパスが計画された前方部について、1976年に調査がおこなわれた。現在みる前方部は、トンネル建設のため、いったん掘りさげ、調査結果にもとづいて復旧したものである。

墳丘は丘陵南端につくられた彌生時代の墓地のうえに、高さ4.5mの盛土をおこなっている。その断面(右図参照)にあらわれた盛土の状況をみると、下半部は台状の核を包むように土を盛り、一度地ならしをしたあと、再び上半部を同様の工程で築いている。そのあとで、上段・中段・下段のテラスをつくり加えている。上段のテラスには人頭大の河原石を敷き、中段のテラスには埴輪を2列にならべていた。それらはあたかも古墳を守るかのように巫女が立ち、また、牙をむき出したイヌたちが、たてがみをふりたてるイノシシを追いつめ、そして、角笛を吹いている猟師の姿などに古代の狩りの情景をうかがうことができる。

特に、このように再現したのは、古墳のありし日の姿を知るためと、再びみることのできない祖先の遺産を大切にしたいとねがったからである。

なお、昼神車塚古墳は現在も、上宮天満宮の神域として守り伝えられている。

1980年3月

大阪府教育委員会
高槻市教育委員会

 

タマヨリ姫
元々ここは式内社があったんだ!古くから神様が祀られたところなんだね!
土師氏がここに居住して祖神を祀ったと考えられているわ。その後に土師氏の子孫である菅原道真が祀られて天満宮となったのは縁を感じるわね。
トヨタマ姫

 

由緒

案内板「上田辺町と天神さん」

+ 開く

上田辺町と天神さん

-深いつながりの歴史です-

古代にあっては、天満宮の前から現在の下田部町に至る広大な地域は島上郡濃味(のみ)の里・・・の一部にあたり、上田部・中田部(現在の出丸町近辺)・下田部とつながり皇室御料田を耕作する田部氏が治めていました。弊社と氏神・氏子の関わりがあったところです。

5月5日の夏祭りは神輿渡御の氏子祭礼が行なわれ、上田辺町のお旅所を経て下田部天満宮まで行列が続いた時代もありました。本神輿はもとより立派な子供神輿も寄進され、今では神輿蔵に安置されています。

平成27年にお旅所の地が返還されたのを機会に、蔵は大改修され、古くからの地域の信仰と想い出の場所として公開見学も可能となりました。

『摂津名所図会』

+ 開く

上宮天神祠

上田辺村の上方にあり。この地の生土神とす。例祭四月・九月五日。社僧を春松院といふ。社頭は豊臣秀頼公の再建なり。社記云 勅して菅神に贈官有てつくしより神輿上洛したまふ 時野身郷高月の領主近藤連忠範が家にて一昼夜滞留まします。其古跡な ればこ〱に祀るなりとぞ。按るにこの地野見の郷なれば菅公祖先野見宿祢 を祭れるならん。 織田信長寺社を破却の時天満宮と改るものにや。又この辺に車塚あるひは装束塚といふあり。古の荒塚なるべし。又春松院に石灯爐あり。古代の形にして名器なり。

野身神社 当社坂口にあり。延喜式に出。

 

地図

大阪府高槻市天神町1丁目

じゃらんで見る

JTBで見る

日本旅行で見る

 

-1.大阪府, 2.摂津国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.