1.大阪府 2.河内国

弓削神社 (大阪府八尾市弓削町)

更新日:

社号 弓削神社
読み ゆげ
通称
旧呼称
鎮座地 大阪府八尾市弓削町
旧国郡 河内国志紀郡弓削村
御祭神 饒速日命、可美麻治命、天照皇大神
社格 式内社、旧村社
例祭 10月9日

 

弓削神社の概要

大阪府八尾市弓削町に鎮座する神社です。東弓削地区の弓削神社と共に式内社「弓削神社」の論社となっています。『延喜式』神名帳は二座とあるため、東弓削地区の弓削神社と当社で一座ずつ祀られているという説もあります。

また、『延喜式』神名帳には大社に列せられ、月次祭、相嘗祭、新嘗祭に預かるとあることから古くは河内国の中でも指折りの有力な神社だったことがわかります。

当社の創建、由緒は詳らかでありませんが、当地に居住していた弓削氏が祖神を祀ったと考えられています。弓削氏は物部氏に従い弓を製作した氏族で、矢作氏と共に武器を提供し軍事氏族としての物部氏を支えました。弓削氏は物部氏の傍系ともまた違った出自の氏族とも言われており、はっきりしない部分もありますが、『新撰姓氏録』には次の四氏三系統が登載されています。

  1. 左京神別 弓削宿祢(石上同祖)
  2. 左京神別 弓削宿祢(高魂命の孫、天日鷲翔矢命の後)
  3. 左京神別 弓削宿祢(天押穂根命洗御手の出自)
  4. 河内国神別  弓削宿祢(天高御魂乃命の孫、天毘和志可気流夜命の後)

2と4は同じ系統で、三系統の弓削宿祢がいたことになります。中でも河内国に居住した4の弓削宿祢が弓削神社を奉斎したと考えられます。物部氏と関係が深いとはいえ、出自はまた異なっていたようです。(ただし、現在の当社の御祭神は物部氏の祖神を祀っています。)

一方、1の弓削宿祢は石上同祖とあり留意しておくべきです。物部氏に組み込まれた一族なのか、それとも物部氏から分かれたのかはわかりませんが、物部氏と同系とする弓削氏がいたことになります。『先代旧事本紀』では物部守屋弓削大連と名乗り、母は弓削氏の女だったとしています。こうした婚姻関係を通して同化が進んでいったのかもしれません。後に弓削氏から出た道鏡も物部氏の子孫だとされています。

さて『延喜式』神名帳は弓削神社は若江郡とありますが、当地は江戸時代には志紀郡に属していました。若江郡と志紀郡はかつて流れていた大和川で隔てられており、現在の長瀬川がその跡になります。とはいえ旧大和川は流路の変動も大きかったようで、古くは当地も大和川の右岸で若江郡だった可能性があります。いずれが式内社として正しいかというより、両地が一体となって弓削氏の拠点となり開発されただろうということを考えた方が良いかもしれません。

 

境内の様子

境内入口。境内はJR大和路線志紀駅のすぐ近く、狭い道沿いにあります。

 

手水舎は鳥居の手前の左側(北側)にあります。

 

正面に西向きの社殿が建っています。拝殿は平入の入母屋造りに向拝が付いています。RC造でしょうか。

 

拝殿前の狛犬は新しいもの。目がギョロッとしています。

 

本殿は唐破風付きの一間社春日造。本殿前にも狛犬が並べられています。

 

社殿の左側(北側)に境内社がまとまって鎮座しています。

 

手前側に鎮座するのは「天満宮」。

 

天満宮に隣接して「金刀比羅神社」が鎮座。

 

さらに隣接して「猿田彦神社」が鎮座。

 

最奥部に「稲荷大神」が鎮座しています。

 

境内の西側に「延命水」という井戸があります。長寿延命の霊水とされているようですが、今も水が湧いているのでしょうか。

 

また、RC造ですが河内地方では珍しい神楽殿がありました。

 

東弓削地区の弓削神社と比べれば大きな神社ですが、こちらが式内社だと決められるものでもありません。江戸時代には大和川を跨いでいましたが、目と鼻の先であり往時は双方共に弓削氏の拠点として弓の製作が行われた地だったことと想像します。

 

タマヨリ姫
矢作神社では矢を作った人たちが暮らしてたけど、こちらでは弓を作ってた人たちが暮らしてたんだね!
どちらもこの辺りを拠点にした物部氏に従った人たちよ。古代に軍事力で勢力を伸ばした物部氏を陰で支えてたのが彼らだったと言えるわね。
トヨタマ姫

 

由緒

石碑「弓削神社」

+ 開く

弓削神社

式内社で、祭神は物部氏の祖神である饒速日命、宇麻志麻治命をまつり、物部氏に属した弓削一族の本拠であった。

孝謙天皇の信頼を得た弓削道鏡は、この地の出身で、由義宮に天皇の行幸を仰ぎ、同宮を「西京」とした。更に道鏡は弓削一族の栄達をはかったが、天皇の没後は失脚し、下野国薬師寺別当として放逐された。

古く、この境内には長寿を保つと伝える「延命水」という井戸がある。

八尾市教育委員会

石碑「弓削神社由来」

+ 開く

弓削神社由来

この神社は式内社で祭神はにぎはやひの命、その子うましまじの命、天照大神の三神をまつる。

神代の昔、天孫にぎはやひの命は神武天皇御東征以前既に河内大和地方をおさめ後天皇に帰順され日本国の基をきづかれた功労者であった。その後子孫が物部の姓をたまいこの地方を中心に弓削部、矢作部、くらつくり部等の武器製造の部民とともに富強をきわめ守屋の頃には権勢を誇っていた。

弓削道鏡は弓削部の一族で深く秘法を修め時の天皇の信任厚く太政大臣法王の位に達した。

この神社は千二百余年前に創建されたと伝えられる。昔からこれらの部民が祖神を氏神としてあがめ今日に及んでいる。境内「延命水」は清く冷たく長寿延命の霊泉とされている。

昭和四十二年十月

石碑「弓削道鏡」

+ 開く

弓削道鏡

弓削の地は道鏡の出身地である。道鏡は「俗姓は弓削連河内人也」と続紀に記され、若くして葛城山に登り、如意輪法、宿曜秘宝を修め、看病禅師として名声を博し、孝謙天皇の病をなおし、信任をえて、ついには法王となった。

しかし称徳天皇の死去とともに失脚、下野国薬師寺の別当におとされ、宝亀三年(七七二)に歿した。

称徳天皇がこの地に行宮を造られるにあたり、信任の厚い道鏡は弓削宮(由義宮)の造営の許しを得た。

八尾市教育委員会

 

地図

大阪府八尾市弓削町

 

関連する寺社等

弓削神社 (大阪府八尾市東弓削)

社号 弓削神社 読み ゆげ 通称 河内大社 旧呼称 鎮座地 大阪府八尾市東弓削 旧国郡 河内国若江郡東弓削村 御祭神 天日鷲翔矢命、彌加布都神、比古佐自布都神 社格 式内社、旧村社 例祭 10月20日 ...

続きを見る

矢作神社 (大阪府八尾市南本町)

社号 矢作神社 読み やはぎ 通称 旧呼称 掃部別宮、別宮八幡宮 等 鎮座地 大阪府八尾市南本町 旧国郡 河内国若江郡別宮村 御祭神 経津主神、住吉三神、品陀和気命、八重事代主命 社格 式内社 例祭 ...

続きを見る


-1.大阪府, 2.河内国
-,

Copyright© 神社巡遊録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.